EC2 インスタンスの推奨事項を表示 - AWS Compute Optimizer

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

EC2 インスタンスの推奨事項を表示

AWS Compute Optimizerは、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) インスタンスのインスタンスタイプの推奨事項を生成します。Amazon EC2 インスタンスの推奨事項は、Compute Optimizer コンソールの次のページに表示されます。

  • -EC2 インスタンスの推奨事項ページには、現在のインスタンスのそれぞれが表示されます。分類を検索する,理由を見つける,プラットフォームの違い、現在のインスタンスタイプ、および選択したの現在の時間料金購入オプション。Compute Optimizer からの上位の推奨事項が各インスタンスの横に表示されます。そこには、推奨インスタンスタイプ、選択した購入オプションの時間単価と、現在のインスタンスと推奨事項との価格差が含まれます。推奨事項ページを使用して、現在のインスタンスと上位の推奨事項を比較します。これにより、インスタンスをアップサイズまたはダウンサイズする必要があるかどうかを判断できます。

  • -EC2 インスタンスの詳細[EC2 インスタンスの推奨事項] ページからアクセスできるページには、特定のインスタンスに関する最適化の推奨事項が最大 3 つ表示されます。各レコメンデーションの仕様を一覧表示します。パフォーマンスリスクを選択し、選択した購入オプションの時間単価を指定します。詳細ページには、現在のインスタンスの使用率メトリックグラフも表示され、推奨オプションの予測使用率メトリックがオーバーレイされます。

推奨事項は毎日更新されます。これらは、過去 14 日間の現在のインスタンスの仕様と使用率メトリクスを分析することによって生成されます。拡張インフラストラクチャメトリック有料機能。詳細については、「AWS Compute Optimizer で分析されたメトリクス」を参照してください。

Compute Optimizer は、特定の要件を満たすEC2 インスタンスに関する推奨事項を生成し、推奨事項の生成には最大 12 時間かかる場合があり、十分なメトリクスデータを蓄積する必要があることに注意してください。詳細については、「」を参照してくださいサポートされるリソースと要件

分類を検索する

-結果の「カラム」EC2 インスタンスの推奨事項ページには、分析期間中に各インスタンスがどのように実行されたかの概要が表示されます。

以下の調査結果の分類が EC2 インスタンスに適用されます。

分類 説明

プロビジョニング不足

EC2 インスタンスは、CPU、メモリ、ネットワークなどのインスタンスの仕様の少なくとも 1 つがワークロードのパフォーマンス要件を満たしていない場合に、プロビジョニング不足と見なされます。EC2 インスタンスがプロビジョニング不足である場合、アプリケーションのパフォーマンスが低下することがあります。

過剰プロビジョニング

EC2 インスタンスは、CPU、メモリ、ネットワークなどのインスタンスの仕様の少なくとも 1 つをサイズダウンしてもワークロードのパフォーマンス要件を満たす場合や、どの仕様要素もプロビジョニング不足でない場合に、過剰プロビジョニングと見なされます。EC2 インスタンスの過剰プロビジョニングは、余分なインフラストラクチャコストを発生させる場合があります。

最適化

EC2 インスタンスは、CPU、メモリ、ネットワークなどのインスタンスのすべての仕様がワークロードのパフォーマンス要件を満たし、インスタンスが過剰プロビジョニングされていない場合に、最適化されていると見なされます。最適化されたインスタンスとして、Compute Optimizer は新世代のインスタンスタイプを推奨する場合があります。

理由を見つける

-理由を見つけるの「カラム」EC2 インスタンスの推奨事項そしてEC2 インスタンスの詳細ページには、プロビジョニング不足または過剰プロビジョニングされているインスタンスの仕様が表示されます。

インスタンスには、次の理由が当てはまります。

理由を見つける 説明

CPU 過剰プロビジョニング

ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、インスタンスの CPU 構成のサイズを小さくすることができます。これは、CPUUtilization振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクスです。

CPU のプロビジョニング不足

インスタンスの CPU 構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、CPU パフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、CPUUtilization振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクスです。

メモリ過剰プロビジョニング

インスタンスのメモリ構成は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしている間にサイズを下げることができます。これは、ルックバック期間中に現在のインスタンスのメモリ使用率メトリクスを分析することによって識別されます。

注記

メモリ使用率は、統合された CloudWatch エージェントがインストールされているリソースについてのみ分析されます。詳細については、「」を参照してください。Amazon でのメモリ使用率の有効化CloudWatchAgentAWS Compute Optimizerユーザーガイド。Linux インスタンスでは、Compute Optimizer はmem_used_percentの「メトリクス」CWAgent名前空間、またはレガシーMemoryUtilizationの「メトリクス」System/Linux名前空間. Windows インスタンスでは、Compute Optimizer はMemory % Committed Bytes In Useの「メトリクス」CWAgent名前空間.

メモリがプロビジョニングされていない

インスタンスのメモリ構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、より優れたメモリパフォーマンスを提供する代替インスタンスタイプがあります。これは、ルックバック期間中に現在のインスタンスのメモリ使用率メトリクスを分析することによって識別されます。

注記

メモリ使用率は、統合された CloudWatch エージェントがインストールされているリソースについてのみ分析されます。詳細については、「」を参照してください。Amazon でのメモリ使用率の有効化CloudWatchAgentAWS Compute Optimizerユーザーガイド。Linux インスタンスでは、Compute Optimizer はmem_used_percentの「メトリクス」CWAgent名前空間、またはレガシーMemoryUtilizationの「メトリクス」System/Linux名前空間. Windows インスタンスでは、Compute Optimizer はMemory % Committed Bytes In Useの「メトリクス」CWAgent名前空間.

EBS スループットの過剰プロビジョニング

インスタンスの EBS スループット設定は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、VolumeReadBytesそしてVolumeWriteBytes振り返り期間中に現在のインスタンスにアタッチされた EBS ボリュームのメトリクスです。

EBS スループットがプロビジョニングされていない

インスタンスの EBS スループット構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、EBS スループットのパフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、VolumeReadBytesそしてVolumeWriteBytes振り返り期間中に現在のインスタンスにアタッチされた EBS ボリュームのメトリクスです。

EBS IOPS オーバープロビジョニング

インスタンスの EBS IOPS 設定は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、VolumeReadOpsそしてVolumeWriteOps振り返り期間中に現在のインスタンスにアタッチされた EBS ボリュームのメトリクス。

EBS IOPS がプロビジョニングされていない

インスタンスの EBS IOPS 構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、EBS IOPS のパフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、VolumeReadOpsそしてVolumeWriteOps振り返り期間中に現在のインスタンスにアタッチされた EBS ボリュームのメトリクス。

ネットワーク帯域幅の過剰プロビジョニング

インスタンスのネットワーク帯域幅構成は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、NetworkInそしてNetworkOut 振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ネットワーク帯域幅がプロビジョニングされていない

インスタンスのネットワーク帯域幅構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、ネットワーク帯域幅のパフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、NetworkInそしてNetworkOut 振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。この発見の理由は、NetworkInまたはNetworkOutインスタンスのパフォーマンスに影響します。

ネットワーク PPS の過剰プロビジョニング

インスタンスのネットワーク PPS(1 秒あたりのパケット数)構成は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、NetworkPacketsInそしてNetworkPacketsOut振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ネットワーク PPS がプロビジョニングされていない

インスタンスのネットワーク PPS(1 秒あたりのパケット数)構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、ネットワーク PPS のパフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、NetworkPacketsInそしてNetworkPacketsOut振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ディスク IOPS オーバープロビジョニング

インスタンスのディスク IOPS 設定は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、DiskReadOpsそしてDiskWriteOps振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ディスク IOPS がプロビジョニングされていません

インスタンスのディスク IOPS 構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、より優れたディスク IOPS パフォーマンスを提供する代替インスタンスタイプがあります。これは、DiskReadOpsそしてDiskWriteOps振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ディスクスループットの過剰プロビジョニング

インスタンスのディスクスループット構成は、ワークロードのパフォーマンス要件を満たしながら、サイズを下げることができます。これは、DiskReadBytesそしてDiskWriteBytes振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

ディスクスループットがプロビジョニングされていない

インスタンスのディスクスループット構成がワークロードのパフォーマンス要件を満たしておらず、ディスクスループットのパフォーマンスを向上させる代替インスタンスタイプがあります。これは、DiskReadBytesそしてDiskWriteBytes振り返り期間における現在のインスタンスのメトリクス。

注記

インスタンスメトリクスの詳細については、「」を参照してください。利用可能なものを一覧表示します。CloudWatchインスタンスのメトリクスAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド。EBS ボリュームメトリクスの詳細については、「」を参照してください。アマゾンCloudWatchAmazon EBS のメトリクスAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド

インスタンスのタイプを変更することで、インスタンスの CPU、ローカルディスク、メモリ、またはネットワークの仕様を変更できます。たとえば、インスタンスタイプを C5 から C5n に変更して、ネットワークのパフォーマンスを向上させることができます。詳細については、「」を参照してください。Linux のインスタンスタイプガイドを変更するそしてWindows のインスタンスタイプガイドを変更するEC2 ユーザーガイド

EBS ボリュームの IOPS またはスループットの仕様は、Amazon EBS Elastic ボリュームを使用して変更できます。詳細については、「」を参照してください。Amazon EBS Elastic VolumesAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド

AWSGraviton ベースのインスタンスの推奨事項

Amazon EC2 インスタンスの推奨事項を表示すると、ワークロードの実行による価格とパフォーマンスの影響を確認できます。AWSGraviton ベースのインスタンス。これを行うには、[] を選択します。Graviton (aws-arm64)CPU アーキテクチャの優先事項ドロップダウンリスト. それ以外の場合は、[] を選択します。最新のをクリックして、現在のインスタンスと同じ CPU ベンダーおよびアーキテクチャに基づく推奨事項を表示します。


    Graviton ベースのインスタンスの推奨事項
注記

-現在の価格,推奨価格,料金の違い,価格差 (%), および月間削減額の見積もり列が更新され、選択した CPU アーキテクチャプリファレンスの現在のインスタンスタイプとインスタンスタイプの価格比較が提供されます。例えば、[] を選択すると、Graviton (aws-arm64)では、現在のインスタンスタイプと推奨される Graviton ベースのインスタンスタイプとの価格を比較します。

推論ワークロードタイプ

-推論ワークロードタイプの「カラム」EC2 インスタンスの推奨事項ページには、Compute Optimizer によって推測されるインスタンスで実行されている可能性のあるアプリケーションが一覧表示されます。これは、インスタンス名、タグ、設定など、インスタンスの属性を分析することによって行われます。Compute Optimizer は現在、インスタンスが Amazon EMR、Apache Cassandra、Apache Hadoop、Memcached、NGINX、PostgreSQL、および Redis を実行しているかどうかを推測できます。Compute Optimizer は、インスタンスで実行されているアプリケーションを推論することで、ワークロードを x86 ベースのインスタンスタイプから ARM ベースに移行する作業を特定できます。AWSGraviton インスタンスタイプ。詳細については、「」を参照してください。移行の労力の「」の「」を参照してください。

移行の労力

-移行の労力の「カラム」EC2 インスタンスの推奨事項そしてEC2 インスタンスの詳細ページには、現在のインスタンスタイプから推奨インスタンスタイプに移行するために必要な作業レベルがリストされています。例えば、移行作業はミディアムワークロードタイプを推論できないが、AWSGraviton インスタンスタイプをお勧めします。移行の取り組みはAmazon EMR が推論ワークロードタイプであり、AWSGraviton インスタンスタイプをお勧めします。移行の取り組みは非常に低い現在のインスタンスタイプと推奨インスタンスタイプが同じ CPU アーキテクチャである場合。x86 ベースのインスタンスタイプから ARM ベースへの移行に関する詳細については、AWSGraviton インスタンスタイプ。ワークロードをに移行する際の考慮事項AWSGraviton2 ベースの Amazon EC2 インスタンスAWSGraviton Geting StargedGitHub

プラットフォームの違い

-プラットフォームの違いの「カラム」EC2 インスタンスの詳細ページでは、現在のインスタンスと推奨インスタンスタイプの違いについて説明します。現在のインスタンスから推奨インスタンスタイプにワークロードを移行する前に、設定の違いを考慮する必要があります。

以下のプラットフォームの違いが EC2 インスタンスに適用されます。

プラットフォームの違い 説明

アーキテクチャ

推奨インスタンスタイプの CPU アーキテクチャは、現在のインスタンスタイプの CPU アーキテクチャとは異なります。たとえば、推奨されるインスタンスタイプは Arm CPU アーキテクチャを使用し、現在のインスタンスタイプは x86 などの別のインスタンスタイプを使用する場合があります。移行する前に、新しいアーキテクチャ用にインスタンス上のソフトウェアを再コンパイルすることを検討する必要があります。または、新しいアーキテクチャをサポートする Amazon Machine Image (AMI) に切り替えることができます。各インスタンスタイプの CPU アーキテクチャの詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスタイプ

Hypervisor

推奨インスタンスタイプのハイパーバイザーは、現在のインスタンスのハイパーバイザーとは異なります。たとえば、推奨されるインスタンスタイプは Nitro ハイパーバイザーを使用し、現在のインスタンスが Xen ハイパーバイザーを使用する場合があります。これらのハイパーバイザー間で考慮すべき相違点については、「」を参照してください。Nitro HypervisorAmazon EC2 に関するよくある質問のセクション。詳細については、「」を参照してください。Nitro System 上に構築されたインスタンスLinux 用 Amazon EC2 ユーザーガイド, またはNitro System 上に構築されたインスタンスWindows 用 Amazon EC2 ユーザーガイド

インスタンスストアの可用性

推奨インスタンスタイプはインスタンスストアボリュームをサポートしませんが、現在のインスタンスはサポートしています。移行前に、インスタンスストアボリュームを保持する場合は、インスタンスストアボリューム上のデータをバックアップする必要があります。詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 インスタンスのインスタンスストアボリュームを Amazon EBS にバックアップするにはどうすればよいですか?AWSプレミアムSupport ナレッジベース。詳細については、「」を参照してください。ネットワーキング機能とストレージ機能そしてAmazon EC2 インスタンスストアLinux 用 Amazon EC2 ユーザーガイドまたは、「」を参照してください。ネットワーキング機能とストレージ機能そしてAmazon EC2 インスタンスストアWindows 用 Amazon EC2 ユーザーガイド

ネットワークインターフェイス

推奨インスタンスタイプのネットワークインターフェイスは、現在のインスタンスのネットワークインターフェイスとは異なります。たとえば、推奨されるインスタンスタイプは拡張ネットワーキングを使用し、現在のインスタンスでは拡張ネットワーキングを使用しない場合があります。推奨インスタンスタイプで拡張ネットワーキングを有効にするには、Elastic Network Adapter (ENA) ドライバーまたはインテル 82599 仮想関数ドライバーをインストールする必要があります。詳細については、「」を参照してください。ネットワーキング機能とストレージ機能そしてLinux での拡張ネットワーキングLinux 用 Amazon EC2 ユーザーガイド, またはネットワーキング機能とストレージ機能そしてWindows の拡張ネットワーキングWindows 用 Amazon EC2 ユーザーガイド

ストレージインターフェイス

推奨インスタンスタイプのストレージインターフェイスは、現在のインスタンスのストレージインターフェイスとは異なります。たとえば、推奨インスタンスタイプは NVMe ストレージインターフェイスを使用し、現在のインスタンスでは使用しません。推奨インスタンスタイプの NVMe ボリュームにアクセスするには、NVMe ドライバをインストールまたはアップグレードする必要があります。詳細については、「」を参照してください。ネットワーキング機能とストレージ機能そしてLinux インスタンスの Amazon EBS および NVMeLinux 用 Amazon EC2 ユーザーガイド, またはネットワーキング機能とストレージ機能そしてWindows インスタンスの Amazon EBS および NVMeWindows 用 Amazon EC2 ユーザーガイド

仮想化タイプ

推奨インスタンスタイプは、ハードウェア仮想マシン (HVM) の仮想化タイプを使用し、現在のインスタンスでは準仮想化 (PV) の仮想化タイプを使用します。これらの仮想化タイプの違いの詳細については、「」を参照してください。Linux AMI 仮想化タイプLinux 用 Amazon EC2 ユーザーガイド, またはWindows AMI 仮想化タイプWindows 用 Amazon EC2 ユーザーガイド

料金と購入オプション

リポジトリの []EC2 インスタンスの推奨事項そしてEC2 インスタンスの詳細ページでは、現在のインスタンスと推奨インスタンスの時間単価をさまざまな Amazon EC2 購入オプションで表示できます。たとえば、リザーブインスタンス(標準 1 年間前払いなし)オプションで、現在のインスタンスと推奨インスタンスの価格を表示できます。料金情報を使用して、現在のインスタンスと推奨インスタンスの価格差を把握してください。


    EC2 インスタンスの購入オプション
重要

推奨事項ページに表示される料金は、インスタンスに対して支払う実際の料金を反映していない場合があります。現在のインスタンスの実際の価格を確認する方法の詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 使用状況レポートAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド

推奨事項ページでは、次の購入オプションを選択できます。

  • オンデマンドインスタンス - オンデマンドインスタンスは、オンデマンドで使用するインスタンスです。そのライフサイクルを完全に制御できます。起動、停止、休止、開始、再起動、または終了のタイミングを決定できます。長期間の契約や前払いは必要ありません。オンデマンドインスタンスの詳細については、「」を参照してください。オンデマンドインスタンスAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド。料金の詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 オンデマンドインスタンスの料金表

  • リザーブドインスタンス (標準 1 年または 3 年のコミットメント、前払いなし)-リザーブドインスタンスでは、オンデマンドインスタンスの料金と比較して Amazon EC2 コストを大幅に節約できます。リザーブドインスタンスは物理インスタンスではありませんが、請求の割引はアカウントでのオンデマンドインスタンスの使用に適用されます。リザーブドインスタンスの詳細については、「」を参照してください。リザーブドインスタンスAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド。料金の詳細については、「」を参照してください。Amazon EC2 リザーブドインスタンスの料金表

購入オプションの詳細については、「」を参照してください。インスタンス購入オプションAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド

月間削減額と削減額の見積もり

-推定月間節約 (オンデマンド)そして月間貯蓄の見積もり(RIおよびSavings Plans)列には、現在のインスタンスタイプからそれらの価格モデルで推奨されるインスタンスタイプにワークロードを移行することによって発生する月間コストのおおよその削減額がリストされています。-貯蓄の機会 (%)列には、現在のインスタンスのオンデマンド価格と推奨インスタンスタイプの価格との差のパーセンテージが表示されます。

重要

コスト削減商談データを使用するには、Cost Explorer にオプトインし、アクティブ化する必要があります。Amazon EC2 リソースの推奨事項を受け取る[Cost Explorer の設定ページ] をクリックします。これにより、Cost Explorer とCompute Optimizer 間の接続が作成されます。この接続により、Cost Explorer は、既存リソースの価格、推奨リソースの価格、および使用履歴データを考慮したコスト削減の見積もりを生成します。推定月間削減額は、生成された各推奨事項に関連する予測ドル削減額を反映しています。詳細については、「」を参照してください。Cost Explorer を有効にするそして適切なサイズ設定に関する推奨事項によるコストの最適化コスト管理ユーザーガイド

月間削減額の推定額計算

推奨事項ごとに、推奨インスタンスタイプを使用して、新しいインスタンスを操作するためのコストを計算します。推定月額削減額は、現在のインスタンスの実行時間数と、現在のインスタンスタイプと推奨インスタンスタイプとのレートの差に基づいて計算されます。Compute Optimizer ダッシュボードに表示されるインスタンスの月額削減額の見積もりは、アカウント内のすべてのオーバープロビジョニングされたインスタンスの月額節約額の見積もり額です。

パフォーマンスリスク

-パフォーマンスリスクの「カラム」EC2 インスタンスの詳細ページでは、各推奨インスタンスタイプがワークロードのリソースニーズを満たさない可能性を定義します。Compute Optimizer は、CPU、メモリ、EBS スループット、EBS スループット、ディスクスループット、ディスク IOPS、ネットワークスループット、ネットワーク PPS など、推奨インスタンスの仕様ごとに個別のパフォーマンスリスクスコアを計算します。推奨インスタンスのパフォーマンスリスクは、分析されたリソース仕様全体の最大パフォーマンスリスクスコアとして計算されます。

値の範囲は、非常に低い、中、高、および非常に高いです。パフォーマンスリスクが非常に低いということは、インスタンスタイプの推奨が常に十分な機能を提供すると予測されることを意味します。パフォーマンスリスクが高いほど、リソースを移行する前に、推奨事項がワークロードのパフォーマンス要件を満たしているかどうかを検証する必要があります。パフォーマンスの向上のために最適化するか、コスト削減のために最適化するか、これら 2 つの組み合わせを最適化するかを決定します。詳細については、「」を参照してください。インスタンスタイプを変更するAmazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド

注記

Compute Optimizer API では、AWS Command Line Interface(AWS CLI) と定義し、AWSSDK、パフォーマンスリスクは、次の規模で測定されます。0(非常に低い) から4(非常に高い)。


    EC2 インスタンス推奨のパフォーマンスリスク

現在のパフォーマンスリスク

-現在のパフォーマンスリスクの「カラム」EC2 インスタンスの推奨事項ページでは、現在の各インスタンスがワークロードのリソースニーズを満たさない可能性を定義します。現在のパフォーマンスリスク値は、非常に低、低、中、高の範囲です。非常に低いパフォーマンスリスクは、現在のインスタンスが常に十分な機能を提供すると予測されることを意味します。パフォーマンスリスクが高いほど、Compute Optimizer によって生成された推奨事項を検討すべき可能性が高くなります。

使用率グラフ

-EC2 インスタンスの詳細ページには、現在のインスタンスの使用率メトリクスグラフが表示されます。グラフには、分析期間のデータが表示されます。グラフを変更して、過去 24 時間、3 日、1 週間、または 2 週間のデータを表示できます。アクティブ化すると拡張インフラストラクチャメトリック有料機能とすると、3か月間閲覧できる。また、グラフの統計を平均と最大の間で変更することもできます。

詳細ページには、次の使用率グラフが表示されます。

グラフ名 説明

CPU 使用率 (パーセント)

インスタンスによって使用される、割り当てられた EC2 コンピュートユニットの比率。

CPU 使用率グラフには、現在のインスタンスタイプの CPU 使用率データと選択した推奨インスタンスタイプとの比較が含まれます。この比較では、分析期間中に選択した推奨インスタンスタイプを使用した場合の CPU 使用率が示されます。この比較は、推奨インスタンスタイプがワークロードのパフォーマンスしきい値内にあるかどうかを識別するのに役立ちます。

メモリ使用率 (パーセント)

アプリケーションおよびオペレーティングシステムによって割り当てられたメモリの使用率。

メモリ使用率グラフには、現在のインスタンスタイプのメモリ使用率のデータについて、選択した推奨インスタンスタイプとの比較が含まれます。この比較では、分析期間中に選択した推奨インスタンスタイプを使用した場合のメモリ使用率が示されます。この比較は、推奨インスタンスタイプがワークロードのパフォーマンスしきい値内にあるかどうかを識別するのに役立ちます。

注記

メモリ使用率グラフは、ユニファイドを持つインスタンスに対してのみ表示されます。CloudWatchエージェントがインストールされています。詳細については、「」を参照してください。を使用して Amazon EC2 インスタンスとオンプレミスサーバーからメトリクスとログを収集するCloudWatchAgentアマゾンCloudWatchユーザーガイド

ネットワーク (MIB /秒)

すべてのネットワークインターフェイスでの 1 秒あたりのメビバイト (MiB) の数。

ネットワークアウト (MIB/秒)

すべてのネットワークインターフェイスでの 1 秒あたりのメビバイト (MiB) の数。

(1 秒あたり)のネットワークパケット数

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスによって受信されたパケットの数。

ネットワークパケットアウト (1 秒あたり)

すべてのネットワークインターフェイスを通じ、このインスタンスから送信されたパケットの数。

ディスク読み取りオペレーション (1 秒あたり)

インスタンスのインスタンスストアボリュームからの 1 秒間に完了した読み込みオペレーション。

ディスク書き込みオペレーション (1 秒あたり)

インスタンスのインスタンスストアボリュームからの 1 秒間に完了した書き込みオペレーション。

ディスク読み取り帯域幅 (MIB/秒)

インスタンスのインスタンスストアボリュームから 1 秒あたりの読み取りメガバイト (MiB)。

ディスク書き込み帯域幅 (MIB/秒)

インスタンスのインスタンスストアボリュームからの 1 秒あたりの書き込みメガバイト (MiB)。

EBS 読み取りオペレーション (1 秒あたり)

インスタンスにアタッチされたすべての EBS ボリュームからの 1 秒間に完了した読み込みオペレーション。

Xen インスタンスでは、ボリュームに読み取りアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

EBS 書き込みオペレーション (1 秒あたり)

インスタンスにアタッチされたすべての EBS ボリュームに対する 1 秒間に完了した書き込みオペレーション。

Xen インスタンスでは、ボリュームに書き込みアクティビティがある場合にのみデータが報告されます。

EBS 読み取り帯域幅(MIB/秒)

インスタンスにアタッチされたすべての EBS ボリュームからの 1 秒あたりの読み取りメガバイト (MiB)。

EBS 書き込み帯域幅(MIB /秒)

インスタンスにアタッチされたすべての EBS ボリュームに対する 1 秒あたりの書き込みメビバイト (MiB)。

EC2 インスタンスの推奨事項を表示

にアクセスするには、以下の手順に従います。EC2 インスタンスの推奨事項ページを開き、現在のインスタンスに関するレコメンデーションを表示します。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. 選択EC2 インスタンスナビゲーションペインを使用する場合。

    推奨事項ページには、現在のインスタンスの仕様と検索分類と、推奨インスタンスの仕様が表示されます。リストされている現在のインスタンスは、AWS選択したアカウントで、現在選択されているリージョン。

  3. 推奨事項ページでは、次のアクションを実行できます。

    • ワークロードの実行による価格とパフォーマンスの影響を表示するにはAWSGraviton ベースのインスタンスで、Graviton (aws-arm64)CPU アーキテクチャのプリファレンスドロップダウンリスト. それ以外の場合は、最新の(デフォルト)オプションは、現在のインスタンスと同じ CPU ベンダーおよびアーキテクチャに基づく推奨事項を表示します。

    • 1 つ以上の AWS リージョンに対する推奨事項をフィルタリングするには、[Filter by one or more Regions] (1 つ以上のリージョンでフィルタリングする) のテキストボックスにリージョンの名前を入力するか、表示されるドロップダウンリストで 1 つ以上のリージョンを選択します。

    • 別のアカウントのインスタンスに関するレコメンデーションを表示するには、アカウントをクリックし、別のアカウント ID を選択します。

      注記

      他のアカウントのリソースに関する推奨事項を表示する機能は、組織の管理アカウントにサインインしていて、Compute Optimizer を使用した信頼できるアクセスが有効になっている場合にのみ使用できます。詳細については、「Compute Optimizer でサポートされているアカウント」および「Compute OptimizerAWS Organizations信頼されたアクセス」を参照してください。

    • 選択したフィルタをクリアするには、フィルタの横にある[Clear filters (フィルタのクリア)] を選択します。

    • 表示される購入オプションを変更するには、[Settings (設定)] (歯車アイコン) を選択し、[On-Demand Instances (オンデマンドインスタンス)]、[Reserved Instances, standard 1-year no upfront (リザーブドインスタンス、標準の 1 年間前払いなし)]、または [Reserved Instances, standard 3-year no upfront (リザーブドインスタンス、標準の 3 年間前払いなし)] を選択します。

    • にアクセスするにはEC2 インスタンスの詳細ページで、目的のインスタンスの横に表示される検索分類を選択します。

EC2 インスタンスの詳細の表示

にアクセスするには、以下の手順に従います。EC2 インスタンスの詳細ページを開き、特定のインスタンスとその推奨事項の詳細を表示します。

  1. https://console.aws.amazon.com/compute-optimizer/ で、Compute Optimizer コンソールを開きます。

  2. 選択EC2 インスタンスナビゲーションペインを使用する場合。

  3. 詳細情報を表示するインスタンスの横に表示される検索分類を選択します。

    詳細ページには、選択したインスタンスの最適化推奨事項が最大 3 つ表示されます。現在のインスタンスの仕様、推奨インスタンスの仕様とパフォーマンスリスク、および使用率メトリクスグラフが表示されます。

  4. 詳細ページでは、次のアクションを実行できます。

    • ワークロードの実行による価格とパフォーマンスの影響を表示するにはAWSGraviton ベースのインスタンスで、Graviton (aws-arm64)CPU アーキテクチャの優先事項ドロップダウンリスト. それ以外の場合は、最新の(デフォルト)オプションは、現在のインスタンスと同じ CPU ベンダーおよびアーキテクチャに基づく推奨事項を表示します。

    • 拡張インフラストラクチャメトリックスの有料機能をアクティブにして、表示している EC2 インスタンスのメトリクス分析ルックバック期間を最大 3 か月(14 日間のデフォルトと比較して)延長します。詳細については、「インフラストラクチャメトリックの拡張」を参照してください。

    • 推奨事項オプションを選択して、現在のインスタンスと推奨インスタンスの使用率の比較を表示します。

      ページの下部に現在のインスタンスの使用率メトリクスグラフが表示されます。青色の実線は、現在のインスタンスの使用率です。CPU 使用率およびメモリ使用率グラフに表示されるオレンジ色の点線は、分析期間中にそのインスタンスを使用した場合の選択した推奨インスタンスの予測使用率です。

    • グラフの時間範囲を変更するには、[Time Range (時間範囲)] を選択し、[Last 24 hours (過去 24 時間)]、[Last 3 days (過去 3 日間)]、[Last week (過去 1 週間)]、または [Last 2 weeks (過去 2 週間)] を選択します。アクティブ化すると拡張インフラストラクチャメトリックの推奨設定または、[] を選択することもできます。過去 3 か月

      短い時間範囲を選択すると、データポイントが高い詳細度で表示され、詳細レベルが高くなります。

    • グラフの統計値を変更するには、[Statistics (統計)] を選択し、[Average (平均)] または [Maximum (最大)] を選択します。

      このオプションを使用すると、時間の経過に伴うワークロードの標準的なインスタンス使用率を判断できます。指定した期間中に観測された最大値を表示するには、選択を [Maximum (最大)] に変更します。これにより、時間の経過に伴うワークロードのピークインスタンス使用率を判断できます。

    • 表示される購入オプションを変更するには、[Settings (設定)] (歯車アイコン) を選択し、[On-Demand Instances (オンデマンドインスタンス)]、[Reserved Instances, standard 1-year no upfront (リザーブドインスタンス、標準の 1 年間前払いなし)]、または [Reserved Instances, standard 3-year no upfront (リザーブドインスタンス、標準の 3 年間前払いなし)] を選択します。