Amazon ECSまたはFargateタスクを管理する - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon ECSまたはFargateタスクを管理する

Step Functions、特定の制御することができますAWS『Amazon ステート言語』の「」を参照してください。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS Step Functionsとの統合の詳細については、以下を参照してください。

サポートされている Amazon ECS/Fargate API および構文:

注記

Step Functions パラメータはPascalCaseの場合でも、ネイティブサービスAPIがcamelCase

注記

Overridesパラメーターでは、Step FunctionsexecutionRoleArnまたはtaskRoleArnとしてContainerOverrides

Amazon ECS タスクにデータを渡す

Step Functions、特定の制御することができますAWS『Amazon ステート言語』の「」を参照してください。の使用方法の詳細については、「」を参照してください。AWS Step Functionsとの統合の詳細については、以下を参照してください。

次を使用できますoverridesを使用すると、コンテナのデフォルトコマンドを上書きし、入力を Amazon ECS タスクに渡すことができます。「ContainerOverride」を参照してください。この例では、JsonPath を使用して、入力の Task の値を Task 状態に渡します。

以下には、が含まれます。TaskAmazon ECS タスクを実行し、完了するまで待機する。

{ "StartAt": "Run an ECS Task and wait for it to complete", "States": { "Run an ECS Task and wait for it to complete": { "Type": "Task", "Resource": "arn:aws:states:::ecs:runTask.sync", "Parameters": { "Cluster": "cluster-arn", "TaskDefinition": "job-id", "Overrides": { "ContainerOverrides": [ { "Name": "container-name", "Command.$": "$.commands" } ] } }, "End": true } } }

ContainerOverrides"Command.$": "$.commands" 行は状態の入力からコンテナにコマンドを渡します。​

前の例では、実行への入力が次の場合、各コマンドはコンテナのオーバーライドとして渡されます。

{ "commands": [ "test command 1", "test command 2", "test command 3" ] }

以下には、が含まれます。Task状態は、Amazon ECS タスクを実行するタスクを実行し、その後タスクトークンが返されるまで待機します。「タスクトークンのコールバックまで待機する」を参照してください。

{ "StartAt":"Manage ECS task", "States":{ "Manage ECS task":{ "Type":"Task", "Resource":"arn:aws:states:::ecs:runTask.waitForTaskToken", "Parameters":{ "LaunchType":"FARGATE", "Cluster":"cluster-arn", "TaskDefinition":"job-id", "Overrides":{ "ContainerOverrides":[ { "Name":"container-name", "Environment":[ { "Name":"TASK_TOKEN_ENV_VARIABLE", "Value.$":"$$.Task.Token" } ] } ] } }, "End":true } } }

他ので Step Functions を使用して IAM を設定する方法については、AWSサービスの詳細については、」統合サービスの IAM ポリシー