サポート対象の AWS サービスで、AWS Backup を動作させる方法について - AWS Backup

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

サポート対象の AWS サービスで、AWS Backup を動作させる方法について

AWS サービスをサポートする AWS Backup は、独自のスタンドアロンのバックアップ機能を提供します。これらの機能は、AWS Backup を使用するかどうかに関係なく利用できます。  ただし、他の AWS サービスが作成したバックアップは、AWS Backup を通した中央ガバナンスでは利用できません。

サポートされているすべてのサービスのデータ保護を一元管理するために AWS Backup を設定するには、AWS Backup でそのサービスの管理にオプトインする必要があります。バックアッププランを使用してオンデマンドバックアップを作成するか、バックアッププランを使用してバックアップをスケジュールし、バックアップボルトにバックアップを保存します。

AWS Backup でのサービス管理へのオプトイン

新しい AWS のサービスが利用可能になったら、それらのサービスを使用できるように AWS Backup を有効にする必要があります。有効になっていないサービスのリソースを使用して、オンデマンドバックアップまたはバックアッププランを作成しようとすると、エラーメッセージが表示され、プロセスを完了できません。

注記

サービスオプトイン設定はリージョン固有です。使用している AWS リージョン を変更する場合は、AWS Backup で使用するサービスを再設定する必要があります。

AWS Backup で使用されるサービスを設定するには

  1. https://console.aws.amazon.com/backup で AWS Backup コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションペインで [Settings] (設定) を選択します。

  3. [サービスのオプトイン] ページで、[リソースを設定] を選択します。

  4. トグルスイッチを使用して、AWS Backup で使用されるサービスを有効または無効にします。

    重要

    RDS、Aurora、Neptune、DocumentDB は、同じ Amazon リソースネーム (ARN) を共有しています。でこれらのリソースタイプの 1 つを管理することをオプトインするAWS Backupは、バックアッププランに割り当てるときに、それらのすべてをオプトインします。いずれにしても、オプトインステータスを正確に表すために、これらすべてをオプトインすることをお勧めします。

  5. [Confirm] (確認) を選択します。

Amazon S3 データの操作

AWS Backupは Amazon S3 バックアップのフルマネージドバックアップと復元を提供します。詳細については、「S3 バックアップの作成」を参照してください。

S3 データの詳細については、「Amazon S3 ドキュメント」を参照してください。

VMware 仮想マシンの操作

AWS Backup は AWS で、オンプレミスの VMware 仮想マシン (VM) との VMware Cloud™ (VMC) 内にある仮想マシンの一元管理、および自動データ保護をサポートします。オンプレミスおよび VMC 仮想マシンから AWS Backup へバックアップできます。次に、AWS Backup からオンプレミスまたは VMC のいずれかに復元を行うことができます。

Backup ゲートウェイは、VMware VM を AWS Backup に接続するために VMware VM にデプロイする AWS Backup ソフトウェアをダウンロード可能です。ゲートウェイは VM 管理サーバーに接続して VM を検出し、VM を検出し、データを暗号化し、効率的にデータを AWS Backup に転送します。次の図は、Backup ゲートウェイが VM に接続する方法を示しています。

Amazon DynamoDB の操作

AWS Backupは Amazon DynamoDB テーブルのバックアップと復元をサポートしています。DynamoDB は、フルマネージド NoSQL データベースサービスで、高速で予測可能なパフォーマンスとシームレスなスケーラビリティを提供します。

発売以来、AWS Backupは DynamoDB を常にサポートしています。2021 年 11 月開始AWS Backupまた、DynamoDB バックアップの高度な機能も導入されました。これらの高度な機能には、バックアップのコピーが含まれます。AWS リージョンおよびアカウント、コールドストレージへのバックアップの階層化、および権限とコスト管理のためのタグの使用が可能です。

新規AWS Backup2021 年 11 月以降にオンボーディングしているお客様には、高度な DynamoDB バックアップ機能がデフォルトで有効になります。

既存のAWS Backup のすべてのお客様に DynamoDB の高度な機能を有効にすることを推奨します。高度な機能を有効にした後、ウォームバックアップストレージの価格に違いはありません。また、バックアップをコールドストレージに階層化することでコストを節約し、コスト配分タグを使用してコストを最適化できます。

高度な機能の完全なリストと、有効にする方法については、を参照してください。アドバンスト DynamoDB バックアップ

DynamoDB の詳細については、Amazon DynamoDB 開発者ガイドの「Amazon DynamoDB とは」を参照してください。

Amazon FSx ファイルシステムの操作

AWS Backup は、Amazon FSx ファイルシステムのバックアップと復元をサポートしています。Amazon FSx は、ワークロードのネイティブ互換性と機能セットを備えたフルマネージドサードパーティファイルシステムを提供します。AWS Backup は Amazon FSx の組み込みバックアップ機能を使用します。したがって、AWS Backup コンソールで取得されるバックアップには、Amazon FSx コンソールで取得されるバックアップと同じレベルのファイルシステムの一貫性およびパフォーマンス、復元オプションがあります。

AWS Backup を使用してこれらのバックアップを管理するには、無制限の保存オプションや、1 時間ごとにスケジュールバックアップを作成する機能などの追加機能を利用できます。また、AWS Backup は、ソースファイルシステムが削除された後でも、バックアップを保持します。これにより、偶発的または悪意のある削除から保護されます。

バックアップポリシーを設定し、他の AWS Backup のサービスのためにサポートを拡張する中央バックアップコンソールからバックアップタスクをモニタリングする場合に、AWS を使用してAmazon FSx ファイルシステムを保護します。

Amazon FSx ファイルシステムの詳細については、「Amazon FSx ドキュメント」を参照してください。

Amazon EC2 の操作

AWS Backup を使用すると、EC2 インスタンス全体と Amazon EC2 で動作する Windows アプリケーション、関連する設定データを含むオンデマンドバックアップジョブをスケジュールまたは実行できます。これにより、ストレージ (Amazon EBS) ボリュームを使用した対話の必要性が制限されます。同様に、1 つの復旧ポイントから Amazon EC2 インスタンス全体を復元できます。バックアップジョブには、リソースを 1 つだけ持つことができます。そのため、EC2 インスタンスをバックアップするジョブがあり、ルートボリューム、すべてのデータボリューム、および関連するインスタンス設定をバックアップできます。

AWS Backup は EC2 インスタンスをいつでも再起動しません。

Amazon EC2 リソースのバックアップ

Amazon EC2 インスタンスをバックアップする場合、AWS Backup はルート Amazon EBS ストレージボリューム、起動設定、および関連するすべての EBS ボリュームのスナップショットを作成します。AWS Backup には、インスタンスタイプ、セキュリティグループ、Amazon VPC、モニタリング設定、タグなど、EC2 インスタンスの特定の設定パラメータが保存されます。バックアップデータは、Amazon EBS ボリュームバックアップされた Amazon マシンイメージ (AMI) として保存されます。

VSS 対応の Microsoft Windows アプリケーションをバックアップおよび復元することもできます。オンデマンドバックアップまたはスケジュールバックアップ計画の一部として、アプリケーション整合性バックアップのスケジュール設定、ライフサイクルポリシーの定義、整合性のとれたリストアを実行できます。詳細については、「Windows VSS バックアップの作成」を参照してください。

AWS Backup では以下をバックアップしません。

  • Elastic Inference アクセラレーターの構成 (インスタンスにアタッチされている場合)。

  • インスタンスが作成されたときに使用されるユーザーデータ。

注記

すべてのインスタンスタイプで、Amazon EBS でバックアップされた EC2 インスタンスのみがサポートされます。エフェメラルストレージインスタンス (つまり、Instance store-Backed インスタンス) はサポートされていません。

AWS Backup では、 Amazon EC2 バックアップに関連付けられた EBS スナップショットを暗号化できます。これは、EBS スナップショットを暗号化する方法と似ています。AWS Backup では、Amazon EC2 AMI のスナップショットの作成時に基になる EBS ボリュームに適用された暗号化と同じものを使用し、元のインスタンスの設定パラメータは復元メタデータに保持されます。

スナップショットは、定義したとおりにボリュームから暗号化を派生させ、対応するスナップショットにも同じ暗号化が適用されます。コピーされた AMI の EBS スナップショットは常に暗号化されます。コピー中に KMS キーを使用すると、キーが適用されます。KMS キーを使用しない場合は、既定の KMS キーが適用されます。

Amazon EC2 の詳細については、Windows インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EC2 とは」を参照してください。

Amazon EFS の操作

AWS Backup では、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) がサポートされています。

Amazon EFS ファイルシステムの詳細については、Amazon Elastic File System ユーザーガイド」の「Amazon Elastic File System とは」を参照してください。

Amazon EBS の操作

AWS Backup は、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) ボリュームをサポートします。

Amazon EBS ボリュームの詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) とは」を参照してください。

詳細については、Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイドの「Amazon EBS ボリュームの作成」を参照してください。

Amazon RDS と Aurora の操作

AWS Backup は、Amazon RDS データベースエンジンと Aurora クラスターをサポートします。

Amazon RDS の詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドの「Amazon Relational Database Service とは」を参照してください。

Aurora の詳細については、Amazon Aurora ユーザーガイドの「Amazon Aurora とは」を参照してください。

注記

Amazon RDS コンソールからバックアップジョブを開始すると、Aurora クラスターのバックアップジョブと競合し、Backup ジョブが完了する前に期限切れになるエラーが発生する可能性があります。この問題が発生した場合は、AWS Backup で長いバックアップウィンドウを構成します。

AWS Storage Gateway での作業

AWS Backup は、Storage Gateway ボリュームゲートウェイをサポートします。Amazon EBS スナップショットを Storage Gateway ボリュームとして復元することもできます。

Amazon DocumentDB の操作

AWS Backup は、Amazon DocumentDB クラスターをサポートします。

Amazon Neptune の操作

AWS Backup は、Amazon Neptune クラスターをサポートします。

AWS サービスが独自のリソースをバックアップする方法

特定の AWS サービスのバックアップと復元プロセス。特にリストア中に、その AWS サービスの新しいインスタンスを構成する必要がある場合は、技術ドキュメントを参照してください。以下は、ドキュメントのリストです。