問い合わせコントロールパネルへのアクセスを提供する - Amazon Connect

問い合わせコントロールパネルへのアクセスを提供する

エージェントは、Amazon Connect の問い合わせコントロールパネル (CCP)を使用して問い合わせと通信します。ただし、エージェントが CCP にアクセスし、問い合わせを処理できるようになる前に、行わなければならない操作がいくつかあります。

  1. インスタンスにエージェントを追加して、CCP にログインするためのユーザー名とパスワードを作成します。

  2. 最低で、[Agent] (エージェント) セキュリティプロファイルを割り当てます。これにより、問い合わせの管理に使用する CCP にアクセスするための許可が付与されます。

  3. エージェントが CCP にログインできるように、ユーザー名、パスワード、および CCP ウェブサイトへのリンクを提供します。

    CCP ウェブサイトのリンクは次のとおりです。https://instance name.my.connect.aws/ccp-v2/

    簡単にアクセスできるように、CCP への URL をブックマークしておくようエージェントに指示することをお勧めします。

    ヒント

    エージェントが問い合わせを管理し、お客様プロファイル、ケース、ナレッジにすべて 1 か所でアクセスできるようにしますか? エージェントアプリケーションを使用します。これは、CCP、Customer Profiles、ケース、および Wisdom をホストする 1 つのウェブブラウザインターフェイスです。詳細については、「エージェントトレーニングガイド」を参照してください。

  4. CCP でエージェントをトレーニングします。

Chrome または Firefox でマイクロフォンへのアクセス許可を付与する

エージェントのマイクロフォンに問題が発生した場合、エージェントのブラウザでマイクロフォンへのアクセス権を付与しなければならない可能性があります。次のいずれかの記事を選択して、各ブラウザに適した手順を参照してください。

Microsoft Edge は、問い合わせコントロールパネル (CCP) にアクセスするためのブラウザとしてはサポートされていません。

重要

問い合わせコントロールパネル (CCP) の組み込みソフトフォンで Amazon Connect Streams ライブラリを使用している場合、Google Chrome バージョン 64 で導入された変更が原因で、通話の受信時に問題が発生する場合があります。Chrome バージョン 64 でのマイクの使用に問題がある場合は、最新バージョンの Amazon Connect Streams API をビルドならびにデプロイし、ストリームのダウンロードにある手順に従うことで、その問題を解決できる場合があります。

また、ブラウザに Firefox を使用することで問題を解決することもできます。

CCP の問題に関するヘルプの入手方法

エージェント: 上司または貴社のテクニカルサポートにお問い合わせください。

Amazon Connect 管理者: トラブルシューティングのステップの詳細については、「問い合わせコントロールパネル (CCP) の問題をトラブルシューティングする」を参照してください。または、AWS アカウントを使用して AWS マネジメントコンソール (https://console.aws.amazon.com/console) にログインします。ページの右上にある [サポート] を選択し、サポートチケットを開きます。