MediaConvert
ユーザーガイド

ユーザーガイドのドキュメント履歴

次の表は、AWS Elemental MediaConvert ドキュメントへの重要な追加項目をまとめたものです。また、お客様からいただいたフィードバックに対応するために、ドキュメントを頻繁に更新しています。

  • API バージョン: 2017-08-29

  • 文書の最終更新: 2018 年 20 月 6 日

変更 説明 日付

リザーブドキュー

AWS Elemental MediaConvert の新しい料金表オプション、リザーブドキューについて説明します。リザーブドのキューでは、キューの使用量や使用量にかかわらず、キュー全体のトランスコード容量の料金を支払う必要があります。トランスコードジョブを継続的または頻繁に実行する場合は、予約されたキューでかなりのコストを削減できます。

September 27, 2018

コスト配分レポートを設定して、AWS Elemental MediaConvert のリソースに適用するタグで AWS 請求書をソートします

適用するタグは、AWS Elemental MediaConvert キュー、ジョブテンプレート、および出力プリセットにコスト割り当てタグとして使用できます。まず、AWS Billing and Cost Management ダッシュボードでそれらを有効にしてから、リソースごとに AWS 料金を表示する請求レポートを設定します。

September 7, 2018

品質定義変数ビットレート (QVBR ) が利用可能になりました

同じファイルサイズで動画品質を工場させるため、または動画品質を維持しながら、ファイルのサイズを削減するために、QVBR レート制御モードを使用できるようになりました。セットアップする方法についての情報を入手してください。

August 13, 2018

タグ付けによるコスト割り当てに AWS Elemental MediaConvert タグを使用する

AWS 請求およびコスト管理ダッシュボードで、AWS Elemental MediaConvert キュー、ジョブテンプレート、および出力プリセットのタグをアクティブにしてから、毎月のコスト割り当てレポートを設定できます。

July 31, 2018

コンソール上の AWS Elemental MediaConvert リソースのタグ付け

MediaConvert コンソールで既存の AWS Elemental MediaConvert キュー、ジョブテンプレート、出力プリセットのタグを操作できます。

July 31, 2018

CloudTrail の変更

の動作の変更を反映して ドキュメントを更新しました。

July 19, 2018

AWS Elemental MediaConvert リソースのタグ付けの初回リリース

MediaConvert コンソール、MediaConvert API、または AWS CLI を使用して MediaConvert リソースを作成するときに、リソースにタグ付けできるようになりました。MediaConvert API および AWS CLI を使用して、既存の MediaConvert リソースのタグを一覧表示でき、既存の MediaConvert リソースに対してタグを追加および削除できます。

July 16, 2018

ドキュメントのみの更新、ジョブの設定

複数のデバイスタイプで再生できるように入力メディアファイルをファイルやパッケージにトランスコードするためのジョブの設定手順を追加。

June 20, 2018

ドキュメントのみの更新、「使用」手順

テンプレート、ジョブ、キュー、およびプリセットの、作成、一覧表示、編集、および削除の手順を追加。

May 29, 2018

CMAF サポート

MediaConvert で Common Media Application Format (CMAF) 出力のサポートが追加されました。

May 4, 2018

MediaConvert サービスの新しいリリース

MediaConvert サービスの初版ドキュメント。

November 27, 2017

注記

  • The AWS Media Services are not designed or intended for use with applications or in situations requiring fail‐safe performance, such as life safety operations, navigation or communication systems, air traffic control, or life support machines in which the unavailability, interruption or failure of the services could lead to death, personal injury, property damage or environmental damage.

  • A component of MediaConvert is licensed under the AVC patent portfolio license for the personal and non-commercial use of a consumer to (i) encode video in compliance with the AVC standard ("AVC video") and/or (ii) decode AVC video that was encoded by a consumer engaged in a personal and non-commercial activity and/or was obtained from a video provider licensed to provide AVC video. No license is granted or shall be implied for any other use. A component of MediaConvert is licensed under the mpeg-4 patent portfolio license for the personal and non-commercial use of a consumer for (i) encoding video in compliance with the mpeg-4 visual standard (“mpeg-4 video”) and/or (ii) decoding mpeg-4 video that was encoded by a consumer engaged in a personal and non-commercial activity and/or was obtained from a video provider licensed to provide AVC video. No license is granted or shall be implied for any other use. Additional information may be obtained from MPEG-LA, LLC. See http://www.mpegla.com.

  • MediaConvert may contain Dolby Digital and Dolby Digital Plus, which are protected under international and U.S. copyright laws as unpublished works. Dolby Digital and Dolby Digital Plus are confidential and proprietary to Dolby Laboratories. Their reproduction or disclosure, in whole or in part, or the production of derivative works therefrom without the express permission of Dolby Laboratories is prohibited. © Copyright 2003-2015 Dolby Laboratories. All rights reserved.