ドキュメント履歴 - AWS Data Pipeline

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

ドキュメント履歴

このドキュメントは、2012-10-29 の AWS Data Pipeline リリースに関連するものです。

ドキュメントの最新更新日: 2018 年 11 月 9 日

変更 説明 リリース日

サポートされている Amazon EC2 と Amazon EMR のインスタンスのリストを更新しました。

インスタンスに使用されているハードウェア仮想マシン (HVM) AMI の ID のリストを更新しました。

サポートされている Amazon EC2 と Amazon EMR のインスタンスのリストを更新しました。詳細については、「パイプラインの作業アクティビティ用にサポートされているインスタンスタイプ」を参照してください。

インスタンスに使用されているハードウェア仮想マシン (HVM) AMI の ID のリストを更新しました。詳細については、「構文」を参照し、imageId を検索してください。

2018 年 11 月 9 日
クラスターノードへの Amazon EBS ボリュームのアタッチと、プライベートサブネット内での Amazon EMR クラスターの起動に関する設定を追加しました。

EMRcluster オブジェクトに設定オプションを追加しました。これらのオプションは、Amazon EMR クラスターを使用するパイプラインで使用できます。

Amazon EMR クラスターのコア、マスター、タスクの各ノードに対する Amazon EBS ボリュームのアタッチを設定するには、coreEbsConfigurationmasterEbsConfigurationTaskEbsConfiguration の各フィールドを使用します。詳細については、「クラスターノードに EBS ボリュームをアタッチする」を参照してください。

Amazon EMR クラスターをプライベートサブネットで設定するには、emrManagedMasterSecurityGroupIdemrManagedSlaveSecurityGroupIdServiceAccessSecurityGroupId の各フィールドを使用します。詳細については、「プライベートサブネットで Amazon EMR クラスターを設定する」を参照してください。

EMRcluster 構文の詳細については、「EmrCluster」を参照してください。

2018 年 4 月 19 日
サポートされている Amazon EC2 と Amazon EMR のインスタンスのリストを追加しました。

パイプライン定義にインスタンスタイプを指定しなかった場合に、AWS Data Pipeline でデフォルトで作成されるインスタンスのリストを追加しました。サポートされている Amazon EC2 と Amazon EMR のインスタンスのリストを追加しました。詳細については、「パイプラインの作業アクティビティ用にサポートされているインスタンスタイプ」を参照してください。

2018 年 3 月 22 日
オンデマンドパイプラインのサポートを追加しました。
  • パイプラインを再アクティブ化することで再実行できるオンデマンドパイプラインのサポートが追加されました。詳細については、「オンデマンド」を参照してください。

2016 年 2 月 22 日
RDS データベースの追加サポート
  • rdsInstanceIdregion、および jdbcDriverJarUriRdsDatabase に追加されました。

  • RdsDatabase もサポートするために SqlActivity 内の database が更新されました。

2015 年 8 月 17 日
追加の JDBC のサポート
  • JdbcDatabase もサポートするために SqlActivity 内の database が更新されました。

  • jdbcDriverJarUriJdbcDatabase に追加されました。

  • initTimeoutEc2ResourceEmrCluster に追加されました。

  • runAsUserEc2Resource に追加されました。

2015 年 7 月 7 日
HadoopActivity、アベイラビリティーゾーン、およびスポットのサポート
  • Hadoop クラスターに並列作業を送信できるようになりました。詳細については、「HadoopActivity」を参照してください。

  • Ec2ResourceEmrCluster で使用するスポットインスタンスをリクエストする機能が追加されました。

  • 指定したアベイラビリティーゾーンで EmrCluster リソースを起動する機能を追加しました。

2015 年 6 月 1 日
パイプラインの非アクティブ化

アクティブなパイプラインの非アクティブ化のサポートが追加されました。詳細については、「パイプラインの非アクティブ化」を参照してください。

2015 年 4 月 7 日
更新されたテンプレートとコンソール

コンソールに反映されているように、新しいテンプレートを追加しました。[Getting Started with ShellCommandActivity] テンプレートを使用するように、使用開始のセクションを更新しました。詳細については、「コンソールテンプレートを使用したパイプラインの作成」を参照してください。

2014 年 11 月 25 日
VPC サポート

Virtual Private Cloud (VPC) でリソースを起動するためのサポートを追加しました。詳細については、「VPC に対するパイプラインのリソースの起動」を参照してください。

2014 年 3 月 12 日
リージョンのサポート

複数サービスリージョンのサポートを追加しました。us-east-1 に加えて、eu-west-1ap-northeast-1ap-southeast-2、および us-west-2 で AWS Data Pipeline がサポートされています。

2014 年 2 月 20 日
Amazon Redshift サポート

AWS Data Pipeline に Amazon Redshift のサポートを追加しました。これには、新しいコンソールテンプレート (Copy to Redshift) と、このテンプレートの使い方を示すチュートリアルが含まれています。詳細については、「Amazon Redshift を使用した AWS Data Pipeline へのデータのコピー」、「RedshiftDataNode」、「RedshiftDatabase」、および「RedshiftCopyActivity」を参照してください。

2013 年 11 月 6 日
PigActivity

PigActivity が追加されました。Pig のネイティブサポートを提供します。詳細については、「PigActivity」を参照してください。

2013 年 10 月 15 日
新しいコンソールテンプレート、アクティビティ、およびデータ形式

新しい HiveCopyActivity や DynamoDBExportDataFormat を含め、新しい [CrossRegion DynamoDB Copy] コンソールテンプレートが追加されました。

2013 年 8 月 21 日
カスケードの失敗と再実行

AWS Data Pipeline による失敗のカスケードと再実行の動作に関する情報を追加しました。詳細については、「カスケードの失敗と再実行」を参照してください。

2013 年 8 月 8 日
トラブルシューティングの動画

AWS Data Pipeline の基本的なトラブルシューティングの動画を追加しました。詳細については、「Troubleshooting」を参照してください。

2013 年 7 月 17 日
アクティブなパイプラインの編集

アクティブなパイプラインの編集およびパイプラインコンポーネントの再実行に関する詳細情報が追加されました。詳細については、「パイプラインの編集」を参照してください。

2013 年 7 月 17 日
異なるリージョンでのリソースの使用

異なるリージョン内のリソースの使用に関する詳細情報を追加しました。詳細については、「複数のリージョンにあるリソースとパイプラインの使用」を参照してください。

2013 年 6 月 17 日
WAITING_ON_DEPENDENCIES ステータス

CHECKING_PRECONDITIONS ステータスは WAITING_ON_DEPENDENCIES に変更され、パイプラインオブジェクトの @waitingOn 実行時フィールドが追加されました。

2013 年 5 月 20 日
DynamoDBDataFormat

DynamoDBDataFormat テンプレートを追加しました。

2013 年 4 月 23 日
ウェブログの処理に関する動画とスポットインスタンスサポート

「AWS Data Pipeline、Amazon EMR、および Hive でウェブログを処理する」という動画と、Amazon EC2 スポットインスタンスのサポートを紹介しました。

2013 年 2 月 21 日

『AWS Data Pipeline 開発者ガイド』の初回リリース。

2012 年 12 月 20 日