メニュー
Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

ディストリビューションの概要

CloudFront を使用してコンテンツを配信するときは、ディストリビューションを作成して、以下のような構成設定を選択します。以下に例を示します。

  • コンテンツオリジン。これは CloudFront が配信するファイルを取得する Amazon S3 バケット、AWS Elemental MediaPackage チャネル、または HTTP サーバーです。オリジンとして、最大で 25 個の Amazon S3 バケット、チャネル、HTTP サーバーの任意の組み合わせを指定できます。

  • アクセス。ファイルをすべてのユーザーが使用できるようにするか、または一部のユーザーにアクセスを制限するか。

  • セキュリティ。CloudFront でコンテンツへのアクセスに HTTPS を必須にするかどうか。

  • Cookie またはクエリ文字列転送。CloudFront でオリジンに Cookie またはクエリ文字列を転送するかどうか。

  • 地域制限。CloudFront で特定の国のユーザーをコンテンツにアクセスできなくするかどうか。

  • アクセスログ。CloudFront でビューワーのアクティビティを示すアクセスログを作成するかどうか。

AWS アカウントごとに作成できるウェブディストリビューションの数に関する現在の制限については、「ウェブディストリビューションの一般的な制限」および「RTMP ディストリビューションの制限」を参照してください。供給可能な、ディストリビューションごとのファイル数に制限はありません。

ディストリビューションを使用して、HTTP または HTTPS 経由で以下のコンテンツを供給できます。

  • HTTP や HTTPS を使用した静的および動的なダウンロードコンテンツ (例: .html、.css、.js、イメージファイルなど)。

  • Apple HTTP Live Streaming (HLS) や Microsoft Smooth Streaming など、さまざまな形式のビデオオンデマンド。詳細については、「CloudFront によるオンデマンドビデオ配信」を参照してください。

    HTTP または HTTPS を介して Adobe Flash マルチメディアコンテンツを供給することはできませんが、CloudFront RTMP ディストリビューションを使用して供給することはできます。「RTMP ディストリビューション」を参照してください。

  • ライブイベント。リアルタイムのミーティング、会議、コンサートなど。ライブストリーミングの場合は、AWS CloudFormation スタックを使用して自動的にディストリビューションを作成します。詳細については、「CloudFront と AWS Media Services によるビデオのライブストリーミング」の該当するライブストリーミングチュートリアルを参照してください。

ディストリビューションの作成については、ディストリビューションを作成するためのステップ (概要) を参照してください。