AWS PrivateLink と統合できる AWS のサービス - Amazon Virtual Private Cloud

AWS PrivateLink と統合できる AWS のサービス

次のサービスが AWS PrivateLink と統合されています。インターフェイスエンドポイントを作成して、これらのサービスに接続できます。

サービスが AWS PrivateLink と統合されているものの、VPC エンドポイントポリシーをサポートしていない場合、[VPC endpoint policies] (VPC エンドポイントポリシー) 列に [ No] (いいえ) と表示されます。VPC エンドポイントポリシーをサポートするサービスのドキュメントを参照するには、[はい] リンクを選択します。

AWS のサービス VPC エンドポイントポリシー
Amazon API Gateway はい
Amazon AppStream 2.0 いいえ
AWS App Mesh いいえ
Application Auto Scaling はい
Amazon Athena はい
AWS Audit Manager はい
Amazon Aurora はい
AWS Auto Scaling はい
Amazon Braket はい
AWS Certificate Manager Private Certificate Authority はい
Amazon Cloud Directory はい
AWS CloudFormation いいえ

AWS CloudHSM

はい
AWS CloudTrail いいえ
Amazon CloudWatch はい
Amazon CloudWatch Events はい
Amazon CloudWatch Logs はい
AWS CodeArtifact はい
AWS CodeBuild はい
AWS CodeCommit はい
AWS CodeDeploy はい
Amazon CodeGuru Profiler いいえ
Amazon CodeGuru Reviewer いいえ
AWS CodePipeline いいえ
AWS CodeStar connections はい
Amazon Comprehend はい
Amazon Comprehend Medical はい
AWS Config はい
Amazon Connect Customer Profiles はい
AWS Database Migration Service はい
AWS Data Exchange はい
AWS DataSync いいえ
AWS Device Farm いいえ
Amazon DevOps Guru はい
Amazon EBS ダイレクト API いいえ
Amazon EC2 はい
EC2 Image Builder はい
Amazon EC2 Auto Scaling (日本語 はい
AWS Elastic Beanstalk はい
Amazon Elastic File System はい
Elastic Load Balancing はい
Amazon Elastic Container Registry はい
Amazon Elastic Container Service はい
Amazon EMR はい
Amazon EventBridge はい
AWS Fault Injection Simulator はい
Amazon FinSpace はい
Amazon Fraud Detector はい
AWS Glue はい
AWS Identity and Access Management Access Analyzer はい
Amazon HealthLake はい
AWS IoT Core いいえ
AWS IoT Core for LoRaWAN いいえ
AWS IoT Greengrass はい
AWS IoT SiteWise いいえ
Amazon Kendra はい
AWS Key Management Service はい
Amazon Keyspaces (for Apache Cassandra) はい
Amazon Kinesis Data Firehose はい
Amazon Kinesis Data Streams はい
AWS Lake Formation いいえ
AWS Lambda はい
AWS License Manager はい
Amazon Lookout for Equipment はい
Amazon Lookout for Vision はい
Amazon Managed Blockchain いいえ
Amazon Managed Workflows for Apache Airflow はい
AWS Proton はい
Amazon QLDB はい
Amazon RDS はい
Amazon RDS Data API はい
Amazon Redshift はい
Amazon Rekognition はい
Amazon S3 はい
Amazon S3 マルチリージョンアクセスポイント はい
Amazon SageMaker および Amazon SageMaker ランタイム はい
Amazon SageMaker ノートブック はい
AWS Secrets Manager はい
AWS Security Token Service はい
AWS Server Migration Service いいえ
AWS Service Catalog いいえ
Amazon SES いいえ
Amazon SNS はい
Amazon SQS はい
AWS Step Functions はい
AWS Systems Manager はい
AWS Storage Gateway いいえ
Amazon Textract はい
Amazon Transcribe はい
Amazon Transcribe Medical はい
AWS Transfer for SFTP いいえ
Amazon WorkSpaces はい
AWS X-Ray はい
他の AWS アカウントによってホストされるエンドポイントサービス いいえ
サポートされる AWS Marketplace パートナーサービス いいえ

使用可能な AWS のサービス名を表示する

describe-vpc-endpoint-services コマンドを使用して、VPC エンドポイントをサポートするサービス名を表示できます。

次のコマンドを実行して、ゲートウェイまたはインターフェイスエンドポイントのサービス名のリストを取得できます。service-type フィルターに指定できる値は、InterfaceGateway です。--query オプションは、出力をサービス名に制限します

aws ec2 describe-vpc-endpoint-services --filter Name=service-type,Values=service-type --query ServiceNames

次に、インターフェイスエンドポイントをサポートするサービスを表示する例を示します。

aws ec2 describe-vpc-endpoint-services --filter Name=service-type,Values=Interface --query ServiceNames

出力例を次に示します。

"aws.sagemaker.us-east-1.notebook", "aws.sagemaker.us-east-1.studio", "com.amazonaws.us-east-1.access-analyzer", "com.amazonaws.us-east-1.acm-pca", "com.amazonaws.us-east-1.airflow.api", "com.amazonaws.us-east-1.airflow.env", "com.amazonaws.us-east-1.airflow.ops", "com.amazonaws.us-east-1.application-autoscaling", "com.amazonaws.us-east-1.appmesh-envoy-management", "com.amazonaws.us-east-1.appstream.api", "com.amazonaws.us-east-1.appstream.streaming", "com.amazonaws.us-east-1.aps-workspaces", "com.amazonaws.us-east-1.athena", ...

サービス名を確認したら、次のコマンドを使用して詳細情報を表示できます。

aws ec2 describe-vpc-endpoint-services --service-name service-name

次の例では、us-east-1 リージョン内の Amazon S3 インターフェイスエンドポイントに関する情報を表示します。service-type フィルターは、Amazon S3 ゲートウェイエンドポイントを出力から除外します。

aws ec2 describe-vpc-endpoint-services --service-name "com.amazonaws.us-east-1.s3" --filter Name=service-type,Values=Interface --region us-east-1

出力例を次に示します。

{ "ServiceDetails": [ { "ServiceName": "com.amazonaws.us-east-1.s3", "ServiceId": "vpce-svc-081d84efcdc7bac15", "ServiceType": [ { "ServiceType": "Interface" } ], "AvailabilityZones": [ "us-east-1a", "us-east-1b", "us-east-1c", "us-east-1d", "us-east-1e", "us-east-1f" ], "Owner": "amazon", "BaseEndpointDnsNames": [ "s3.us-east-1.vpce.amazonaws.com" ], "VpcEndpointPolicySupported": true, "AcceptanceRequired": false, "ManagesVpcEndpoints": false, "Tags": [] } ], "ServiceNames": [ "com.amazonaws.us-east-1.s3" ] }