CodePipeline アクションタイプとの統合 - AWS CodePipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

CodePipeline アクションタイプとの統合

このトピックの統合情報は、CodePipeline アクションの種類によって編成されます。

ソースアクションの統合

以下の情報は、CodePipeline アクションの種類別に整理されており、CodePipeline を以下のソースアクションプロバイダーと統合するように設定するのに役立ちます。

Amazon ECR ソースアクション

Amazon ECR Amazon ECRである。AWSDocker イメージリポジトリサービス。Docker イメージをリポジトリにアップロードするには、Docker のプッシュコマンドおよびプルコマンドを使用します。Amazon ECR リポジトリの URI とイメージは、Amazon ECS タスク定義で使用され、ソースイメージ情報を参照します。

詳細はこちら:

Amazon S3 のソースアクション

Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)

Amazon S3はインターネット用のストレージサービスです。Amazon S3 を使用すると、いつでもWeb上の任意の場所から、任意の量のデータを格納および取得できます。コードでは、バージョン管理された Amazon S3 バケットをコードのソースアクションとして使用するように、CodePipeline を設定できます。

注記

Amazon S3 は、デプロイアクションとしてパイプラインに含めることもできます。

詳細はこちら:

Bitbucket クラウド、GitHub (バージョン 2)、および GitHub エンタープライズサーバーへの接続

接続 (CodestarSourceConnectionアクション) は、サードパーティの Bitbucket クラウド、GitHub、または GitHub エンタープライズサーバーリポジトリにアクセスするために使用されます。

注記

この機能は、アジアパシフィック (香港) リージョンまたはヨーロッパ (ミラノ) リージョンではご利用いただけません。そのリージョンで使用可能な他のソースアクションを使用するには、ソースアクションの統合

Bitbucket

コードのソースとして Bitbucket リポジトリを使用するように、CodePipeline を設定できます。以前に Bitbucket アカウントと少なくとも 1 つの Bitbucket リポジトリを作成しておく必要があります。Bitbucket リポジトリのソースアクションを追加するには、新しいパイプラインを作成するか、既存のパイプラインを編集します。

注記

Bitbucket クラウドリポジトリへの接続を作成できます。Bitbucket サーバーなど、インストールされている Bitbucket プロバイダーの種類はサポートされていません。

パイプラインがサードパーティーのコードリポジトリにアクセスできるように、接続と呼ばれるリソースを設定できます。接続を作成する場合、AWSCodeStar アプリをサードパーティのコードリポジトリとともに作成し、接続に関連付けます。

Bitbucket の場合は、Bitbucketコンソールで [] オプションまたは [] オプションのCodestarSourceConnectionアクションを実行します。「Bitbucket 接続」を参照してください。

「」を使用できます。フルクローン作成このオプションを使用すると、ダウンストリームのアクションで Git コマンドを直接実行できるようになります。このオプションは、CodeBuild ダウンストリームアクションでのみ使用できます。

詳細はこちら:

GitHub または GitHub エンタープライズクラウド

コードのソースとして GitHub リポジトリを使用するように CodePipeline を設定できます。これ以前に GitHub アカウントと少なくとも 1 つの GitHub リポジトリを作成しておく必要があります。GitHub リポジトリのソースアクションを追加するには、新しいパイプラインを作成するか、既存のパイプラインを編集します。

パイプラインがサードパーティーのコードリポジトリにアクセスできるように、接続と呼ばれるリソースを設定できます。接続を作成する際、AWS CodeStar アプリをサードパーティーのコードリポジトリと共にインストールし、接続に関連付けます。

の使用GitHub (バージョン 2)プロバイダーの [] オプションまたは [CodestarSourceConnectionアクションを実行します。「GitHub の接続」を参照してください。

「」を使用できます。フルクローン作成このオプションを使用すると、ダウンストリームのアクションで Git コマンドを直接実行できるようになります。このオプションは、CodeBuild ダウンストリームアクションでのみ使用できます。

詳細はこちら:

GitHub Enterprise サーバー

コードのソースとして GitHub エンタープライズサーバーリポジトリを使用するように、CodePipeline を設定できます。これ以前に GitHub アカウントと少なくとも 1 つの GitHub リポジトリを作成しておく必要があります。GitHub Enterprise Server リポジトリのソースアクションを追加するには、パイプラインを作成するか、既存のパイプラインを編集します。

パイプラインがサードパーティーのコードリポジトリにアクセスできるように、接続と呼ばれるリソースを設定できます。接続を作成する際、AWS CodeStar アプリをサードパーティーのコードリポジトリと共にインストールし、接続に関連付けます。

の使用GitHub Enterprise サーバープロバイダーの [] オプションまたは [CodestarSourceConnectionアクションを実行します。「GitHub Enterprise Server の接続」を参照してください。

重要

AWSCodeStar 接続は、リリースで既知の問題のため、GitHub エンタープライズサーバーバージョン 2.22.0 をサポートしていません。接続するには、バージョン 2.22.1 または利用可能な最新のバージョンにアップグレードします。

「」を使用できます。フルクローン作成このオプションを使用すると、ダウンストリームのアクションで Git コマンドを直接実行できるようになります。このオプションは、CodeBuild ダウンストリームアクションでのみ使用できます。

詳細はこちら:

CodeCommit ソースアクション

CodeCommit

CodeCommitは、クラウド内のアセット (ドキュメント、ソースコード、バイナリファイルなど) を非公開で保存および管理するために使用できるバージョン管理サービスです。コードのソースとして CodePipeline を使用するように、CodeCommit リポジトリ内のブランチを使用するように、を設定できます。リポジトリを作成し、ローカルマシン上の作業ディレクトリに関連付けます。次に、ステージのソースアクションの一部としてブランチを使用するパイプラインを作成できます。CodeCommit リポジトリに接続するには、新しいパイプラインを作成するか、既存のパイプラインを編集します。

「」を使用できます。フルクローン作成このオプションを使用すると、ダウンストリームのアクションで Git コマンドを直接実行できるようになります。このオプションは、CodeBuild ダウンストリームアクションでのみ使用できます。

詳細はこちら:

GitHub(バージョン1)ソースアクション

GitHub(バージョン1)

GitHub バージョン 1 のアクションは、OAuth Apps で管理されます。利用可能なリージョンでは、Bitbucket、GitHub、および GitHub Enterprise Server アクション用の CodeStarSourceConnectionソースアクションを作成し、GitHub Apps を使用して GitHub ソースアクションを管理します。GitHub バージョン 1 のアクションを使用するパイプラインがある場合は、GitHub バージョン 2 のアクションを使用するように更新する手順をGitHub バージョン 1 のソースアクションを GitHub バージョン 2 のソースアクションに更新する

注記

GitHub バージョン 1 のアクションの使用はお勧めしませんが、GitHub バージョン 1 のアクションを持つ既存のパイプラインは、影響を与えずに引き続き機能します。

詳細はこちら:

ビルドアクションの統合

以下の情報は、CodePipeline アクションの種類別に整理されており、CodePipeline を以下のビルドアクションプロバイダーと統合するように設定するのに役立ちます。

CodeBuild ビルドアクション

CodeBuild

CodeBuildは完全マネージド型の構築サービスです。ソースコードのコンパイル、ユニットテストの実行、すぐにデプロイできるアーティファクトの生成を行います。

CodeBuild は、ビルドアクションとして、パイプラインのビルドステージに追加できます。詳細については、の CodePipeline アクション設定リファレンスを参照してください。AWS CodeBuild

注記

CodeBuild は、ビルド出力の有無にかかわらず、テストアクションとしてパイプラインに含めることもできます。

詳細はこちら:

CloudBees ビルドアクション

CloudBees を使用するように CodePipeline を設定できます。CloudBeesを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをビルドまたはテストします。

詳細はこちら:

Jenkins ビルドアクション

Jenkins

を使用するように CodePipeline を設定できます。ジェンキンスを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをビルドまたはテストします。これ以前に Jenkins プロジェクトを作成し、そのプロジェクトの Jenkins 用の CodePipeline プラグインをインストールして設定しておく必要があります。Jenkins プロジェクトに接続するには、新しいパイプラインを作成するか、既存のパイプラインを編集します。

Jenkinsのアクセスは、プロジェクトベースで設定されます。CodePipeline で使用するすべての Jenkins インスタンスに、Jenkins 用の CodePipeline プラグインをインストールする必要があります。また、Jenkins プロジェクトへの CodePipeline アクセスを設定する必要があります。HTTPS/SSL 接続のみを受け入れるように設定して、Jenkins プロジェクトを安全に保護します。Jenkins プロジェクトが Amazon EC2 インスタンスにインストールされている場合は、AWSの認証情報をインストールしてAWS CLI各インスタンスで。次に、設定するAWSプロファイルを IAM ユーザープロファイルとAWS接続に使用する認証情報。これは、Jenkins ウェブインターフェイスを介した追加と保存の代替手段です。

詳細はこちら:

TeamCity ビルドアクション

TeamCity

を使用するように CodePipeline を設定できます。TeamCityを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをビルドおよびテストします。

詳細はこちら:

テストアクションの統合

以下の情報は、CodePipeline アクションの種類別に整理されており、CodePipeline を以下のテストアクションプロバイダーと統合するように設定するのに役立ちます。

CodeBuild テストアクション

CodeBuild

CodeBuild とは、クラウド上のフルマネージドビルドサービスです。CodeBuild はソースコードをコンパイルし、単体テストを実行して、すぐにデプロイできるアーティファクトを生成します。

CodeBuild をテストアクションとしてパイプラインに追加できます。詳細については、の CodePipeline アクション設定リファレンスを参照してください。AWS CodeBuild

注記

CodeBuild は、必須ビルド出力アーティファクトを持つビルドアクションとしてパイプラインに含めることもできます。

詳細はこちら:

AWS Device Farmテストアクション

AWS Device Farm

AWS Device Farm は、実際に電話やタブレットで、Android や iOS、およびウェブアプリを物理的にテストしてやり取りできるアプリテストサービスです。を使用するように CodePipeline を設定できます。AWS Device Farmを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをテストすることができます。AWS Device Farmにより、独自のテストをアップロードしたり、組み込まれているスクリプトフリーの互換性テストを使用できます。テストは並列実行されるため、テストは複数のデバイスで数分のうちに開始されます。高レベルの結果、低レベルのログ、ピクセルからピクセルへのスクリーンショット、パフォーマンスデータを含むテストレポートは、テストが完了すると更新されます。AWS Device Farm は、ネイティブかつハイブリッドな Android、iOS、および Fire OS アプリケーション (PhoneGap、Titanium、Xamarin などのフレームワークで作成されたアプリケーション) のテストをサポートしています。Android アプリのリモートアクセスをサポートしているため、テストデバイスと直接やり取りすることができます。

詳細はこちら:

BlazeMeter テストアクション

BlazeMeter を使用するように CodePipeline を設定できます。BlazeMeterを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをテストすることができます。

詳細はこちら:

ゴーストInspector のテストアクション

Ghost Inspector

を使用するように CodePipeline を設定できます。Ghost Inspectorを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをテストすることができます。

詳細はこちら:

Micro Focus StormRunner Load テスト

Micro Focus StormRunner Load を使用するように CodePipeline を設定できます。Micro Focus StormRunner Loadをパイプラインの 1 つ以上のアクションで使用します。

詳細はこちら:

Nouvola テストアクション

Nouvola を使用するように CodePipeline を設定できます。Nouvolaを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをテストすることができます。

詳細はこちら:

Runscope テストアクション

Runscope を使用するように CodePipeline を設定できます。Runscopeを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをテストすることができます。

詳細はこちら:

デプロイアクションの統合

以下の情報は、CodePipeline アクションの種類別に整理されており、CodePipeline を次のデプロイアクションプロバイダーと統合するように設定するのに役立ちます。

Amazon S3 のデプロイアクション

Amazon S3

Amazon S3はインターネット用のストレージサービスです。Amazon S3 を使用すると、いつでもWeb上の任意の場所から、任意の量のデータを格納および取得できます。デプロイプロバイダとして Amazon S3 を使用するパイプラインにアクションを追加できます。

注記

Amazon S3 は、ソースアクションとしてパイプラインに含めることもできます。

詳細はこちら:

AWSAppConfig デプロイアクション

AWS AppConfig

AWSAppConfig はAWS Systems Managerを使用して、アプリケーション設定を作成、管理し、迅速にデプロイします。AppConfig は、EC2 インスタンス、AWS Lambda、コンテナ、モバイルアプリケーション、または IoT デバイスでホストされているアプリケーションで使用できます。

詳細はこちら:

AWS CloudFormationアクションをデプロイする

AWS CloudFormation

AWS CloudFormation では、開発者とシステム管理者は、AWS リソースの プロビジョニングおよび更新用のテンプレートを使用して、関連する一連のリソースを簡単に作成および管理できます。サービスのサンプルテンプレートを使用することも、独自のテンプレートを作成することもできます。テンプレートは、アプリケーションの実行に必要な AWS リソースと依存関係または実行時パラメータを記述します。

-AWSサーバーレスアプリケーションモデル (AWSSAM) の拡張AWS CloudFormationを使用して、サーバーレスアプリケーションを定義してデプロイするための簡単な方法を提供します。AWSSAM は、Amazon API Gateway API、AWSLambda 関数、および Amazon DynamoDB テーブル。CodePipelineを使用すると、AWS CloudFormationとAWSSAM を使用して、サーバーレスアプリケーションを継続的に配信できます。

デプロイプロバイダとして AWS CloudFormation を使用するパイプラインにアクションを追加できます。デプロイプロバイダーとして AWS CloudFormation を使用すると、パイプライン実行の一環として AWS CloudFormation スタックと変更セットに対してアクションを実行できます。AWS CloudFormation は、パイプラインの実行時にスタックと変更セットを作成、更新、置換、削除できます。その結果、AWS CloudFormation テンプレートおよびパラメータ定義で指定した仕様に従って、AWS およびカスタムリソースをパイプライン実行中に作成、プロビジョニング、更新、または終了することができます。

詳細はこちら:

  • の CodePipeline アクション設定リファレンスAWS CloudFormation

  • CodePipeline— CodePipeline を使用しての継続的デリバリーワークフローを構築する方法について説明します。AWS CloudFormation。

  • Lambda ベースのアプリケーションのデプロイメントの自動化— の使用方法について学習します。AWSサーバーレスアプリケーションモデルとAWS CloudFormationLambda ベースのアプリケーション用の継続的デリバリーワークフローを構築します。

AWS CloudFormationStackSets デプロイアクション

AWS CloudFormation StackSets

AWS CloudFormationは、複数のアカウントにリソースをデプロイする方法を提供し、AWSリージョン。

CodePipelineを使用すると、AWS CloudFormationをクリックして、スタックセット定義を更新し、インスタンスに更新をデプロイします。

以下のアクションをパイプラインに追加して、AWS CloudFormationデプロイプロバイダとしての StackSets。

  • クラウドフォーメーションスタックセット

  • クラウドフォーメーションスタックインスタンス

詳細はこちら:

Amazon ECS デプロイアクション

Amazon ECS

Amazon ECS は、スケーラビリティに優れた高性能なコンテナ管理サービスです。このサービスを使用すると、AWSクラウド。パイプラインを作成すると、デプロイプロバイダとして Amazon ECS を選択できます。ソースコントロールリポジトリのコードを変更すると、パイプラインが新しい Docker イメージを作成し、コンテナレジストリにプッシュし、更新されたイメージを Amazon ECS にデプロイします。また、 を使用することもできますECS (Blue/Green)プロバイダーアクションを使用して、CodePipeline Deploy を使用してトラフィックをルーティングし、Amazon ECS にCodeDeploy します。

詳細はこちら:

Elastic Beanstalk デプロイアクション

Elastic Beanstalk

Elastic Beanstalkは、Java、.NET、PHP、Node.js、Python、Ruby、Go、Docker で開発されたウェブアプリケーションとサービスを、Apache、Nginx、Passenger、IIS などの一般的なサーバーにデプロイしてスケーリングするサービスです。コードをデプロイするために Elastic Beanstalk を使用するように CodePipeline を設定できます。Elastic Beanstalk アプリケーションと環境を作成して、パイプラインを作成する前またはパイプラインを作成するウィザードの設定。

詳細はこちら:

AWS OpsWorksアクションをデプロイする

AWS OpsWorks

設定管理サービスである AWS OpsWorks を使用すると、お客様は Chef を使用して、あらゆる種類とサイズのアプリケーションを簡単に設定したり運用したりできます。AWS OpsWorks Stacks を使用すると, パッケージのインストール、ソフトウェア設定およびストレージなどのリソースを含む、各コンポーネントのアプリケーションのアーキテクチャおよび仕様を定義できます。を使用するように CodePipeline を設定できます。AWS OpsWorks Stacksを使用して、カスタムChef クックブックおよびアプリケーションと共にコードをデプロイしますAWS OpsWorks。

  • カスタムシェフクックブック–AWS OpsWorksChef クックブックを使用して、パッケージのインストールや設定、アプリケーションのデプロイなどのタスクを処理します。

  • アプリケーション— AnAWS OpsWorksアプリケーションは、アプリケーションサーバーで動作させるコードで構成されます。アプリケーションコードは、Amazon S3 バケットなどのリポジトリに格納されています。

パイプラインを作成する前に、AWS OpsWorks スタックとレイヤーを作成します。「」を作成できます。AWS OpsWorksアプリケーションをステージ内のデプロイアクションで使用するには、パイプラインを作成する前に、またはパイプラインを作成するウィザードの設定。

CodePipeline サポートAWS OpsWorks現在、米国東部 (バージニア北部) リージョン (us-east-1) でのみご利用いただけます。

詳細はこちら:

AWS Service Catalogアクションをデプロイする

AWS Service Catalog

AWS Service Catalogでは、での使用が承認された製品のカタログを作成および管理できます。AWS。

製品テンプレートの更新とバージョンをデプロイするように CodePipeline を設定できます。AWS Service Catalog。デプロイアクションで使用する AWS Service Catalog 製品を作成したら、[パイプラインを作成する] ウィザードを使用してパイプラインを作成できます。

詳細はこちら:

Amazon Alexa デプロイアクション

注記

この機能は、アジアパシフィック (香港) リージョンまたはヨーロッパ (ミラノ) リージョンではご利用いただけません。そのリージョンで利用可能な他のデプロイアクションを使用するには、デプロイアクションの統合

Alexa Skills Kit

Amazon Alexa Skills Kit を使用すると、クラウドベースのスキルをビルドし、Alexa 対応デバイスのユーザーに配布できます。

デプロイプロバイダとして Alexa Skills Kit を使用するパイプラインにアクションを追加できます。パイプラインによってソースの変更が検出され、更新が Alexa サービスの Alexa スキルにデプロイされます。

詳細はこちら:

CodeDeploy アクション

CodeDeploy

CodeDeployAmazon EC2 インスタンス、オンプレミスインスタンス、または両方へのアプリケーションデプロイメントを調整します。CodePipeline を設定し、CodeDeploy を使用して、コードをデプロイすることができます。CodeDeploy アプリケーション、デプロイおよびデプロイグループを作成して、パイプラインを作成する前またはパイプラインを作成するウィザードの設定。

詳細はこちら:

XebiaLabs デプロイアクション

XebiaLabs を使用するように CodePipeline を設定できます。XebiaLabsを使用して、パイプラインの 1 つ以上のアクションでコードをデプロイすることができます。

詳細はこちら:

承認アクションの統合

Amazon Simple Notification Service

Amazon SNSは、高速かつ柔軟な完全マネージド型のプッシュ通知サービスです。このサービスを使用すると、個々のメッセージを送信したり、多数の受信者にメッセージをファンアウトしたりできます。Amazon SNS により、簡単かつコスト効率の高い方法で、モバイルデバイスユーザーおよびメール受信者にプッシュ通知を送信したり、他の分散サービスにメッセージを送信したりできます。

CodePipeline で手動承認リクエストを作成する場合は、必要に応じて Amazon SNS のトピックにパブリッシュして、サブスクライブしているすべての IAM ユーザーに承認アクションを確認する準備ができたことが通知されます。

詳細はこちら:

呼び出しアクションの統合

以下の情報は、CodePipeline アクションの種類別に整理されており、CodePipeline を次の呼び出しアクションプロバイダーと統合するように設定するのに役立ちます。

Lambda 呼び出しアクション

Lambda

Lambda を使用することで、サーバーのプロビジョニングや管理をすることなく、コードを実行できます。CodePipeline は、Lambda 関数を使用してパイプラインに柔軟性と機能性を追加するように、を設定できます。パイプラインを作成する前または Lambda 関数を使用して、ステージにアクションとして追加できます。パイプラインを作成するウィザードの設定。

詳細はこちら:

Snyk はアクションを呼び出します

スナイク

セキュリティ脆弱性を検出して修正し、アプリケーションコードとコンテナイメージの依存関係を更新することで、Snyk を使用してオープンソース環境のセキュリティを維持するように CodePipeline を設定できます。また、 を使用することもできますスナイクアクションを使用して CodePipeline 内のセキュリティテストコントロールを自動化できます。

詳細はこちら:

Step Functions の起動

Step Functions

ステップ関数では、ステートマシンを作成および設定できます。CodePipeline は、Step Functions 呼び出しアクションを使用してステートマシンの実行をトリガーするように、を設定できます。

詳細はこちら: