Get Started with Amazon AppStream 2.0: Set Up With Sample Applications - Amazon AppStream 2.0

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Get Started with Amazon AppStream 2.0: Set Up With Sample Applications

アプリケーションをストリーミングするには、スタックと関連付けられたフリートを含む環境と、1 つ以上のアプリケーションイメージが Amazon AppStream 2.0 に必要です。このチュートリアルでは、アプリケーションのストリーミング用にサンプルの AppStream 2.0 環境を設定し、そのストリームへのアクセス権をユーザーに付与する方法について説明します。

注記

AppStream 2.0 の開始方法に関する詳細なガイダンスについては、「Amazon AppStream 2.0 入門ガイド」を参照してください。このガイドでは、2 つのアプリケーションのインストールおよび設定、AppStream 2.0 コンソールを使用した基本的な管理タスクの実行、提供された AWS CloudFormation テンプレートを使用した Amazon Virtual Private Cloud のプロビジョニングを行う方法について説明します。

Step 1: Set Up a Sample Stack, Choose an Image, and Configure a Fleet

アプリケーションをストリーミングする前に、スタックを設定し、アプリケーションがインストールされているイメージを選択して、フリートを設定します。このステップでは、テンプレートを使用してこれらのタスクを簡素化します。

サンプルスタックをセットアップし、イメージを選択して、フリートを設定するには

  1. https://console.aws.amazon.com/appstream2 で AppStream 2.0 コンソールを開きます。

  2. コンソールに初めてアクセスする場合は、[Get Started] を選択するか、または、左側のナビゲーションメニューから [Quick Links] を選択します。[Set up with sample apps] を選択します。

  3. 対象: ステップ1: スタックの詳細、デフォルトのスタック名を保持するか、独自の名前を入力します。オプションで、以下の操作を行うことができます。

    • Display name — Enter a name to display for the stack (maximum of 100 characters).

    • Description— Keep the default description or enter your own (maximum of 256 characters).

    • Redirect URL — Specify a URL to which users are redirected after their streaming sessions end.

    • Feedback URL — Specify a URL to which users are redirected after they click the Send Feedback link to submit feedback about their application streaming experience. If you do not specify a URL, this link is not displayed.

    • Tags — Choose Add Tag, and type the key and value for the tag. To add more tags, repeat this step as needed. For more information, see Amazon AppStream 2.0 リソースにタグを付ける.

    • VPC Endpoints (Advanced) — You can create a private link, which is an interface VPC endpoint (interface endpoint), in your virtual private cloud (VPC). To start creating the interface endpoint, select Create VPC Endpoint. Selecting this link opens the VPC console. To finish creating the endpoint, follow steps 3 through 6 in To create an interface endpoint, in Creating and Streaming from Interface VPC Endpoints.

      After you create the interface endpoint, you can use it to keep streaming traffic within your VPC.

    • Embed AppStream 2.0 (Optional) — To embed an AppStream 2.0 streaming session in a webpage, specify the domain to host the embedded streaming session. Embedded streaming sessions are only supported over HTTPS [TCP port 443].

      注記

      You must meet prerequisites and perform additional steps to configure embedded AppStream 2.0 streaming sessions. For more information, see 埋め込み AppStream 2.0 ストリーミングセッション.

  4. [] を選択します。

  5. 対象: ステップ2: 画像を選択、サンプル画像が既に選択されています。イメージには、評価目的のオープンソースのアプリケーションがプリインストールされています。[] を選択します。

  6. 対象: ステップ3: フリートの設定、指定されたデフォルト値をそのまま使用することをお勧めします。これらの値のほとんどは、フリートの作成後に変更することができます。

    • Choose instance type — Choose the instance type that matches the performance requirements of your applications. All streaming instances in your fleet launch with the instance type that you select. For more information, see AppStream 2.0 インスタンスファミリー.

    • Fleet type — Choose the fleet type that suits your use case. The fleet type determines its immediate availability and how you pay for it.

    • Maximum session duration in minutes — Choose the maximum amount of time that a streaming session can remain active. If users are still connected to a streaming instance five minutes before this limit is reached, they are prompted to save any open documents before being disconnected. After this time elapses, the instance is terminated and replaced by a new instance.

    • Disconnect timeout in minutes — Choose the amount of time that a streaming session should remain active after users disconnect. If users try to reconnect to the streaming instance after a disconnection or network interruption within this time interval, they are connected to the previous session. Otherwise, they are connected to a new session with a new instance. If you associate a stack with a fleet for which a redirect URL is specified, after users’ streaming sessions end, the users are redirected to that URL.

      If a user ends the session by choosing End Session on the streaming session toolbar, the disconnect timeout does not apply. Instead, the user is prompted to save any open documents, and then immediately disconnected from the streaming instance.

    • Idle disconnect timeout in minutes — Choose the amount of time that users can be idle (inactive) before they are disconnected from their streaming session and the Disconnect timeout in minutes time interval begins. Users are notified before they are disconnected due to inactivity. If they try to reconnect to the streaming session before the time interval specified in Disconnect timeout in minutes has elapsed, they are connected to their previous session. Otherwise, they are connected to a new session with a new streaming instance. Setting this value to 0 disables it. When this value is disabled, users are not disconnected due to inactivity.

      注記

      Users are considered idle when they stop providing keyboard or mouse input during their streaming session. File uploads and downloads, audio in, audio out, and pixels changing do not qualify as user activity. If users continue to be idle after the time interval in Idle disconnect timeout in minutes elapses, they are disconnected.

    • Minimum capacity — Choose a minimum number of instances for your fleet based on the minimum number of expected concurrent users. Every unique user session is served by an instance. For example, to have your stack support 100 concurrent users during low demand, specify a minimum capacity of 100. This ensures that 100 instances are running even if there are fewer than 100 users.

    • Maximum capacity — Choose a maximum number of instances for your fleet based on the maximum number of expected concurrent users. Every unique user session is served by an instance. For example, to have your stack support 500 concurrent users during high demand, specify a maximum capacity of 500. This ensures that up to 500 instances can be created on demand.

    • Scaling details — Specify the scaling policies that AppStream 2.0 uses to increase and decrease the capacity of your fleet. Note that the size of your fleet is limited by the minimum and maximum capacity that you specified. For more information, see Fleet Auto Scaling for Amazon AppStream 2.0.

    • IAM role (Advanced) — When you apply an IAM role from your account to an AppStream 2.0 fleet instance, you can make AWS API requests from the fleet instance without manually managing AWS credentials. To apply an IAM role, do either of the following:

  7. [] を選択します。

  8. 対象: ステップ4: ネットワークの構成、デフォルトのVPCが提供されます。この VPC には、各アベイラビリティーゾーンのデフォルトのパブリックサブネットと、VPC にアタッチされたインターネットゲートウェイが含まれます。VPC にはデフォルトのセキュリティグループも含まれます。デフォルトの VPC 設定を使用するには、次の手順を実行します。

    • Keep the Default Internet Access check box selected.

      When Default Internet Access is enabled, a maximum of 100 fleet instances is supported. If your deployment must support more than 100 concurrent users, use the NAT gateway configuration instead.

    • For VPC, keep the default VPC selected for your AWS Region.

      The default VPC name uses the following format: vpc-vpc-id (No_default_value_Name).

    • For Subnet 1 and Subnet 2, keep the default public subnets selected.

      The default subnet names use the following format: subnet-subnet-id | (IPv4 CIDR block) | Default in availability-zone.

    • For Security groups, keep the default security group selected.

      The default security group name uses the following format: sg-security-group-id-default.

  9. 対象: ステップ5: ストレージの有効化、次のいずれかまたは複数を選択し、 次へ.

  10. 対象: ステップ6: ユーザー設定で、ユーザーがストリーミング セッションとローカル デバイス間でデータを転送できる方法を選択します。次に、アプリケーション設定の永続化を有効にするかどうかを選択します。完了したら、[Review (確認)] を選択します。

    Clipboard, file transfer, and print to local device permissions options:

    • Clipboard — By default, users can copy and paste data between their local device and streaming applications. You can limit Clipboard options so that users can paste data to their remote streaming session only or copy data to their local device only. You can also disable Clipboard options entirely. Users can still copy and paste between applications in their streaming session.

    • File transfer — By default, users can upload and download files between their local device and streaming session. You can limit file transfer options so that users can upload files to their streaming session only or download files to their local device only. You can also disable file transfer entirely.

      重要

      If your users require AppStream 2.0 file system redirection to access local drives and folders during their streaming sessions, you must enable both file upload and download. To use file system redirection, your users must have AppStream 2.0 client version 1.0.480 or later installed. For more information, see AppStream 2.0 ユーザーのファイルシステムリダイレクトを有効にする.

    • Print to local device — By default, users can print to their local device from within a streaming application. When they choose Print in the application, they can download a .pdf file that they can print to a local printer. You can disable this option to prevent users from printing to a local device.

    注記

    これらの設定は、ユーザーの AppStream 2.0 データ転送機能の使用可否にのみ影響します。イメージを使用してブラウザ、ネットワークプリンタ、またはその他のリモートリソースにアクセスできる場合、ユーザーは別の方法を使用してストリーミングセッション間でデータを転送することができます。

    Application settings persistence options:

    • Enable Application Settings Persistence — Users' application customizations and Windows settings are automatically saved after each streaming session and applied during the next session. These settings are saved to an Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) bucket in your account, within the AWS Region in which application settings persistence is enabled.

    • Settings Group — The settings group determines which saved application settings are used for a streaming session from this stack. If the same settings group is applied to another stack, both stacks use the same application settings. By default, the settings group value is the name of the stack.

    注記

    アプリケーション設定の永続化を有効にして管理するための要件については、「Enable Application Settings Persistence for Your AppStream 2.0 Users」を参照してください。

  11. 対象: ステップ7: レビュー、スタックの詳細を確認します。任意のセクションの設定を変更するには、[Edit] を選択し、必要な変更を加えます。設定内容を確認したら、[作成] を選択します。

  12. 料金確認ダイアログボックスで、確認チェックボックスをオンにし、[作成] を選択します。

  13. サービスがリソースをセットアップした後、[Stacks] ページが表示されます。新しいスタックが使用できる状態になったら、ステータスに [Active] と表示されます。

Step 2: Provide Access to Users

関連付けられたフリートを使用してスタックを作成した後は、AppStream 2.0 ユーザープールの SAML 2.0 [single sign-on (SSO)], または AppStream 2.0 API を通じてユーザーにアクセス権を付与できます。詳細については、「ユーザープールの管理」および「シングルサインオンアクセス (SAML 2.0)」を参照してください。

注記

AppStream 2.0 ユーザープールのユーザーは、Active Directory ドメインに参加しているフリートのあるスタックに割り当てることはできません。

この入門演習では、AppStream 2.0 ユーザープールを使用できます。このアクセスメソッドにより、永続的なログインポータル URL を使用してユーザーを作成および管理できます。ユーザーをセットアップせずにすばやくアプリケーションのストリーミングをテストするには、次のステップを実行して、ストリーミング URL の別名でも知られている、一時的な URL を作成します。

一時的な URL によりユーザーにアクセス権を付与するには

  1. ナビゲーションペインの [Fleets] を選択します。

  2. フリートのリストで、ストリーミング URL を作成するスタックに関連付けられているフリートを選択します。フリートのステータスが[Running (実行中)] であることを確認します。

  3. ナビゲーションペインで、[Stacks] を選択します。スタックを選択してから、[アクション]、[Create Streaming URL (ストリーミング URL の作成)] を選択します。

  4. [User id] にユーザー ID を入力します。 有効期限を選択し、生成された URL が有効な期間の長さを指定します。

  5. ユーザー ID と URL を表示するには、[Get URL] を選択します。

  6. リンクをクリップボードにコピーするには、[Copy Link] を選択します。

ユーザーに AppStream 2.0 へのアクセスを提供した後、AppStream 2.0 ストリーミングセッションを開始できます。AppStream 2.0 ユーザープールを介してアクセスを提供する場合、ストリーミングセッションにウェブブラウザを使用する必要があります。

SAML 2.0 [シングルサインオン (SSO)] または AppStream 2.0 API を使用してユーザーにアクセスを提供する予定の場合は、AppStream 2.0 クライアントを使用できるようにすることができます。AppStream 2.0 クライアントは、AppStream 2.0 ストリーミングセッション中に追加機能を必要とするユーザー用に設計されたネイティブアプリケーションです。詳細については、「Windows 用 AppStream 2.0 クライアントを介したアクセスを許可する」を参照してください。

Resources

詳細については、以下を参照してください。