AWS CodeCommit
ユーザーガイド (API バージョン 2015-04-13)

AWS CodeCommit でリポジトリを操作する

リポジトリは、CodeCommit の基本的なバージョン管理オブジェクトです。プロジェクトのコードとファイルを安全に保存する場所です。また、最初のコミットから最新の変更までのプロジェクト履歴も保存されます。リポジトリを他のユーザーと共有することができるので、プロジェクトで一緒に作業することができます。リポジトリユーザーがイベントに関する E メールを受信するように通知を設定できます (たとえば、他のユーザーがコードにコメントを追加したなど)。リポジトリのデフォルト設定を変更したり、その内容を参照したりすることもできます。リポジトリ用のトリガーを作成して、コードプッシュやその他のイベントによって E メールやコード関数などのアクションがトリガーされるようにすることができます。ローカルコンピュータのリポジトリ (ローカルリポジトリ) を設定して、変更を複数のリポジトリにプッシュすることもできます。


            リポジトリのコンテンツの表示

CodeCommit リポジトリへの変更をプッシュする前に、AWS アカウントで IAM ユーザーを設定する必要があります。詳細については、「ステップ 1: CodeCommit の初期設定」を参照してください。

CodeCommit でリポジトリの他の部分を操作する方法については、「ファイルの操作」、「プルリクエストの操作」、「コミットの操作」、「ブランチの操作」、「ユーザー設定の操作」を参照してください。CodeCommit に移行する方法については、「CodeCommit に移行する」を参照してください。