ドキュメント履歴 - Amazon Redshift

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドキュメント履歴

以下の表に、2018 年 5 月より後の『Amazon Redshift Database Developer Guide』の各リリースにおける重要な変更点を示します。このドキュメントの更新に関する通知については、RSS フィードにサブスクライブできます。

API バージョン: 2012-12-01

ドキュメント最新更新日: 2020 年 12 月 11 日

Amazon Redshift Cluster Management Guide』への変更のリストについては、「Amazon Redshift Cluster Management Guide のドキュメント履歴」を参照してください。

新機能の詳細については、修正点のリストや、各リリースに関連付けられたクラスターバージョン番号も含めて、クラスターバージョンの履歴を参照してください。

変更 Description 日付

自動テーブル最適化のサポート

自動分散キーとソートキーを定義できるようになりました。

December 9, 2020

ネイティブ JSON および半構造化データのサポート

SUPER データ型を定義できるようになりました。

December 9, 2020

データ共有のサポート

クラスター間でデータを共有できるようになりました。Amazon Redshift

December 9, 2020

へのフェデレーションクエリのサポートMySQL

サポートされる MySQL エンジンにフェデレーションクエリを記述できるようになりました。

December 9, 2020

ML のサポートAmazon Redshift

機械学習 (ML) モデルを作成、トレーニング、およびデプロイできるようになりました。

December 8, 2020

マテリアライズドビューの自動更新とクエリ書き換えのサポート

自動更新によってマテリアライズドビューを最新の状態に保つことができ、自動書き換えによってクエリのパフォーマンスを向上させることができます。

November 11, 2020

TIME および TIMETZ データ型のサポート

TIME および TIMETZ データ型を使用してテーブルを作成できるようになりました。TIME データ型はタイムゾーン情報なしで時刻を保存し、TIMETZ はタイムゾーン情報を含む時刻を保存します

November 11, 2020

Lambda とトークン分割のサポートUDFs

Lambda を記述して、データの外部トークン分割を有効にできるようになりました。UDFs

October 26, 2020

テーブル列エンコードの変更のサポート

テーブル列のエンコードを変更できるようになりました。

October 20, 2020

データベース間でのクエリのサポート (プレビュー)

Amazon Redshift で、クラスター内のデータベース間でクエリを実行できるようになりました。

October 15, 2020

フェッチのサポートHyperLogLog

Amazon Redshift で HyperLogLogSketches の保存と処理ができるようになりました。

October 2, 2020

Apache Hudi および Delta Lake のサポート

の外部テーブルの作成が強化されました。Redshift Spectrum

September 24, 2020

空間データのクエリ機能強化のサポート

たとえば、シェイプファイルのロードや、いくつかの新しい空間 SQL 関数などがあります。

September 15, 2020

マテリアライズドビューは外部テーブルをサポートします。

外部データソースを参照するマテリアライズドビューを Amazon Redshift に作成できます。

June 19, 2020

外部テーブルへの書き込みのサポート

CREATE EXTERNAL TABLE AS SELECT を実行して新しい外部テーブルに書き込むか、INSERT INTO を実行して既存の外部テーブルにデータを挿入することで、外部テーブルに書き込むことができます。

June 8, 2020

スキーマのストレージコントロールのサポート

スキーマのストレージコントロールを管理するコマンドとビューの更新。

June 2, 2020

フェデレーティッドクエリの一般提供のサポート

フェデレーティッドクエリを使用したデータのクエリの実行に関する情報を更新しました。

April 16, 2020

追加の空間関数のサポート

追加の空間関数の説明を追加しました。

April 2, 2020

列レベル権限のサポート

クラスターバージョン 1.0.13059 以降では、列レベルの権限を使用できます。

February 19, 2020

マテリアライズドビューの一般可用性のサポート

マテリアライズドビューは、クラスターバージョン 1.0.13059 から一般的に利用が可能です。

February 19, 2020

ALTER TABLE

ALTER TABLE コマンドを ALTER DISTSTYLE ALL 句とともに使用すると、テーブルの分散スタイルを変更できます。

February 11, 2020

フェデレーションクエリのサポート

更新された CREATE EXTERNAL SCHEMA を使用したフェデレーションクエリについて説明するように、ガイドを更新しました。

December 3, 2019

データレイクエクスポートのサポート

UNLOAD コマンドの新しいパラメータについて説明するようにガイドを更新しました。

December 3, 2019

空間データのサポート

空間データのサポートについて説明するようにガイドを更新しました。

November 21, 2019

新しいコンソールのサポート

新しい Amazon Redshift コンソールについて説明するようにガイドを更新しました。

November 11, 2019

自動テーブルソートのサポート

Amazon Redshift は、テーブルデータを自動でソートすることができます。

November 7, 2019

VACUUM BOOST オプションのサポート

テーブルをバキューム処理する際は、BOOST オプションを使用することができます。

November 7, 2019

デフォルトの IDENTITY 列に関するサポート

デフォルトの IDENTITY 列でテーブルを作成できます。

September 19, 2019

AZ64 圧縮エンコードに関するサポート

一部の列を AZ64 圧縮エンコードでエンコードできます。

September 19, 2019

クエリ優先度に関するサポート

自動 WLM キューのクエリ優先度を設定できます。

August 22, 2019

AWS Lake Formation のサポート

Lake Formation Data Catalog は、Amazon Redshift Spectrum で使用することができます。

August 8, 2019

COMPUPDATE PRESET

COPY コマンドを COMPUPDATE PRESET と共に使用して、Amazon Redshift で圧縮エンコードを選択できます。

June 13, 2019

ALTER COLUMN

ALTER TABLE コマンドと ALTER COLUMN を併用して、VARCHAR 列のサイズを大きくできます。

May 22, 2019

自動ワークロード管理 (WLM) 設定のサポート

Amazon Redshift を自動 WLM で実行できます。

April 24, 2019

ストアドプロシージャのサポート

PL/pgSQL ストアドプロシージャを Amazon Redshift で定義できます。

April 24, 2019

Zstandard に対する UNLOAD

UNLOAD コマンドを使用して、Amazon S3 にアンロードされたテキストファイルおよびコンマ区切り値 (CSV) ファイルに Zstandard 圧縮を適用できます。

April 3, 2019

同時実行スケーリング

同時実行スケーリングが有効になっていると、同時読み取りクエリの増加を処理する必要がある場合、Amazon Redshift は自動的に追加のクラスター容量を追加します。

March 21, 2019

UNLOAD から CSV

UNLOAD コマンドを使用して、CSV テキスト形式のファイルにアンロードできます。

March 13, 2019

AUTO 分散スタイル

自動分散を有効にするには、CREATE TABLE ステートメントを使用して AUTO 分散スタイルを指定できます。自動分散を有効にすると、Amazon Redshift はテーブルデータに基づいて最適な分散スタイルを割り当てます。分散の変更は、数秒内にバックグラウンドで発生します。

January 23, 2019

​Parquet からの COPY が SMALLINT をサポート

COPY が、Parquet 形式のファイルから SMALLINT データ型を使用する列へのロードをサポートするようになりました。​ 詳細については、「列データ形式の COPY」を参照してください。

January 2, 2019

DROP EXTERNAL DATABASE

外部データベースは、DROP SCHEMA コマンドで DROP EXTERNAL DATABASE 句を含めることで、削除できます。

December 3, 2018

自動分散

CREATE TABLE ステートメントで分散スタイルを指定しないとき、Amazon Redshift はテーブルデータに基づいて最適な分散スタイルを割り当てます。分散の変更は、数秒内にバックグラウンドで発生します。

October 31, 2018

自動バキューム削除

Amazon Redshift では、自動的に VACUUM DELETE 操作をバックグラウンドで実行するため、DELETE ONLY バキュームを実行する必要は、まずありません。Amazon Redshift は、負荷が低下しているときに VACUUM DELETE を実行するようスケジュールし、高負荷のときには操作を中断します。

October 31, 2018

リージョン間での UNLOAD

REGION パラメータを指定することで、別の AWS リージョンの Amazon S3 バケットに UNLOAD できます。

October 31, 2018

AWS Glue データカタログのきめ細かなアクセスコントロール

AWS Glue データカタログに格納されているデータへのアクセスレベルを指定できるようになりました。

October 15, 2018

単一の ALTER TABLE ステートメントを使用して複数のパーティションを追加する

Redshift Spectrum 外部テーブルには、複数の PARTITION 句を単一の ALTER TABLE ADD ステートメントに組み合わせることができます。詳細については、「外部テーブルの変更方法の例」を参照してください。

October 10, 2018

データ型を使用した UNLOAD

UNLOAD コマンドで MANIFEST VERBOSE オプションを指定し、列、ファイルサイズ、行数の名前とデータ型を含め、マニフェストファイルにメタデータを追加できます。

October 10, 2018

ヘッダーを使用した UNLOAD

UNLOAD コマンドで HEADER オプションを指定し、各アウトプットファイルの上部に列名が含まれるヘッダー行を追加できます。

September 19, 2018

新しいシステムテーブルおよびビュー

SVL_S3RetriesSVL_USER_INFO、および STL_DISK_FULL_DIAG ドキュメントを追加しました。

August 31, 2018

SQA はデフォルトでオン

ショートクエリアクセラレーション (SQA) は、すべての新しいクラスターにおいて、デフォルトで有効になりました。SQA では、Machine Learning を使用しており、パフォーマンスの向上と結果生成の高速化を実現し、クエリの実行時間が予測しやすくなりました。詳細については、「ショートクエリアクセラレーション」を参照してください。

August 8, 2018

Amazon Redshift Spectrum のネストデータのサポート

Amazon Redshift Spectrum テーブルに保存されているネストデータにクエリを実行できるようになりました。詳細については、「チュートリアル:」を参照してください。Amazon Redshift Spectrum を使用したネストデータのクエリ.

August 8, 2018

Amazon Redshift Advisor

クラスターのパフォーマンスを高め、Amazon Redshift Advisor から運用コストを下げる方法に関する、調整された推奨事項を取得できるようになりました。詳細については、「Amazon Redshift Advisor」を参照してください。

July 26, 2018

即時のエイリアス参照

定義後、即時にエイリアス式を参照できるようになりました。詳細については、「SELECT リスト」を参照してください。

July 18, 2018

外部テーブルの作成時に圧縮タイプを指定します。

Amazon Redshift Spectrum で外部テーブルを作成するときに圧縮タイプを指定できるようになりました。詳細については、「外部テーブルの作成」を参照してください。

June 27, 2018

PG_LAST_UNLOAD_ID

新しいシステム情報関数に追加されたドキュメント: PG_LAST_UNLOAD_ID。詳細については、「PG_LAST_UNLOAD_ID」を参照してください。

June 27, 2018

ALTER TABLE RENAME COLUMN

ALTER TABLE で外部テーブル用の名前変更列がサポートされるようになりました。詳細については、「外部テーブルの変更方法の例」を参照してください。

June 7, 2018

以前の更新

2018 年 6 月より前の Amazon Redshift Database Developer Guide の各リリースにおける重要な変更点を次の表に示します。

変更 説明 変更日
​Parquet からの COPY に SMALLINT が含まれる

COPY が、Parquet 形式のファイルから SMALLINT データ型を使用する列へのロードをサポートするようになりました。​ 詳細については、「列データ形式の COPY」を参照してください。

2019 年 1 月 2 日
列形式の COPY

COPY では、Parquet および ORC 列データ形式を使用する、Amazon S3 上のファイルのロードがサポートされるようになりました。詳細については、「列データ形式の COPY」を参照してください。

2018 年 5 月 17 日
SQA の動的最大実行時間

ワークロード管理 (WLM) は、デフォルトで、クラスターのワークロードの分析に基づいて、ショートクエリアクセラレーション (SQA) 最大実行時間の値が動的に割り当てられるようになりました。詳細については、「ショートクエリの最大実行時間」を参照してください。

2018 年 5 月 17 日
STL_LOAD_COMMITS の新しい列

STL_LOAD_COMMITS システムテーブルに新しい列 (file_format) が追加されました。

2018 年 5 月 10 日
STL_HASHJOIN および他のシステムログテーブルの新しい列

STL_HASHJOIN システムテーブルに新しい 3 つの列 (hash_segmenthash_step) が追加されました。checksum また、STL_MERGEJOIN、STL_NESTLOOP、STL_HASH、STL_SCAN、STL_SORT、STL_LIMIT、および STL_PROJECT に checksum が追加されました。

2018 年 5 月 17 日
STL_AGGR の新しい列

STL_AGGR システムテーブルに新しい 2 つの列 (resizesflushable) が追加されました。

2018 年 4 月 19 日
REGEX 関数の新しいオプション

REGEXP_INSTRREGEXP_SUBSTR 関数で、どの occurence マッチを使用するか、そして大文字と小文字を区別するか指定できるようになりました。また、REGEXP_INSTR でもマッチの最初の文字位置を戻したり、マッチの最後に続く最初の文字位置を指定することができます。

2018 年 3 月 22 日
システムテーブルの新しい列 tombstonedblocks、tossedblocks、batched_by columns が STL_COMMIT_STATS のシステムテーブルに追加されました。localslice 列は STV_SLICES システムビューに追加されました。 2018 年 3 月 22 日
外部テーブルでの列の追加と削除 ALTER TABLE が Amazon Redshift Spectrum 外部テーブルの ADD COLUMN と DROP COLUMN をサポートするようになりました。 2018 年 3 月 22 日
Amazon Redshift Spectrum の新しい AWS リージョン Redshift Spectrum がムンバイ、サンパウロの各リージョンで利用可能になりました。サポートされているリージョンのリストについては「Amazon Redshift Spectrum リージョン」を参照してください。 2018 年 3 月 22 日
テーブルの制限値が 20,000 になりました

8xlarge クラスターノードタイプのテーブルの最大数が 20,000 になりました。large と xlarge のノードタイプの最大数は 9,900 です。詳細については、「制限とクォータ」を参照してください。

2018 年 3 月 13 日
Amazon Redshift Spectrum が JSON および Ion をサポート

Redshift Spectrum を使用して、JSON または Ion データ形式のスカラーデータのファイルを参照できます。詳細については、「CREATE EXTERNAL TABLE」を参照してください。

2018 年 2 月 26 日
Amazon Redshift Spectrum の IAM ロールの連鎖

AWS Identity and Access Management (IAM) ロールを連鎖させて、他の AWS アカウントに属するロールを含むクラスターにアタッチされていない他のロールを、クラスターが引き受けることができます。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum で IAM ロールを連鎖する」を参照してください。

2018 年 2 月 1 日
IF NOT EXISTS をサポートする ADD PARTITION ALTER TABLE の ADD PARTITION 句が、IF NOT EXISTS オプションをサポートするようになりました。詳細については、「ALTER TABLE」を参照してください。 2018 年 1 月 11 日
外部テーブルの DATE データ Amazon Redshift Spectrum 外部テーブルが、DATE データ型をサポートするようになりました。詳細については、「CREATE EXTERNAL TABLE」を参照してください。 2018 年 1 月 11 日
Amazon Redshift Spectrum の新しい AWS リージョン Redshift Spectrum がシンガポール、シドニー、ソウル、フランクフルトの各リージョンで利用可能になりました。サポートされている AWS リージョンのリストについては「Amazon Redshift Spectrum リージョン」を参照してください。 2017 年 11 月 16 日
Amazon Redshift ワークロード管理 (WLM) のショートクエリアクセラレーション ショートクエリアクセラレーション (SQA) は、実行時間が短い一部のクエリを、実行時間が長いクエリよりも優先します。SQA では実行時間が短いクエリを専用領域で実行します。このため SQA クエリは、実行時間が長いクエリをキューで待機するよう強制されません。SQA によって実行時間が短いクエリの実行開始が早くなり、ユーザーへの結果表示も早くなります。詳細については、「ショートクエリアクセラレーションを使用する」を参照してください。 2017 年 11 月 16 日
ホップされたクエリの WLM による再割り当て Amazon Redshift ワークロード管理 (WLM) は、ホップされたクエリをキャンセルして再開する代わりに、対象のクエリを新しいキューに再割り当てするようになりました。WLM によるクエリの再割り当てでは、WLM がクエリを新しいキューに移動して実行を継続することで、時間とシステムリソースを節約します。ホップされたクエリが再割り当ての対象ではない場合、そのクエリは再開またはキャンセルされます。詳細については、「WLM クエリキューのホッピング」を参照してください。 2017 年 11 月 16 日
ユーザーによるシステムログへのアクセス デフォルトでは、ユーザーが表示可能なシステムログテーブルの大部分で、別のユーザーによって生成された行は、通常のユーザーには表示されません。別のユーザーによって生成された行を含む、ユーザーが表示可能なテーブルのすべての行を、通常のユーザーが表示できるようにするには、ALTER USER または CREATE USER を実行し、SYSLOG ACCESS パラメータを UNRESTRICTED に設定します。 2017 年 11 月 16 日
結果のキャッシュ 結果のキャッシュ では、クエリを実行すると Amazon Redshift によって結果がキャッシュされます。再度クエリを実行すると、Amazon Redshift は、クエリ結果の有効なキャッシュ済みコピーを確認します。結果のキャッシュに一致が見つかった場合、Amazon Redshift はキャッシュ済みの結果を使用しクエリを実行しません。結果のキャッシュはデフォルトで有効化されています。結果のキャッシュを無効にするには、enable_result_cache_for_session 設定パラメーターを off に設定します。 2017 年 11 月 16 日
列メタデータ関数 PG_GET_COLSPG_GET_LATE_BINDING_VIEW_COLS は、Amazon Redshift のテーブル、ビュー、および遅延バインドビューの列メタデータを返します。 2017 年 11 月 16 日
CTAS をホップする WLM キュー Amazon Redshift ワークロード管理 (WLM) で、CREATE TABLE AS (CTAS) ステートメントをホップするクエリキュー、および SELECT ステートメントなどの読み取り専用クエリがサポートされるようになりました。詳細については、「WLM クエリキューのホッピング」を参照してください。 2017 年 10 月 19 日
Amazon Redshift Spectrum のマニフェストファイル Redshift Spectrum の外部テーブルを作成する際に、Amazon S3 でのデータファイルの場所を示すマニフェストファイルを指定できます。詳細については、「CREATE EXTERNAL TABLE」を参照してください。 2017 年 10 月 19 日
Amazon Redshift Spectrum の新しい AWS リージョン Redshift Spectrum が欧州 (アイルランド) とアジアパシフィック (東京) の各リージョンで利用可能になりました。サポートされている AWS リージョンのリストについては「Amazon Redshift Spectrum に関する考慮事項」を参照してください。 2017 年 10 月 19 日
Amazon Redshift Spectrum に追加されたファイル形式 Redshift Spectrum の外部テーブルを、Regex、OpenCSV、および Avro データファイル形式に基づいて作成できるようになりました。詳細については、「CREATE EXTERNAL TABLE」を参照してください。 2017 年 10 月 5 日
Amazon Redshift Spectrum の外部テーブルの疑似列 Redshift Spectrum の外部テーブルで $path 疑似列と $size 疑似列を選択して Amazon S3 の参照データファイルの場所とサイズを確認できます。詳細については、「Pseudocolumns」を参照してください。 2017 年 10 月 5 日
JSON を検証する関数 IS_VALID_JSON 関数と IS_VALID_JSON_ARRAY 関数を使用して有効な JSON 形式をチェックできます。他の JSON 関数では、オプションの null_if_invalid 引数を使用できるようになりました。 2017 年 10 月 5 日
LISTAGG DISTINCT LISTAGG 集計関数と LISTAGG ウィンドウ関数で DISTINCT 句を使用し、指定した式から重複する値を排除した上で連結できます。 2017 年 10 月 5 日
列名の大文字での表示 SELECT 結果の列名を大文字で表示するには、describe_field_name_in_uppercase 設定パラメータを true に設定できます。 2017 年 10 月 5 日
外部テーブルでのヘッダー行のスキップ Redshift Spectrum データファイルの先頭でヘッダー行をスキップするように skip.header.line.count コマンドの CREATE EXTERNAL TABLE プロパティを設定できます。 2017 年 10 月 5 日
行数のスキャン WLM クエリモニタリングルールでは、scan_row_count メトリクスを使用してスキャンステップの行数を返します。行数は、削除対象としてマークされた行 (非実体の行) をフィルタリングする前およびユーザー定義のクエリフィルタが適用される前に出力された合計行数を表します。詳細については、「クエリモニタリングメトリクス」を参照してください。 2017 年 9 月 21 日
SQL ユーザー定義関数 スカラー SQL ユーザー定義関数 (UDF) には、関数が呼び出され、単一の値を返すときに実行される SQL SELECT 句が組み込まれています。詳細については、「スカラー SQL UDF の作成」を参照してください。 2017 年 8 月 31 日
遅延バインドビュー 遅延バインドビューは、テーブルやユーザー定義関数など、基盤となるデータベースオブジェクトにバインドされていません。その結果、ビューと参照先のオブジェクト間には依存関係がありません。参照先のオブジェクトが存在しない場合でも、ビューを作成できます。依存関係がないため、ビューに影響を与えることなく参照先のオブジェクトを削除または変更できます。Amazon Redshift は、ビューのクエリが実行されるまで、依存関係をチェックしません。遅延バインドビューを作成するには、CREATE VIEW ステートメントで WITH NO SCHEMA BINDING 句を指定します。詳細については、「CREATE VIEW」を参照してください。 2017 年 8 月 31 日
OCTET_LENGTH 関数 OCTET_LENGTH は、指定された文字列の長さをバイト数として返します。 2017 年 8 月 18 日
サポートされる ORC と Grok ファイルタイプ Amazon Redshift Spectrum は、Redshift Spectrum データファイル用に ORC と Grok データ形式をサポートするようになりました。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum でクエリ用のデータファイルを作成する」を参照してください。 2017 年 8 月 18 日
RegexSerDe がサポートされるようになりました Amazon Redshift Spectrum が RegexSerDe データ形式をサポートするようになりました。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum でクエリ用のデータファイルを作成する」を参照してください。 2017 年 7 月 19 日
新しい列が SVV_TABLES と SVV_COLUMNS に追加されました。 domain_nameremarks 列が SVV_COLUMNS に追加されました。SVV_TABLES に備考列が追加されました。 2017 年 7 月 19 日
SVV_TABLES と SVV_COLUMNS システムビュー SVV_TABLESSVV_COLUMNS システムビューは、ローカルおよび外部テーブルとビューの列に関する情報とそのほかの詳細を提供します。 2017 年 7 月 7 日
VPC は、Amazon EMR Hive メタストアの Amazon Redshift Spectrum には不要となりました。 Redshift Spectrum は、Amazon EMR Hive メタストアを使用時に、Amazon Redshift クラスターと Amazon EMR クラスターが同じ VPC と 同じサブネットであるべき要件を削除しました。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum での外部カタログの使用」を参照してください。 2017 年 7 月 7 日
小規模サイズファイルへ UNLOAD デフォルトでは、UNLOAD は Amazon S3 で 6.2 GB サイズまでの複数のファイルを作成します。小規模なファイルを作成するには、UNLOAD コマンドで MAXFILESIZE を指定します。ファイルの最大サイズは 5 MB から 6.2 GB まで指定できます。詳細については、「UNLOAD」を参照してください。 2017 年 7 月 7 日
TABLE PROPERTIES または numRows に TABLE PROPERTIES CREATE EXTERNAL TABLE パラメータを設定して、テーブル統計を更新してテーブルの行数を反映できるようになりました。ALTER TABLE 2017 年 6 月 6 日
ANALYZE PREDICATE COLUMNS 時間とクラスターリソースを節約するために、述語として使用される可能性が高い列のみを分析できます。PREDICATE COLUMNS 句を使用して ANALYZE を実行すると、分析操作には、結合、フィルタ条件、または GROUP BY 句で使用された列、またはソートキーや分散キーとして使用される列のみが含まれます。詳細については、「テーブルを分析する」を参照してください。 2017 年 5 月 25 日
Amazon Redshift Spectrum 用の IAM ポリシー Redshift Spectrum のみを使用して Amazon S3 バケットへのアクセスを許可するために、ユーザーエージェント「AWS Redshift/Spectrum」のアクセスを許可する条件を含めることができます。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum の IAM ポリシー」を参照してください。 2017 年 5 月 25 日
Amazon Redshift Spectrum Recursive Scan Redshift Spectrum は、Amazon S3 の指定されたフォルダだけでなくサブフォルダ内のファイルもスキャンするようになりました。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum 用の外部テーブルの作成」を参照してください。 2017 年 5 月 25 日
クエリのモニタリングルール WLM クエリモニタリングルールを使用することで、WLM キュー用にメトリクスベースのパフォーマンスの境界を定義し、クエリがこれらの境界を超えた場合のアクション — ログ、ホップ、中止を指定できます。ワークロード管理 (WLM) 構成の一部としてクエリモニタリングルールを定義します。詳細については、「WLM クエリモニタリングルール」を参照してください。 2017 年 4 月 21 日
Amazon Redshift Spectrum Redshift Spectrum を使用することで、テーブルにデータをロードすることなく、効率的にクエリを実行して Amazon S3 からデータを取得できます。Redshift Spectrum クエリは、大きなデータセットに対して非常に素早く実行されます。これは、Redshift Spectrum が Amazon S3 で直接データファイルをスキャンするためです。処理の多くは Amazon Redshift Spectrum レイヤーで生じ、データの大部分が Amazon S3 に保持されます。複数のクラスタが Amazon S3 で同じデータセットを同時にクエリできます。クラスタごとにデータをコピーする必要はありません。詳細については、「Amazon Redshift Spectrum を使用した外部データのクエリ実行」を参照してください。 2017 年 4 月 19 日
Redshift Spectrum をサポートする新しいシステムテーブル Redshift Spectrum をサポートするために次の新しいシステムビューが追加されています。 2017 年 4 月 19 日
APPROXIMATE PERCENTILE_DISC 集計関数 APPROXIMATE PERCENTILE_DISC 集計関数が利用可能になりました。 2017 年 4 月 4 日
KMS でのサーバー側の暗号化 AWS Key Management Service キー (SSE-KMS) を使用したサーバー側の暗号化を使用して、Amazon S3 にデータをアンロードできるようになりました。さらに、「COPY」で、KMS で暗号化されたデータファイルを Amazon S3 から透過的にロードできるようになりました。詳細については、「UNLOAD」を参照してください。 2017 年 2 月 9 日
新しい認証構文 IAM_ROLE、MASTER_SYMMETRIC_KEY、ACCESS_KEY_ID、SECRET_ACCESS_KEY、および SESSION_TOKEN の各パラメータを使用して、COPY、UNLOAD、および CREATE LIBRARY コマンドに認証およびアクセス情報を提供できるようになりました。新しい認証構文では、CREDENTIALS パラメータに単一文字列引数を指定するよりも柔軟な選択肢が提供されます。詳細については、「認証パラメータ」を参照してください。 2017 年 2 月 9 日
スキーマの上限が緩和されます クラスターごとに最大 9,900 個のスキーマを作成できるようになりました。詳細については、「CREATE SCHEMA」を参照してください。 2017 年 2 月 9 日
デフォルトのテーブルのエンコード CREATE TABLE および ALTER TABLE で、ほとんどの新規列に LZO エンコードが割り当てられるようになりました。ソートキーとして定義されている列、BOOLEAN、REAL、または DOUBLE PRECISION データ型として定義された列、および一時テーブルには、RAW エンコードがデフォルトで割り当てられます。詳細については、「ENCODE」を参照してください。 2017 年 2 月 6 日
ZSTD 圧縮エンコード Amazon Redshift で ZSTD 列圧縮エンコードがサポートされるようになりました。 2017 年 1 月 19 日
PERCENTILE_CONT および MEDIAN 集計関数 PERCENTILE_CONT および MEDIAN が、ウィンドウ関数だけでなく集計関数としても使用できるようになりました。 2017 年 1 月 19 日
ユーザー定義関数 (UDF) のユーザーログ記録 Python ログ記録モジュールを使用して、ユーザー定義のエラーおよび警告メッセージを UDFs に作成できます。 クエリの実行に続いて、SVL_UDF_LOG システムビューをクエリしてログ記録されたメッセージを取得できます。ユーザー定義メッセージについては、「でのエラーと警告のログ記録UDFs」を参照してください。 2016 年 12 月 8 日
ANALYZE COMPRESSION の予想圧縮率 ANALYZE COMPRESSION コマンドでは、列ごとにディスクスペースの予想圧縮率が報告されるようになりました。詳細については、「ANALYZE COMPRESSION」を参照してください。 2016 年 11 月 10 日
接続制限 ユーザーが同時に開けるデータベース接続の数を制限できるようになりました。また、1 つのデータベースに対する同時接続の数も制限できます。詳細については、「CREATE USER」および「CREATE DATABASE」を参照してください。 2016 年 11 月 10 日
COPY のソート順序の機能強化 COPY では、ソートキー順序でデータをロードするときに、テーブルのソート済みリージョンに自動的に新しい行が追加されるようになりました。この強化機能を有効にするための具体的な要件については、「ソートキー順序でデータをロードする」を参照してください 2016 年 11 月 10 日
CTAS と圧縮 CREATE TABLE AS (CTAS) では、列のデータ型に基づいて、圧縮エンコーディングが新しいテーブルに自動的に割り当てられるようになりました。詳細については、「列属性とテーブル属性の継承」を参照してください。 2016 年 10 月 28 日
タイムゾーンデータ型を含むタイムスタンプ Amazon Redshift は、タイムゾーン (TIMESTAMPTZ) データ型のタイムスタンプをサポートするようになりました。さらに、新しいデータ型をサポートするためにいくつかの新機能が追加されています。詳細については、「日付および時刻関数」を参照してください。 2016 年 9 月 29 日
分析のしきい値 ANALYZE オペレーションの処理時間を減らし、全体的なシステムパフォーマンスを向上させるため、最後の ANALYZE コマンドの実行以降に変更された行の割合が、analyze_threshold_percent パラメータで指定された分析のしきい値よりも低い場合、Amazon Redshift はテーブルの分析をスキップします。デフォルトでは、analyze_threshold_percent は 10 です。 2016 年 8 月 9 日
新しい STL_RESTARTED_SESSIONS システムテーブル Amazon Redshift がセッションを再起動すると、STL_RESTARTED_SESSIONS は新しいプロセス ID (PID) と古い PID を記録します。 2016 年 8 月 9 日
日付および時刻関数のドキュメントを更新しました リンクを含む関数の概要を「日付および時刻関数」に追加し、整合性のために関数のリファレンスを更新しました。 2016 年 6 月 24 日
STL_CONNECTION_LOG の新しい列 STL_CONNECTION_LOG システムテーブルには SSL 接続を追跡する 2 つの新しい列があります。Amazon Redshift テーブルに定期的に監査ログをロードする場合、ターゲットテーブルに sslcompression と sslexpansion という新しい列を追加する必要があります。 2016 年 5 月 5 日
MD5 ハッシュパスワード パスワードおよびユーザー名の MD5 ハッシュ文字列を指定して、CREATE USER または ALTER USER コマンドのパスワードを指定できます。 2016 年 4 月 21 日
STV_TBL_PERM の新しい列 backup システムビューの STV_TBL_PERM 列は、テーブルがクラスターのスナップショットに含まれているかどうかを示します。詳細については、「BACKUP」を参照してください。 2016 年 4 月 21 日
バックアップしないテーブル 重要なデータが含まれていないステージングテーブルのようなテーブルの場合は、CREATE TABLE または CREATE TABLE AS ステートメントで、BACKUP NO を指定して、自動または手動スナップショットにテーブルを含めることから Amazon Redshift を防ぐことができます。バックアップしないテーブルを使用することで、スナップショットを作成したり、スナップショットから復元したり、Amazon S3 のストレージ領域を削減したりするときに処理時間を短縮できます。 2016 年 4 月 7 日
VACUUM 削除のしきい値 デフォルトでは、VACUUM コマンドは、残りの行の少なくとも 95 パーセントが削除対象としてマークされていない領域を再利用します。そのため、VACUUM では通常、削除された行の 100 パーセントを再利用することに比べて削除フェーズの時間が少なくて済みます。VACUUM コマンドを実行するときに、TO threshold PERCENT パラメータを含めることにより、1 つのテーブルに対するデフォルトのしきい値を変更できます。 2016 年 4 月 7 日
SVV_TRANSACTIONS システムテーブル SVV_TRANSACTIONS システムビューでは、現在のデータベースのテーブルでロックを保持するトランザクションについての情報が記録されます。 2016 年 4 月 7 日
IAM ロールを使用して他の AWS リソースにアクセスする クラスターと別の AWS リソース (Amazon S3、Amazon DynamoDB、Amazon EMR、または Amazon EC2 など) の間でデータを移動するには、クラスターにリソースにアクセスし、必要なアクションを実行するためのアクセス許可が必要です。COPY、UNLOAD、または CREATE LIBRARY コマンドを使用してアクセスキーペアを提供するための安全な代替方法として、クラスターが認証と許可に使用する IAM ロールを指定できます。詳細については、「ロールベースアクセスコントロール」を参照してください。 2016 年 3 月 29 日
VACUUM ソートしきい値 VACUUM コマンドでは現在、テーブルの行の 95 パーセント以上がすでにソートされているテーブルのソートフェーズをスキップします。コマンドを実行するときに、TO threshold PERCENT パラメータを含めることにより、1 つのテーブルに対するデフォルトのソートしきい値を変更できます。VACUUM 2016 年 3 月 17 日
STL_CONNECTION_LOG の新しい列 STL_CONNECTION_LOG システムテーブルには 3 つの新しい列が追加されました。Amazon Redshift テーブルに定期的に監査ログをロードする場合、ターゲットテーブルに sslversion、sslcipher および mtu という新しい列を追加する必要があります。 2016 年 3 月 17 日
bzip2 圧縮を使用した UNLOAD bzip2 圧縮を使用した UNLOAD オプションが利用できるようになりました。 2016 年 2 月 8 日
ALTER TABLE APPEND ALTER TABLE APPEND は、既存のソーステーブルのデータを移動して、ターゲットテーブルに行を追加します。通常、ALTER TABLE APPEND は、データを複製するのではなく移動するため、同様の CREATE TABLE AS または INSERT の INTO オペレーションよりもはるかに高速です。 2016 年 2 月 8 日
WLM クエリキューのホッピング ワークロード管理 (WLM) によって読み取り専用クエリ (SELECT ステートメントなど) がキャンセルされた場合、WLM のタイムアウトにより、WLM は次に一致するキューにクエリのルーティングを試みます。詳細については、「WLM クエリキューのホッピング」を参照してください。 2016 年 1 月 7 日
ALTER DEFAULT PRIVILEGES ALTER DEFAULT PRIVILEGES コマンドを使用して、指定したユーザーによって今後作成されるオブジェクトに対して、デフォルトで適用するアクセス権のセットを定義します。 2015 年 12 月 10 日
bzip2 ファイル圧縮 COPY コマンドは、bzip2 で圧縮されたファイルからのデータのロードをサポートします。 2015 年 12 月 10 日
NULLS FIRST および NULLS LAST ORDER BY 句で、結果セットで NULL を最初にランク付けするか最後にランク付けするかを指定できます。詳細については、「ORDER BY 句」および「ウィンドウ関数の構文の概要」を参照してください。 2015 年 11 月 19 日
CREATE LIBRARY ライブラリの REGION キーワード UDF ライブラリファイルを保持する Amazon S3 バケットが Amazon Redshift クラスターと同じ AWS リージョンに存在しない場合は、REGION オプションを使用して、データがあるリージョンを指定できます。詳細については、「ライブラリを作成する」を参照してください。 2015 年 11 月 19 日
ユーザー定義のスカラー関数 (UDF) Python 2.7 標準ライブラリで Amazon Redshift がサポートするモジュールまたは Python プログラミング言語に基づく独自のカスタム UDFs によって提供される非 SQL 処理機能を実装するために、カスタムユーザー定義のスカラー関数を作成できるようになりました。詳細については、「ユーザー定義関数の作成」を参照してください。 2015 年 9 月 11 日
WLM 設定の動的プロパティ WLM 設定パラメータは一部のプロパティの動的な適用をサポートするようになりました。他のプロパティは静的なままであり、設定の変更を適用するには、該当するクラスターを再起動する必要があります。詳細については、「WLM の動的設定プロパティと静的設定プロパティ」および「ワークロード管理の実装」を参照してください。 2015 年 8 月 3 日
LISTAGG 関数 LISTAGG 関数LISTAGG ウィンドウ関数 は、列の一連の値を連結することで作成された文字列を返します。 2015 年 7 月 30 日
廃止されたパラメータ

max_cursor_result_set_size 設定パラメータは廃止されました。カーソルの結果セットのサイズはクラスターノードタイプに基づいて制限されます。詳細については、「カーソルの制約」を参照してください。

2015 年 7 月 24 日
COPY コマンドの改訂版ドキュメント COPY コマンドリファレンスは、分かりやすくまた検索しやすくなるように大幅に改訂されました。 2015 年 7 月 15 日
Avro 形式からの COPY COPY コマンドは、SSH を使用して Amazon S3、Amazon EMR、リモートホストからデータファイルを Avro 形式でロードする処理をサポートします。詳細については、「AVRO」および「Avro の例からのコピー」を参照してください。 2015 年 7 月 8 日
STV_STARTUP_RECOVERY_STATE STV_STARTUP_RECOVERY_STATE システムテーブルには、クラスターの再起動オペレーション中に一時的にロックされているテーブルの状態が記録されます。Amazon Redshift は、クラスターの再起動後、古いトランザクションを解決するために処理されているテーブルを一時的にロックします。 2015 年 5 月 25 日
ORDER BY はランク付け関数に省略可能です。 ORDER BY 句は特定のウィンドウランク付け関数に省略可能になりました。詳細については、「CUME_DIST ウィンドウ関数」、「DENSE_RANK ウィンドウ関数」、「RANK ウィンドウ関数」、「NTILE ウィンドウ関数」、「PERCENT_RANK ウィンドウ関数」、「ROW_NUMBER ウィンドウ関数」を参照してください。 2015 年 5 月 25 日
インターリーブソートキー インターリーブソートキーはソートキーの各列に等しい重みを割り当てます。デフォルトの複合キーの代わりにインターリーブソートキーを使用すると、制限された述語を 2 番目のソート列で使用するクエリのパフォーマンスが、サイズの大きいテーブルに対しては特に、大幅に向上します。また、インターリーブソートを使用すると、複数のクエリが同じテーブルの異なる列でフィルタリングされるときの全体的なパフォーマンスが向上します。詳細については、「ソートキーの操作」および「CREATE TABLE」を参照してください。 2015 年 5 月 11 日
「クエリパフォーマンスのチューニング」トピックの改訂 クエリパフォーマンスのチューニング」が拡張され、クエリパフォーマンスなどの例を分析するクエリが含められました。さらに、このトピックはより明確で詳細になるように改訂されました。「Amazon Redshift クエリの設計のベストプラクティス」には、パフォーマンスを向上させるにクエリを記述する方法についての詳細な情報が記載されています。 2015 年 3 月 23 日
SVL_QUERY_QUEUE_INFO SVL_QUERY_QUEUE_INFO ビューでは、WLM クエリキューまたはコミットキューで時間がかかったクエリの詳細が示されます。 2015 年 2 月 19 日
SVV_TABLE_INFO SVV_TABLE_INFO ビューを使用して、クエリのパフォーマンスに影響する可能性のあるテーブル設計の問題を診断し、対応できます。これには、圧縮エンコード、分散キー、ソートスタイル、データ分散スキュー、テーブルサイズ、および統計情報が含まれます。 2015 年 2 月 19 日
UNLOAD でサーバー側ファイル暗号化機能を使用 UNLOAD コマンドで、自動的に Amazon S3 サーバー側暗号化 (SSE) 機能が使用されてすべてのアンロードデータファイルが暗号化されるようになりました。サーバー側暗号化機能により、パフォーマンスがほとんど、またはまったく変化することなく、データのセキュリティが一段と強化されます。 2014 年 10 月 31 日
CUME_DIST ウィンドウ関数 CUME_DIST ウィンドウ関数 は、ウィンドウまたはパーティション内の値の累積分布を計算します。 2014 年 10 月 31 日
MONTHS_BETWEEN 関数 MONTHS_BETWEEN 関数 は、2 つの日付の間の月数を算出します。 2014 年 10 月 31 日
NEXT_DAY 関数 NEXT_DAY 関数 は、指定の日付より後に指定の曜日となる最初の日付を返します。 2014 年 10 月 31 日
PERCENT_RANK ウィンドウ関数 PERCENT_RANK ウィンドウ関数 は、指定の行のパーセントランクを計算します。 2014 年 10 月 31 日
RATIO_TO_REPORT ウィンドウ関数 RATIO_TO_REPORT ウィンドウ関数 は、ウィンドウまたはパーティションの値の合計に対する、ある値の比率を計算します。 2014 年 10 月 31 日
TRANSLATE 関数 TRANSLATE 関数 は、任意の式内の指定された文字をすべて、指定された別の文字に置き換えます。 2014 年 10 月 31 日
NVL2 関数 NVL2 式 は、指定された式を評価すると NULL になるか NOT NULL になるかに基づいて、2 つの値のどちらかを返します。 2014 年 10 月 16 日
MEDIAN ウィンドウ関数 MEDIAN ウィンドウ関数 は、ウィンドウまたはパーティションの値の範囲について、その中央値を計算します。 2014 年 10 月 16 日
GRANT および REVOKE コマンドの ON ALL TABLES IN SCHEMA schema_name GRANT および REVOKE コマンドが更新され、ON ALL TABLES IN SCHEMA schema_name 句が追加されました。この句を使用すると、1 つのコマンドで、スキーマ内のすべてのテーブルに対する権限を変更できます。 2014 年 10 月 16 日
DROP SCHEMA、DROP TABLE、DROP USER、DROP VIEW コマンドの IF EXISTS 句 DROP SCHEMADROP TABLEDROP USERDROP VIEW の各コマンドが更新され、IF EXISTS 句が追加されました。この句を使用すると、指定したオブジェクトが存在しない場合、コマンドはエラーで終了するのではなく、何も変更しないでメッセージを返します。 2014 年 10 月 16 日
CREATE SCHEMA および CREATE TABLE コマンドの IF NOT EXISTS 句 CREATE SCHEMA および CREATE TABLE コマンドが更新され、IF NOT EXISTS 句が追加されました。この句を使用すると、指定したオブジェクトが既に存在する場合、コマンドはエラーで終了するのではなく、何も変更しないでメッセージを返します。 2014 年 10 月 16 日
COPY が UTF-16 エンコードをサポート COPY コマンドが、UTF-8 エンコードに加えて、UTF-16 エンコードを使用するデータファイルからのロードもサポートするようになりました。詳細については、「ENCODING」を参照してください。 2014 年 9 月 29 日
新しいワークロード管理チュートリアル チュートリアル: 手動ワークロード管理 (WLM) キューの設定」で、ワークロード管理 (WLM) キューを設定してクエリ処理とリソース割り当てを改善する方法について順を追って説明しています。 2014年9月25日
AES 128 ビット暗号化 COPY コマンドが、Amazon S3 クライアント側暗号化機能を使って暗号化されたデータファイルからロードするときに、AES 256 ビット暗号化に加えて、AES 128 ビット暗号化もサポートするようになりました。詳細については、「暗号化されたデータファイルを Amazon S3 からロードする」を参照してください。 2014 年 9 月 29 日
PG_LAST_UNLOAD_COUNT 関数 PG_LAST_UNLOAD_COUNT 関数は、一番最近の UNLOAD 操作で処理された行数を返します。詳細については、「PG_LAST_UNLOAD_COUNT」を参照してください。 2014 年 9 月 15 日
クエリのトラブルシューティングのセクションの新規追加 クエリのトラブルシューティング」は、Amazon Redshift クエリで発生する可能性のある一般的な問題と重大な問題を特定し、それらの問題に対処するためのクイックリファレンスとして追加されました。 2014 年 7 月 7 日
データのロードのチュートリアルの新規追加 チュートリアル: Amazon S3 からデータをロードする」で、Amazon S3 バケット内のデータファイルから Amazon Redshift データベースのテーブルにデータをロードするプロセスを始めから終わりまで説明しています。 2014 年 7 月 1 日
PERCENTILE_CONT ウィンドウ関数 PERCENTILE_CONT ウィンドウ関数 は、連続型分散モデルを前提とする逆分散関数です。これは、パーセンタイル値とソート仕様を取得し、ソート仕様を基準として、そのパーセンタイル値に該当する補間値を返します。 2014 年 6 月 30 日
PERCENTILE_DISC ウィンドウ関数 PERCENTILE_DISC ウィンドウ関数 は、離散型分散モデルを前提とする逆分散関数です。パーセンタイル値とソート指定を受け取り、データセットから該当する要素を返します。 2014 年 6 月 30 日
GREATEST および LEAST 関数 GREATEST および LEAST 関数は、式のリストから最大値または最小値を返します。 2014 年 6 月 30 日
リージョン間の COPY COPY コマンドでは、Amazon Redshift クラスターとは異なるリージョンにある Amazon S3 バケットや Amazon DynamoDB テーブルのデータのロードがサポートされています。詳細については、COPY コマンドのリファレンスの「REGION」を参照してください。 2014 年 6 月 30 日
ベストプラクティスの拡充 Amazon Redshift ベストプラクティス は拡充および再編成され、より見つけやすいようにナビゲーション階層の最上位に移動されました。 2014 年 5 月 28 日
1 つのファイルに対する UNLOAD UNLOAD コマンドでは、必要に応じて PARALLEL OFF オプションを追加することで、テーブルデータを Amazon S3 上の 1 つのファイルに、順次にアンロードできます。データのサイズがファイルの最大サイズの 6.2 GB よりも大きい場合は、UNLOAD によって追加のファイルが作成されます。 2014 年 5 月 6 日
REGEXP の関数 REGEXP_COUNTREGEXP_INSTRREGEXP_REPLACE の関数は、正規表現のパターンマッチングに基づいて文字列を操作します。 2014 年 5 月 6 日
Amazon EMR からの COPY

COPY コマンドは、Amazon EMR クラスターからのデータの直接ロードをサポートします。詳細については、「Amazon EMR からデータをロードする」を参照してください。

2014 年 4 月 18 日
WLM 同時実行の制限の緩和

ユーザー定義クエリキューで最大 50 個のクエリを同時に実行するようにワークロード管理 (WLM) を設定できるようになりました。この緩和により、WLM 設定を変更してシステムのパフォーマンスをより柔軟に管理できます。詳細については、「手動 WLM を実装する」を参照してください。

2014 年 4 月 18 日
カーソルサイズを管理するための新しい設定パラメータ

max_cursor_result_set_size 設定パラメータは、データの最大サイズを MB 単位で定義します。これは、より大きいクエリのカーソル結果セットごとに取得できます。このパラメータ値は、クラスターの同時カーソルの数にも影響するため、クラスターのカーソル数を増減する値を設定できます。

詳細については、このガイドの「DECLARE」および https://docs.aws.amazon.com/redshift/latest/mgmt/working-with-parameter-groups.html#max-cursor-result-set-size-param の「カーソル結果セットの最大サイズを設定するAmazon Redshift Cluster Management Guide」を参照してください。

2014 年 3 月 28 日
JSON 形式からの COPY COPY コマンドは、SSH を使用して Amazon S3 のデータファイルとリモートホストからデータを JSON 形式でロードする処理をサポートします。詳細については、「使用に関する注意事項」の「JSON 形式からの COPY」を参照してください。 2014 年 3 月 25 日
新しいシステムテーブル STL_PLAN_INFO STL_PLAN_INFO テーブルはクエリプランを参照する別の方法として EXPLAIN コマンドを補完します。 2014 年 3 月 25 日
新しい関数 REGEXP_SUBSTR REGEXP_SUBSTR 関数 は、正規表現パターンを検索して文字列から抽出した文字を返します。 2014 年 3 月 25 日
STL_COMMIT_STATS の新しい列 テーブルには 2 つの新しい列が追加されました。STL_COMMIT_STATSnumxids および oldestxid 2014 年 3 月 6 日
gzip と lzop に対する SSH からの COPY のサポート COPY コマンドは、SSH 接続でデータをロードするときに gzip および lzop 圧縮をサポートします。 2014 年 2 月 13 日
新しい関数 ROW_NUMBER ウィンドウ関数 は、現在の行の番号を返します。STRTOL 関数 は、基数が指定された数の文字列式を、相当する整数値に変換します。PG_CANCEL_BACKENDPG_TERMINATE_BACKEND は、クエリとセッション接続をキャンセルできるようにします。LAST_DAY 関数は、Oracle との互換性のために追加されています。 2014 年 2 月 13 日
新しいシステムテーブル STL_COMMIT_STATS システムテーブルは、コミットのさまざまなステージのタイミングやコミットされるブロックの数など、コミットのパフォーマンスに関連するメトリクスを提供します。 2014 年 2 月 13 日
単一ノードクラスターでの FETCH 単一ノードクラスターでカーソルを使用する場合、FETCH コマンドを使用して取得できる行の最大数は 1,000 です。単一ノードクラスターでは、FETCH FORWARD ALL はサポートされません。 2014 年 2 月 13 日
DS_DIST_ALL_INNER 再分散戦略 説明プランの出力の DS_DIST_ALL_INNER は、外部テーブルで DISTSTYLE ALL が使用されているために内部テーブル全体が単一スライスに再分散されたことを示しています。詳細については、「結合の種類の例」および「クエリプランの評価」を参照してください。 2014 年 1 月 13 日
クエリ用の新しいシステムテーブル Amazon Redshift では、チューニングとトラブルシューティングの目的でクエリ実行を評価するために使用できる新しいシステムテーブルが追加されました。詳細については、「SVL_COMPILE」、「STL_SCAN」、「STL_RETURN」、「STL_SAVE」、「STL_ALERT_EVENT_LOG」を参照してください。 2014 年 1 月 13 日
単一ノードカーソル カーソルが単一ノードクラスターでサポートされるようになりました。単一ノードクラスターでは、一度に 2 個のカーソルを開くことができ、結果セットの最大サイズは 32 GB です。単一ノードクラスターでは、ODBC Cache Size パラメータを 1,000 に設定することをお勧めします。詳細については、「DECLARE」を参照してください。 2013 年 12 月 13 日
ALL 分散形式 ALL 分散では、特定の種類のクエリの実行時間を劇的に短縮できます。テーブルで ALL 分散スタイルを使用すると、テーブルのコピーはすべてのノードに分散されます。テーブルは他のすべてのテーブルと効果的にコロケーテッド結合されるため、クエリ実行時に再分散は不要です。ALL 分散は、ストレージ要件とロード時間が増すため、すべてのテーブルに適しているわけではありません。詳細については、「データ分散スタイルの使用」を参照してください。 2013 年 11 月 11 日
リモートホストからの COPY COPY コマンドでは、Amazon S3 のデータファイルと Amazon DynamoDB テーブルからのテーブルのロードに加え、Amazon EMR クラスターや Amazon EC2 インスタンスなどのリモートホストから、SSH 接続を使用してテキストデータをロードできます。Amazon Redshift は多重同時 SSH 接続を使用してデータを並列的に読み取ったりロードしたりできます。詳細については、「リモートホストからデータをロードする」を参照してください。 2013 年 11 月 11 日
WLM メモリの使用率 ワークロード管理 (WLM) 設定でキューごとにメモリの割合を指定することで、ワークロードを分散することができます。詳細については、「手動 WLM を実装する」を参照してください。 2013 年 11 月 11 日
APPROXIMATE COUNT(DISTINCT) APPROXIMATE COUNT(DISTINCT) を使用するクエリは、実行がはるかに高速で、相対エラーは約 2% です。APPROXIMATE COUNT(DISTINCT) 関数は HyperLogLog アルゴリズムを使用します。詳細については、「COUNT 関数」を参照してください。 2013 年 11 月 11 日
最近のクエリの詳細を取得する新しい SQL 関数 4 個の新しい SQL 関数は、最近のクエリと COPY コマンドに関する詳細を取得します。この新しい関数により、システムログテーブルに対するクエリを実行しやすくなり、多くの場合、システムテーブルにアクセスしなくても必要な詳細を得られます。詳細については、「PG_BACKEND_PID」、「PG_LAST_COPY_ID」、「PG_LAST_COPY_COUNT」、「PG_LAST_QUERY_ID」を参照してください。 2013 年 11 月 1 日
UNLOAD の MANIFEST オプション UNLOAD コマンドの MANIFEST オプションは、COPY コマンドの MANIFEST オプションを補完します。UNLOAD で MANIFEST オプションを使用すると、アンロード操作によって Amazon S3 で作成されたデータファイルを明示的に一覧表示するマニフェストファイルが自動的に作成されます。その後、同じマニフェストファイルを COPY コマンドで使用してデータをロードできます。詳細については、「データを Amazon S3 にアンロードする」および「UNLOAD の例」を参照してください。 2013 年 11 月 1 日
COPY の MANIFEST オプション COPY コマンドに MANIFEST オプションを付けることで、Amazon S3 からロードされるデータファイルを明示的にリストすることができます。 2013 年 10 月 18 日
トラブルシューティングクエリのシステムテーブル トラブルシューティングクエリに使用するシステムテーブルに関する追加ドキュメント。セクションに、次のシステムテーブルのドキュメントが含まれるようになりました。ログ記録のための STL ビューSTL_AGGR、STL_BCAST、STL_DIST、STL_DELETE、STL_HASH、STL_HASHJOIN、STL_INSERT、STL_LIMIT、STL_MERGE、STL_NESTLOOP、STL_PARSE、STL_PROJECT、STL_CANSSL、STUINDS。 2013 年 10 月 3 日
CONVERT_TIMEZONE 関数 CONVERT_TIMEZONE 関数 は、ひとつのタイムゾーンから別のタイムゾーンに自動的にタイムスタンプを変換します。夏時間の設定も自動的に調整されます。 2013 年 10 月 3 日
SPLIT_PART 関数 SPLIT_PART 関数 は指定した区切り記号を使って文字列を分割し、指定した位置の文字列を返します。 2013 年 10 月 3 日
STL_USERLOG システムテーブル STL_USERLOG データベースユーザーが作成、変更、または削除されたときに発生する変更の詳細を記録します。 2013 年 10 月 3 日
LZO 列エンコーディングと LZOP ファイル圧縮。 LZO 列圧縮エンコーディングは、非常に高い圧縮率と高いパフォーマンスを同時に実現します。Amazon S3 からの COPY では、LZOP 圧縮によって圧縮したファイルのロードをサポートしています。 2013 年 9 月 19 日
JSON、正規表現、およびカーソル JSON 文字列の解析、正規表現を使ったパターンマッチング、および ODBC 接続でカーソルを使用した大規模データの取得がサポートされるようになりました。詳細については、「JSON 関数」、「パターンマッチング条件」、および「DECLARE」を参照してください。 2013 年 9 月 10 日
COPY の ACCEPTINVCHAR オプション COPY コマンドに ACCEPTINVCHAR オプションを付けて実行すると、無効な UTF-8 文字を含むデータも問題なくロードすることができます。 2013 年 8 月 29 日
COPY の CSV オプション COPY コマンドで、CSV 形式の入力ファイルをロードできるようになりました。 2013 年 8 月 9 日
CRC32 CRC32 関数 は周期的な冗長チェックを実行します。 2013 年 8 月 9 日
WLM ワイルドカード ワークロード管理 (WLM) でクエリにユーザーグループやクエリグループを追加する際に、ワイルドカードを使用できます。詳細については、「Wildcards」を参照してください。 2013 年 8 月 1 日
WLM タイムアウト 各キューについて WLM タイムアウト値を設定することで、特定の WLM キュー内でクエリが使用できる時間を制限することができます。詳細については、「WLM タイムアウト」を参照してください。 2013 年 8 月 1 日
新しい COPY オプション: auto と epochsecs COPY コマンドは、日付と時刻の形式を自動的に認識します。新しい時刻形式である「epochsecs」と「epochmillisecs」により、COPY コマンドでエポック形式のデータをロードすることができます。 2013 年 7 月 25 日
CONVERT_TIMEZONE 関数 CONVERT_TIMEZONE 関数 は、ひとつのタイムゾーンから別のタイムゾーンにタイムスタンプを変換します。 2013 年 7 月 25 日
FUNC_SHA1 関数 FUNC_SHA1 関数 は、SHA1 アルゴリズムを使用して文字列を変換します。 2013 年 7 月 15 日
max_execution_time クエリが使用できる時間を制限するために、WLM 設定で max_execution_time パラメータを使用することができます。詳細については、「WLM 設定の変更」を参照してください。 2013 年 7 月 22 日
4 バイト UTF-8 文字 VARCHAR データタイプで 4 バイトの UTF-8 文字を使用できるようになりました。5 バイト以上の UTF-8 文字はサポートされません。詳細については、「ストレージと範囲」を参照してください。 2013 年 7 月 18 日
SVL_QERROR SVL_QERROR システムビューは廃止されました。 2013 年 7 月 12 日
ドキュメント履歴の改訂 ドキュメント履歴ページに、ドキュメント更新の日付が表示されるようになりました。 2013 年 7 月 12 日
STL_UNLOAD_LOG STL_UNLOAD_LOG はアンロード処理の詳細を記録します。 2013 年 7 月 5 日
JDBC フェッチサイズパラメータ JDBC を使用して大きなデータセットを取得する際にユーザー側でメモリ不足エラーが発生することを避けるため、JDBC フェッチサイズパラメータを指定して、クライアントがデータをバッチ単位でフェッチするように設定できます。詳細については、「JDBC フェッチサイズパラメータの設定」を参照してください。 2013 年 6 月 27 日
UNLOAD 暗号化ファイル UNLOAD で、Amazon S3 での、テーブルデータから暗号化ファイルへのアンロードがサポートされるようになりました。 2013 年 5 月 22 日
一時認証情報 COPYUNLOAD で、一時認証情報が使用できるようになりました。 2013 年 4 月 11 日
説明の追加 テーブルの設計とデータのロードについての、より明確で詳細な説明が追加されました。 2013 年 2 月 14 日
ベストプラクティスの追加 Amazon Redshift テーブル設計のベストプラクティスAmazon Redshift データのロードのベストプラクティス が追加されました。 2013 年 2 月 14 日
パスワード規定の明確化 CREATE USER および ALTER USER でのパスワード規定がより明確になりました。また、細かい改訂が加えられました。 2013 年 2 月 14 日

新規ガイド

これは『Amazon Redshift 開発者ガイド』の最初のリリースです。 2013 年 2 月 14 日