メニュー
Amazon Redshift
管理ガイド (API Version 2012-12-01)

Linux オペレーティングシステムに Amazon Redshift ODBC ドライバーをインストールする

システム要件

Amazon Redshift データウェアハウスにアクセスするクライアントコンピューターに Amazon Redshift ODBC ドライバーをインストールします。ドライバーをインストールするコンピューターは、それぞれ以下の最小システム要件を満たしている必要があります。

  • 以下のいずれかの Linux ディストリビューション (32 および 64 ビットエディション)

    • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5.0/6.0/7.0

    • CentOS 5.0/6.0/7.0

    • Debian 7

    • SUSE Linux Enterprise Server (SLES) 11

  • 75 MB の使用可能なディスク容量

  • 以下のいずれかの ODBC ドライバーマネージャー

  • データベースに接続するための Amazon Redshift マスターユーザーまたはユーザーアカウント

Linux オペレーティングシステムでの Amazon Redshift ドライバーのインストール

このセクションの手順を使用して、サポートされている Linux ディストリビューションに Amazon Redshift ODBC ドライバーをダウンロードしてインストールします。 インストールプロセスでは、以下のディレクトリにドライバーファイルがインストールされます。

  • /opt/amazon/redshiftodbc/lib/32 (32 ビットドライバーの場合)

  • /opt/amazon/redshiftodbc/lib/64 (64 ビットドライバーの場合)

  • /opt/amazon/redshiftodbc/ErrorMessages

  • /opt/amazon/redshiftodbc/Setup

Amazon Redshift ODBC ドライバーをインストールするには

  1. 使用する SQL クライアントツールまたはアプリケーションのシステムアーキテクチャーに応じて、次のいずれかをダウンロードします。

    これらのドライバーの名前はどちらも Amazon Redshift ODBC ドライバーです。

    注記

    SQL クライアントツールまたはアプリケーションのシステムアーキテクチャに対応するパッケージをダウンロードします。たとえば、クライアントツールが 64 ビットである場合は、64 ビットドライバーをインストールします。

    次に、Amazon Redshift ODBC ドライバーのライセンス契約をダウンロードして確認します。これらのドライバーを顧客またはその他のサードパーティに配布する必要がある場合は、redshift-pm@amazon.com までメールをいただければ適切なライセンスを用意します。

  2. パッケージをダウンロードした場所に移動し、以下のいずれかのコマンドを実行します。使用している Linux ディストリビューションに対応するコマンドを使用します。

    • RHEL 5.0/6.0 および CentOS 5.0/6.0 オペレーティングシステムでは、次のコマンドを実行します。

      Copy
      yum --nogpgcheck localinstall RPMFileName

      RPMFileName を RPM パッケージのファイル名に置き換えます。たとえば、次のコマンドは 32 ビットドライバーのインストールを示しています。

      Copy
      yum --nogpgcheck localinstall AmazonRedshiftODBC-32bit-1.x.x.xxxx-x.i686.rpm
    • SLES では、次のコマンドを実行します。

      Copy
      zypper install RPMFileName

      RPMFileName を RPM パッケージのファイル名に置き換えます。たとえば、次のコマンドは 64 ビットドライバーのインストールを示しています。

      Copy
      zypper install AmazonRedshiftODBC-1.x.x.xxxx-x.x86_64.rpm

重要

ドライバーのインストールが完了したら、ドライバーをシステムで使用できるように設定します。ドライバー設定の詳細については、「Linux および Mac OS X オペレーティングシステムで ODBC ドライバーを設定する」を参照してください。

前バージョンの ODBC ドライバ

ツールに特定のバージョンのドライバが必要な場合にのみ、Amazon Redshift ODBC ドライバの以前のバージョンをダウンロードします。以前のバージョンのドライバでサポートされる機能については、Amazon Redshift ODBC ドライバリリースノートを参照してください。

以前のバージョンの 32 ビットドライバを以下に示します。

以前のバージョンの 64 ビットドライバを以下に示します。