AWS Compute Optimizer のドキュメント履歴 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS Compute Optimizer のドキュメント履歴

以下の表は、今回のリリースの AWS Compute Optimizer に関するドキュメントの説明です。

  • API バージョン: 2019-11-30

  • ドキュメントの最終更新: 4 月 7 日2022 年

次の表は、Compute Optimizer の今回のリリースの内容をまとめます。

変更Description日付

Compute Optimizer が追加の Amazon EC2 インスタンスタイプのサポートを追加

Compute Optimizer は、C5d、c6a、C6i、I2、im4Gn、is4Gn、M5ad、m6a、M6i、R6i Amazon EC2 インスタンスタイプを全部でサポートするようになりました。AWSこれらのインスタンスタイプが使用可能で、Compute Optimizer が使用できるリージョン。この更新プログラムは、中国 (北京) および中国 (寧夏) リージョンには適用されません。詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスの要件

2022 年 4 月 7 日

ワークロード対応の推奨事項と移行作業が利用可能になりました

新しい推論ワークロードタイプ機能を使用すると、Compute Optimizer は EC2 インスタンスや Auto Scaling グループなど、リソースで実行されている可能性のあるアプリケーションを推測できます。これを行うには、リソース名、タグ、構成など、リソースの属性を分析します。アプリケーションを推論することで、Compute Optimizer はアプリケーションを考慮したレコメンデーションを生成できます。また、現在のインスタンスタイプから推奨インスタンスタイプに移行するために必要な労力のレベルを特定することもできます。詳細については、「」を参照してください。推論ワークロードタイプ

2022 年 1 月 10 日

リソースのコスト削減とパフォーマンス改善の機会を表示し、強化されたインフラストラクチャメトリックをアクティブ化します。

新しい製品で最大のコストとパフォーマンス改善の機会を特定する節約機会そしてパフォーマンス改善機会ダッシュボードのセクション。詳細については、「」を参照してください。の表示AWS Compute Optimizerダッシュボード。また、EC2 インスタンスと Auto Scaling グループのメトリクス分析ルックバック期間を最大 3 か月に延長できるようになりました(14 日間のデフォルトと比較して)。これを行うには、Compute Optimizer の有料機能である拡張インフラストラクチャメトリクスをアクティブにします。詳細については、「」を参照してください。拡張インフラストラクチャメトリックスのアクティブ化

2021 年 11 月 29 日

UpdatedAWS用の 管理ポリシーAWS Compute Optimizer

-ComputeOptimizerServiceRolePolicyそしてComputeOptimizerReadOnlyAccess AWS用の 管理ポリシーAWS Compute Optimizerが更新されました。詳細については、[AWS の AWS Compute Optimizer 管理ポリシー] を参照してください。

2021 年 11 月 29 日

AWSGraviton ベースのインスタンスの推奨事項

Compute Optimizer では、ワークロードの実行による価格とパフォーマンスへの影響がもたらされるようになりました。AWSGraviton ベースのインスタンス。詳細については、「」を参照してください。AWSGraviton ベースのインスタンスの推奨事項。アカウントが組織の管理アカウントである場合は、Compute Optimizer にオプトインされている組織のメンバーアカウントを表示することもできます。詳細については、「」を参照してください。オプトインしたアカウントの表示AWS Compute Optimizer

2021 年 8 月 26 日

Amazon EC2 インスタンスの推奨機能の強化

Compute Optimizer は、より広い範囲の Amazon EC2 インスタンスタイプをサポートするようになり、より広範なインスタンスメトリクスを評価してレコメンデーションを生成し、インスタンスレコメンデーションの理由を見つけることができ、現在のインスタンスと推奨インスタンスタイプのプラットフォームの違いについて説明します。詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスの要件,EC2 インスタンスメトリクス,理由を見つける, およびプラットフォームの違い

2021 年 5 月 24 日

Amazon EBS ボリュームと Lambda 関数の推奨事項のエクスポート

Amazon EBS ボリュームと Lambda 関数の推奨事項が、Amazon S3 にエクスポートできるようになりました。詳細については、「推奨事項の取得」を参照してください。

2021年5月18日

用のドキュメントの追加AWSマネージドポリシー

Compute Optimizer は、その変更を追跡するようになりました。AWS管理ポリシー。詳細については、[AWS の AWS Compute Optimizer 管理ポリシー] を参照してください。

2021年5月18日

AWS Lambda関数の推奨事項

Compute Optimizer が次の推奨事項を生成するようになりました。AWS Lambda関数。詳細については、「」を参照してください。の表示AWS Lambda関数の推奨事項

2020 年 12 月 23 日

Amazon EBS ボリュームに関する推奨事項

Compute Optimizer が、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリューム用の推奨事項を生成できるようになりました。詳細については、「」を参照してください。EBS ボリューム推奨の表示

2020年12月3日

Amazon EBS メトリクスと暗号化された S3 バケット

Compute Optimizer は、1 秒あたりの読み取り/書き込みオペレーションと、インスタンスにアタッチされた Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームの 1 秒あたりの読み取り/書き込みバイトを分析できるようになりました。このデータは、推奨事項の生成に使用されます。EBS 読み取り/書き込み帯域幅 (オペレーション/秒) および EBS 読み取り/書き込みスループット (KiB/秒) グラフをCompute Optimizer コンソールに表示することもできます。詳細については、「」を参照してください。EC2 インスタンスの推奨事項の表示。また、暗号化された Amazon S3 バケットに推奨事項をエクスポートできるようになりました。詳細については、「推奨事項の取得」を参照してください。

2020 年 10 月 7 日

推奨事項のエクスポート

推奨事項は、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) にエクスポートできます。詳細については、「推奨事項の取得」を参照してください。

2020 年 6 月 10 日

セルフサービスのオプトアウト

AWS Command Line Interface を使用してセルフサービスオプトアウトがサポートされるようになりました。詳細については、「アカウントのからオプトアウトする」を参照してください。

2020 年 4 月 6 日

サービスのリリース

Compute Optimizer をリリース。

2019 年 12 月 2 日