AWS Lambda リリース - AWS Lambda

AWS Lambda リリース

次の表は、AWS Lambda 開発者ガイドに対する 2018 年 5 月以降の重要な変更点をまとめたものです。このドキュメントの更新に関する通知については、「RSS フィード」にサブスクライブできます。

変更Description日付

Graviton2 のLambda

Lambda は arm64 アーキテクチャを使用する関数で Graviton2 をサポートするようになりました。詳細については、Lambda 命令セットアーキテクチャを参照してください。

2021 年 9 月 29 日

Python 3.9 ランタイム

Lambda では、Python 3.9 の新しいランタイムのサポートを開始しました。詳細については、「Lambda ランタイム」を参照してください。

2021 年 8 月 16 日

Node.js、Python、および Java の新しいランタイムバージョン

Node.js、Python、および Java の新しいランタイムバージョンをご利用いただけます。詳細については、「Lambda ランタイム」を参照してください。

2021 年 7 月 21 日

Lambda でのイベントソースとしての RabbitMQ のサポート

Lambda は、イベントソースとして RabbitMQ の Amazon MQ のサポートを開始しました。Amazon MQ はクラウド内のメッセージブローカーを容易に設定および運用できる、Apache ActiveMQ および RabbitMQ 向けのマネージドメッセージブローカーサービスです。詳細については、「Amazon MQ で Lambda を使用する」を参照してください。

2021 年 7 月 7 日

Lambda のセルフマネージド Kafka 向け SASL/PLAIN 認証

SASL/PLAIN は、Lambda のセルフマネージド Kafka イベントソースをサポートする認証メカニズムになりました。セルフマネージド Kafka クラスターで SASL/PLAIN を既に使用しているお客様は、Lambda を使用して、認証方法を変更することなく、コンシューマーアプリケーションを簡単に構築できるようになりました。詳細については、「セルフマネージド Apache Kafka で Lambda を使用する」を参照してください。

2021 年 6 月 29 日

Lambda 拡張機能 API

Lambda 拡張機能の一般的な可用性。拡張機能を使用して Lambda 関数を補強できます。Lambda パートナーが提供する拡張機能を使用することも、独自の Lambda 拡張機能を作成することもできます。詳細については、「Lambda 拡張機能 API」を参照してください。

2021 年 5 月 24 日

新しい Lambda コンソールエクスペリエンス

Lambda コンソールが再設計され、パフォーマンスと一貫性が向上しました。

2021 年 3 月 2 日

Node.js 14 ランタイム

Lambda は、Node.js 14 の新しいランタイムのサポートを開始しました。Node.js 14 は Amazon Linux 2 を使用します。詳細については、「Node.js による Lambda 関数のビルド」を参照してください。

2021 年 1 月 27 日

Lambda コンテナイメージ

Lambda は、コンテナイメージとして定義された関数のサポートを開始しました。Lambda に備わった、アプリケーションを構築する上での俊敏性と運用のシンプルさに、コンテナツールの柔軟性が加わります。詳細については、「Lambda でコンテナイメージを使用する」を参照してください。

2020 年 12 月 1 日

Lambda 関数のコード署名

Lambda が、コード署名のサポートを開始しました。管理者は Lambda 関数を設定することで、デプロイの際に署名付きコードのみを受け入れることができます。この署名は、Lambda によりチェックされ、コードが変更または改ざんされていないことが確認されます。さらに、コードが信頼できるデベロッパーにより署名されていることも、デプロイを受け入れる前に Lambda により確認されます。詳細については、「Lambda のコード署名の設定」を参照してください。

2020 年 11 月 23 日

プレビュー: Lambda ランタイムログ API

Lambda が、ランタイムログ API のサポートを開始しました。Lambda 拡張機能はログ API を使用して、実行環境でログストリーミングをサブスクライブすることができます。詳細については、「Lambda ランタイムログ API 」を参照してください。

2020 年 11 月 12 日

Amazon MQ 用の新しいイベントソース

Lambda が、イベントソースとして Amazon MQ のサポートを開始しました。Lambda 関数を使用して、Amazon MQ メッセージブローカーからのレコードを処理できます。詳細については、「Amazon MQ で Lambda を使用する」を参照してください。

2020 年 11 月 5 日

プレビュー: Lambda 拡張機能 API

Lambda 拡張機能を使用して、Lambda 関数を補強できます。Lambda パートナーが提供する拡張機能を使用することも、独自の Lambda 拡張機能を作成することもできます。詳細については、「Lambda 拡張機能 API」を参照してください。

2020 年 10 月 8 日

AL2 での Java 8 およびカスタムランタイムのサポート

Lambda が Amazon Linux 2 で Java 8 およびカスタムランタイムのサポートを開始しました。詳細については、「Lambda ランタイム」を参照してください。

2020 年 8 月 12 日

Amazon Managed Streaming for Apache Kafka の新しいイベントソース

Lambda が、イベントソースとして Amazon MSK のサポートを開始しました。Amazon MSK で Lambda 関数を使用して、Kafka トピックのレコードを処理します。詳細については、「Amazon MSK で Lambda を使用する」を参照してください。

2020 年 8 月 11 日

Amazon VPC 設定の IAM 条件キー

VPC 設定で Lambda 固有の条件キーを使用できるようになりました。例えば、組織内のすべての関数を VPC に接続するように要求できます。また、関数のユーザーに対して使用を許可または拒否するサブネットとセキュリティグループを指定することもできます。詳細については、「IAM 関数用の VPC の設定」を参照してください。

2020 年 8 月 10 日

Kinesis HTTP/2 ストリームコンシューマーの同時実行設定

拡張ファンアウト (HTTP/2 ストリーム) を使用する Kinesis コンシューマーに対して、ParallelizationFactor、MaximumRetryAttempts、MaximumRecordAgeInSeconds、DestinationConfig、BisectBatchOnFunctionError の同時実行設定を使用できるようになりました。詳細については、「Amazon Kinesis でAWS Lambdaを使用する」を参照してください。

2020 年 7 月 7 日

Kinesis HTTP/2 ストリームコンシューマー用のバッチウィンドウ

HTTP/2 ストリームのバッチウィンドウ (MaximumBatchingWindowInSeconds) を設定できるようになりました。Lambda は完全なバッチを収集するまで、またはバッチウィンドウの期限が切れるまで、ストリーミングからレコードを読み取ります。詳細については、「Amazon Kinesis でAWS Lambdaを使用する」を参照してください。

2020 年 6 月 18 日

Amazon EFS ファイルシステムのサポート

Amazon EFS ファイルシステムを Lambda 関数に接続して、共有ネットワークファイルにアクセスできるようになりました。詳細については、「Lambda 関数のファイルシステムアクセスの設定」を参照してください。

2020 年 6 月 16 日

Lambda コンソールでの AWS CDK サンプルアプリケーション

Lambda コンソールに TypeScript の AWS Cloud Development Kit (CDK) を使用するサンプルアプリケーションが含まれるようになりました。AWS CDK は、TypeScript、Python、Java、または .NET でアプリケーションリソースを定義するためのフレームワークです。アプリケーション作成のチュートリアルについては、「Lambda コンソールでの継続的デリバリーによるアプリケーションの作成」を参照してください。

2020 年 6 月 1 日

での .NET Core 3.1.0 ランタイムのサポートAWS Lambda

AWS Lambda は .NET Core 3.1.0 ランタイムをサポートするようになりました。詳細については、「 .NET Core CLI」を参照してください。

2020 年 3 月 31 日

API Gateway HTTP API のサポート

API Gateway で Lambda を使用する (HTTP API のサポートを含む) ドキュメントを更新および拡張しました。AWS CloudFormation で API と関数を作成するサンプルアプリケーションを追加しました。詳細については、「Amazon API Gateway で Lambda を使用する」を参照してください。

2020 年 3 月 23 日

Ruby 2.7

新しいランタイムが Ruby 2.7、ruby2.7 で利用可能になりました。これは、Amazon Linux 2 を使用する最初の Ruby ランタイムです。詳細については、「Ruby による Lambda 関数のビルド」を参照してください。

2020 年 2 月 19 日

同時実行メトリクス

Lambda は、すべての関数、エイリアス、バージョンの ConcurrentExecutions メトリクスのレポートを開始しました。このメトリクスのグラフは、関数のモニタリングページで表示できます。以前は、ConcurrentExecutions は、アカウントレベルでのみ報告され、予約された同時実行を使用する関数に対してのみ報告されていました。詳細については、「AWS Lambda 関数メトリクス」を参照してください。

2020 年 2 月 18 日

関数の状態の更新

関数の状態は、すべての関数にデフォルトで適用されるようになりました。関数を VPC に接続すると、Lambda は共有 Elastic Network Interface を作成します。これにより、追加のネットワークインターフェイスを作成することなく、関数のスケールアップができます。この間は、設定の更新やバージョンの発行など、関数に対する追加のオペレーションは実行できません。場合によっては、呼び出しも影響を受けます。関数の現在の状態に関する詳細は、Lambda API から入手できます。

この更新は、段階的にリリースされます。詳細については、AWS コンピューティングブログの「Updated Lambda states lifecycle for VPC networking」を参照してください。状態の詳細については、「AWS Lambda 関数の状態」を参照してください。

2020 年 1 月 24 日

関数設定 API 出力の更新

VPC に接続する関数の StateReasonCode (InvalidSubnet、InvalidSecurityGroup) および LastUpdateStatusReasonCode (SubnetOutOfIPAddresses、InvalidSubnet、InvalidSecurityGroup) に理由コードを追加しました。状態の詳細については、「AWS Lambda 関数の状態」を参照してください。

2020 年 1 月 20 日

プロビジョニングされた同時実行数

プロビジョニングされた同時実行数を関数バージョンまたはエイリアスに割り当てることができるようになりました。プロビジョニングされた同時実行数により、レイテンシーの変動なしに関数を拡張できます。詳細については、「Lambda 関数の同時実行数の管理」を参照してください。

2019 年 12 月 3 日

データベースプロキシを作成する

Lambda コンソールを使用して、Lambda 関数のデータベースプロキシを作成できるようになりました。データベースプロキシを使用すると、データベース接続を使い果たすことなく、関数の同時実行レベルを上げることができます。詳細については、「Lambda 関数のデータベースアクセスの設定」を参照してください。

2019 年 12 月 3 日

期間メトリクスのパーセンタイルのサポート

パーセンタイルに基づいて期間メトリクスをフィルタ処理できるようになりました。詳細については、「AWS Lambda メトリクス」を参照してください。

2019 年 11 月 26 日

ストリームイベントソースの同時実行数の増加

DynamoDB StreamsKinesis ストリームのイベントソースマッピングの新しいオプションにより、各シャードの複数のバッチを一度に処理できます。シャードごとの同時バッチの数を増やすと、関数の同時実行数はストリームのシャード数の最大 10 倍になる場合があります。詳細については、「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。

2019 年 11 月 25 日

関数の状態

関数を作成または更新すると、その関数をサポートするリソースが Lambda によってプロビジョニングされている間、その関数は保留状態になります。関数を VPC に接続すると、Lambda は、関数が呼び出されたときにネットワークインターフェースを作成せずに、すぐに共有 Elastic Network Interface を作成できます。その結果、VPC に接続された関数のパフォーマンスが向上しますが、オートメーションの更新が必要になる場合があります。詳細については、「AWS Lambda 関数の状態」を参照してください。

2019 年 11 月 25 日

非同期呼び出しのエラー処理オプション

非同期呼び出しに新しい設定オプションを使用できるようになりました。Lambda の再試行の制限、最大イベント有効期間を設定できます。詳細については、「非同期呼び出しのエラー処理の設定」を参照してください。

2019 年 11 月 25 日

ストリームイベントソースのエラー処理

ストリームから読み取るイベントソースマッピングに新しい設定オプションを使用できるようになりました。DynamoDB StreamsKinesis ストリームのイベントソースマッピングを設定して再試行を制限し、最大レコード有効期間を設定できます。エラーが発生した場合は、再試行する前にバッチを分割し、失敗したバッチの呼び出しレコードをキューまたはトピックに送信するように、イベントソースマッピングを設定できます。詳細については、「Lambda イベントソースマッピング」を参照してください。

2019 年 11 月 25 日

非同期呼び出しの送信先

非同期呼び出しのレコードを別のサービスに送信するように、Lambda を設定できるようになりました。呼び出しレコードには、イベント、コンテキスト、関数のレスポンスに関する詳細が含まれます。呼び出しレコードを SQS キュー、SNS トピック、Lambda 関数、EventBridge イベントバスに送信できます。詳細については、「非同期呼び出しの送信先の設定」を参照してください。

2019 年 11 月 25 日

Node.js、Python、および Java の新しいランタイム

新しいランタイムが Node.js 12、Python 3.8、および Java 11 で利用できます。詳細については、「Lambda ランタイム」を参照してください。

2019 年 11 月 18 日

Amazon SQS イベントソースに対する FIFO キューサポート

FIFO (先入れ先出し) キューから読み取るイベントソースマッピングを作成できるようになりました。以前は、標準キューのみがサポートされていました。詳細については、「Amazon SQS で Lambda を使用する」を参照してください。

2019 年 11 月 18 日

Lambda コンソールでのアプリケーションの作成

Lambda コンソールでのアプリケーションの作成が正式リリースされました。手順については、「Lambda コンソールでの継続的デリバリーによるアプリケーションの作成」を参照してください。

2019 年 10 月 31 日

Lambda コンソールでのアプリケーションの作成 (ベータ)

Lambda コンソールの統合された継続的デリバリーパイプラインを使用して、Lambda アプリケーションを作成できるようになりました。コンソールには、独自のプロジェクトの開始点として使用できるサンプルアプリケーションが用意されています。ソース管理のために AWS CodeCommit と GitHub のいずれかを選択します。変更をリポジトリにプッシュするたびに、含まれているパイプラインによって変更が自動的にビルドおよびデプロイされます。手順については、「Lambda コンソールでの継続的デリバリーによるアプリケーションの作成」を参照してください。

2019 年 10 月 3 日

VPC 接続された関数のパフォーマンスの向上

Lambda で、Virtual Private Cloud (VPC) サブネットのすべての関数で共有される新しいタイプの Elastic Network Interface が使用されるようになりました。関数を VPC に接続すると、Lambda は選択したセキュリティグループとサブネットの組み合わせごとにネットワークインターフェイスを作成します。共有ネットワークインターフェイスが利用可能になると、関数のスケールアップ時に追加のネットワークインターフェイスを作成する必要がなくなります。これにより、起動時間が大幅に短縮されます。詳細については、「VPC 内のリソースにアクセスできるように Lambda 関数を設定する」を参照してください。

2019 年 9 月 3 日

ストリームバッチ設定

Amazon DynamoDBAmazon Kinesis イベントソースマッピングのバッチウィンドウを設定できるようになりました。バッチ全体が使用可能になるまで受信レコードをバッファするように、最大 5 分のバッチウィンドウを設定します。これにより、ストリームがアクティブでない場合に関数が呼び出される回数が減ります。

2019 年 8 月 29 日

CloudWatch Logs Insights の統合

Lambda コンソールのモニタリングページに Amazon CloudWatch Logs Insights からのレポートが含まれるようになりました。詳細については、「AWS Lambda コンソールで関数をモニタリングする」を参照してください。

2019 年 6 月 18 日

Amazon Linux 2018.03

Lambda の実行環境が Amazon Linux 2018.03 を使用するように更新されています。詳細については、「実行環境」を参照してください。

2019 年 5 月 21 日

Node.js 10

Node.js 10、nodejs10.x 用の新しいランタイムが利用可能になりました。このランタイムは Node.js 10.15 を使用し、最新のポイントリリースの Node.js 10 で定期的に更新されます。また、Node.js 10 は Amazon Linux 2 を使用する最初のランタイムです。詳細については、「Node.js による Lambda 関数のビルド」を参照してください。

2019 年 5 月 13 日

GetLayerVersionByArn API

GetLayerVersionByArn API を使用して、バージョン ARN を入力としたレイヤーバージョン情報をダウンロードします。GetLayerVersion と比較すると、解析してレイヤー名およびバージョン番号を取得する代わりに、GetLayerVersionByArn では ARN を直接使用することができます。

2019 年 4 月 25 日

Ruby

AWS Lambda で新しいランタイムの Ruby 2.5 がサポートされるようになりました。詳細については、「Ruby による Lambda 関数のビルド」を参照してください。

2018 年 11 月 29 日

Layer

Lambda レイヤーにより、ライブラリ、カスタムランタイム、その他の依存関係を、関数コードとは別にパッケージ化してデプロイすることができます。レイヤーを他のアカウント、または世界のすべてのユーザーと共有します。詳細については、「Lambda レイヤー」を参照してください。

2018 年 11 月 29 日

のカスタムランタイム

カスタムランタイムを構築して、任意のプログラミング言語で Lambda 関数を実行します。詳細については、「カスタム Lambda ランタイム」を参照してください。

2018 年 11 月 29 日

Application Load Balancer のトリガー

Elastic Load Balancing は、Application Load Balancer のターゲットとして Lambda 関数のサポートを開始しました。詳細については、「Application Load Balancer で Lambda を使用する」を参照してください。

2018 年 11 月 29 日

Kinesis HTTP/2 ストリームコンシューマーをトリガーとして使用する

Kinesis HTTP/2 データストリームコンシューマーを使用してイベントを AWS Lambda に送信できます。ストリームコンシューマーは、各シャードの専用の読み取りスループットをデータストリーム内に配置し、HTTP/2 を使用してレイテンシーを最小限に抑えています。詳細については、「Kinesis で Lambda を使用する」を参照してください。

2018 年 11 月 19 日

Python 3.7

AWS Lambda で新しいランタイムの Python 3.7 がサポートされるようになりました。詳細については、「Python を使用した Lambda 関数のビルド」を参照してください。

2018 年 11 月 19 日

非同期関数の呼び出しのペイロードの制限引き上げ

非同期呼び出しの最大ペイロードサイズが 128 KB から 256 KB に増加し、Amazon SNS トリガーからの最大メッセージサイズと一致しました。詳細については、「Lambda のクォータ」を参照してください。

2018 年 11 月 16 日

AWS GovCloud (米国東部) リージョン

AWS Lambda が AWS GovCloud (米国東部) リージョンでご利用いただけるようになりました。

2018 年 11 月 12 日

別の開発者ガイドに AWS SAM トピックを移動しました

多数のトピックが、AWS Serverless Application Model (AWS SAM) を使用したサーバーレスアプリケーションの構築に重点を置いていました。これらのトピックは、AWS Serverless Application Model 開発者ガイドに移動されました。

2018 年 10 月 25 日

コンソールで Lambda アプリケーションを表示する

Lambda アプリケーションのステータスは、Lambda コンソールの [Applications (アプリケーション)] ページで確認できます。このページには、 AWS CloudFormation スタックのステータスが表示されます。ここには、スタックのリソースに関する情報を表示できるページへのリンクが含まれています。また、アプリケーションのメトリクス集約を表示し、カスタムモニタリングダッシュボードを作成することもできます。

2018 年 10 月 11 日

関数実行タイムアウト制限

長時間実行される関数を許可すると、設定可能な最大実行タイムアウトは 5 分から 15 分以内に増加します。詳細については、「Lambda の制限事項」を参照してください。

2018 年 10 月 10 日

における PowerShell Core 言語のサポートAWS Lambda

AWS Lambda では PowerShell Core 言語をサポートするようになりました。詳細については、「PowerShell で Lambda 関数の作成用モデルをプログラミングする」を参照してください。

2018 年 9 月 11 日

での .NET Core 2.1.0 ランタイムのサポートAWS Lambda

AWS Lambda は .NET Core 2.1.0 ランタイムをサポートするようになりました。詳細については、「.NET Core CLI」を参照してください。

2018 年 7 月 9 日

更新を RSS で今すぐ入手可能

RSS フィードを購読して、このガイドのリリースをフォローできるようになりました。

2018 年 7 月 5 日

イベントソースとしての Amazon SQS のサポート

AWS Lambda は、イベントソースとして Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) のサポートを開始しました。詳細については、「Lambda 関数の呼び出し」を参照してください。

2018 年 28 月 6 日

中国 (寧夏) リージョン

AWS Lambda が中国 (寧夏) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2018 年 28 月 6 日

以前の更新

次の表に、2018 年 6 月以前の AWS Lambda 開発者ガイドの各リリースにおける重要な変更点を示します。

変更 説明 日付
Node.js ランタイム 8.10 ランタイムのサポート

AWS Lambda で Node.js ランタイムバージョン 8.10 がサポートされるようになりました。詳細については、「」を参照してくださいNode.js による Lambda 関数の構築

2018 年 4 月 2 日
関数およびエイリアスリビジョン ID

AWS Lambda が関数バージョンおよびエイリアスのリビジョン ID をサポートするようになりました。この ID を使用して、関数バージョンあるいはエイリアスリソースを更新するときに、条件付き更新を追跡して適用できます。

2018 年 1 月 25 日
Go と .NET 2.0 におけるランタイムのサポート

AWS Lambda に Go と .NET 2.0 のランタイムへのサポートが追加されました。詳細については、「Go による Lambda 関数の構築」および「C# による Lambda 関数の構築」を参照してください。

2018 年 1 月 15 日
コンソールの再設計

AWS Lambda で新しい Lambda コンソールを導入し、エクスペリエンスを簡素化しました。また、Cloud9 Code Editor を追加して、関数コードのデバッグと修正の機能を強化しました。詳細については、「コンソールエディタを使用したコードの編集」を参照してください。

2017 年 11 月 30 日
個々の関数に対する同時実行数の制限の設定

AWS Lambda で、個々の関数に対して同時実行数の制限を設定できるようになりました。詳細については、「Lambda の予約済み同時実行数の管理」を参照してください。

2017 年 11 月 30 日
エイリアスによるトラフィックの移行

AWS Lambda で、エイリアスによるトラフィックの移行がサポートされるようになりました。詳細については、「Lambda 関数のローリングデプロイ 」を参照してください。

2017 年 11 月 28 日
コードの段階的なデプロイ

AWS Lambda で、Code Deploy を活用し、Lambda 関数の新しいバージョンを安全にデプロイできるようになりました。詳細については、「コードの段階的なデプロイ」を参照してください。

2017 年 11 月 28 日
中国 (北京) リージョン

AWS Lambda が中国 (北京) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2017 年 11 月 9 日
SAM Local の紹介

AWS Lambda で SAM Local (SAM CLI に名称変更) を導入しました。これは AWS CLI ツールであり、サーバーレスアプリケーションを Lambda ランタイムにアップロードする前にローカルで開発、テスト、分析するための環境を提供します。詳細については、「サーバーレスアプリケーションのテストとデバッグ」を参照してください。

2017 年 8 月 11 日
カナダ (中部) リージョン

AWS Lambda は、カナダ (中部) リージョンで使用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2017 年 6 月 22 日
南米 (サンパウロ) リージョン

AWS Lambda が南米 (サンパウロ) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2017 年 6 月 6 日
AWS Lambda では がサポートされています。AWS X-Ray Lambda に X-Ray のサポートが導入されました。これにより Lambda アプリケーションでパフォーマンスの問題を検出、分析、最適化できます。詳細については、「AWS X-Ray で AWS Lambda を使用する」を参照してください。 2017 年 4 月 19 日
アジアパシフィック (ムンバイ) リージョン

AWS Lambda がアジアパシフィック (ムンバイ) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2017 年 3 月 28 日
AWS Lambda で Node.js ランタイム v6.10 がサポートされるようになりました。

AWS Lambda に Node.js ランタイム v6.10 のサポートが追加されました。詳細については、「」を参照してくださいNode.js による Lambda 関数の構築

2017 年 3 月 22 日
欧州 (ロンドン) リージョン

AWS Lambda が欧州 (ロンドン) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2017 年 2 月 1 日
AWS Lambda での .NET ランタイム、Lambda@Edge (プレビュー)、デッドレターキュー、サーバーレスアプリケーションの自動デプロイメントのサポート。

AWS Lambda に C# のサポートが追加されました。詳細については、「C# による Lambda 関数の構築」を参照してください。

Lambda@Edge では、CloudFront イベントに応じて、AWSエッジロケーションで Lambda 関数を実行することができます。詳細については、「CloudFront Lambda@Edge での AWS Lambda の使用」を参照してください。

2016 年 12 月 3 日
サポートされているイベントソースとして Amazon Lex が AWS Lambda に追加されました。

Lambda および Amazon Lex を使用して、Slack や Facebook などの各種サービス用にチャットボットをすばやく構築できます。詳細については、「Amazon Lex で AWS Lambda を使用する」を参照してください。

2016 年 11 月 30 日
米国西部 (北カリフォルニア) リージョン

AWS Lambda が米国西部 (北カリフォルニア) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2016 年 11 月 21 日
Lambda ベースのアプリケーションを作成およびデプロイし、Lambda 関数設定用の環境変数を使用するための、AWS SAM を導入しました。

AWS SAM: AWS SAM を使用して、サーバーレスアプリケーション内でリソースを表現するための構文を定義できるようになりました。アプリケーションをデプロイするには、必要なリソースを、AWS CloudFormation テンプレートファイル (JSON または YAML で記述された) の関連するアクセス権限ポリシーと共にアプリケーションの一部として指定します。デプロイアーティファクトをパッケージ化し、テンプレートをデプロイします。詳細については、「AWS Lambda アプリケーション」を参照してください。

環境変数: 環境変数を使用して、関数コード以外の Lambda 関数の設定を指定できます。詳細については、「AWS Lambda 環境変数の使用」を参照してください。

2016 年 11 月 18 日
アジアパシフィック (ソウル) リージョン

AWS Lambda がアジアパシフィック (ソウル) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2016 年 8 月 29 日
アジアパシフィック (シドニー) リージョン

Lambda がアジアパシフィック (シドニー) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2016 年 6 月 23 日
Lambda コンソールの更新

Lambda コンソールが更新され、ロール作成プロセスが簡単になりました。詳細については、「コンソールで Lambda の関数の作成」を参照してください。

2016 年 6 月 23 日
AWS Lambda で Node.js ランタイム v4.3 がサポートされるようになりました。

AWS Lambda に Node.js ランタイム v4.3 のサポートが追加されました。詳細については、「Node.js による Lambda 関数の構築」を参照してください。

2016 年 4 月 07 日
欧州 (フランクフルト) リージョン

Lambda が欧州 (フランクフルト) リージョンで利用可能になりました。Lambda リージョンとエンドポイントの詳細については、AWS 全般のリファレンスの「リージョンとエンドポイント」を参照してください。

2016 年 3 月 14 日

VPC サポート

VPC 内のリソースにアクセスできるよう Lambda 関数を設定できるようになりました。詳詳細については、「VPC 内のリソースにアクセスするように Lambda 関数を設定する」を参照してください。

2016 年 2 月 11 日

Lambda ランタイムが更新されました。

実行環境が更新されました。

2015 年 11 月 4 日

バージョニングサポート、Lambdafunctions の開発コード用の Python、スケジュールされたイベント、実行時間の増加

Python を使用した Lambda 関数コードの開発が可能になりました。詳細については、「Python による Lambda 関数の構築」を参照してください。

バージョニング: Lambda 関数の複数のバージョンを維持できます。バージョニング機能を使用して、異なる環境 (たとえば、開発、テスト、本稼働) で実行される Lambda 関数のバージョンを制御できます。詳細については、「Lambda 関数のバージョン」を参照してください。

スケジュールされているイベント: Lambda コンソールを使用して、スケジュールに基づいて定期的にコードを呼び出すように Lambda を設定できます。固定の間隔を指定する (時間、日、曜日の数字) ことも、Cron 式を指定することもできます。例については、「Amazon EventBridge (CloudWatch Events) でAWS Lambdaを使用する」を参照してください。

実行時間の増加: Lambda 関数の実行時間を最長 5 分までセットアップできるようになりました。大容量データの取り込みやジョブの処理のような時間がかかる関数を実行できます。

2015 年 10 月 08 日

DynamoDB Streams のサポート

DynamoDB Streams は一般公開され、DynamoDB が利用可能なすべてのリージョンでこれを使用することができます。テーブルに対して DynamoDB Streams を有効にして、テーブルのトリガーとして Lambda 関数を使用できます。トリガーは、DynamoDB テーブルに対して行われた更新に応じて行うカスタムアクションです。チュートリアル例については、「チュートリアル: Amazon DynamoDB Streams で AWS Lambda を使用する」を参照してください。

2015 年 7 月 14 日

Lambda が、REST 対応クライアントによる Lambda 関数呼び出しのサポートを開始しました。

これまでは、ウェブ、モバイル、IoT アプリケーションから Lambda 関数を呼び出すには、AWS SDK (AWS SDK for Java、AWS SDK for Android、AWS SDK for iOS など) が必要でした。Lambda は、Amazon API Gateway を使用して作成できるカスタマイズされた API により、REST 対応クライアントによる Lambda 関数呼び出しのサポートを開始しました。Lambda 関数のエンドポイント URL にリクエストを送信できます。エンドポイントでセキュリティを設定してオープンアクセスを許可したり、AWS Identity and Access Management (IAM) を利用してアクセスを許可したり、API キーを使用して他のユーザーによる Lambda 関数へのアクセスを計測したりできるようになりました。

「使用開始」の実習例については、「Amazon API Gateway で AWS Lambda を使用する」を参照してください。

Amazon API Gateway の詳細については、https://aws.amazon.com/api-gateway/ を参照してください。

2015 年 7 月 09 日

Lambda コンソールでは、簡単に Lambda 関数を作成およびテストするために、設計図が提供されるようになりました。

Lambda コンソールは、一連の設計図を提供します。各設計図には、Lambda 関数用に、簡単に Lambda ベースのアプリケーションを作成するために使用できる Lambda 関数のサンプルイベントソース設定とサンプルコードが用意されています。Lambda のすべての「使用開始」の実習で、設計図を使用するようになりました。詳細については、「Lambda の開始方法」を参照してください。

2015 年 7 月 09 日

Lambda は、Lambda 関数を作成するために Java のサポートを開始しました。

Java で Lambda コードを記述できるようになりました。詳細については、「Java による Lambda 関数の構築」を参照してください。

2015 年 6 月 15 日

Lambda は、Lambda 関数の作成または更新時に、Amazon S3 オブジェクトを関数の .zip として指定するサポートを開始しました。

Lambda 関数デプロイパッケージ (.zip ファイル) を、Lambda 関数を作成するのと同じリージョンで Amazon S3 バケットにアップロードできます。次に、Lambda 関数を作成または更新するときに、バケット名とオブジェクトキー名を指定できます。

2015 年 5 月 28 日

Lambda は、モバイルバックエンド用のサポートを追加して一般公開されるようになりました。

Lambda は、本稼働環境用に一般公開されるようになりました。このリリースでは、インフラストラクチャをプロビジョニングまたは管理することなく、自動的にスケーリングする Lambda を使用して、モバイル、タブレット、IoT バックエンドを簡単に構築できる新機能も導入されています。Lambda は、リアルタイム (同期) および非同期イベント両方のサポートを開始しました。その他の機能には、簡単なイベントソース設定と管理があります。Lambda 関数用のリソースポリシーの導入によって、アクセス権限モデルとプログラミングモデルが簡素化されました。

それに応じてドキュメントが更新されました。詳細については、以下のトピックを参照してください。

Lambda の開始方法

AWS Lambda

2015 年 4 月 9 日
プレビューリリース

AWS Lambda 開発者ガイド』のプレビューリリース。

2014 年 11 月 13 日