タスクでのデータボリュームの使用 - Amazon Elastic Container Service

タスクでのデータボリュームの使用

での Amazon ECS は、コンテナに対して以下のデータボリュームオプションをサポートします。

  • Amazon EFS ボリューム - Amazon ECS タスクで使用するためのシンプルかつスケーラブルで、永続的なファイルストレージを提供します。Amazon EFS を使用すると、ストレージ容量がファイルの追加や削除に応じて自動的に拡大したりし縮小したり伸縮自在になります。アプリケーションでは、必要なときに必要なストレージを確保できます。Amazon EFS ボリュームは、Fargate または Amazon EC2 インスタンスでホストされているタスクでサポートされています。詳細については、「Amazon EFS ボリューム」を参照してください。

  • FSx for Windows File Server ボリューム - 完全マネージド型の Microsoft Windows ファイルサーバーを完全に提供し、完全にネイティブの Windows ファイルシステムによってバックアップされます。Amazon ECS と共に FSx for Windows File Server を使用する場合、永続的、分散、共有、静的なファイルストレージで Windows タスクをプロビジョニングできます。詳細については、「FSx for Windows File Server ボリューム」を参照してください。

    このオプションは Fargate の Windows コンテナではサポートされません。

  • Docker ボリューム — ホストの Amazon EC2 インスタンスで /var/lib/docker/volumes に作成される Docker マネージドボリューム。Docker ボリュームドライバー (プラグインとも呼ばれる) は、ボリュームを外部ストレージシステム (Amazon EBS など) と統合するために使用します。組み込みの local ボリュームドライバーまたはサードパーティーのボリュームドライバーを使用できます。Docker ボリュームは、Amazon EC2 インスタンスでタスクを実行する場合にのみサポートされます。Windows コンテナでは、local ドライバーの使用のみサポートされます。Docker ボリュームを使用するには、タスク定義で dockerVolumeConfiguration を指定します。詳細については、「Docker ボリューム」を参照してください。

  • バインドマウント - ホスト (Amazon EC2 インスタンスや AWS Fargate など) 上のファイルまたはディレクトリはコンテナにマウントされます。バインドマウントのホストボリュームは、Fargate または Amazon EC2 インスタンスでホストされているタスクでサポートされています。詳細については、「バインドマウント」を参照してください。