を閉じる AWS アカウント - AWS アカウント管理

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

を閉じる AWS アカウント

が不要になった場合は AWS アカウント、このセクションの指示に従っていつでも を閉じることができます。閉鎖後、アカウントを閉鎖した日から 90 日以内に再度開くことができます。アカウントを閉鎖した日から がアカウントを完全に閉鎖するまで AWS の時間間隔は、閉鎖後期間 と呼ばれます。

アカウントを閉鎖する前に知っておくべきこと

を閉じる前に AWS アカウント、次の点を考慮する必要があります。

  • アカウントの解約は、このアカウントのカスタマーアグリーメントの終了 AWS 通知として機能します。

  • リソースを閉じる AWS アカウント 前に、 のリソースを削除する必要はありません。ただし、保持するリソースまたはデータをバックアップすることをお勧めします。特定のリソースをバックアップする方法については、そのサービスに適したAWS ドキュメントを参照してください。

  • 閉鎖後期間 の間にアカウントを再度開くことができます。アカウント内に残っているサービスの料金は、再度開くと再開されます。また、未払いの請求書、未払いのリザーブドインスタンスおよび Savings Plans引き続き責任を負います。

  • お客様は、アカウント閉鎖前に消費されたサービスに対する未払いの料金と料金をすべて負担します。アカウントを閉鎖した翌月に AWS 請求書が届きます。例えば、1 月 15 日にアカウントを閉鎖した場合、1 月 1 日から 1 月 15 日の間に発生した使用料の請求書が 2 月初めに届きます。リザーブドインスタンスと Savings Plans の請求書は、アカウントを閉鎖してから有効期限が切れるまで引き続き受け取ります。 Savings Plans

  • アカウントで以前に利用可能な AWS サービスにアクセスできなくなります。ただし、閉鎖後の AWS アカウント 期間中にサインインして閉鎖された にアクセスできるのは、過去の請求情報の表示、アカウント設定へのアクセス、または への問い合わせのみですAWS Support

  • 閉鎖 AWS アカウント 時に に登録されたのと同じ E メールアドレスを、別の のプライマリ E メールとして使用することはできません AWS アカウント。別の に同じ E メールアドレスを使用する場合は AWS アカウント、閉鎖前に更新することをお勧めします。E メールアドレスの更新手順ルートユーザー AWS アカウント の名前、E メールアドレス、またはパスワードを更新するについては、「」を参照してください。

  • ルートユーザー で AWS アカウント 多要素認証 (MFA) を有効にしている場合、または IAM ユーザー で MFA デバイスを設定している場合、アカウントを閉鎖しても MFA は自動的に削除されません。閉鎖後 90 日間に MFA を有効にしたままにする場合は、その間にアカウントにアクセスする必要がある場合に備えて、閉鎖後期間が終了するまで MFA デバイスをアクティブのままにします。ハードウェア TOTP トークンデバイスは、アカウントの永続的な閉鎖後に他のユーザーに関連付けることはできません。後で別のユーザーでハードウェア TOTP トークンを使用する場合は、アカウントを閉鎖する前にハードウェア MFA デバイスを非アクティブ化することができます。IAM ユーザー のMFA デバイスは、アカウント管理者が削除する必要があります。

メンバーアカウントに関するその他の考慮事項

  • メンバーアカウントを閉鎖すると、閉鎖後期間 の後まで、そのアカウントは組織から削除されません。閉鎖後期間中、閉鎖したメンバーアカウントは、引き続き組織内のアカウントのクォータに対してカウントされます。アカウントがクォータにカウントされないようにするには、「閉鎖する前に組織からメンバーアカウントを削除する」を参照してください。

  • 30 日間で閉鎖できるメンバーアカウントは 10% のみです。このクォータは暦月に縛られず、アカウントを閉鎖した時点で開始されます。最初のアカウント閉鎖から 30 日以内に、制限である 10% を超えるアカウントを閉鎖することはできません。アカウントの 10% が 1000 を超える場合でも、アカウントの最小閉鎖数は 10 で、最大閉鎖数は 1000 です。Organizations のクォータの詳細については、「 のクォータ AWS Organizations」を参照してください。

  • AWS Control Tower を使用する場合は、アカウントを閉鎖する前にメンバーアカウントの管理を解除する必要があります。「 AWS Control Tower ユーザーガイド」の「メンバーアカウントの管理を解除する」を参照してください。

サービス固有の考慮事項

  • AWS Marketplace サブスクリプションは、アカウント閉鎖時に自動的にキャンセルされません。サブスクリプションがある場合は、まずサブスクリプション内のソフトウェアのすべてのインスタンスを終了します。次に、 AWS Marketplace コンソールの「サブスクリプションの管理」ページに移動し、サブスクリプションをキャンセルします。

  • Route 53 に登録しているドメインは自動的に削除されません。を閉じる前に AWS アカウント、次の 4 つのオプションがあります。

  • AWS CloudTrail は基本的なセキュリティサービスです。つまり、ユーザーが作成した証跡は、 AWS アカウントを閉鎖する前にアカウント内の証跡を明示的に削除しない限り、 AWS アカウントを閉鎖した後も引き続き存在し、イベントを配信します。この動作は、管理アカウントまたは委任された管理者によって作成された組織証跡や、組織のメンバーアカウントで作成されたマルチリージョンの組織証跡にも適用されます。詳細については、「 CloudTrail ユーザーガイド」のAWS 「アカウント閉鎖と証跡」を参照してください。

アカウントを閉鎖する方法

次の手順 AWS アカウント を使用して を閉じることができます。閉鎖 AWS GovCloud (US)するアカウント [スタンドアロン、メンバー、管理、] のタイプに応じて、各タブに異なるガイダンスが提供されることに注意してください。

アカウントを閉鎖するプロセス中に問題が発生した場合は、「」を参照してください閉鎖に関する問題の AWS アカウント トラブルシューティング

Standalone account

スタンドアロンアカウントは、 の一部ではない個別に管理されるアカウントです AWS Organizations。

アカウントページからスタンドアロンアカウントを閉鎖するには
  1. 閉じる のルートユーザー AWS Management Console として にサインイン AWS アカウント します。IAM ユーザーまたはロールとしてサインインしている間は、アカウントを閉じることはできません。

  2. 右上隅のナビゲーションバーで、アカウント名または番号を選択し、アカウント を選択します。

  3. アカウントページでアカウントを閉じるボタンを選択します。

  4. アカウント ID (閉鎖ダイアログボックスの上部に表示されます) を入力して、アカウント閉鎖プロセスを読み、理解したことを確認します。

  5. アカウントを閉じる ボタンを選択して、アカウント閉鎖プロセスを開始します。

  6. 数分以内に、アカウントが閉鎖されたことを示す確認メールが届きます。

注記

このタスクは、 AWS CLI または AWS SDKsオペレーションではサポートされていません。このタスクは、 を使用してのみ実行できます AWS Management Console。

Member account

メンバーアカウントは、 の一部 AWS アカウント である です AWS Organizations。

AWS Organizations コンソールからメンバーアカウントを解約するには
  1. AWS Organizations コンソール にサインインします。

  2. AWS アカウント ページで、閉鎖するメンバーアカウントの名前を探し、選択します。OU の階層を移動するか、OU 構造のないアカウントのフラットリストを表示できます。

  3. ページの上部のアカウント名の横にある [Close] (閉じる) をクリックします。一括請求モードの組織は、コンソールで閉じるボタンを表示できません。一括請求モードでアカウントを解約するには、スタンドアロンアカウントタブのステップに従う必要があります。

  4. アカウント閉鎖ガイダンスを読み、理解していることを確認します。

  5. メンバーアカウント ID を入力し、アカウントを閉じる を選択してアカウント閉鎖プロセスを開始します。

アカウントページからメンバーアカウントを閉鎖するには

オプションで、 のアカウントページから AWS メンバーアカウントを直接閉鎖できます AWS Management Console。 step-by-step ガイダンスについては、スタンドアロンアカウントタブの指示に従ってください。

AWS CLI および SDKs を使用してメンバーアカウントを解約するには

AWS CLI および SDKs「組織内のメンバーアカウントの閉鎖」を参照してください。 AWS Organizations

Management account

管理アカウントは AWS アカウント 、 の親アカウントまたはルートアカウントとして機能する です AWS Organizations。

注記

コンソールから AWS Organizations 管理アカウントを直接閉鎖することはできません。

アカウントページから管理アカウントを閉鎖するには
  1. 閉鎖する管理アカウントのルートユーザー AWS Management Console として にサインインします。IAM ユーザーまたはロールとしてサインインしている間は、アカウントを閉じることはできません。

  2. 組織にアクティブなメンバーアカウントが残っていないことを確認します。これを行うには、AWS Organizations コンソール に移動し、すべてのメンバーアカウントがアカウント名のSuspended横に表示されていることを確認します。まだアクティブなメンバーアカウントがある場合は、次のステップに進む前に、メンバーアカウントタブに記載されているアカウント閉鎖ガイダンスに従う必要があります。

  3. 右上隅のナビゲーションバーで、アカウント名または番号を選択し、アカウント を選択します。

  4. アカウントページでアカウントを閉じるボタンを選択します。

  5. アカウント ID (閉鎖ダイアログボックスの上部に表示されます) を入力して、アカウント閉鎖プロセスを読み、理解したことを確認します。

  6. アカウントを閉じる ボタンを選択して、アカウント閉鎖プロセスを開始します。

  7. 数分以内に、アカウントが閉鎖されたことを示す確認メールが届きます。

注記

このタスクは、 AWS CLI または AWS SDKsオペレーションではサポートされていません。このタスクは、 を使用してのみ実行できます AWS Management Console。

AWS GovCloud (US) account

AWS GovCloud (US) アカウントは、請求および支払い AWS アカウント の目的で常に単一の標準にリンクされます。

AWS GovCloud (US) アカウントを解約するには

AWS GovCloud (US) アカウントにリンク AWS アカウント されている がある場合は、アカウントを閉鎖する前に標準アカウントを AWS GovCloud (US) 閉鎖する必要があります。データのバックアップ方法や意図しない AWS GovCloud (US) 請求を回避する方法などの詳細については、「 AWS GovCloud (US) ユーザーガイド」の AWS GovCloud (US) 「アカウントの閉鎖」を参照してください。

アカウントを閉鎖した後の予定

アカウントを閉鎖した直後に、次のことが発生します。

  • アカウントの閉鎖を確認するメールがルートユーザーの E メールアドレスに送信されます。この E メールが数時間以内に届かない場合は、「」を参照してください閉鎖に関する問題の AWS アカウント トラブルシューティング

  • 閉鎖したメンバーアカウントには、 AWS Organizations コンソールのアカウント名の横にSUSPENDEDラベルが表示されます。

  • の のサービスに他の アカウントにアクセス AWS アカウント するためのアクセス許可を付与している場合、それらのアカウントから行われたアクセスリクエストは、アカウント閉鎖後に失敗します。を再度開くと AWS アカウント、必要なアクセス許可を付与すると、他の AWS アカウント はアカウントの AWS サービスとリソースに再びアクセスできます。

閉鎖後期間

閉鎖後期間は、アカウントを閉鎖した日から が AWS を完全に閉鎖するまでの時間を指します AWS アカウント。閉鎖後期間は 90 日間です。閉鎖後期間中は、アカウントを再度開くことによってのみコンテンツと AWS サービスにアクセスできます。閉鎖後期間が過ぎると、 AWS は を完全に閉じ AWS アカウント、再度開くことはできなくなります。また AWS 、 はアカウント内のコンテンツとリソースも削除します。アカウントが完全に閉鎖されると、その AWS アカウント ID は再利用できなくなります。

の再開 AWS アカウント

アカウントは 90 日後に完全に閉鎖され、その後、アカウントを再度開くことができなくなり、アカウントに残っているコンテンツ AWS が削除されます。アカウントが完全に閉鎖される前にアカウントを再開するには、(1) できるだけ早く に連絡しAWS Support、(2) アカウントの閉鎖日から 60 日以内に、請求書に指定されている必須情報の提供を含め、未払い残高の全額を受け取る必要があります。

注記

アカウント内に残っているサービスの料金は、再度開くと再開されます。