コンソールを使用した AWS CodeBuild の開始方法 - AWS CodeBuild

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

コンソールを使用した AWS CodeBuild の開始方法

このチュートリアルでは、AWS CodeBuild を使用して、サンプルソースコード入力ファイル (入力アーティファクトのビルドまたはビルド入力) をソースコードのデプロイ可能バージョン (ビルド出力アーティファクトまたはビルド出力). 具体的には、一般的なビルドツールである Apache Maven を使用して Java クラスファイルのセットを Java アーカイブ (JAR) ファイルにビルドするように CodeBuild に指示します。このチュートリアルを完了するために、Apache Maven または Java に精通している必要はありません。

CodeBuild は、CodeBuild コンソール、AWS CodePipeline、AWS CLI、または AWS SDK を使用して作業できます。このチュートリアルでは、CodeBuild コンソールの使用方法を示します。CodePipeline の使用方法の詳細については、コードビルドでコードパイプラインを使用する。AWS SDK の使用方法の詳細については、「」を参照してください。CodeBuild の実行

重要

このチュートリアルのステップでは、AWS アカウントに課金される可能性のあるリソース(S3 バケットなど)を作成する必要があります。これには、CodeBuild および Amazon S3、AWS リソースおよびアクションの料金CloudWatch Logs。詳細については、「」を参照してください。AWS CodeBuild 料金Amazon S3 の料金AWS Key Management Service 料金, およびAmazon CloudWatch の料金

Steps