AWS CodeCommit でリポジトリを操作する - AWS CodeCommit

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CodeCommit でリポジトリを操作する

リポジトリは、 CodeCommit の基本的なバージョン管理オブジェクトです。プロジェクトのコードとファイルを安全に保存する場所です。また、最初のコミットから最新の変更までのプロジェクト履歴も保存されます。リポジトリを他のユーザーと共有することができるので、プロジェクトで一緒に作業することができます。リポジトリに AWS タグを追加すると、リポジトリユーザーがイベントに関する E メールを受信するように通知を設定できます (たとえば、他のユーザーがコードにコメントを追加したなど)。リポジトリのデフォルト設定を変更したり、その内容を参照したりすることもできます。リポジトリ用のトリガーを作成して、コードプッシュやその他のイベントによって E メールやコード関数などのアクションがトリガーされるようにすることができます。ローカルコンピュータのリポジトリ (ローカルリポジトリ) を設定して、変更を複数のリポジトリにプッシュすることもできます。


            リポジトリのコンテンツの表示

変更を CodeCommit リポジトリにプッシュする前に、Amazon Web Services アカウントで IAM ユーザーを設定するか、フェデレーティッドアクセスまたは一時的な認証情報へのアクセスを設定する必要があります。詳細については、「ステップ 1: CodeCommit の初期設定」および「git-remote-codecommit を使用して AWS CodeCommit への HTTPS 接続をセットアップする手順」を参照してください。

でリポジトリの他の側面を操作する方法については CodeCommit、ファイルの操作「」、「」、プルリクエストの操作「」、コミットの操作ブランチの操作「」、「」、「」を参照してくださいユーザー設定の操作。への移行については CodeCommit、「」を参照してくださいCodeCommit に移行する