ステートマシンバージョン - AWS Step Functions

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

ステートマシンバージョン

バージョンとは、ステートマシンの番号が付けられた変更不可能なスナップショットです。そのステートマシンに作成された最新リビジョンのバージョンを公開します。各バージョンには、固有の Amazon リソースネーム (ARN) があります。この ARN は、ステートマシン ARN とコロン (:) で区切られたバージョン番号の組み合わせです。次の例は、ステートマシンのバージョン ARN の形式を示しています。

arn:partition:states:region:account-id:stateMachine:myStateMachine:1

ステートマシンのバージョンの使用を開始するには、最初のバージョンを公開する必要があります。バージョンを公開したら、バージョン ARN を使用して StartExecution API アクションを呼び出すことができます。バージョンを編集することはできませんが、ステートマシンを更新して新しいバージョンを公開することができます。ステートマシンの複数のバージョンを公開することもできます。

ステートマシン定義のバージョン。ステートマシンを更新すると、ステートマシンの新しいリビジョンが作成されます。ステートマシンのバージョンをリビジョンから公開できます。

ステートマシンの新しいバージョンを公開すると、Step Functions によってバージョン番号が割り当てられます。バージョン番号は 1 から始まり、新しいバージョンごとに単純に増えていきます。バージョン番号は特定のステートマシンでは再利用されません。ステートマシンのバージョン 10 を削除して新しいバージョンを公開する場合、Step Functions はそれをバージョン 11 として公開します。

以下のプロパティはステートマシンのすべてのバージョンで同じになります。

  • ステートマシンのすべてのバージョンは同じタイプ (標準または Express) を共有します。

  • ステートマシンの名前または作成日をバージョン間で変更することはできません。

  • タグはステートマシンにグローバルに適用されます。ステートマシンのタグは、 TagResourceおよび UntagResource API アクションを使用して管理できます。

ステートマシンには各バージョンと revision に含まれるプロパティも含まれますが、これらのプロパティは 2 つのバージョンまたはリビジョンによって異なる場合があります。これらのプロパティには、ステートマシン定義IAM ロール、トレーシング設定ログ記録設定が含まれます。

ステートマシンのバージョンの公開 (コンソール)

ステートマシンのバージョンは最大 1000 個公開できます。このソフトリミットの引き上げをリクエストするには、AWS Management Console[サポートセンター] ページを使用してください。コンソールから、または DeleteStateMachineVersion API アクションを呼び出して、未使用のバージョンを手動で削除できます。

ステートマシンのバージョンを公開するには
  1. Step Functions コンソールを開き、既存のステートマシンを選択します。

  2. [ステートマシンの詳細] ページで、[編集] を選択します。

  3. 必要に応じてステートマシン定義を編集し、[保存] を選択します。

  4. [Publish version] を選択します。

  5. (オプション) 表示されたダイアログボックスの[説明] フィールドに、ステートマシンのバージョンに関する簡単な説明を入力します。

  6. [発行] を選択します。

注記

ステートマシンの新しいバージョンを公開すると、Step Functions によってバージョン番号が割り当てられます。バージョン番号は 1 から始まり、新しいバージョンごとに単純に増えていきます。バージョン番号は特定のステートマシンでは再利用されません。ステートマシンのバージョン 10 を削除して新しいバージョンを公開する場合、Step Functions はそれをバージョン 11 として公開します。

Step Functions API 操作によるバージョンの管理

Step Functions には、ステートマシンのバージョンを公開および管理するための次の API オペレーションが用意されています。

  • PublishStateMachineVersion - ステートマシンrevisionの現在の からバージョンを発行します。

  • UpdateStateMachine – ステートマシンを更新し、同じリクエストtruepublishパラメータを に設定すると、新しいステートマシンバージョンを発行します。

  • CreateStateMachinepublishパラメータを に設定した場合、ステートマシンの最初のリビジョンを発行しますtrue

  • ListStateMachineVersions – 指定されたステートマシン ARN のバージョンを一覧表示します。

  • DescribeStateMachine – で指定されたバージョン ARN のステートマシンバージョンの詳細を返しますstateMachineArn

  • DeleteStateMachineVersion – ステートマシンのバージョンを削除します。

myStateMachine を使用して というステートマシンの現在のリビジョンから新しいバージョンを公開するには AWS Command Line Interface、 publish-state-machine-version コマンドを使用します。

aws stepfunctions publish-state-machine-version --state-machine-arn arn:aws:states:us-east-1:123456789012:stateMachine:myStateMachine

レスポンスは stateMachineVersionArn を返します。例えば、前のコマンドは arn:aws:states:us-east-1:123456789012:stateMachine:myStateMachine:1 のレスポンスを返します。

注記

ステートマシンの新しいバージョンを公開すると、Step Functions によってバージョン番号が割り当てられます。バージョン番号は 1 から始まり、新しいバージョンごとに単純に増えていきます。バージョン番号は特定のステートマシンでは再利用されません。ステートマシンのバージョン 10 を削除して新しいバージョンを公開する場合、Step Functions はそれをバージョン 11 として公開します。

コンソールからのステートマシンバージョンの実行

ステートマシンバージョンの使用を開始するには、まず現在のステートマシン revision からバージョンを公開する必要があります。バージョンを公開するには、Step Functions コンソールを使用するか、 PublishStateMachineVersion API アクションを呼び出します。という名前のオプションパラメータを使用して UpdateStateMachineAlias API アクションを呼び出しpublishて、ステートマシンを更新し、そのバージョンを公開することもできます。

コンソールを使用するか、 StartExecution API アクションを呼び出してバージョン ARN を指定することで、バージョンの実行を開始できます。エイリアスを使用してバージョンの実行を開始することもできます。エイリアスはルーティング設定に基づいて、トラフィックを特定のバージョンにルーティングします。

バージョンを使用せずにステートマシンの実行を開始すると、Step Functions はステートマシンの最新リビジョンを使用して実行します。Step Functions が実行をバージョンに関連付ける方法については、「バージョンまたはエイリアスへの実行の関連付け」を参照してください。

ステートマシンバージョンを使用して実行を開始するには
  1. Step Functions コンソールを開き、1 つ以上のバージョンを公開している既存のステートマシンを選択します。バージョンを公開する方法については、「ステートマシンのバージョンの公開 (コンソール)」を参照してください。

  2. [ステートマシンの詳細]」ページで [バージョン] タブを選択します。

  3. [バージョン] セクションで、次の操作を行います。

    1. 実行の開始に使用するバージョンを選択します。

    2. [実行のスタート] を選択します。

  4. (オプション) [実行を開始] ダイアログボックスで、実行の名前を入力します。

  5. (オプション) 必要に応じて実行の入力を指定し、[実行を開始] を選択します。