メニュー
AWS Identity and Access Management
ユーザーガイド

Amazon DynamoDB のアクション、リソース、および条件キー

Amazon DynamoDB (サービスプレフィックス: dynamodb) では、IAM アクセス許可ポリシーで使用できるように、以下のサービス固有のリソースやアクション、条件コンテキストキーが用意されています。

参照:

Amazon DynamoDB で定義されるアクション

IAM ポリシーステートメントの Action 要素では、以下のアクションを指定できます。ポリシーを使用することにより、AWS でオペレーションを実行するすべてのユーザーのアクセス許可を定義します。ポリシーでアクションを使用する場合は、通常、同じ名前の API オペレーションまたは CLI コマンドへのアクセスを許可または拒否します。ただし、場合によっては、1 つのアクションによって複数のオペレーションへのアクセスが制御されます。あるいは、いくつかのオペレーションはいくつかの異なるアクションを必要とします。以下の表の列の詳細については、「アクションテーブル」を参照してください。

アクション 説明 アクセスレベル リソースタイプ (* 必須) 条件キー 依存アクション
BatchGetItem 1 つ以上のテーブルから 1 つ以上の項目の属性を返します。 Read

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:Select

BatchWriteItem 1 つ以上のテーブルに複数の項目を入力する、または 1 つ以上のテーブルから複数の項目を削除します。 書き込み

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

CreateBackup 既存のテーブルのバックアップを作成する 書き込み

table*

CreateGlobalTable ユーザーが既存のテーブルからグローバルテーブルを作成できるようにします。 書き込み

global-table*

table*

CreateTable CreateTable オペレーションで新しいテーブルをアカウントに追加します。 書き込み

table*

DeleteBackup テーブルの既存バックアップを削除します。 書き込み

backup*

DeleteItem プライマリキーを使用してテーブルから 1 つの項目を削除します。 書き込み

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:ReturnValues

DeleteTable DeleteTable オペレーションでテーブルとその項目をすべて削除します。 書き込み

table*

DescribeBackup テーブルの既存バックアップの説明を表示します。 Read

backup*

DescribeContinuousBackups 指定されたテーブルのバックアップの復元設定のステータスを確認します。 Read

table*

DescribeGlobalTable 指定されたグローバルテーブルに関する情報を返します。 Read

global-table*

DescribeGlobalTableSettings 指定されたグローバルテーブルに関する設定情報を返します。 Read

global-table*

DescribeLimits リージョンの AWS アカウントに設定されている現在のプロビジョンドキャパシティーの制限を返します。対象はリージョン全体と、そこで作成した任意の DynamoDB テーブルの両方です。 Read
DescribeReservedCapacity 購入済みの 1 つ以上のリザーブドキャパシティーの説明を表示します。 Read
DescribeReservedCapacityOfferings 購入できるリザーブドキャパシティーの提供タイプの説明を表示します。 Read
DescribeStream ストリームに関する情報 (例: ストリームの最新ステータス、Amazon リソースネーム (ARN)、シャードの構成、対応する DynamoDB テーブル) を返します。 Read

stream*

DescribeTable テーブルに関する情報を返します。 Read

table*

DescribeTimeToLive 指定されたテーブルの 有効期限 (TTL) ステータスの説明を入力します。 Read
GetItem GetItem オペレーションでは、指定されたプライマリキーを持つ項目の属性のセットを返します。 Read

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:Select

GetRecords 特定のシャード内からストリームレコードを取得します。 Read

stream*

GetShardIterator シャードイテレーターを返します。 Read

stream*

ListBackups アカウントおよびエンドポイントに関連付けられているバックアップを一覧表示します。 リスト
ListGlobalTables 指定されたリージョンにレプリカを持つすべてのグローバルテーブルを一覧表示します。 リスト
ListStreams 現在のアカウントおよびエンドポイントに関連付けられたストリーム ARN の配列を返します。 Read
ListTables 現在のアカウントおよびエンドポイントに関連付けられたテーブル名の配列を返します。 リスト
ListTagsOfResource Amazon DynamoDB リソースのすべてのタグを一覧表示します。 Read
PurchaseReservedCapacityOfferings アカウントで使用するリザーブドキャパシティーを購入します。 書き込み
PutItem 新しい項目を作成するか、古い項目を新しい項目に置き換えます。 書き込み

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:ReturnValues

Query テーブルのプライマリキーまたはセカンダリインデックスを使用してそのテーブルまたはインデックスの項目に直接アクセスします。 Read

table*

index

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:ReturnValues

dynamodb:Select

RestoreTableFromBackup 既存バックアップから新しいテーブルを作成します。 書き込み

backup*

table*

RestoreTableToPointInTime テーブルをある時点に復元します。 書き込み

table*

Scan テーブルまたはセカンダリインデックスの各項目にアクセスして、1 つ以上の項目または項目属性を返します。 Read

table*

index

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:ReturnValues

dynamodb:Select

TagResource タグのセットを Amazon DynamoDB リソースに関連付けます。 タグ付け
UntagResource Amazon DynamoDB リソースからタグの関連付けを削除します。 タグ付け
UpdateContinuousBackups 連続バックアップを有効または無効にします。 書き込み

table*

UpdateGlobalTable 指定したグローバルテーブルにユーザーがレプリカを追加または削除できるようにします。 書き込み

global-table*

table*

UpdateGlobalTableSettings 指定されたグローバルテーブルの設定をユーザーが更新できるようにします。 書き込み

global-table*

table*

UpdateItem 既存項目の属性を編集するか、存在しない場合は新しい項目をテーブルに追加します。 書き込み

table*

dynamodb:Attributes

dynamodb:LeadingKeys

dynamodb:ReturnConsumedCapacity

dynamodb:ReturnValues

UpdateTable 特定のテーブルのプロビジョンドスループット設定、グローバルセカンダリインデックス、または DynamoDB ストリーム設定を変更します。 書き込み

table*

UpdateTimeToLive 指定されたテーブルの TTL を有効または無効にします。 書き込み

table*

DynamoDB で定義されるリソース

以下のリソースタイプは、このサービスによって定義され、IAM アクセス許可ポリシーステートメントの Resource 要素で使用できます。「アクション」テーブルの各アクションは、そのアクションで指定できるリソースタイプを示しています。リソースタイプは、ポリシーに含めることができる条件キーを定義することもできます。これらのキーは、テーブルの最後の列に表示されます。以下の表の列の詳細については、「リソースタイプテーブル」を参照してください。

リソースタイプ ARN 条件キー
backup arn:${Partition}:dynamodb:${Region}:${Account}:table/${TableName}/backup/${BackupName}
global-table arn:${Partition}:dynamodb::${Account}:global-table/${GlobalTableName}
index arn:${Partition}:dynamodb:${Region}:${Account}:table/${TableName}/index/${IndexName}
stream arn:${Partition}:dynamodb:${Region}:${Account}:table/${TableName}/stream/${StreamLabel}
table arn:${Partition}:dynamodb:${Region}:${Account}:table/${TableName}

Amazon DynamoDB の条件キー

Amazon DynamoDB では、IAM ポリシーの Condition 要素で使用できる以下の条件キーを定義します。これらのキーを使用して、ポリシーステートメントが適用される条件をさらに絞り込むことができます。以下の表の列の詳細については、「条件キーテーブル」を参照してください。

すべてのサービスで使用できるグローバル条件キーを確認するには、「IAM ポリシーの参照」の「使用できるグローバル条件キー」を参照してください。

IAM ポリシーを使用してコンテキストキーで DynamoDB アクセスを制限する方法については、『Amazon DynamoDB 開発者ガイド』の「詳細に設定されたアクセスコントロールのための IAM ポリシー条件の使用」を参照してください。

条件キー 説明 タイプ
dynamodb:Attributes テーブルの属性 (フィールドまたは列) の名前に基づいてフィルタリングします。 文字列
dynamodb:LeadingKeys テーブルのパーティションキーに基づいてフィルタリングします。 文字列
dynamodb:ReturnConsumedCapacity リクエストの ReturnConsumedCapacity パラメータに基づいてフィルタリングします。「TOTAL」または「NONE」を含みます。 文字列
dynamodb:ReturnValues リクエストの ReturnValues パラメータに基づいてフィルタリングします。次のいずれかを含みます: 「ALL_OLD」、「UPDATED_OLD」、「ALL_NEW」、「UPDATED_NEW」または「NONE」 文字列
dynamodb:Select Query リクエストまたは Scan リクエストの Select パラメータに基づいてフィルタリングします。 文字列