Microsoft Windows ファイル共有を使用する - Amazon FSx for Windows File Server

Microsoft Windows ファイル共有を使用する

Microsoft Windows ファイル共有は、ファイルシステム内の特定のフォルダです。これには、そのフォルダのサブフォルダが含まれており、サーバーメッセージブロック (SMB) プロトコルを使用してコンピューティングインスタンスにアクセスできるようになります。ファイルシステムには、share という名前のデフォルトの Windows ファイル共有が付属しています。共有フォルダ という名前の Windows グラフィカルユーザーインターフェイス (GUI) ツールを使用すれば、ほかの Windows ファイル共有をいくつでも作成および管理できます。

ファイル共有へのアクセス

ファイル共有にアクセスするには、Windows マップネットワークドライブ機能を使用して、コンピューティングインスタンス上のドライブ文字を Amazon FSx ファイル共有にマッピングします。ファイル共有をコンピューティングインスタンス上のドライブにマッピングするプロセスは、Linux ではファイル共有の マウント と呼ばれています。このプロセスは、コンピューティングインスタンスのタイプとオペレーティングシステムによって異なります。ファイル共有がマップされると、アプリケーションとユーザーはローカルファイルやフォルダであるかのように、ファイル共有上のファイルやフォルダにアクセスできます。

次に、サポートされているさまざまなコンピューティングインスタンスにファイル共有をマッピングする手順を示します。

Amazon EC2 Windows インスタンスでのファイル共有のマッピング

Windows ファイルエクスプローラーまたはコマンドプロンプトを使用して、EC2 Windows インスタンスにファイル共有をマッピングできます。

  1. EC2 Windows インスタンスを起動し、Amazon FSx ファイルシステムに参加した Microsoft アクティブディレクトリに接続します。これを行うには、「AWS Directory Service 管理ガイド」から以下の手順のいずれかを選択します。

  2. EC2 Windows インスタンスに接続します。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Windows インスタンスに接続する」を参照してください。

  3. 接続したら、ファイルエクスプローラーを開きます。

  4. ナビゲーションペインで、ネットワーク のコンテキスト (右クリック) メニューを開き、マップネットワークドライブ を選択します。

  5. ドライブ では、ドライブ文字を選択します。

  6. フォルダ では、ファイルシステムの DNS 名またはファイルシステムに関連する DNS エイリアス、および共有名を入力します。

    ファイルシステムの DNS 名と関連する DNS エイリアスは、Amazon FSx コンソールWindowsファイルサーバーネットワークとセキュリティ を選択して見つけることができます。または、CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems API オペレーションのレスポンスにもあります。DNS エイリアスの使用については、「DNS エイリアスを管理する」を参照してください。

    • AWS マネージド Microsoft アクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は以下のようになります。

      fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com
    • セルフマネージドアクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムおよびマルチ AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      amznfsxaa11bb22.ad-domain.com

    例えば、シングル AZ ファイルシステムの DNS 名を使用する場合、フォルダ に次のように入力します。

    \\fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com\share

    マルチ AZ ファイルシステムの DNS 名を使用するには、フォルダ に次のように入力します。

    \\famznfsxaa11bb22.ad-domain.com\share

    ファイルシステムに関連付けられた DNS エイリアスを使用するには、フォルダ に次のように入力します。

    \\fqdn-dns-alias\share
  7. サインイン時にファイル共有を再接続するかどうかを示す [Reconnect at sign-in] (サインイン時に再接続) オプションを選択してから、完了 を選択します。

  1. EC2 Windows インスタンスを起動し、Amazon FSx ファイルシステムに参加した Microsoft アクティブディレクトリに接続します。これを行うには、「AWS Directory Service 管理ガイド」から以下の手順のいずれかを選択します。

  2. EC2 Windows インスタンスに、AWS Managed Microsoft AD ディレクトリのユーザーとして接続します。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Windows インスタンスに接続する」を参照してください。

  3. 接続したら、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

  4. 選択したドライブ文字、ファイルシステムの DNS 名、および共有名を使用してファイル共有をマウントします。DNS 名は、Amazon FSx コンソール を使って Windows ファイルサーバー[Network & security] (ネットワークとセキュリティ) を選択することで、検索できます。または、CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems API オペレーションのレスポンスでそれらを見つけることができます。

    • AWS マネージド Microsoft アクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は以下のようになります。

      fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com
    • セルフマネージドアクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムおよびマルチ AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      amznfsxaa11bb22.ad-domain.com

    ファイル共有をマウントするコマンドの例を次に示します。

    $ net use H: \\amzfsxaa11bb22.ad-domain.com\share /persistent:yes

    net use コマンドの代わりに、サポートされている任意の PowerShell コマンドを使用してファイル共有をマウントすることもできます。

 

Amazon EC2 Mac インスタンスへのファイル共有のマウント

アクティブディレクトリに接続している、または接続していない Amazon EC2 Mac インスタンスに、ファイル共有をマウントすることができます。インスタンスがアクティブディレクトリに接続していない場合は、インスタンスが常駐する Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) に設定された DHCP オプションを更新して、アクティブディレクトリドメインの DNS ネームサーバーを含めるようにしてください。次に、インスタンスを再起動します。

  1. EC2 Mac インスタンスを起動します。これを行うには、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」から以下の手順を選択してください。

  2. Virtual Network Computing (VNC) を使用して EC2 Mac インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「VNC を使用してインスタンスに接続する」を参照してください。

  3. EC2 Mac インスタンスで、次のように Amazon FSx ファイル共有に接続します。

    1. Finder を開き、[Go] (進む) を選択し、[Connect to Server] (サーバーに接続) を選択します。

    2. サーバーに接続 ダイアログボックスで、ファイルシステムの DNS 名またはファイルシステムに関連付けられた DNS エイリアス、および共有名を入力します。次に、[Connect] (接続) を選択します。

      ファイルシステムの DNS 名と関連する DNS エイリアスは、Amazon FSx コンソールWindowsファイルサーバーネットワークとセキュリティ を選択して見つけることができます。または、CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems API オペレーションのレスポンスにもあります。DNS エイリアスの使用については、「DNS エイリアスを管理する」を参照してください。

      
                      ファイルシステムペインの DNS および共有名を示す Mac 接続のスクリーンショット。
    3. 次の画面で、[Connect] (接続) を選択して続行します。

    4. 次の例に示すように、Amazon FSx サービスアカウントの Microsoft アクティブディレクトリ (AD) 認証情報を入力します。次に、[Connect] (接続) を選択します。

      
                      ファイルシステムペインのユーザー認証情報の入力方法を示す Mac 接続のスクリーンショット。
    5. 接続が成功すると、Finder ウィンドウの 場所 の下に Amazon FSx 共有が表示されます。

  1. EC2 Mac インスタンスを起動します。これを行うには、「Linux インスタンス用の Amazon EC2 ユーザーガイド」から以下の手順を選択してください。

  2. Virtual Network Computing (VNC) を使用して EC2 Mac インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「VNC を使用してインスタンスに接続する」を参照してください。

  3. 次のコマンドでファイル共有をマウントします。

    mount_smbfs //file_system_dns_name/file_share mount_point

    DNS 名は、Amazon FSx コンソール で、Windows ファイルサーバーネットワークとセキュリティ を選択することで確認できます。または、CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems API オペレーションのレスポンスでそれらを見つけることができます。

    • AWS マネージド Microsoft アクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は以下のようになります。

      fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com
    • セルフマネージドアクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムおよびマルチ AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      amznfsxaa11bb22.ad-domain.com

    この手順で使用するマウントコマンドは、指定されたポイントで以下を実行します。

    • //file_system_dns_name/file_share - マウントするファイルシステムの DNS 名と共有を指定します。

    • mount_point - ファイルシステムをマウントする EC2 インスタンス上のディレクトリ。

 

Amazon EC2 Linux インスタンスへのファイル共有のマウント

FSx for Windows ファイルサーバー共有は、アクティブディレクトリに接続している、または接続していない Amazon EC2 Linux インスタンスにマウントできます。

注記

次のコマンドは、SMB プロトコル、キャッシュ、読み取りおよび書き込みバッファサイズなどのパラメータを例として指定します。Linux のパラメータの選択 cifs コマンド、および Linux カーネルのバージョンを使用すると、クライアントと Amazon FSx ファイルシステム間のネットワークオペレーションのスループットとレイテンシーに影響を与える可能性があります。詳細については、使用している Linux 環境の「cifs ドキュメント」をご覧ください。

  1. 実行中の EC2 Linux インスタンスを Microsoft アクティブディレクトリに接続していない場合は、「AWS Directory Service 管理者ガイド」の「Linux インスタンスを手動で接続する」を参照して、接続の手順を確認してください。

  2. EC2 Linux インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、cifs-utils パッケージをインストールします。このパッケージは、Linux で Amazon FSx のようなネットワークファイルシステムをマウントするために使用されます。

    $ sudo yum install cifs-utils
  4. マウントポイントディレクトリ /mnt/fsx を作成します。ここで Amazon FSx ファイルシステムをマウントします。

    $ sudo mkdir -p /mnt/fsx
  5. 次のコマンドを使用して、Kerberos で認証します。

    $ kinit
  6. 次のコマンドでファイル共有をマウントします。

    $ sudo mount -t cifs //file_system_dns_name/file_share mount_point --verbose -o vers=SMB_version,sec=krb5,cruid=ad_user,rsize=CIFSMaxBufSize,wsize=CIFSMaxBufSize,cache=none,ip=preferred-file-server-Ip

    DNS 名は、Amazon FSx コンソール で、Windows ファイルサーバーネットワークとセキュリティ を選択することで確認できます。または、CreateFileSystem ないし DescribeFileSystems の API オペレーションのレスポンスでも検索できます。

    • AWS マネージド Microsoft アクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は以下のようになります。

      fs-0123456789abcdef0.ad-domain.com
    • セルフマネージドアクティブディレクトリに参加しているシングル AZ ファイルシステムおよびマルチ AZ ファイルシステムの場合、DNS 名は次のようになります。

      amznfsxaa11bb22.ad-domain.com

    CIFSMaxBufSize を、カーネルで許可されている最大値に置き換えます。この値を取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ modinfo cifs | grep CIFSMaxBufSize parm: CIFSMaxBufSize:Network buffer size (not including header). Default: 16384 Range: 8192 to 130048 (uint)

    出力は、最大バッファサイズが 130048 であることを示しています。

  7. 次のコマンドを実行して、ファイルシステムがマウントされていることを確認します。このコマンドを実行すると、共通インターネットファイルシステム (CIFS) タイプのファイルシステムだけが返されます。

    $ mount -l -t cifs //fs-0123456789abcdef0/share on /mnt/fsx type cifs (rw,relatime,vers=SMB_version,sec=krb5,cache=cache_mode,username=user1@CORP.NETWORK.COM,uid=0,noforceuid,gid=0,noforcegid,addr=192.0.2.0,file_mode=0755,dir_mode=0755,soft,nounix,serverino,mapposix,rsize=1048576,wsize=1048576,echo_interval=60,actimeo=1)

この手順で使用するマウントコマンドは、指定されたポイントで以下を実行します。

  • //file_system_dns_name/file_share - マウントするファイルシステムの DNS 名と共有を指定します。

  • mount_point - ファイルシステムをマウントする EC2 インスタンス上のディレクトリ。

  • -t cifs vers=SMB_version - ファイルシステムのタイプを CIFS、SMB プロトコルのバージョンとして指定します。Amazon FSx for Windows File Server では、SMB バージョン 2.0 から 3.1.1 がサポートされています。

  • sec=krb5 - 認証に Kerberos バージョン 5 を使用するように指定します。

  • cache=cache_mode - キャッシュモードを設定します。この CIFS キャッシュのオプションはパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、カーネルとワークロードに最適な設定をテストする (さらに、Linux のドキュメントを確認する) 必要があります。loose では、プロトコルのセマンティクスが緩いため、データの不整合が発生する可能性があるため、オプション strict および none をお勧めします。

  • cruid=ad_user - 認証情報キャッシュの所有者の uid を AD ディレクトリ管理者に設定します。

  • /mnt/fsx - EC2 インスタンスの Amazon FSx ファイル共有のマウントポイントを指定します。

  • rsize=CIFSMaxBufSize,wsize=CIFSMaxBufSize - 読み取りおよび書き込みバッファのサイズを、CIFS プロトコルで許容される最大値として指定します。CIFSMaxBufSize を、カーネルで許可されている最大値に置き換えます。次のコマンドを実行して CIFSMaxBufSize を決定します。

    $ modinfo cifs | grep CIFSMaxBufSize parm: CIFSMaxBufSize:Network buffer size (not including header). Default: 16384 Range: 8192 to 130048 (uint)

    出力は、最大バッファサイズが 130048 であることを示しています。

  • ip=preferred-file-server-Ip - 宛先 IP アドレスを、ファイルシステムの優先ファイルサーバーのものに設定します。

    ファイルシステムの優先ファイルサーバー IP アドレスを取得するには、次のようにします。

    • ファイルシステムの詳細 ページのネットワークとセキュリティタブで Amazon FSx コンソールを使用します。

    • describe-file-systems CLI コマンドまたは同等の DescribeFileSystems API コマンドのレスポンスで。

次の手順では、アクティブディレクトリ (AD) に接続していない Amazon EC2 Linux インスタンスに Amazon FSx ファイル共有をマウントします。アクティブディレクトリに接続していない EC2 Linux インスタンスの場合、FSx for Windows ファイルサーバーのファイル共有のみが、プライベート IP アドレスを使用してマウントできます。ファイルシステムのプライベート IP アドレスは、Amazon FSx コンソールネットワークとセキュリティタブにある優先ファイルサーバー IP アドレス で取得できます。

この例では、NTLM 認証を使用します。これを行うには、FSx for Windows ファイルサーバーのファイルシステムが接続している Microsoft アクティブディレクトリドメインのメンバーであるユーザーとして、ファイルシステムをマウントします。ユーザーアカウントの認証情報は、EC2 インスタンス creds.txt で作成するテキストファイルで提供されます。このファイルには、ユーザーのユーザー名、パスワード、およびドメインが含まれています。

$ cat creds.txt username=user1 password=Password123 domain=EXAMPLE.COM

Amazon Linux EC2 インスタンスの起動と設定を行うには

  1. Amazon EC2 コンソールを使用して、Amazon Linux EC2 インスタンスを起動します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスの起動」を参照してください。

  2. Amazon Linux EC2 インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、cifs-utils パッケージをインストールします。このパッケージは、Linux で Amazon FSx のようなネットワークファイルシステムをマウントするために使用されます。

    $ sudo yum install cifs-utils
  4. Amazon FSx ファイルシステムをマウントする予定のマウントポイント /mnt/fsxx を作成します。

    $ sudo mkdir -p /mnt/fsx
  5. 前述のフォーマットで、/home/ec2-user ディレクトリに creds.txt の認証情報ファイルを作成します。

  6. 次のコマンドを実行して、ユーザー (所有者) だけがファイルの読み取りと書き込みをできるように creds.txt ファイル許可を設定します。

    $ chmod 700 creds.txt

ファイルシステムをマウントするには

  1. アクティブディレクトリに接続していないファイル共有は、そのプライベート IP アドレスを使用してマウントします。ファイルシステムのプライベート IP アドレスは、Amazon FSx コンソールネットワークとセキュリティタブにある優先ファイルサーバー IP アドレスで取得できます。

  2. 次のコマンドでファイルシステムをマウントします。

    $ sudo mount -t cifs //file-system-IP-address/file_share /mnt/fsx --verbose -o vers=SMB_version,sec=ntlmsspi,cred=/home/ec2-user/creds.txt,rsize=CIFSMaxBufSize,wsize=CIFSMaxBufSize,cache=none

    CIFSMaxBufSize を、カーネルで許可されている最大値に置き換えます。この値を取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ modinfo cifs | grep CIFSMaxBufSize parm: CIFSMaxBufSize:Network buffer size (not including header). Default: 16384 Range: 8192 to 130048 (uint)

    出力は、最大バッファサイズが 130048 であることを示しています。

  3. 次のコマンドを実行して、ファイルシステムがマウントされていることを確認します。このコマンドは、CIFS ファイルシステムのみを返します。

    $ mount -l -t cifs //file-system-IP-address/file_share on /mnt/fsx type cifs (rw,relatime,vers=SMB_version,sec=ntlmsspi,cache=cache_mode,username=user1,domain=CORP.EXAMPLE.COM,uid=0,noforceuid,gid=0,noforcegid,addr=192.0.2.0,file_mode=0755,dir_mode=0755,soft,nounix,serverino,mapposix,rsize=1048576,wsize=1048576,echo_interval=60,actimeo=1)

この手順で使用するマウントコマンドは、指定されたポイントで以下を実行します。

  • //file-system-IP-address/file_share - マウントするファイルシステムの IP アドレスと共有を指定します。

  • -t cifs vers=SMB_version - ファイルシステムのタイプを CIFS、SMB プロトコルのバージョンとして指定します。Amazon FSx for Windows File Server では、SMB バージョン 2.0 から 3.1.1 がサポートされています。

  • sec=ntlmsspi - 認証に NT LAN Manager セキュリティサポートプロバイダーインターフェイス (NTLMSSPI) を使用するように指定します。

  • cache=cache_mode - キャッシュモードを設定します。この CIFS キャッシュのオプションはパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、カーネルとワークロードに最適な設定をテストする (さらに、Linux のドキュメントを確認する) 必要があります。loose では、プロトコルのセマンティクスが緩いため、データの不整合が発生する可能性があるため、オプション strict および none をお勧めします。

  • cred=/home/ec2-user/creds.txt - ユーザー認証情報を取得する場所を指定します。

  • /mnt/fsx - EC2 インスタンスの Amazon FSx ファイル共有のマウントポイントを指定します。

  • rsize=CIFSMaxBufSize,wsize=CIFSMaxBufSize - 読み取りおよび書き込みバッファのサイズを、CIFS プロトコルで許容される最大値として指定します。CIFSMaxBufSize を、カーネルで許可されている最大値に置き換えます。次のコマンドを実行して CIFSMaxBufSize を決定します。

    $ modinfo cifs | grep CIFSMaxBufSize parm: CIFSMaxBufSize:Network buffer size (not including header). Default: 16384 Range: 8192 to 130048 (uint)

    出力は、最大バッファサイズが 130048 であることを示しています。

 

アクティブディレクトリに接続していない Amazon Linux EC2 インスタンスにファイル共有を自動的にマウントする

FSx for Windows ファイルサーバー共有は、マウント先の Amazon EC2 Linux インスタンスが再起動されるたびに自動的にマウントできます。これを行うには、EC2 インスタンスの /etc/fstab ファイルにエントリを追加します。/etc/fstab ファイルには、ファイルシステムに関する情報が含まれています。インスタンスの起動時に実行されるコマンド mount -a は、/etc/fstab ファイルにリストされているファイルシステムをマウントします。

アクティブディレクトリに参加していない Amazon Linux EC2 インスタンスの場合、プライベート IP アドレスを使用して FSx for Windows ファイルサーバーのファイル共有のみをマウントできます。ファイルシステムのプライベート IP アドレスは、Amazon FSx コンソールネットワークとセキュリティタブにある優先ファイルサーバー IP アドレス で取得できます。

次の手順では、Microsoft NTLM 認証を使用します。ファイルシステムは、FSx for Windows ファイルサーバーシステムが接続している Microsoft アクティブディレクトリドメインのメンバーであるユーザーとしてマウントします。ユーザーアカウントの認証情報は、テキストファイル creds.txt で提供されます。このファイルには、ユーザーのユーザー名、パスワード、およびドメインが含まれています。

$ cat creds.txt username=user1 password=Password123 domain=EXAMPLE.COM

Amazon Linux EC2 インスタンスの起動と設定を行うには

  1. Amazon EC2 コンソールを使用して、Amazon Linux EC2 インスタンスを起動します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「インスタンスの起動」を参照してください。

  2. インスタンスに接続します。詳細については、「Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド」の「Linux インスタンスへの接続」を参照してください。

  3. 次のコマンドを実行して、cifs-utils パッケージをインストールします。このパッケージは、Linux で Amazon FSx のようなネットワークファイルシステムをマウントするために使用されます。

    $ sudo yum install cifs-utils
  4. /mnt/fsx ディレクトリを作成します。ここで Amazon FSx ファイルシステムをマウントします。

    $ sudo mkdir /mnt/fsx
  5. /home/ec2-user ディレクトリに creds.txt の認証情報ファイルを作成します。

  6. 次のコマンドを実行して、ユーザー (所有者) だけがファイルを読み取れるように、ファイル許可を設定します。

    $ sudo chmod 700 creds.txt

ファイルシステムを自動的にマウントするには

  1. アクティブディレクトリに接続していないファイル共有は、そのプライベート IP アドレスを使用して自動的にマウントします。ファイルシステムのプライベート IP アドレスは、Amazon FSx コンソールネットワークとセキュリティタブにある優先ファイルサーバー IP アドレスで取得できます。

  2. プライベート IP アドレスを使用してファイル共有を自動的にマウントするには、/etc/fstab ファイルを開きます。

    //file-system-IP-address/file_share /mnt/fsx cifs vers=SMB_version,sec=ntlmsspi,cred=/home/ec2-user/creds.txt,rsize=CIFSMaxBufSize,wsize=CIFSMaxBufSize,cache=none

    CIFSMaxBufSize を、カーネルで許可されている最大値に置き換えます。この値を取得するには、次のコマンドを実行します。

    $ modinfo cifs | grep CIFSMaxBufSize parm: CIFSMaxBufSize:Network buffer size (not including header). Default: 16384 Range: 8192 to 130048 (uint)

    出力は、最大バッファサイズが 130048 であることを示しています。

  3. 「all」および「verbose」オプションと組み合わせて「fake」オプションを指定した mount コマンドを使用して、fstab エントリをテストします。

    $ sudo mount -fav home/ec2-user/fsx : successfully mounted
  4. ファイル共有をマウントするには、Amazon EC2 インスタンスを再起動します。

  5. インスタンスが再び利用可能になったら、次のコマンドを実行して、ファイルシステムがマウントされていることを確認します。

    $ sudo mount -l -t cifs //file-system-IP-address/file_share on /mnt/fsx type cifs (rw,relatime,vers=SMB_version,sec=ntlmsspi,cache=cache_code,username=user1,domain=CORP.EXAMPLE.COM,uid=0,noforceuid,gid=0,noforcegid,addr=192.0.20.0,file_mode=0755,dir_mode=0755,soft,nounix,serverino,mapposix,rsize=1048576,wsize=1048576,echo_interval=60,actimeo=1)

    この手順で /etc/fstab ファイルに追加された行は、指定されたポイントで以下を実行します。

    • //file-system-IP-address/file_share - マウントする Amazon FSx ファイルシステムの IP アドレスと共有を指定します。

    • /mnt/fsx - EC2 インスタンスの Amazon FSx ファイルシステムのマウントポイントを指定します。

    • cifs vers=SMB_version - ファイルシステムのタイプを CIFS、SMB プロトコルのバージョンとして指定します。Amazon FSx for Windows File Server では、SMB バージョン 2.0 から 3.1.1 がサポートされています。

    • sec=ntlmsspi - NTLMチャレンジレスポンス認証を容易にするために NTLAN Manager セキュリティサポートプロバイダーインターフェイスを使用することを指定します。

    • cache=cache_mode - キャッシュモードを設定します。この CIFS キャッシュのオプションはパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、カーネルとワークロードに最適な設定をテストする (さらに、Linux のドキュメントを確認する) 必要があります。loose では、プロトコルのセマンティクスが緩いため、データの不整合が発生する可能性があるため、オプション strict および none をお勧めします。

    • cred=/home/ec2-user/creds.txt - ユーザー認証情報を取得する場所を指定します。

    • _netdev - ファイルシステムがネットワークアクセスを必要とするデバイスに存在することをオペレーティングシステムに通知します。このオプションを使用すると、クライアントでネットワークサービスが有効になるまで、インスタンスがファイルシステムをマウントできなくなります。

    • 0 - 0 以外の値の場合、ファイルシステムを dump でバックアップする必要があることを示しています。Amazon FSx の場合、この値は 0 である必要があります。

    • 0 - fsck が起動時にファイルシステムをチェックする順序を指定します。Amazon FSx ファイルシステムの場合、この値は 0 であり、起動時に fsck を実行しないことを示します。