その他の AWS のサービスを呼び出す - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

その他の AWS のサービスを呼び出す

AWS Step Functions と AWS のサービスを統合し、ワークフローから各サービスの API アクションを呼び出すことができます。Step Functions AWS SDK 統合を使用して、200 を超える AWS のサービスのいずれかをしてーとマシンから直接呼び出して、9,000 を超えるの API アクションにアクセスできるようにします。または、を使用できます。Step Functions 用統合最適化。それぞれがワークフローに特別な機能を提供するようにカスタマイズされています。一部の API アクションは、両方のタイプの統合で使用できます。この場合は、最適化された統合を使用することをお勧めします。

Amazon ステートメント言語で Task 状態からこれらのサービスを直接調整します。例えば、Step Functions を使用して他のサービスを呼び出すことができます。

  • AWS Lambda 関数を呼び出す

  • AWS Batch ジョブを実行後、結果に基づき、別のアクションを実行する

  • Amazon DynamoDB から項目を挿入するか、項目を取得する

  • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) タスクを実行し、完了するまで待機します。

  • Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) でトピックを発行します。

  • Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) にメッセージを送信します。

  • AWS Glue または Amazon SageMaker の ジョブを管理します。

  • Amazon EMR ジョブを実行するためのワークフローを構築します。

  • AWS Step Functions ワークフロー実行を起動します。

最適化された統合

最適化された統合は、ワークフローコンテキストに特別な機能を提供するために Step Functions によってカスタマイズされています。例:LambdaInvokeその API 出力をエスケープされた JSON から JSON オブジェクトに変換します。AWS BatchSubmitJobジョブが完了するまで実行を一時停止できます。2018 年に最適化された統合が初めてリリースされ、現在 50 以上の API があります。

AWS SDK 統合

AWS SDK 統合は、AWS SDK を使ったスタンダード API 呼び出しとまったく同じように機能します。これらは、200 を超える AWS のサービスにある 9,000 を超える API をステートマシン定義 AWS から直接呼び出す能力を提供します。SDK 統合は 2021 年にリリースされました。

統合パターンのサポート

Standard ワークフロー と Express ワークフロー は、同じ統合をサポートしますが、同じ統合パターンはサポートしていません。Express ワークフローは、ジョブの実行 (.sync) またはコールバックの待機 (.waitForTaskToken) をサポートしていません。最適化された統合パターンのサポートは、各統合ごとに異なります。詳細については、「標準ワークフロー対 Express ワークフロー」を参照してください。

Standard Workflows
サポートされているサービス統合
サービス レスポンスのリクエスト ジョブの実行 (.sync) コールバックまで待機 (.waitForTaskToken)
最適化された統合 Lambda
AWS Batch
DynamoDB
Amazon ECSAWS Fargate
Amazon SNS
Amazon SQS
AWS Glue
SageMaker
Amazon EMR
Amazon EMR on EKS
CodeBuild
Athena
Amazon EKS
API Gateway
AWS Glue DataBrew
Amazon EventBridge
AWS Step Functions
AWS SDK 統合 200 以上
Express Workflows