Amazon Elastic Container Service
開発者ガイド (API バージョン 2014-11-13)

タスクでのデータボリュームの使用

Amazon ECS タスク定義でのデータボリュームの使用には、いくつかのユースケースがあります。一般的な例としては、コンテナで使用する永続データボリュームを提供すること、空の非永続データボリュームを定義し、複数のコンテナにマウントすること、定義したデータボリュームを同じコンテナインスタンス上の異なるコンテナにある別々の場所で共有すること、サードパーティーのボリュームドライバーで管理されているタスクにデータボリュームを提供することなどがあります。ボリュームのライフサイクルは、特定のタスクか、特定のコンテナインスタンスのライフサイクルに固定することができます。

使用できるデータボリュームの種類は次のとおりです。

  • Docker ボリューム — コンテナインスタンスの /var/lib/docker/volumes で作成される Docker 管理ボリューム。Docker ボリュームドライバー (プラグインとも呼ばれる) は、ボリュームを Amazon EBS などの外部ストレージシステムと統合するために使用されます。組み込みの local ボリュームドライバーまたはサードパーティーのボリュームドライバーを使用できます。Docker ボリュームは、EC2 起動タイプを使用する場合にのみサポートされます。Windows コンテナでは、local ドライバーの使用のみサポートされています。Docker ボリュームを使用するには、タスク定義で dockerVolumeConfiguration を指定します。詳細については、「ボリュームの使用」を参照してください。

  • バインドマウント — ホストマシン上のファイルやディレクトリがコンテナにマウントされます。バインドマウントのホストボリュームは、EC2 起動タイプ、または Fargate 起動タイプ使用時にサポートされています。バインドマウントのホストボリュームを使用するには、タスク定義で host およびオプションの sourcePath 値を使用します。詳細については、「バインドマウントの使用」を参照してください。

注記

Amazon ECS-optimized AMI バージョン 2017.03 がリリースされる前は、Docker デーモンが開始されたときに使用可能なファイルシステムのみを Docker コンテナで使用できました。最新の Amazon ECS-optimized AMI を使用してこの制限を回避するか、docker パッケージを最新バージョンにアップグレードして Docker を再起動します。