メニュー
Amazon Simple Storage Service
開発者ガイド (API Version 2006-03-01)

Amazon S3 のご紹介

この「Amazon Simple Storage Service のご紹介」では、このウェブサービスの要点について詳しく説明します。このセクションを読むことで、本サービスの内容と、ビジネスへの利用方法についてご理解いただけます。

Amazon S3 と本ガイドの概要

Amazon S3 のウェブサービスインターフェイスはシンプルで、いつでも、ウェブのどこからでも容量に関係なくデータを格納および取得できます。

本ガイドでは、リクエストを送信してバケットを作成する方法、オブジェクトを保存および取得する方法、リソースへのアクセス許可を管理する方法について説明します。さらに、アクセスコントロールと認証プロセスについても説明します。アクセスコントロールでは、Amazon S3 内のオブジェクトおよびバケットにアクセスできるユーザーとアクセスの種類(READ、WRITE など)を定義します。認証プロセスは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)にアクセスを試みるユーザーの身元を確認します。

Amazon S3 のメリット

Amazon S3 は、シンプルさと堅牢性を重視し、必要な機能に絞って提供しています。Amazon S3 サービスには次のようなメリットがあります。

  • バケットの作成 – データを格納するバケットを作成し、名前を付けます。バケットとは、Amazon S3 におけるデータストレージ用の基本的なコンテナです。

  • バケットへのデータの格納 – 膨大な量のデータをバケットに格納します。 必要な数のオブジェクトを Amazon S3 バケットにアップロードします。各オブジェクトに最大 5 TB のデータを格納できます。各オブジェクトの格納と取得には、開発者が設定した独自のキーを使用します。

  • データのダウンロード – データをダウンロードするか、他のユーザーがダウンロードできるようにします。 データはいつでもダウンロードできます。他のユーザーにデータのダウンロードを許可することもできます。

  • アクセス許可 – Amazon S3 バケットにおけるデータのアップロードまたはダウンロードを、他のユーザーに対して許可または拒否します。アップロードおよびダウンロードのアクセス許可を 3 タイプのユーザーに付与します。認証メカニズムによって、データソースを不正アクセスから保護することができます。

  • 標準的なインターフェイス – 標準ベースの REST および SOAP インターフェイスを使用し、あらゆるインターネット開発ツールキットが使えるように設計されています。

    注記

    SOAP のサポートは HTTP 経由では廃止されましたが、HTTPS 経由では引き続き利用可能です。SOAP 用に Amazon S3 の新機能をサポートする予定はありません。REST API か AWS SDK を使用することをお勧めします。

Amazon S3 アプリケーションプログラミングインターフェイス(API)

Amazon S3 は、プログラミング言語に依存しないアーキテクチャーとして設計されており、サポートされているインターフェイスを使用してオブジェクトを格納し、取得します。

Amazon S3 には、REST および SOAP インターフェイスが用意されています。この 2 つは似ていますが、いくつかの相違点があります。例えば、REST インターフェイスでは、メタデータは HTTP ヘッダーで返されます。4 KB(本文を含まない)以下の HTTP リクエストしかサポートされないため、使用できるメタデータの量が制限されます。

注記

SOAP のサポートは HTTP 経由では廃止されましたが、HTTPS 経由では引き続き利用可能です。SOAP 用に Amazon S3 の新機能をサポートする予定はありません。REST API か AWS SDK を使用することをお勧めします。

REST インターフェイス

REST API は、Amazon S3 に対する HTTP インターフェイスです。REST を使用すると、標準 HTTP リクエストを使用してバケットとオブジェクトを作成、取得、および削除できます。

REST API を使用する場合、HTTP をサポートする任意のツールキットを使用できます。匿名で読み取り可能なオブジェクトであれば、ブラウザを使用して取得することもできます。

REST API は標準の HTTP ヘッダーとステータスコードを使用するため、標準のブラウザとツールキットが予期したとおりに機能します。一部のエリアでは、HTTP に機能が追加されています(例えば、アクセスコントロールをサポートするヘッダーを追加しました)。このように新機能を追加する場合、できるだけ標準 HTTP 書式の使用法に合致するように最善を尽くしました。

SOAP インターフェイス

注記

SOAP のサポートは HTTP 経由では廃止されましたが、HTTPS 経由では引き続き利用可能です。SOAP 用に Amazon S3 の新機能をサポートする予定はありません。REST API か AWS SDK を使用することをお勧めします。

SOAP API には、ドキュメントリテラルエンコードを使用した SOAP 1.1 インターフェイスが用意されています。SOAP を使用する最も一般的な方法は、WSDL をダウンロードし(http://doc.s3.amazonaws.com/2006-03-01/AmazonS3.wsdl にアクセス)、Apache Axis や Microsoft .NET などの SOAP ツールキットを使用してバインドを作成した後、そのバインドを使用して Amazon S3 を呼び出すコードを記述する方法です。

Amazon S3 の料金

Amazon S3 の料金は、アプリケーションのストレージ要件を考慮しなくてすむように設定されています。多くのストレージプロバイダでは、あらかじめ決まった量のストレージとネットワーク転送容量を購入する必要があります。その容量を超えると、サービスが停止されるか、高額な超過料金を支払う必要があります。その容量を超えない場合でも、全量を使用したものとして支払うことになります。

Amazon S3 では、実際に使用した分だけが請求されます。隠れた料金や超過料金はありません。つまり、開発者は、Amazon のインフラストラクチャのコストメリットを享受しながら、ビジネスの成長に合わせたコスト変動サービスを利用できるということです。

Amazon S3 にデータを格納する前に、サービスに登録し、毎月末に行われる請求の支払い方法を指定する必要があります。サービスの使用を始めるためのセットアップ料金はありません。月末に、指定した支払い方法に当月の利用料金が自動的に請求されます。

Amazon S3 ストレージの支払いについては、Amazon Simple Storage Service 製品詳細ページを参照してください。

関連サービス

Amazon S3 にロードしたデータは、用意されている他のサービスでも利用できます。よく使用すると思われるサービスは次のとおりです。

  • Amazon Elastic Compute Cloud – このウェブサービスは、クラウド内で仮想計算リソースを提供します。詳細については、Amazon EC2 の製品詳細ページを参照してください。

  • Amazon EMR – このウェブサービスでは、ビジネス、研究者、データアナリスト、および開発者が、簡単に、そして費用対効果の高い方法で、莫大な量のデータを処理できます。これはホストされた Hadoop フレームワークを利用しています。Hadoop フレームワークは、 Amazon EC2 および Amazon S3 の、ウェブスケールのインフラストラクチャ上で稼動します。詳細については、Amazon EMR 製品詳細ページを参照してください。

  • AWS Import/Export – AWS Import/Export では、RAID ドライブなどの記憶装置を Amazon に郵送すると、Amazon S3 へのデータ(テラバイト)のアップロードを代行します。詳細については、『AWS Import/Export Developer Guide』を参照してください。