Linux 用の EC2 インスタンスに手動で SSM Agent をインストールする - AWS Systems Manager

Linux 用の EC2 インスタンスに手動で SSM Agent をインストールする

Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) Linux オペレーティングシステムに AWS Systems Manager Agent (SSM Agent) を手動でインストールする前に、次の情報を確認してください。

  • ほとんどの場合、SSM Agent は、以下の EC2 インスタンスと Amazon Machine Images (AMIs) ではデフォルトでインストールされます。

    • Amazon Linux

    • Amazon Linux 2

    • Amazon Linux 2 ECS に最適化されたベース AMIs

    • SUSE Linux Enterprise Server(SLES) 12 と 15

    • Ubuntu Server 16.04、18.04 および 20.04

    エージェントが EC2 インスタンスにインストールされているかどうかの確認については、「SSM Agent ステータスの確認とエージェントの起動」を参照してください。

  • 手動の手順では、任意の AWS リージョン から SSM Agent をインストールできます。

  • Systems Manager で使用できるように、エージェントをオンプレミスサーバーまたは仮想マシン (VM) にインストールする必要がある場合は、「ハイブリッド環境に SSM Agent をインストールする (Linux)」を参照してください。

  • 新しい機能が Systems Manager に追加されるか、既存の機能が更新されると必ず、更新されたバージョンの SSM Agent がリリースされます。古いバージョンのエージェントがマネージドノードで実行される場合、一部の SSM Agent プロセスが失敗する恐れがあります。そのため、マシン上で SSM Agent を最新状態に維持するプロセスを自動化することをお勧めします。詳細については、SSM Agent への更新の自動化 を参照してください。GitHub の [SSM Agent リリースノート] ページをサブスクライブすると、SSM Agent の更新に関する通知を受け取ることができます。

オペレーティングシステムの選択

指定したオペレーティングシステムに手動で SSM Agent をインストールする手順を確認するには、リンクを選択してください。

注記

以下の各オペレーティングシステムのサポート対象のバージョンのリストについては、サポートされるオペレーティングシステム を参照してください。