Read Consistency - Amazon DynamoDB

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

Read Consistency

Amazon DynamoDB は、世界中の複数の AWS リージョンで利用できます。各リージョンは独立していて、他の AWS リージョンから分離されています。たとえば、 Peopleus-east-2 地域と別のテーブル名 Peopleus-west-2 "Region"(地域)は、完全に独立した 2 つのテーブルと見なされます。すべてのAWSリージョンのリストは、 DynamoDB が利用可能です。を参照してください。 AWSリージョンとエンドポイントアマゾン ウェブ サービス全般のリファレンス.

各 AWS リージョンは、複数のそれぞれ独立した場所で構成されており、これらの場所はアベイラビリティーゾーンと呼ばれます。各アベイラビリティーゾーンは、他のアベイラビリティーゾーンにおける障害の影響は受けず、同じリージョン内の他のアベイラビリティーゾーンに対して、低コスト、低レイテンシーでネットワーク接続できます。これにより、リージョンの複数のアベイラビリティーゾーン間でデータの迅速なレプリケーションが可能になります。

アプリケーションが DynamoDB テーブルにデータを書き込み、HTTP 200 応答 (OK) を受け取ると、書き込みが開始され、継続します。データは、すべてのストレージの場所で結果的に整合性が保たれます (通常は 1 秒以内)。

DynamoDB サポート eventually consistent および strongly consistent 読み取り。

結果整合性のある読み込み

DynamoDB テーブルからの読み込みオペレーションの応答には、最近の書き込みオペレーションの結果が反映されていないことがあります。応答には古いデータが含まれる場合があります。少し時間がたってから読み込みリクエストを繰り返すと、応答で最新のデータが返されます。

強力な整合性のある読み込み

強力な整合性のある読み込みをリクエストすると、DynamoDB は成功した以前のすべての書き込みオペレーションからの更新が反映された最新データの応答を返します。ただし、この整合性には以下のような欠点があります。

  • A strongly consistent read might not be available if there is a network delay or outage. In this case, DynamoDB may return a server error (HTTP 500).

  • Strongly consistent reads may have higher latency than eventually consistent reads.

  • Strongly consistent reads are not supported on global secondary indexes.

  • Strongly consistent reads use more throughput capacity than eventually consistent reads. For details, see Read/Write Capacity Mode

注記

DynamoDB は、特に指定がない限り、結果的に整合性のある読み込みを使用します。読み込みオペレーション (GetItemQueryScan) には、ConsistentRead パラメータがあります。このパラメータを true に設定すると、DynamoDB はオペレーション時に強い整合性のある読み込みを使用します。