Windows での AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール - AWS Command Line Interface

Python 2.7、3.4、および 3.5 は、AWS CLI バージョン 1 に対して非推奨になっています。詳細については、「AWS CLI バージョンについて」の AWS CLI バージョン 1 セクションを参照してください。

Windows での AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール

Windows に AWS Command Line Interface (AWS CLI) のバージョン 1 をインストールするには、スタンドアロンインストーラを使用するか (推奨)、または Python のパッケージマネージャーである pip を使用します。

コマンドを入力するときは、プロンプト記号 (C:\>) を含めないでください。これらは、入力したコマンドと AWS CLI から返された出力を区別するためにプログラムのリストに含まれています。このガイドの残りの部分では、コマンドが Windows 固有の場合を除き、一般的なプロンプト記号 ($) を使用します。

MSI インストーラを使用した AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール

AWS CLI バージョン 1 は、Windows XP 以降でサポートされています。Windows ユーザーの場合、MSI インストールパッケージが、他の前提条件をインストールせずに AWS CLI バージョン 1 をインストールするための使い慣れた便利な方法を提供します。

MSI インストーラを使用した AWS CLI バージョン 1 のインストールと更新

GitHub のリリースページで、最新バージョンがいつリリースされたかを確認してください。更新がリリースされたら、インストールプロセスを繰り返して AWS CLI バージョン 1 の最新バージョンを取得する必要があります。

  1. 適切な MSI インストーラをダウンロードします。

  2. ダウンロードした MSI インストーラまたは設定ファイルを実行します。

  3. 画面上の指示に従ってください。AWS CLI バージョン 1 はデフォルトで、C:\Program Files\Amazon\AWSCLI (64 ビットバージョン) または C:\Program Files (x86)\Amazon\AWSCLI (32 ビットバージョン) にインストールされます。

  4. インストールを確認するには、コマンドプロンプトで aws --version コマンドを使用します (コマンドプロンプトを開始するには、[スタート] メニューを開いて "cmd" を検索します)。

    C:\> aws --version aws-cli/1.19.3 Python/3.7.4 Windows/10 botocore/1.13

    Windows がプログラムを見つけることができない場合、パスを読み込み直すためにコマンドプロンプトを閉じて再度開くか、または手動でインストールディレクトリを PATH 環境変数に追加する必要が生じることもあります。

AWS CLI バージョン 1 のアンインストール

以下のアンインストール手順を使用するには、MSI インストーラまたはセットアップファイルで AWS CLI バージョン 1 をインストールしている必要があります。

  1. 次のいずれかを実行して、[プログラムと機能] を開きます。

    • [コントロールパネル] を開き、[プログラムと機能] を選択します。

    • コマンドプロンプトを開き、次のコマンドを使用します。

      C:\> appwiz.cpl
  2. [AWS Command Line Interface] という名前のエントリを選択後、[アンインストール] を選択してアンインストーラを起動します。

  3. AWS CLI をアンインストールすることを確認します。

Python と pip を使用した Windows での AWS CLI バージョン 1 のインストール、更新、アンインストール

Python Software Foundation は、pip を含む Windows 用インストーラを提供しています。

Prerequisites

Python 2 バージョン 2.7 以降、または Python 3 バージョン 3.6 以降がインストールされている必要があります。インストール手順については、Python の Beginner Guide で「Downloading Python」ページを参照してください。

警告

2021 年 2 月 1 日現在、Python 3.4 および 3.5 は非推奨です。

Python 2.7 は、2020 年 1 月 1 日に Python Software Foundation によって非推奨になりました。今後、AWS CLI バージョン 1 を使用しているお客様は、Python 3.6 以上の Python 3 の使用に移行する必要があります。2021 年 7 月 15 日をもって、Python 2.7 のサポートが ‭AWS CLI‬ バージョン 1 の新しいバージョンで非推奨になります。

AWS CLI バージョン 1 を古いバージョンの Python で使用するには、AWS CLI バージョン 1 の以前のバージョンをインストールする必要があります。

AWS CLI バージョン 1 の Python バージョンサポートマトリックスについては、「AWS CLI のバージョンについて」を参照してください。

pip を使用した AWS CLI バージョン 1 のインストールと更新

  1. AWS CLI バージョン 1 をインストールするには、pip3 コマンド (Python バージョン 3 以降を使用している場合) または pip コマンドを使用します。

    AWS CLI の最新バージョンの場合は、次のコマンドブロックを使用します。

    C:\> pip3 install awscli --upgrade --user

    特定バージョンの AWS CLI には、ファイル名に小なり記号 < とバージョン番号を付加してください。この例では、バージョン 1.16.312 のファイル名が <1.16.312 になるため、コマンドは以下のようになります。

    C:\> pip3 install awscli<1.16.312 --upgrade --user
  2. AWS CLI バージョン 1 が正しくインストールされていることを確認します。応答がない場合は、コマンドラインパスへの AWS CLI バージョン 1 の実行可能ファイルの追加 セクションを参照してください。

    C:\> aws --version aws-cli/1.19.3 Python/3.7.4 Windows/10 botocore/1.13

pip を使用した AWS CLI バージョン 1 のアンインストール

pip を使用して AWS CLI バージョン 1 をインストールした場合は、pip を使用してアンインストールする必要もあります。Python バージョン 3 以降を使用する場合、pip3 コマンドの使用が推奨されます。

C:\> pip3 uninstall awscli

すべてのファイルを削除するには、コマンドプロンプトウィンドウまたはコンピュータの再起動が必要になる場合があります。

コマンドラインパスへの AWS CLI バージョン 1 の実行可能ファイルの追加

pip を使用して AWS CLI バージョン 1 をインストールしたら、オペレーティングシステムの PATH 環境変数に aws プログラムを追加します。MSI のインストールでは、これは自動的に行われます。ただし、インストール後に aws コマンドが実行されない場合は、手動で設定する必要があります。

  1. where コマンドを使用して、aws ファイルの場所を検索します。デフォルトでは、where コマンドは、指定したプログラムがシステムの PATH 内のどこにあるかを表示します。

    C:\> where aws

    表示されるパスは、プラットフォームと、AWS CLI のインストールに使用した方法によって異なります。バージョン番号が含まれるフォルダ名は、異なる場合があります。これらの例では、Python バージョン 3.7 を使用しています。必要に応じて、使用しているバージョン番号にバージョンを置き換えます。代表的なパスとしては、以下のようなものがあります。

    • Python 3 と pip3 - C:\Program Files\Python37\Scripts\

    • Python 3 とpip3 -- 以前のバージョンの Windows における user オプション -- %USERPROFILE%\AppData\Local\Programs\Python\Python37\Scripts

    • Python 3 とpip3 -- Windows 10 における user オプション -- %USERPROFILE%\AppData\Roaming\Python\Python37\Scripts

    • MSI インストーラ (64 ビット) -C:\Program Files\Amazon\AWSCLI\bin

    • MSI インストーラ (32 ビット) -C:\Program Files (x86)\Amazon\AWSCLI\bin

    ファイルパスが返されるかどうかに基づいて、次のステップを使用します。

    A file path is returned
    C:\> where aws C:\Program Files\Amazon\AWSCLI\bin\aws.exe

    次のコマンドを実行すると、aws プログラムがインストールされた場所を確認できます。

    C:\> where c:\ aws C:\Program Files\Python37\Scripts\aws
    A file path is NOT returned

    where コマンドが次のエラーを返す場合、プログラムはシステムの PATH 内にはなく、名前を入力するだけでは実行できません。

    C:\> where c:\ aws INFO: Could not find files for the given pattern(s).

    この場合は、where パラメータを指定して /R path コマンドを実行し、すべてのフォルダを検索するように指示します。その後に、パスを手動で追加する必要があります。コマンドラインまたはファイルエクスプローラーを使用して、コンピュータのインストールされている場所を見つけます。

    C:\> where /R c:\ aws c:\Program Files\Amazon\AWSCLI\bin\aws.exe c:\Program Files\Amazon\AWSCLI\bincompat\aws.cmd c:\Program Files\Amazon\AWSCLI\runtime\Scripts\aws c:\Program Files\Amazon\AWSCLI\runtime\Scripts\aws.cmd ...
  2. Windows キーを押し、「environment variables」と入力します。

  3. [Edit environment variables for your account] を選択します。

  4. PATH を選択して、編集 を選択します。

  5. 見つかったパスを [変数値] フィールドに追加します (例: C:\Program Files\Amazon\AWSCLI\bin\aws.exe)。

  6. [OK] を 2 回選択して、新しい設定を適用します。

  7. 実行中のコマンドプロンプトを閉じ、コマンドプロンプトウィンドウを再度開きます。