AWS 請求情報とコスト管理
ユーザーガイド (Version 2.0)

アカウントの解約

AWSアカウントが不要になった場合、アカウントのルートユーザーが閉鎖することができます。ユーザーに代わって AWS がアカウントを閉鎖することはできません。

AWS アカウントを終了する前に

AWS アカウントを閉鎖する前に、アカウントのすべての請求書を支払う必要があります。アカウントが AWS 組織のマスターアカウントの場合は、すべてのメンバーアカウントも閉鎖またはリンク解除する必要があります。

また、後で必要になるアプリケーションとデータを含むすべてのコンテンツをアカウントから取得する必要があります。特定の AWS サービスからコンテンツを取得する方法の手順については、「そのサービスのドキュメント」を参照してください。アカウント内のコンテンツをすべて削除し、すべての AWS サービスを終了します。

重要

リソースを終了しないと、その後もコストが発生します。

AWS アカウントの削除

AWS アカウントを解約するには

  1. 閉じるアカウントに関連付けられた E メールアドレスとパスワードを使用して、アカウントのルートユーザーとしてサインインします。IAM ユーザーまたはロールとしてサインインすると、アカウントを閉じることができません。

    注記

    AWS Organizations を使用して作成したメンバーアカウントが組織から離れてから、解約することをお勧めします。そうしないと、組織が持つことができるアカウント数の制限に解約されたアカウントがカウントされます。デフォルトでは、AWS Organizations を使用して作成するメンバーアカウントには、アカウントのルートユーザーに関連付けられたパスワードがありません。メンバーアカウントを解約するには、メンバーアカウントが組織から離れ、パスワード変更をリクエストする必要があります。詳細については、『AWS Organizations ユーザーガイド』の「AWS アカウントの解約」を参照してください。

  2. https://console.aws.amazon.com/billing/home#/ で Billing and Cost Management コンソールを開きます。

  3. 右上のナビゲーションバーでアカウント名 (またはエイリアス) を選択してから、[My Account (アカウント)] を選択します。

  4. [Account Settings] ページで、ページの最後までスクロールし、[Close Account] セクションを見つけます。チェックボックスの横にあるテキストをよく読んで理解してください。AWS アカウントを閉鎖した後は、そのアカウントを使用して AWS のサービスにアクセスできなくなります。

  5. チェックボックスをオンにして条項に同意してから、[Close Account (アカウントの閉鎖)] を選択します。

  6. 確認ボックスで [Close Account] を選択します。

閉鎖後に AWS アカウントにアクセスする

上記の手順に従って AWS アカウントを閉鎖した後は、AWS サービスにアクセスするために使用することはできませんが、アカウントが閉鎖された後 90 日間 (「閉鎖後期間」) は、AWS アカウントの過去の請求書情報を表示したり、AWS サポート にアクセスできます。

解約後期間で、AWS アカウントを解約する前に、削除しなかったコンテンツと終了しなかった AWS サービスを AWS が保持することがあります。解約後期間にアカウントを再びオープンする場合にだけ、残っているコンテンツや AWS サービスにアクセスできます。AWS サポート に連絡して、AWS アカウントを再開できます。アカウントを再開することを選択した場合、アカウントを閉鎖する前に削除しなかったコンテンツや終了しなかった AWS サービスにアクセスできますが、閉鎖後期間中のこれらの AWS サービスの運用コストが請求される場合があります。AWS サービスの運用コストは、AWS 簡易見積りツールを使用して見積もることができます。

閉鎖後期間が過ぎた場合

閉鎖後期間が過ぎると、AWS アカウントは完全に閉鎖され、再開することはできません。削除していなかったコンテンツは削除され、終了していなかった AWS サービスは終了されます。また、AWS アカウントを閉鎖する際に登録されていたものと同じエイリアスまたは E メールアドレスを使用して新しい AWS アカウントを作成することもできません。

支払い方法

AWS アカウントを解約する前に発生した使用料金は指定の支払い方法で請求されます。また、返金が発生した場合も同じ支払い方法で発行されます。さらに、アクティブなサブスクリプションがある場合 (月次で支払うよう選択したリザーブドインスタンスなど) は、アカウントが閉鎖された後も、サブスクリプションの有効期限が切れるまで、またはサブスクリプションの条件に従って売却されるまで、指定の支払い方法でサブスクリプション料金が引き続き課金される場合があります。これらの請求と払い戻しは、アカウントを閉鎖した後に発生することがあります。また、アカウントを再開した場合、(アカウントを閉鎖する前に終了しなかった) AWS サービスの閉鎖後期間中の運用コストが請求される場合があります。AWS アカウントの閉鎖は、Amazon.com または他の Amazon ウェブサイトで使用している支払い方法に影響しません。

AWS との契約

AWS アカウントを閉鎖することで、AWS カスタマーアグリーメントまたはその AWS アカウントを管理する他の AWS とのアグリーメントの終了を、その AWS アカウントに関してのみ、当社に通知することになります。閉鎖後期間中に AWS アカウントを再開すると、同じアグリーメントの条件が、再開した AWS アカウントを使用したサービス提供へのアクセスと使用に適用されます。