AWS Lambda の制限 - AWS Lambda

AWS Lambda の制限

AWS Lambda では、関数の実行と保存に使用できるコンピューティングおよびストレージリソースの量が制限されます。以下の制限は、リージョンごとに適用され、引き上げることができます。引き上げをリクエストするには、サポートセンターコンソールを使用してください。

リソース デフォルトの制限

同時実行数

1,000

関数とレイヤーストレージ

75 GB

VPC あたりの Elastic Network Interface の数

250

Lambda がトラフィックに応じて関数の同時実行をスケーリングする方法の詳細については、「AWS Lambda 関数スケーリング」を参照してください。

関数の設定、デプロイ、および実行には、以下の制限が適用されます。変更することはできません。

リソース 制限

関数のメモリ割り当て

128 MB から 3,008 MB まで、64 MB ごとに増加できます。

関数タイムアウト

900 秒 (15 分)

関数の環境変数

4 KB

関数リソースベースのポリシー

20 KB

関数レイヤー

5 つのレイヤー

関数の同時実行数のバースト

500~3000 (リージョンによって異なる)

リージョンあたりの呼び出し頻度 (リクエスト数/秒)

10 倍の同時実行数の制限 (同期的 – すべてのリソース)

10 倍の同時実行数の制限 ( 非同期的 – AWS 以外のソース)

無制限 (非同期的 – AWS サービスのソース)

関数のバージョンまたはエイリアスあたりの呼び出し頻度 (リクエスト数/秒)

10 x 割り当て済みのプロビジョニングされた同時実行数

この制限は、プロビジョニングされた同時実行数を使用する関数にのみ適用されます。

呼び出しペイロード (リクエストとレスポンス)

6 MB (同期)

256 KB (非同期)

デプロイパッケージサイズ

50 MB (zip 圧縮済み、直接アップロード)

250 MB (解凍、レイヤーを含む)

3 MB (コンソールエディタ)

テストイベント (コンソールエディタ)

10

/tmp ディレクトリのストレージ

512 MB

ファイルディスクリプタ

1,024

実行プロセス/スレッド

1,024

AWS Identity and Access Management、Amazon CloudFront (Lambda@Edge)、Amazon Virtual Private Cloud など、他のサービスの制限が Lambda 関数に影響を及ぼすことがあります。詳細については、「AWS のサービスの制限」および「他のサービスで AWS Lambda を使用する」を参照してください。