Oracle DB インスタンスの管理 - Amazon Relational Database Service

Oracle DB インスタンスの管理

以下は、Amazon RDS DBインスタンスで実行する一般的な管理タスクです。一部のタスクは、すべての RDS DB インスタンスで同じです。その他のタスクは、RDS for Oracle に固有です。

次のタスクはすべての RDS データベースに共通ですが、Oracle には特別な考慮事項があります。例えば、Oracle クライアント SQL*Plus および SQL Developer を使用して Oracle Database に接続します。

タスク領域 関連資料

インスタンスクラス、ストレージ、PIOPS

本稼働インスタンスを作成する場合は、Amazon RDS でインスタンスクラス、ストレージタイプ、プロビジョンド IOPS がどのように機能するかを学習します。

RDS for Oracle インスタンスクラス

Amazon RDS ストレージタイプ

マルチ AZ 配置

本稼働 DB インスタンスは、マルチ AZ 配置を使用する必要があります。マルチ AZ 配置は、DB インスタンスの拡張された可用性、データ堅牢性、および耐障害性を提供します。

Amazon RDS での高可用性 (マルチ AZ)

Amazon Virtual Private Cloud (VPC)

AWS アカウントにデフォルト VPC がある場合、DB インスタンスがデフォルト VPC 内に自動的に作成されます。アカウントにデフォルト VPC がなく、DB インスタンスを VPC に作成する必要がある場合は、インスタンスを作成する前に VPC とサブネットグループを作成する場合があります。

EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用しているかを確認する

VPC 内の DB インスタンスの使用

セキュリティグループ

デフォルトでは、DB インスタンスはアクセスを防止するファイアウォールを使用します。DB インスタンスにアクセスするために、正しい IP アドレスとネットワーク構成を備えたセキュリティグループを作成する必要があります。作成するセキュリティグループは、どの Amazon EC2 プラットフォームで DB インスタンスが稼働しているか、Amazon EC2 インスタンスから DB インスタンスにアクセスするかどうかによって異なります。

通常、DB インスタンスが EC2-Classic プラットフォーム上にある場合は、DB セキュリティグループを作成する必要があります。インスタンスが EC2-VPC プラットフォーム上にある場合は、VPC セキュリティグループを作成する必要があります。

EC2-VPC または EC2-Classic のどちらのプラットフォームを使用しているかを確認する

セキュリティグループによるアクセスコントロール

パラメータグループ

DB インスタンスに特定のデータベースパラメータが必要になる場合は、DB インスタンスを作成する前にパラメータグループを作成する必要があります。

DB パラメータグループを使用する

オプショングループ

DB インスタンスに特定のデータベースオプションが必要になる場合は、DB インスタンスを作成する前にオプショングループを作成する必要があります。

Oracle DB インスタンスへのオプションの追加

DB インスタンスへの接続

セキュリティグループを作成し、それを DB インスタンスに関連付けると、Oracle SQL *Plus などの標準的な SQL クライアントアプリケーションを使用して DB インスタンスに接続できます。

Oracle DB インスタンスへの接続

バックアップと復元

バックアップが自動的に作成されるように DB インスタンスを設定したり、スナップショットを手動で作成したりできます。そうすることで後で、そのバックアップまたはスナップショットからインスタンスを復元できます。

Amazon RDS DB インスタンスのバックアップと復元

モニタリング

CloudWatch Amazon RDS メトリクス、イベント、および拡張モニタリングを使用することで、Oracle DB インスタンスをモニタリングできます。

DB インスタンスのメトリクスの表示

Amazon RDS イベントの表示

ログファイル

Oracle DB インスタンスのログファイルにアクセスできます。

Amazon RDS データベースログファイルの操作

以下では、RDS Oracle 共通の DBA タスクでの、Amazon RDS 専用の実装に関する説明を行います。マネージド型サービスの操作性を実現するために、Amazon RDS では DB インスタンスへのシェルアクセスは提供していません。また、上位の権限を必要とする特定のシステムプロシージャやシステムテーブルへのアクセスが制限されます。多くのタスクでは、データベースの管理のための Amazon RDS 専用のツールとして、rdsadmin パッケージを実行します。

Oracle を実行する DB インスタンスのための一般的な DBA タスクを次に示します。

Oracle との Amazon S3 統合および、OEM Management Agent データベースタスクを実行するため Amazon RDS の手順を使用することも可能です。詳細については、「Amazon S3 統合」および「Management Agent を使用したデータベースタスクの実行」を参照してください。