AWS CodeCommit ユーザーガイドのドキュメント履歴 - AWS CodeCommit

AWS CodeCommit ユーザーガイドのドキュメント履歴

以下の表は CodeCommit ドキュメントの重要な変更点をまとめたものです。このドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードにサブスクライブできます。

  • API バージョン: 2015-04-13

変更説明日付

CodeCommit がイスラエル (テルアビブ) で利用可能になりました。

CodeCommit がイスラエル (テルアビブ) で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2023 年 8 月 30 日

CodeCommit の管理ポリシーの変更

AWSCodeCommitPowerUser ポリシーと AWSCodeCommitFullAccess ポリシーが更新され、アクセス許可が追加されました。詳細については、「CodeCommit updates to AWS managed policies」を参照してください

2023 年 5 月 16 日

CodeCommit は、3 つの追加の AWS リージョンで利用可能になりました

CodeCommit は、3 つの追加の AWS リージョン: アジアパシフィック (ジャカルタ)、中東 (アラブ首長国連邦)、アジアパシフィック (ハイデラバード) で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2023 年 2 月 28 日

CodeCommit がアフリカ (ケープタウン) で利用可能になりました

CodeCommit が、追加の AWS リージョン (アフリカ (ケープタウン)) で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2021 年 9 月 15 日

CodeCommit の管理ポリシーの変更

CodeCommit の AWS 管理ポリシーの更新に関する詳細が公開されました。詳細については、「CodeCommit updates to AWS managed policies」を参照してください

2021 年 8 月 18 日

CodeCommit がアジアパシフィック (大阪) で利用可能に

CodeCommit は、追加の AWS リージョン (アジアパシフィック (大阪)) で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2021 年 4 月 14 日

AWS CloudFormation および AWS Cloud Development Kit (AWS CDK) が CodeCommit でのデフォルトブランチの名前付け動作を変更

コードの最初のコミットで AWS CloudFormation または AWS CDK を使用して作成されたリポジトリは、デフォルトのブランチ名である main を使用するようになりました。この変更は、既存のリポジトリまたはブランチには影響しません。ローカル Git クライアントを使用して初期コミットを作成するお客様は、これらの Git クライアントの設定に続いてデフォルトのブランチ名を持つことになります。詳細については、AWS CloudFormation での CodeCommit リソースの作成を参照してください。

2021 年 3 月 4 日

CodeCommit がデフォルトブランチの名前付け動作を変更

2021 年 1 月 19 日現在、CodeCommit リポジトリへの最初のコミットによって作成されるデフォルトのブランチ名は main です。この変更は、既存のリポジトリまたはブランチには影響しません。ローカル Git クライアントを使用して初期コミットを作成するお客様は、これらの Git クライアントの設定に続いてデフォルトのブランチ名を持つことになります。詳細については、ブランチを操作するコミットを作成する、およびブランチ設定を変更するを参照してください。

2021 年 1 月 19 日

CodeCommit が欧州 (ミラノ) で利用可能に

CodeCommit は、追加の AWS リージョン (欧州 (ミラノ)) で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2020 年 9 月 16 日

CodeCommit が、コメントへの絵文字リアクションのサポートを追加

CodeCommit では、他のユーザーからのコメントに対する絵文字リアクションがサポートされるようになりました。詳細については、コミットへのコメントプルリクエストの確認を参照してください。

2020 年 6 月 24 日

CodeCommit が中国 (北京) と中国 (寧夏) で利用可能に

CodeCommit は、中国 (北京) と中国 (寧夏) の 2 つの追加の AWS リージョン で利用可能になりました。詳細については、リージョンおよび Git 接続エンドポイントを参照してください。

2020 年 4 月 23 日

CodeCommit で git-remote-codecommit のサポートが追加

CodeCommit は、Git を変更するユーティリティ git-remote-codecommit で HTTPS 経由の CodeCommit リポジトリへの接続をサポートします。これは、CodeCommit リポジトリへのフェデレーティッドアクセス接続または一時的なアクセス接続に推奨されるアプローチです。IAM ユーザーで git-remote-codecommit を使用することもできます。git-remote-codecommit では、ユーザーの Git 認証情報を設定する必要はありません。詳細については、「git-remote-codecommit を使用した AWS CodeCommit への HTTPS 接続の設定手順」を参照してください。

2020 年 3 月 4 日

CodeCommit がセッションタグをサポート

CodeCommit では、セッションタグの使用がサポートされています。セッションタグは、IAM ロールを引き受けるとき、一時的な認証情報を使用するとき、または AWS Security Token Service (AWS STS) でユーザーをフェデレートするときに渡すキーと値のペアの属性です。これらのタグで提供される情報を使用して、変更を加えた人やイベントを発生させたユーザーを簡単に特定できます。詳細については、CodeCommit のモニタリングおよびタグを使用して CodeCommit の ID 情報を提供するを参照してください。

2019 年 12 月 19 日

CodeCommit がアジアパシフィック (香港) で利用可能に

CodeCommit がアジアパシフィック (香港) で利用可能になりました。Git 接続エンドポイントなど、詳細については、リージョンを参照してください。

2019 年 12 月 11 日

CodeCommit が Amazon CodeGuru Reviewer をサポート

CodeCommit は、プログラム分析と機械学習を使用して一般的な問題を検出し、Java または Python コードにおける修正点を提案する自動化されたコードレビューサービスである Amazon CodeGuru Reviewer をサポートしています。詳細については、Amazon CodeGuru Reviewer に対するリポジトリの関連付けまたは関連付け解除およびプルリクエストの操作を参照してください。

2019 年 12 月 3 日

CodeCommit が承認ルールをサポート

承認ルールを使用して、異なるブランチがプルリクエストに対して適切なレベルの承認とコントロールを持つように、リポジトリ間で開発ワークフローをカスタマイズできるようになりました。詳細については、承認ルールテンプレートの操作およびプルリクエストの操作を参照してください。

2019 年 11 月 20 日

CodeCommit が通知ルールをサポート

通知ルールを使用して、リポジトリの重要な変更をユーザーに通知できるようになりました。この機能により、2019 年 11 月 5 日より前に作成された通知は置き換わります。詳細については、通知ルールを作成するを参照してください。

2019 年 11 月 5 日

CodeCommit が中東 (バーレーン) で利用可能に

CodeCommit が中東 (バーレーン) で利用可能になりました。Git 接続エンドポイントなど、詳細については、リージョンを参照してください。

2019 年 10 月 30 日

CodeCommit に、複数のコミットに関する情報を取得するためのサポートが追加

AWS CLI の batch-get-commits コマンドを使用して、複数のコミットに関する情報を取得できます。詳細については、コミットの詳細表示を参照してください。

2019 年 8 月 15 日

CodeCommit が欧州 (ストックホルム) で利用可能に

CodeCommit が欧州 (ストックホルム) で利用可能になりました。Git 接続エンドポイントなど、詳細については、リージョンを参照してください。

2019 年 7 月 31 日

CodeCommit が CodeCommit コンソールでのリポジトリのタグ付けのサポートを追加

リポジトリにタグを追加、管理、解除して、CodeCommit コンソールからの AWS リソースの管理に役立てることができるようになりました。詳細については、リポジトリのタグ付けを参照してください。

2019 年 7 月 2 日

CodeCommit が Git マージ戦略へのサポートをさらに追加

CodeCommit でプルリクエストをマージするときに、Git マージ戦略から選択できるようになりました。また、CodeCommit コンソールでマージの競合を解決することもできます。詳細については、「プルリクエストの使用」を参照してください。

2019 年 6 月 10 日

CodeCommit が AWS GovCloud (米国東部) で利用可能に

CodeCommit が AWS GovCloud (米国東部) で利用可能になりました。Git 接続エンドポイントなど、詳細については、リージョンを参照してください。

2019 年 5 月 31 日

リポジトリをタグ付けするサポートが CodeCommit に追加

リポジトリにタグを追加、管理、解除して、AWS リソースの管理に役立てることができるようになりました。詳細については、リポジトリのタグ付けを参照してください。

2019 年 5 月 30 日

コンソールでリソースを検索する

リポジトリ、ビルドプロジェクト、デプロイアプリケーション、パイプラインなどのリソースをすばやく検索することができるようになりました。[Go to resource (リソースに移動)] または / キーを押して、リソースの名前を入力します。詳細については、CodeCommit チュートリアルを参照してください。

2019 年 5 月 14 日

CodeCommit が AWS GovCloud (米国西部) で利用可能に

CodeCommit が AWS GovCloud (米国西部) で利用可能になりました。Git 接続エンドポイントなど、詳細については、リージョンを参照してください。

2019 年 4 月 18 日

CodeCommit が Amazon VPC エンドポイントのサポートを追加

これで、VPC と CodeCommit との間でプライベート接続を確立できます。詳細については、インターフェイス VPC エンドポイントでの CodeCommit の使用を参照してください。

2019 年 3 月 7 日

CodeCommit が新しい API を追加

CodeCommit はコミットを作成するための API を追加しました。詳細については、コミットの作成を参照してください。

2019 年 2 月 20 日

コンテンツの更新

このガイドの内容は、わずかな修正とトラブルシューティングガイダンスが追加されて更新されています。

2019 年 1 月 2 日

コンテンツの更新

このガイドのコンテンツは、新しい CodeCommit コンソールのエクスペリエンスに対応するために更新されました。

2018 年 10 月 30 日

CodeCommit および連邦情報処理標準 (FIPS)

CodeCommit は、一部のリージョンで連邦情報処理規格 (FIPS) 出版物 140-2 の政府規格に対するサポートを追加しました。FIPS および FIPS エンドポイントの詳細については、「連邦情報処理規格 (FIPS) 140-2 の概要」を参照してください。Git 接続エンドポイントの詳細については、リージョンを参照してください。

2018 年 10 月 25 日

CodeCommit が 3 つの API を追加

CodeCommit で、ファイルの操作をサポートするために 3 つの API が追加されました。Git 接続のエンドポイントの詳細については、個別のファイルに対するアクションのアクセス許可およびAWS CodeCommit API リファレンスを参照してください。

2018 年 9 月 27 日

CodeCommit のドキュメント履歴通知が RSS フィード経由で利用可能に

RSS フィードにサブスクライブして、CodeCommit ドキュメントの更新に関する通知を受信できるようになりました。

2018 年 6 月 29 日

以前の更新

以下の表は、2018 年 6 月 29 日以前のドキュメントの重要な変更点をまとめたものです。

変更 説明 変更日
新しいトピック ブランチに対するプッシュとマージの制限」トピックが追加されました。「CodeCommit アクセス許可リファレンス」トピックが更新されました。 2018 年 5 月 16 日
新規セクション AWS CodeCommit リポジトリでファイルを操作する」 セクションが追加されました。「CodeCommit アクセス許可リファレンス」および「AWS CodeCommit の使用を開始する」 トピックが更新されました。 2018 年 2 月 21 日
新しいトピック ロールを使用して AWS CodeCommit リポジトリへのクロスアカウントアクセスを設定する」トピックが追加されました。 2018 年 2 月 21 日
新しいトピック AWS Cloud9 と AWS CodeCommit を統合する」トピックが追加されました。に関する情報で「製品およびサービスの統合」が更新されました。。AWS Cloud9 2017 年 1 月 12 日
新規セクション AWS CodeCommit リポジトリのプルリクエストを操作する」 セクションが追加されました。プルリクエストとコメントのアクセス権限に関する情報で「AWS CodeCommit の認証とアクセスコントロール」が更新されました。更新された管理ポリシーのステートメントも含まれています。 2017 年 11 月 20 日
トピックの更新 製品およびサービスの統合 トピックが更新され、既存のパイプラインを更新し、Amazon CloudWatch Events を使用して CodeCommit リポジトリが変更されたときにパイプラインを開始したいと思っているお客様向けのリンクが追加されました。 2017 年 10 月 11 日
新しいトピック AWS CodeCommit の認証とアクセスコントロール」 セクションが追加されました。これは、アクセス権限リファレンスのトピックと置き換わります。 2017 年 9 月 11 日
トピックの更新 リポジトリのトリガーの管理 セクションは、トリガー設定の変更を反映して更新されました。ガイド全体にわたり、ナビゲーションバーの変更を反映するようにトピックとイメージが更新されています。 2017 年 8 月 29 日
新しいトピック ユーザー設定の操作」トピックが追加されました。「タグの詳細の表示」トピックが更新されました。製品およびサービスの統合 トピックが更新され、Amazon CloudWatch Events との統合に関する情報が更新されました。 2017 年 8 月 3 日
新しいトピック Eclipse と の統合AWS CodeCommit」および「Visual Studioを と統合するAWS CodeCommit」 トピックが追加されました。 2017 年 6 月 29 日
トピックの更新 CodeCommit は、アジアパシフィック (ムンバイ) とカナダ (中部) の 2 つの追加リージョンで利用可能になりました。「リージョンと Git 接続エンドポイント」トピックが更新されました。 2017 年 6 月 29 日
トピックの更新 CodeCommit は、アジアパシフィック (ソウル)、南米 (サンパウロ)、米国西部 (北カリフォルニア)、欧州 (ロンドン) の 4 つの追加リージョンで利用可能になりました。「リージョンと Git 接続エンドポイント」トピックが更新されました。 2017 年 6 月 6 日
トピックの更新 CodeCommit は、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー)、欧州 (フランクフルト) の 4 つの追加リージョンで利用可能になりました。リージョンと Git 接続エンドポイント トピックが更新され、CodeCommit の Git 接続エンドポイントとサポートされているリージョンに関する情報が提供されました。 2017 年 5 月 25 日
新しいトピック ブランチの比較とマージ」トピックが追加されました。ブランチの操作 セクションは、CodeCommit コンソールを使用したリポジトリのブランチでの作業についての情報が更新されています。 2017 年 5 月 18 日
新しいトピック コミットの比較」トピックには、コミットの比較に関する情報が追加されています。ユーザーガイドの構造は、リポジトリコミットブランチ で作業するために更新されました。 2017 年 3 月 28 日
トピックの更新 コミットの詳細の表示 トピックは、コンソール内のコミットとその親の違いを表示し、get-differences を使用してコミット間の相違を表示するために AWS CLI コマンドを使用する情報が更新されました。 2017 年 1 月 24 日
新しいトピック AWS CodeCommit による AWS CloudTrail API 呼び出しのログ記録 トピックが追加され、AWS CloudFormation を使用して CodeCommit への接続をログ記録するための情報が提供されました。 2017 年 1 月 11 日
新しいトピック Git 認証情報を使用した HTTPS ユーザーのセットアップ トピックが追加され、HTTPS 経由の Git 認証情報を使用して CodeCommit への接続を設定するための情報が提供されました。 2016 年 22 月 12 日
トピックの更新 製品およびサービスの統合」トピックが更新され、AWS CodeBuild との統合についての情報が含まれました。 2016 年 5 月 12 日
トピックの更新 CodeCommit は、もう 1 つのリージョン (欧州 (アイルランド)) で利用可能になりました。リージョンと Git 接続エンドポイント トピックが更新され、CodeCommit の Git 接続エンドポイントとサポートされているリージョンに関する情報が提供されました。 2016 年 11 月 16 日
トピックの更新 CodeCommit は、もう 1 つのリージョン (米国西部 (オレゴン)) で利用可能になりました。リージョンと Git 接続エンドポイント トピックが更新され、CodeCommit の Git 接続エンドポイントとサポートされているリージョンに関する情報が提供されました。 2016 年 11 月 14 日
新しいトピック Lambda 関数のトリガーを作成する トピックが更新され、Lambda 関数の作成の一部として CodeCommit トリガーを作成する機能が反映されました。この簡素化されたプロセスは、トリガーの作成を合理化し、CodeCommit が Lambda 機能を呼び出すのに必要なアクセス許可でトリガーを自動的に設定します。既存の Lambda 関数のトリガーを作成する トピックが追加され、CodeCommit コンソールに既存の Lambda 機能のトリガーを作成するための情報が含まれました。 2016 年 10 月 19 日
新しいトピック CodeCommit は、もう 1 つのリージョン (米国東部 (オハイオ)) で利用可能になりました。リージョンと Git 接続エンドポイント トピックが追加され、CodeCommit の Git 接続エンドポイントとサポートされているリージョンに関する情報が提供されました。 2016 年 10 月 17 日
トピックの更新 製品およびサービスの統合」トピックが更新され、AWS Elastic Beanstalk との統合についての情報が含まれました。 2016 年 10 月 13 日
トピックの更新 製品およびサービスの統合」トピックが更新され、AWS CloudFormation との統合についての情報が含まれました。 2016 年 10 月 6 日
トピックの更新 Windows で SSH 接続をセットアップする手順」トピック改訂され、PuTTY スイートの代わりに Windows で SSH 接続用の Bash エミュレーターを使用するためのガイダンスが提供されました。 2016 年 9 月 29 日
トピックの更新 コミットの詳細の表示 および CodeCommit の開始方法 のトピックが更新され、CodeCommit コンソールの Commit Visualizer に関する情報が含まれました。「クォータ」トピックが更新され、一回のプッシュで許可された参照の数が増えました。 2016 年 9 月 14 日
トピックの更新 コミットの詳細の表示 および CodeCommit の開始方法 トピックが更新され、CodeCommit コンソールにコミットの履歴を表示するための情報が含まれました。 2016 年 7 月 28 日
新しいトピック Git リポジトリを に移行するAWS CodeCommit」および「ローカルまたはバージョン管理対象外のコンテンツを に移行するAWS CodeCommit」 トピックが追加されました。 2016 年 6 月 29 日
トピックの更新 トラブルシューティング」および「AWS CLI 認証情報ヘルパーを使用して Windows で HTTPS 接続をセットアップする手順」トピックのマイナーアップデートが行われました。 2016 年 6 月 22 日
トピックの更新 製品およびサービスの統合 およびアクセス許可リファレンスのトピックが更新され、CodePipeline との統合に関する情報が含まれました。 2016 年 4 月 18 日
新しいトピック リポジトリのトリガーの管理」 セクションが追加されました。新しいトピックには、ポリシーとコードのサンプル、トリガーの作成、編集、および削除方法の例が含まれています。 2016 年 3 月 7 日
新しいトピック 製品およびサービスの統合」トピックが追加されました。「トラブルシューティング」にマイナーな更新が加えられました。 2016 年 3 月 7 日
トピックの更新 MD5 サーバーのフィンガープリントに加えて、CodeCommit の SHA256 サーバーのフィンガープリントが Linux、macOS、または Unix での SSH 接続の場合 および Windows で SSH 接続をセットアップする手順 に追加されました。 2015 年 12 月 9 日
新しいトピック リポジトリでのファイルの参照」トピックが追加されました。新しい問題が、「トラブルシューティング」に追加されました。マイナー改善と修正がユーザーガイドに加えられました。 2015 年 10 月 5 日
新しいトピック

AWS CLI を使用していない SSH ユーザーの場合」トピックが追加されました。この「セットアップ 」セクションのトピックが効率化されました。ユーザーがオペレーティングシステムおよび推奨プロトコルに従う手順を決定する手助けとなるガイダンスが提供されています。

2015 年 8 月 5 日

トピックの更新 SSH および Linux、macOS、または Unix: Git と CodeCommit 用にパブリックキーとプライベートキーをセットアップする」と「ステップ 3: Git および CodeCommit 用のパブリックキーとプライベートキーをセットアップする」の SSH キー ID ステップに説明と例が追加されました。 2015 年 7 月 24 日
トピックの更新 ステップ 3: Git および CodeCommit 用のパブリックキーとプライベートキーをセットアップする のステップが、IAM の問題に対処し、パブリックキーファイルを保存するように更新されました。 2015 年 7 月 22 日
トピックの更新 トラブルシューティング「」がナビゲーションの支援で更新されました。認証情報のキーチェーンの問題に関するその他のトラブルシューティング情報が追加されました。 2015 年 7 月 20 日
トピックの更新 AWS Key Management Service のアクセス許可についての詳細が AWS KMS および暗号化 およびアクセス許可リファレンスのトピックに追加されました。 2015 年 7 月 17 日
トピックの更新 の問題のトラブルシューティングに関する情報を含む別のセクションが、「トラブルシューティング」に追加されました。。AWS Key Management Service 2015 年 7 月 10 日

初回リリース

これは、CodeCommit ユーザーガイドの初版です。

2015 年 7 月 9 日