Lex セッション属性の使用方法 - Amazon Connect

Lex セッション属性の使用方法

顧客がボットとの会話を開始すると、Amazon Lex はセッションを作成します。セッション属性 (Lex 属性とも呼ばれます) を使用すると、セッション中にボットと Amazon Connect の間で情報を受け渡すことができます。

Lex ボットが呼び出されたときに、次のブロックで Lex セッション属性を使用できます。

  • 顧客の入力を取得する

  • 問い合わせ属性の設定

  • 保留フローの設定

  • 作業キューの設定

  • 顧客キューフローの設定

  • 切断フローの設定

  • ログ記録動作の設定

  • コールバック番号を設定する

  • ウィスパーフローの設定

  • ルーティングの優先度/時間を変更する

  • 問い合わせ属性を確認する

  • Loop

  • Wait

  • AWS Lambda 関数を呼び出す

  • 電話番号への転送

  • フローへの転送

詳細情報

Amazon Lex セッション属性の使用の詳細については、Amazon Lex 開発者ガイドの「会話コンテキストの管理」を参照してください。