AWS Systems Manager 文書 - AWS Systems Manager

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

AWS Systems Manager 文書

A AWS Systems Manager ドキュメント(SSM 文書)は、 Systems Manager は、 管理インスタンス。 Systems Manager 設定済みのドキュメントが12以上含まれており、 実行時にパラメータを指定して使用します。ドキュメントはJavaScript Object Notation(JSON)または YAML には、指定したステップとパラメーターが含まれます。

種類 SSM 文書

次の表では、さまざまなタイプの SSM 文書。

タイプ と使用 詳細

コマンド文書

Run Command

ステートマネージャー

メンテナンスウィンドウ

Run Command コマンドドキュメントを使用してコマンドを実行します。 ステートマネージャー コマンドを使用 構成を適用するためのドキュメント。これらのアクションは、 インスタンスのライフサイクル中の任意の時点でより多くのターゲット。 メンテナンスウィンドウ コマンド ドキュメントを使用して、指定した スケジュール。

自動化ドキュメント

自動化

ステートマネージャー

メンテナンスウィンドウ

共通のメンテナンスおよび Amazon Machine Image の作成または更新などの配置タスク (AMI)。 ステートマネージャー は、オートメーション ドキュメントを使用して構成を適用します。これらのアクションは、 インスタンスのライフサイクル。 メンテナンスウィンドウ 自動化ドキュメントを使用して、 指定された スケジュール。

パッケージドキュメント

代理店

販売代理店では、パッケージは SSM ドキュメント。A パッケージドキュメントには、 管理インスタンスにインストールするソフトウェアまたはアセット。パッケージの作成 代理店がパッケージ文書を作成します。

セッション文書

Session Manager

Session Manager は、セッション文書を使用して、どのタイプのセッションを ポート転送セッション、 対話型コマンド、または SSH トンネルを作成するためのセッション。

ポリシー文書

ステートマネージャー

Systems Manager インベントリはAWS-GatherSoftwareInventoryポリシー文書を使用します と ステートマネージャー 管理された インスタンス。独自の SSM ドキュメントを作成するとき、オートメーション ドキュメント 実行コマンド ドキュメントは、 管理インスタンス上のポリシー。

カレンダー文書を変更

Change Calendar

Systems Manager Change Calendar は、 ChangeCalendar ドキュメント タイプ。A Change Calendar ドキュメントには、カレンダー エントリと、 オートメーション アクションによる環境の変更を許可または防止します。内 Change Calendar、ドキュメントストア iカレンダー2.0 データをプレーン テキスト形式で指定します。

SSM ドキュメントのバージョンと実行ドキュメントノバージョントジッコウ

異なるバージョンのドキュメントを作成して保存することができます。その後、 各ドキュメントのデフォルト バージョン。ドキュメントのデフォルト バージョンは、 新しいバージョンまたは古いバージョンのドキュメントに戻されました。_を変更したとき 文書の内容、 Systems Manager ドキュメントのバージョンが自動的に増分されます。あなた では、 コンソール、CLI コマンド、または API 呼び出し。

ドキュメントのカスタマイズ

ドキュメント内の手順とアクションをカスタマイズする場合は、独自の手順とアクションを作成できます。初めてドキュメントを使用してインスタンスに対してアクションを実行すると、システムは AWSアカウントとのドキュメント。作成方法の詳細については、 SSM ドキュメント、参照 作成中 Systems Manager 文書.

ドキュメントのタグ付け

ドキュメントにタグを付けることで、 割り当てたタグ。たとえば、特定の 環境、部門、ユーザー、グループ、または期間。以下へのアクセスを制限することもできます。 ドキュメントの作成によるドキュメントノサクセイニヨル IAM ユーザーまたはグループが実行できるタグを指定するポリシー アクセス。詳細については、以下を参照してください。 Systems Manager ドキュメントのタグ付け.

ドキュメントの共有

ドキュメントを公開したり、 AWS Regionと同じです。口座間でドキュメントを共有すると、たとえば、 顧客または従業員に供給するEC2インスタンスのすべてが同じ 構成。インスタンス上にアプリケーションまたはパッチを保持することに加えて 顧客インスタンスを特定のアクティビティから制限したい場合があります。または 従業員アカウントが使用するインスタンスを 特定の内部リソースへのアクセス権が組織に付与されます。詳細については、 参照 共有 SSM 文書.

SSM ドキュメント クォータ

情報: SSM ドキュメント クォータ、参照 アマゾン ウェブ サービス全般のリファレンスの「Systems Manager サービスクォータ」.