Link Aggregation Group (LAG) - AWS Direct Connect

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Link Aggregation Group (LAG)

複数の接続を使用して、利用できる帯域幅を増やすことができます。Link Aggregation Group (LAG) は、Link Aggregation Control Protocol (LACP) を使用して、1 つの AWS Direct Connect エンドポイントに複数の接続を集約し、それらを 1 つのマネージド型接続として扱うことを可能にする論理インターフェイスです。LAG 設定はグループ内のすべての接続に適用されるため、LAG は設定を合理化します。

注記

AWS はマルチシャーシ LAG (MLAG) をサポートしません。

次の図では、各ロケーションに 2 つずつ、合計 4 つの接続があります。同じAWSデバイスおよび同じ場所を終了する接続の LAG を作成し、設定と管理に 4 つの接続の代わりに 2 つの LAGsを使用できます。

Link Aggregation Group

既存の接続から LAG を作成するか、新しい接続をプロビジョニングできます。LAG を作成したら、既存の接続 (スタンドアロンか別の LAG の一部であるかどうかを問わず) を LAG に関連付けることができます。

以下のルールが適用されます。

  • すべての接続は専用接続でなければならず、ポートスピードが 1 Gbps、10 Gbps または 100 Gbps であることが必要です。

  • LAG のすべての接続では、同じ帯域幅を使用する必要があります。

  • LAG では、100G のポートスピードで最大 2 つの 接続、または 100G 未満で最大 4 つの接続を使用できます。LAG の各接続はリージョンの全体的な接続制限の対象になります。

  • LAG のすべての接続は、同じ AWS Direct Connect エンドポイントで終了する必要があります。

  • LAGは、パブリック、プライベート、トランジットのすべての仮想インターフェースタイプでサポートされています。

LAG の作成時に、新しい物理接続ごとに Letter of Authorization and Connecting Facility Assignment (LOA-CFA) を AWS Direct Connect コンソールからダウンロードできます。詳細については、「LOA-CFA をダウンロードする」を参照してください。

すべての LAG には、LAG 自体が機能するために使用できる必要がある、LAG での接続の最小数を決定する属性があります。新しい LAG では、この属性はデフォルトで 0 に設定されます。LAG を更新して別の値を指定できます。その場合、使用できる接続の数がこのしきい値を下回ると、LAG 全体が機能しなくなります。この属性を使用して、その他の接続の過度の使用を防ぐことができます。

LAG のすべての接続はアクティブ/アクティブモードで実行されます。

注記

LAG を作成するか、複数の接続を LAG と関連付ける場合、特定の AWS Direct Connect エンドポイントで十分な数のポートが使用可能であることは保証されません。

MacSec に関する考慮事項

LAG で MACsec を設定する場合は、次の点を考慮してください。

  • 既存の接続から LAG を作成すると、すべての MACsec キーと接続との関連付けが解除されます。その後に、LAG に接続が追加され、LAG の MACSec キーがその接続に関連付けられます。

  • 既存の接続を LAG に関連付けると、現在LAG に関連付けられている MacSec キーも、その接続に関連付けられます。したがって、接続から MACsec キーの関連付けを解除し、接続を LAG に追加した上で、LAG MACSec キーを接続に関連付けしています。