Amazon Pinpoint
開発者ガイド

Amazon Pinpoint のドキュメント履歴。

次の表は、Amazon Pinpoint の今回のリリースの内容をまとめたものです。

  • ドキュメントの最終更新日: 2018 年 5 月 1 日

変更 説明 日付
エンドポイントエクスポートのアクセス許可 Amazon Pinpoint エンドポイントを Amazon S3 バケットにエクスポートすることを許可する IAM ポリシーを設定します 2018 年 5 月 1 日
Amazon Pinpoint 統合に関するトピックの更新 AWS SDK またはライブラリを使用して、Android、iOS あるいは JavaScript で Amazon Pinpoint を統合します。 2018 年 3 月 23 日
AWS CloudTrail ログ CloudTrail による Amazon Pinpoint API コールのログに関する情報を追加しました。 2018 年 2 月 6 日
サービスの制限を更新しました E メール制限に関する情報を追加し、Amazon Pinpoint での制限 を更新しました。 2018 年 1 月 19 日
Amazon Pinpoint 拡張機能のパブリックベータ AWS Lambda 関数を使用してセグメントをカスタマイズするか、カスタムメッセージングチャネルを作成します。 2017 年 11 月 28 日
外部 ID が IAM 信頼ポリシーから削除されました セグメントのインポートのため、外部 ID キーが信頼ポリシーの例と Java コードの例から削除されました。 2017 年 10 月 26 日
プッシュ通知のペイロードの制限 この制限には、モバイルプッシュメッセージのペイロードサイズが含まれます。 2017 年 10 月 25 日
サービスの制限を更新しました SMS と E メールチャネル情報を「Amazon Pinpoint での制限」に追加しました。 2017 年 10 月 9 日
ADM および Baidu モバイルプッシュ Baidu および ADM モバイルプッシュチャネルからのプッシュ通知を処理するようにアプリケーションコードを更新しました。 2017 年 9 月 27 日
Amazon Cognito ユーザープールでのユーザー ID と認証イベント。 Amazon Cognito ユーザープールを使用してモバイルアプリでユーザーのサインインを管理する場合、Amazon Cognito はエンドポイントにユーザー ID を割り当て、Amazon Pinpoint に認証イベントを報告します。 2017 年 9 月 26 日
ユーザー ID エンドポイントにユーザー ID を割り当てて、個々のユーザーからのアプリケーションの使用状況をモニタリングします。AWS Mobile SDK および SDK for Java の例を示しています。 2017 年 8 月 31 日
認証イベント 認証イベントを報告し、ユーザーがアプリに対して認証する頻度を確認します。例は、アプリケーションでのイベントの報告 で参照できます。 2017 年 8 月 31 日
サンプルイベントの更新 サンプルイベントには、E メールと SMS アクティビティについて Amazon Pinpoint がストリーミングするイベントが含まれます。 2017 年 6 月 08 日
Android セッション管理 AWS Mobile Hub サンプルアプリにより提供されているクラスを使用した Android アプリのセッションを管理します。 2017 年 4 月 20 日
更新された収益化イベントサンプル 収益化イベントの報告に関するサンプルコードが更新されました。 。 2017 年 31 月 3 日
イベントストリーム Amazon Pinpoint を設定してアプリとキャンペーンイベントを Kinesis ストリームに送ることができます。 2017 年 24 月 3 日
アクセス許可 モバイルアプリのアカウント内の AWS ユーザーのための Amazon Pinpoint へのアクセス権の付与の詳細については、アクセス許可 を参照してください。 2017 年 1 月 12 日
Amazon Pinpoint の一般提供 このリリースで Amazon Pinpoint が導入されました。 2016 年 12 月 1 日