Lambda クォータ - AWS Lambda

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Lambda クォータ

重要

新規の AWS アカウント では、同時実行性とメモリクォータが低くなっています。これらのクォータは、使用状況に応じて AWS が自動的に引き上げます。

コンピューティングとストレージ

Lambda では、関数の実行と保存に使用できるコンピューティングおよびストレージリソースの量に対してクォータを設定します。同時実行とストレージのクォータは、AWS リージョン ごとに適用されます。Elastic Network Interface (ENI) クォータは、リージョンにかかわらず、仮想プライベートクラウド (VPC) ごとに適用されます。次のクォータは、デフォルト値から引き上げることができます。詳細については、「Service Quotas ユーザーガイド」の「クォータ引き上げのリクエスト」を参照してください。

リソース デフォルトのクォータ 引き上げることができる最大

同時実行数

1,000

数万

アップロードされた関数 (.zip ファイルアーカイブ) とレイヤーのストレージ。各関数バージョンとレイヤーバージョンは、ストレージを消費します。

コードストレージ管理のベストプラクティスについては、Serverless Land の「Lambda コードストレージのモニタリング」を参照してください。

75 GB

Terabytes

コンテナイメージとして定義された関数のストレージ。これらのイメージは Amazon ECR に保存されます。

Amazon ECR サービスクォータ」を参照してください。

仮想プライベートクラウド (VPC) ごとの Elastic Network Interfaces

注記

このクォータは、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) などの他のサービスと共有されます。「Amazon VPC クォータ」を参照してください。

250

数千

同時実行および Lambda がトラフィックに応じて関数の同時実行数をスケーリングする方法の詳細については、「Lambda 関数のスケーリング」を参照してください。

関数の設定、デプロイ、実行

関数の設定、デプロイ、実行には、次のクォータが適用されます。特に明記されていない限り、変更できません。

注記

Lambda のドキュメント、ログメッセージ、およびコンソールでは、1024 KB を示すのに (MiB ではなく) MB を使用します。

リソース クォータ

関数のメモリ割り当て

128 MB から 10,240 MB まで、1 MB 単位で増加できます。

注意: Lambda は、設定されたメモリの量に比例して CPU パワーを割り当てます。[メモリ (MB)] 設定を使用して、関数に割り当てられたメモリと CPU パワーを増減できます。1,769 MB の場合、1 つの vCPU に相当します。

関数タイムアウト

900 秒 (15 分)

関数の環境変数

4 KB (関数に関連付けられたすべての環境変数)

関数リソースベースのポリシー

20 KB

関数レイヤー

5 つのレイヤー

関数の同時実行スケーリング制限

各関数について、10 秒ごとに 1,000 の実行環境が必要です。

呼び出しペイロード (リクエストとレスポンス)

リクエストとレスポンスにそれぞれ 6 MB (同期)

ストリーミング応答ごとに 20 MB (同期。ストリーミング応答のペイロードサイズは、デフォルト値から増やすことができます。詳しくは AWS Support にお問い合わせください。)

256 KB (非同期)

ストリーミングレスポンスの帯域幅

関数のレスポンスでは、最初の 6 MB には上限がありません

6 MB を超えるレスポンスの場合、残りのレスポンスは 2 Mbps です

デプロイパッケージ (.zip ファイルアーカイブ) のサイズ

50 MB (zip 圧縮済み、直接アップロード)

250 MB (解凍後)

このクォータは、レイヤーやカスタムランタイムなど、アップロードするすべてのファイルに適用されます。

3 MB (コンソールエディタ)

コンテナイメージの設定サイズ

16 KB

コンテナイメージのコードパッケージサイズ

10 GB (非圧縮のイメージの最大サイズ、すべてのレイヤーを含む)

テストイベント (コンソールエディタ)

10

/tmp ディレクトリのストレージ

512 MB〜10,240 MB、1 MB 刻み

ファイルディスクリプタ

1,024

実行プロセス/スレッド

1,024

Lambda API リクエスト

次のクォータは Lambda API リクエストに関連付けられています。

リソース クォータ

リージョンごとの関数あたりの呼び出しリクエスト (同期)

実行環境の各インスタンスは、1 秒あたり最大 10 件のリクエストを処理できます。つまり、呼び出しの合計上限数は、同時実行数上限の 10 倍になります。Lambda 関数のスケーリング を参照してください。

リージョンごとの関数あたりの呼び出しリクエスト (非同期)

実行環境の各インスタンスは、無制限の数のリクエストを処理できます。つまり、呼び出しの合計上限数は、関数に利用できる同時実行数のみに基づく数になります。「Lambda 関数のスケーリング」を参照してください。

関数のバージョンまたはエイリアスあたりの呼び出しリクエスト頻度 (リクエスト数/秒)

10 x 割り当て済みのプロビジョニングされた同時実行数

注記

このクォータは、プロビジョニングされた同時実行を使用する関数にのみ適用されます。

GetFunction API リクエスト

1 秒あたり 100 リクエスト

GetPolicy API リクエスト

1 秒あたり 15 リクエスト

コントロールプレーン API リクエストの残り (呼び出し、 GetFunction、 GetPolicyリクエストを除く)

1 秒あたり 15 リクエスト

その他のサービス

AWS Identity and Access Management (IAM)、Amazon CloudFront (Lambda@Edge)、Amazon Virtual Private Cloud (Amazon VPC) などの他のサービスのクォータは、Lambda 関数に影響を与える可能性があります。詳細については、「Amazon Web Services 全般のリファレンス」と「他のサービスで AWS Lambda を使用する」の「AWS のサービスクォータ」を参照してください。