タスクでのデータボリュームの使用 - Amazon Elastic Container Service

タスクでのデータボリュームの使用

での Amazon ECS は、コンテナに対して以下のデータボリュームオプションをサポートします。

  • Amazon EFS ボリューム - Amazon ECS タスクで使用するためのシンプルかつスケーラブルで、永続的なファイルストレージを提供します。Amazon EFSでは、ストレージ容量は伸縮性があります。この容量は、ファイルの追加や削除に伴い自動的に拡大および縮小されます。アプリケーションは、必要な時点で必要なストレージを確保できます。 Fargate または Amazon EC2 インスタンスでホストされているタスクが、Amazon EFS ボリュームをサポートしています。詳細については、「Amazon EFS ボリューム」を参照してください。

  • FSx for Windows File Server ボリューム – 完全マネージド型の Microsoft Windows ファイルサーバーを提供します。これらのファイルサーバは、Windows ファイルシステムによってバックアップされています。Amazon ECS と共に FSx for Windows File Server を使用する場合、永続的、分散型、共有型、および静的なファイルストレージを使用して、Windows タスクをプロビジョニングすることが可能です。詳細については、「FSx for Windows File Server ボリューム」を参照してください。

    このオプションは Fargate の Windows コンテナではサポートされません。

  • Docker ボリューム – ホストの Amazon EC2 インスタンスで /var/lib/docker/volumes に作成される Docker マネージドボリュームです。Docker ボリュームドライバー (プラグインとも呼ばれる) は、ボリュームを外部ストレージシステム (Amazon EBS など) と統合するために使用します。組み込みの local ボリュームドライバーまたはサードパーティーのボリュームドライバーを使用できます。Docker ボリュームは、Amazon EC2 インスタンスでタスクを実行する場合にのみサポートされます。Windows コンテナでは、local ドライバーの使用のみサポートされます。Docker ボリュームを使用するには、タスク定義で dockerVolumeConfiguration を指定します。詳細については、「Docker ボリューム」を参照してください。

  • バインドマウント - ホスト (Amazon EC2 インスタンスや AWS Fargate など) 上のファイルまたはディレクトリはコンテナにマウントされます。バインドマウントのホストボリュームは、Fargate または Amazon EC2 インスタンスでホストされているタスク用にサポートされています。詳細については、「バインドマウント」を参照してください。