タスクランナーとカスタム AMI - AWS Data Pipeline

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

タスクランナーとカスタム AMI

指定すると、Ec2Resourceパイプラインのオブジェクト、AWS Data Pipelineでは、Task Runner をインストールして設定する AMI を使用して、によって EC2 インスタンスが作成されます。この場合、PV 互換のインスタンスタイプが必要です。または、Task Runner を使用してカスタム AMI を作成し、[imageIdフィールドのEc2Resourceオブジェクト。詳細については、「Ec2Resource」を参照してください。

カスタム AMI は、以下の要件を満たしている必要があります。AWS Data Pipelineタスクランナーのためにそれを正常に使用するには:

  • インスタンスの実行先と同じリージョンに AMI を作成する。詳細については、「」を参照してください。独自の AMI の作成()Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

  • 使用する予定のインスタンスタイプで AMI の仮想化タイプがサポートされていることを確認する。たとえば、インスタンスタイプが I2 または G2 の場合は HVM AMI が必要であり、インスタンスタイプが T1、C1、M1、または M2 の場合は PV AMI が必要です。詳細については、「」を参照してください。Linux AMI 仮想化タイプ()Linux インスタンス用 Amazon EC2 ユーザーガイド

  • 次のソフトウェアをインストールしてください。

    • Linux

    • Bash

    • wget

    • unzip

    • Java 1.6 または 1.8

    • cloud-init

  • ec2-user という名前のユーザーアカウントを作成して設定します。