Amazon Simple Queue Service
開発者ガイド

Amazon SQS 遅延キュー

遅延キューを使用すると、キューへの新しいメッセージの配信を数秒延期することができます。遅延キューを作成した場合、キューに送信したメッセージはいずれも、遅延期間の間コンシューマーに表示されなくなります。The minimum delay for a queue is 0 seconds. The maximum is 15 minutes. AWS マネジメントコンソール または AWS SDK for Java (および SetQueueAttributes アクション) を使用した遅延キューの設定に関する情報については、「遅延キューを設定する」を参照してください。

注記

スタンダード キューの場合は、キューごとの遅延設定には遡及性はありません。設定を変更しても、既にキューにあるメッセージの遅延には影響しません。

FIFO キューの場合は、キューごとの遅延設定には遡及性があります。設定を変更すると、既にキューにあるメッセージの遅延に影響します。

遅延キューでは、コンシューマーはメッセージを一定の時間使用できなくなるため、可視性タイムアウトと似ています。両者の違いは、遅延キューの場合はメッセージが最初にキューに追加されたときに非表示になるのに対し、可視性タイムアウトの場合は、メッセージがキューから処理された後のみ非表示になるという点です。次の図は、遅延キューと可視性タイムアウトの関係を示しています。

キュー全体に対してではなく、各メッセージに遅延の秒数を設定するには、メッセージタイマーを使用して、遅延キューの DelaySeconds 値ではなく、メッセージタイマーの DelaySeconds 値を Amazon SQS で使用できるようにします。