AWS::DynamoDB::Table - AWS CloudFormation

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS::DynamoDB::Table

AWS::DynamoDB::Table リソースは DynamoDB テーブルを作成します。詳細については、Amazon DynamoDB API CreateTableリファレンスのを参照してください。

DynamoDB テーブルを操作するときは、以下の動作に注意してください。

  • AWS CloudFormation は、通常、DynamoDB テーブルを並列に作成します。ただし、インデックスを持つ複数の DynamoDB テーブルがテンプレートに含まれている場合は、依存関係を宣言して、テーブルが順次作成されるようにする必要があります。Amazon DynamoDB は、作成中の状態にあるセカンダリインデックスを持つテーブルの数を制限します。インデックスを持つ複数のテーブルを同時に作成すると、DynamoDB はエラーを返し、スタックオペレーションは失敗します。例については、「属性を持つ DynamoDB テーブル」を参照してください。 DependsOn

重要

AWS CloudFormation テンプレートには、ここに記載されている最新のスキーマを使用することをお勧めします。このスキーマは、以下のテーブル設定すべてのプロビジョニングをサポートします。このスキーマを AWS CloudFormation テンプレートで使用する場合は、Identity and Access Management (IAM) ポリシーが適切な権限で更新されていて、これらの設定変更の承認が許可されることを確認してください。

[Syntax (構文)]

AWS CloudFormation テンプレートでこのエンティティを宣言するには、以下の構文を使用します。

プロパティ

AttributeDefinitions

テーブルとインデックスのキースキーマを記述する属性のリスト。

このプロパティは、DynamoDB テーブルを作成するために必要です。

更新に伴う要件: 一時的な中断。既存の AttributeDefinition を編集する場合の置換。

必須: 条件に応じて異なります

タイプ:の配列 AttributeDefinition

アップデートに関する要件: 中断はありません

BillingMode

読み取りと書き込みのスループットに対する課金方法と容量の管理方法を指定します。

有効な値を次に示します。

  • PROVISIONED - 予測可能なワークロードには PROVISIONED を使用することをお勧めします。PROVISIONED は、請求モードを プロビジョニングモードに設定します。

  • PAY_PER_REQUEST - 予測不可能なワークロードには PAY_PER_REQUEST を使用することをお勧めします。PAY_PER_REQUEST は、請求モードを オンデマンドモード に設定します。

指定されなかった場合、デフォルト値は PROVISIONED です。

必須: いいえ

型: 文字列

許可される値: PROVISIONED | PAY_PER_REQUEST

アップデートに関する要件: 中断はありません

ContributorInsightsSpecification

指定したテーブルの CloudWatch Contributor Insights を有効または無効にするために使用される設定。

必須: いいえ

タイプ:ContributorInsightsSpecification

アップデートに関する要件: 中断はありません

DeletionProtectionEnabled

テーブルが削除から保護されているかどうかを判断します。有効にすると、どのユーザーやプロセスもテーブルを削除できなくなります。この設定はデフォルトで無効になっています。 詳細については、Amazon DynamoDB 開発者ガイドの「削除保護の使用」を参照してください。

必須: いいえ

型: ブール

アップデートに関する要件: 中断はありません

GlobalSecondaryIndexes

テーブルに作成するグローバルセカンダリインデックス。最大で 20 個のグローバルセカンダリインデックスを作成できます。

重要

テーブルを更新して新しいグローバルセカンダリインデックスを含める場合、AWS CloudFormation はインデックス作成を開始し、スタックの更新を始めます。AWS CloudFormation はテーブルのサイズによってはバックフィリングフェーズに時間がかかることがあるため、インデックス作成の完了を待機しません。インデックスのステータスが ACTIVE になるまで、インデックスを使用したり、テーブルを更新したりすることはできません。DynamoDB DescribeTableコマンドを使用してステータスを追跡できます。

更新中にインデックスを追加または削除する場合、他のリソースは更新しないことをお勧めします。新しいインデックスの追加中にスタックが更新に失敗してロールバックされた場合、インデックスを手動で削除する必要があります。

アップデートはサポートされていません。以下の例外があります。

  • グローバルセカンダリインデックスの Contributor Insights の指定またはプロビジョニングされたスループット値を更新した場合、中断せずにテーブルを更新できます。

  • グローバルセカンダリインデックスは、中断せずに削除または追加できます。同じ更新での両方の操作を行うと (インデックスの論理 ID を変更するなど)、更新は失敗します。

必須: いいえ

タイプ:の配列 GlobalSecondaryIndex

アップデートに関する要件: 中断はありません

ImportSourceSpecification

S3 バケットソースからテーブルにインポートされるデータのプロパティを指定します。

重要

ImportSourceSpecificationプロパティを指定し、プロパティ、TableClassまたはプロパティのいずれかを指定する場合、スタックを作成/更新する IAM エンティティには権限が必要です。StreamSpecification DeletionProtectionEnabled UpdateTable

必須: いいえ

タイプ:ImportSourceSpecification

更新に伴う要件: 置換

KeySchema

テーブルのプライマリキーを構成する属性を指定します。KeySchema プロパティの属性は、AttributeDefinitions プロパティにも定義する必要があります。

必須: はい

タイプ:の配列 KeySchema

アップデートに関する要件: 中断はありません

KinesisStreamSpecification

指定されたテーブルの Kinesis Data Streams 構成。

必須: いいえ

タイプ:KinesisStreamSpecification

アップデートに関する要件: 中断はありません

LocalSecondaryIndexes

テーブルに作成するローカルセカンダリインデックス。最大で 5 個のローカルセカンダリインデックスを作成できます。各インデックスの範囲は、特定のハッシュキー値に限定されます。各ハッシュキーのサイズは最大 10 GB です。

必須: いいえ

タイプ:の配列 LocalSecondaryIndex

アップデートに関する要件: 中断はありません

PointInTimeRecoverySpecification

ポイントインタイムリカバリを有効にするための設定。

必須: いいえ

タイプ:PointInTimeRecoverySpecification

アップデートに関する要件: 中断はありません

ProvisionedThroughput

指定したテーブルのスループット。ReadCapacityUnitsWriteCapacityUnits の値で構成されます。プロビジョニングされたスループット構造の内容の詳細については、「Amazon DynamoDB テーブル」を参照してください。 ProvisionedThroughput

BillingModePROVISIONED として設定した場合は、このプロパティを指定する必要があります。BillingModePAY_PER_REQUEST として設定した場合は、このプロパティを指定できません。

必須: 条件に応じて異なります

タイプ:ProvisionedThroughput

アップデートに関する要件: 中断はありません

SSESpecification

サーバー側の暗号化を有効にする設定を指定します。

必須: いいえ

: SSESpecification

更新に伴う要件: 一時的な中断

StreamSpecification

テーブルに保存された項目の変更をキャプチャする DynamoDB テーブルストリームの設定。

必須: いいえ

タイプ:StreamSpecification

アップデートに関する要件: 中断はありません

TableClass

新しいテーブルのテーブルクラス。有効な値は、STANDARD および STANDARD_INFREQUENT_ACCESS です。

必須: いいえ

型: 文字列

許可される値: STANDARD | STANDARD_INFREQUENT_ACCESS

アップデートに関する要件: 中断はありません

TableName

テーブルの名前。名前を指定しない場合、AWS CloudFormation は一意の物理 ID を生成し、その ID をテーブル名として使用します。詳細については、「Name タイプ」を参照してください。

重要

名前を指定すると、このリソースの置換が必要な更新はできません。中断が不要であるか、一定の中断が必要な更新であれば、行うことができます。リソースを置き換える必要がある場合は、新しい名前を指定します。

必須: いいえ

タイプ: 文字列

パターン: [a-zA-Z0-9_.-]+

最小: 3

最大: 255

更新に伴う要件: 置換

Tags

このリソースに適用されるキーと値のペアの配列。

詳細については、「タグ」を参照してください。

必須: いいえ

タイプ:タグの配列

アップデートに関する要件: 中断はありません

TimeToLiveSpecification

テーブルの有効期限 (TTL) 設定を指定します。

注記

DynamoDB の制限の詳細については、Amazon DynamoDB 開発者ガイドの「Amazon DynamoDB の制限」を参照してください。

必須: いいえ

タイプ:TimeToLiveSpecification

更新に伴う要件: 中断なし

戻り値

参照番号

このリソースの論理 ID を組み込みの Ref 関数に渡すと、Ref はリソース名を返します。例:

{ "Ref": "MyResource" }

論理 ID myDynamoDBTable を持つリソースに対し、Ref は DynamoDB テーブル名を返します。

Ref 関数の使用方法の詳細については、「Ref」を参照してください。

ファン:: GetAtt

Fn::GetAtt 組み込み関数は、このタイプの指定された属性の値を返します。利用可能な属性とサンプル戻り値は以下のとおりです。

Fn::GetAtt 組み込み関数の使用方法の詳細については、「Fn::GetAtt」を参照してください。

Arn

DynamoDB テーブルの Amazon リソースネーム (ARN) (arn:aws:dynamodb:us-east-2:123456789012:table/myDynamoDBTable など)。

StreamArn

arn:aws:dynamodb:us-east-1:123456789012:table/testddbstack-myDynamoDBTable-012A1SL7SMP5Q/stream/2015-11-30T20:10:00.000 などの DynamoDB ストリームの ARN。

注記

この属性を使用するには、StreamSpecification プロパティを指定する必要があります。

ローカルおよびグローバルのセカンダリインデックスを持つ DynamoDB テーブル

次のサンプルは、AlbumArtistSales、および NumberOfSongs を属性として持つ DynamoDB テーブルを作成します。プライマリキーには、ハッシュキーとしての Album 属性と範囲キーとしての Artist 属性が含まれます。このテーブルには、2 つのグローバルインデックスと 1 つのセカンダリインデックスも含まれます。特定のアーティストの売上を照会するために、グローバルセカンダリインデックスではハッシュキーとしての Sales 属性と範囲キーとしての Artist 属性を使用します。

ソングの数に基づいて売上を照会するために、グローバルセカンダリインデックスではハッシュキーとしての NumberOfSongs 属性と範囲キーとしての Sales 属性を使用します。

アルバムの売上を照会するために、ローカルセカンダリインデックスでは、テーブルと同じハッシュキーを使用する一方で、範囲キーとして Sales 属性を使用します。

JSON

{ "AWSTemplateFormatVersion" : "2010-09-09", "Resources" : { "myDynamoDBTable" : { "Type" : "AWS::DynamoDB::Table", "Properties" : { "AttributeDefinitions" : [ { "AttributeName" : "Album", "AttributeType" : "S" }, { "AttributeName" : "Artist", "AttributeType" : "S" }, { "AttributeName" : "Sales", "AttributeType" : "N" }, { "AttributeName" : "NumberOfSongs", "AttributeType" : "N" } ], "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "Album", "KeyType" : "HASH" }, { "AttributeName" : "Artist", "KeyType" : "RANGE" } ], "ProvisionedThroughput" : { "ReadCapacityUnits" : "5", "WriteCapacityUnits" : "5" }, "TableName" : "myTableName", "GlobalSecondaryIndexes" : [{ "IndexName" : "myGSI", "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "Sales", "KeyType" : "HASH" }, { "AttributeName" : "Artist", "KeyType" : "RANGE" } ], "Projection" : { "NonKeyAttributes" : ["Album","NumberOfSongs"], "ProjectionType" : "INCLUDE" }, "ProvisionedThroughput" : { "ReadCapacityUnits" : "5", "WriteCapacityUnits" : "5" } }, { "IndexName" : "myGSI2", "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "NumberOfSongs", "KeyType" : "HASH" }, { "AttributeName" : "Sales", "KeyType" : "RANGE" } ], "Projection" : { "NonKeyAttributes" : ["Album","Artist"], "ProjectionType" : "INCLUDE" }, "ProvisionedThroughput" : { "ReadCapacityUnits" : "5", "WriteCapacityUnits" : "5" } }], "LocalSecondaryIndexes" :[{ "IndexName" : "myLSI", "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "Album", "KeyType" : "HASH" }, { "AttributeName" : "Sales", "KeyType" : "RANGE" } ], "Projection" : { "NonKeyAttributes" : ["Artist","NumberOfSongs"], "ProjectionType" : "INCLUDE" } }] } } } }

YAML

AWSTemplateFormatVersion: "2010-09-09" Resources: myDynamoDBTable: Type: AWS::DynamoDB::Table Properties: AttributeDefinitions: - AttributeName: "Album" AttributeType: "S" - AttributeName: "Artist" AttributeType: "S" - AttributeName: "Sales" AttributeType: "N" - AttributeName: "NumberOfSongs" AttributeType: "N" KeySchema: - AttributeName: "Album" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Artist" KeyType: "RANGE" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: "5" WriteCapacityUnits: "5" TableName: "myTableName" GlobalSecondaryIndexes: - IndexName: "myGSI" KeySchema: - AttributeName: "Sales" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Artist" KeyType: "RANGE" Projection: NonKeyAttributes: - "Album" - "NumberOfSongs" ProjectionType: "INCLUDE" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: "5" WriteCapacityUnits: "5" - IndexName: "myGSI2" KeySchema: - AttributeName: "NumberOfSongs" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Sales" KeyType: "RANGE" Projection: NonKeyAttributes: - "Album" - "Artist" ProjectionType: "INCLUDE" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: "5" WriteCapacityUnits: "5" LocalSecondaryIndexes: - IndexName: "myLSI" KeySchema: - AttributeName: "Album" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Sales" KeyType: "RANGE" Projection: NonKeyAttributes: - "Artist" - "NumberOfSongs" ProjectionType: "INCLUDE"

属性付きの DynamoDB テーブル DependsOn

1 つのテンプレートにインデックスを持つ複数の DynamoDB テーブルを含める場合、テーブルが順次作成されるように依存関係を含める必要があります。DynamoDB は、作成中の状態にあるセカンダリインデックスを持つテーブルの数を制限します。インデックスを持つ複数のテーブルを同時に作成すると、DynamoDB はエラーを返し、スタックオペレーションは失敗します。

次のサンプルでは、myFirstDDBTable テーブルが mySecondDDBTable テーブルと同じテンプレート内で宣言され、両方のテーブルにセカンダリインデックスが含まれていると想定しています。mySecondDDBTable テーブルには myFirstDDBTable テーブルへの依存関係が含まれるため、AWS CloudFormation はこれらのテーブルを一度に 1 つずつ作成します。

JSON

"mySecondDDBTable" : { "Type" : "AWS::DynamoDB::Table", "DependsOn" : "myFirstDDBTable" , "Properties" : { "AttributeDefinitions" : [ { "AttributeName" : "ArtistId", "AttributeType" : "S" }, { "AttributeName" : "Concert", "AttributeType" : "S" }, { "AttributeName" : "TicketSales", "AttributeType" : "S" } ], "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "ArtistId", "KeyType" : "HASH" }, { "AttributeName" : "Concert", "KeyType" : "RANGE" } ], "ProvisionedThroughput" : { "ReadCapacityUnits" : {"Ref" : "ReadCapacityUnits"}, "WriteCapacityUnits" : {"Ref" : "WriteCapacityUnits"} }, "GlobalSecondaryIndexes" : [{ "IndexName" : "myGSI", "KeySchema" : [ { "AttributeName" : "TicketSales", "KeyType" : "HASH" } ], "Projection" : { "ProjectionType" : "KEYS_ONLY" }, "ProvisionedThroughput" : { "ReadCapacityUnits" : {"Ref" : "ReadCapacityUnits"}, "WriteCapacityUnits" : {"Ref" : "WriteCapacityUnits"} } }], "Tags": [ { "Key": "foo", "Value": "bar" } ] } }

YAML

mySecondDDBTable: Type: AWS::DynamoDB::Table DependsOn: "myFirstDDBTable" Properties: AttributeDefinitions: - AttributeName: "ArtistId" AttributeType: "S" - AttributeName: "Concert" AttributeType: "S" - AttributeName: "TicketSales" AttributeType: "S" KeySchema: - AttributeName: "ArtistId" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Concert" KeyType: "RANGE" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: Ref: "ReadCapacityUnits" WriteCapacityUnits: Ref: "WriteCapacityUnits" GlobalSecondaryIndexes: - IndexName: "myGSI" KeySchema: - AttributeName: "TicketSales" KeyType: "HASH" Projection: ProjectionType: "KEYS_ONLY" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: Ref: "ReadCapacityUnits" WriteCapacityUnits: Ref: "WriteCapacityUnits" Tags: - Key: foo Value: bar

Application Auto Scaling を持つ DynamoDB テーブル

この例では、AWS::DynamoDB::Table リソースの Application Auto Scaling をセットアップします。このテンプレートでは、テーブル向けに TargetTrackingScaling スループットをスケールアップする WriteCapacityUnits スケーリングポリシーを定義します。

JSON

{ "Resources": { "DDBTable": { "Type": "AWS::DynamoDB::Table", "Properties": { "AttributeDefinitions": [ { "AttributeName": "ArtistId", "AttributeType": "S" }, { "AttributeName": "Concert", "AttributeType": "S" }, { "AttributeName": "TicketSales", "AttributeType": "S" } ], "KeySchema": [ { "AttributeName": "ArtistId", "KeyType": "HASH" }, { "AttributeName": "Concert", "KeyType": "RANGE" } ], "GlobalSecondaryIndexes": [ { "IndexName": "GSI", "KeySchema": [ { "AttributeName": "TicketSales", "KeyType": "HASH" } ], "Projection": { "ProjectionType": "KEYS_ONLY" }, "ProvisionedThroughput": { "ReadCapacityUnits": 5, "WriteCapacityUnits": 5 } } ], "ProvisionedThroughput": { "ReadCapacityUnits": 5, "WriteCapacityUnits": 5 } } }, "WriteCapacityScalableTarget": { "Type": "AWS::ApplicationAutoScaling::ScalableTarget", "Properties": { "MaxCapacity": 15, "MinCapacity": 5, "ResourceId": { "Fn::Join": [ "/", [ "table", { "Ref": "DDBTable" } ] ] }, "RoleARN": { "Fn::GetAtt": ["ScalingRole", "Arn"] }, "ScalableDimension": "dynamodb:table:WriteCapacityUnits", "ServiceNamespace": "dynamodb" } }, "ScalingRole": { "Type": "AWS::IAM::Role", "Properties": { "AssumeRolePolicyDocument": { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Principal": { "Service": [ "application-autoscaling.amazonaws.com" ] }, "Action": [ "sts:AssumeRole" ] } ] }, "Path": "/", "Policies": [ { "PolicyName": "root", "PolicyDocument": { "Version": "2012-10-17", "Statement": [ { "Effect": "Allow", "Action": [ "dynamodb:DescribeTable", "dynamodb:UpdateTable", "cloudwatch:PutMetricAlarm", "cloudwatch:DescribeAlarms", "cloudwatch:GetMetricStatistics", "cloudwatch:SetAlarmState", "cloudwatch:DeleteAlarms" ], "Resource": "*" } ] } } ] } }, "WriteScalingPolicy": { "Type": "AWS::ApplicationAutoScaling::ScalingPolicy", "Properties": { "PolicyName": "WriteAutoScalingPolicy", "PolicyType": "TargetTrackingScaling", "ScalingTargetId": { "Ref": "WriteCapacityScalableTarget" }, "TargetTrackingScalingPolicyConfiguration": { "TargetValue": 50.0, "ScaleInCooldown": 60, "ScaleOutCooldown": 60, "PredefinedMetricSpecification": { "PredefinedMetricType": "DynamoDBWriteCapacityUtilization" } } } } } }

YAML

Resources: DDBTable: Type: AWS::DynamoDB::Table Properties: AttributeDefinitions: - AttributeName: "ArtistId" AttributeType: "S" - AttributeName: "Concert" AttributeType: "S" - AttributeName: "TicketSales" AttributeType: "S" KeySchema: - AttributeName: "ArtistId" KeyType: "HASH" - AttributeName: "Concert" KeyType: "RANGE" GlobalSecondaryIndexes: - IndexName: "GSI" KeySchema: - AttributeName: "TicketSales" KeyType: "HASH" Projection: ProjectionType: "KEYS_ONLY" ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: 5 WriteCapacityUnits: 5 ProvisionedThroughput: ReadCapacityUnits: 5 WriteCapacityUnits: 5 WriteCapacityScalableTarget: Type: AWS::ApplicationAutoScaling::ScalableTarget Properties: MaxCapacity: 15 MinCapacity: 5 ResourceId: !Join - / - - table - !Ref DDBTable RoleARN: !GetAtt ScalingRole.Arn ScalableDimension: dynamodb:table:WriteCapacityUnits ServiceNamespace: dynamodb ScalingRole: Type: AWS::IAM::Role Properties: AssumeRolePolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Principal: Service: - application-autoscaling.amazonaws.com Action: - "sts:AssumeRole" Path: "/" Policies: - PolicyName: "root" PolicyDocument: Version: "2012-10-17" Statement: - Effect: "Allow" Action: - "dynamodb:DescribeTable" - "dynamodb:UpdateTable" - "cloudwatch:PutMetricAlarm" - "cloudwatch:DescribeAlarms" - "cloudwatch:GetMetricStatistics" - "cloudwatch:SetAlarmState" - "cloudwatch:DeleteAlarms" Resource: "*" WriteScalingPolicy: Type: AWS::ApplicationAutoScaling::ScalingPolicy Properties: PolicyName: WriteAutoScalingPolicy PolicyType: TargetTrackingScaling ScalingTargetId: !Ref WriteCapacityScalableTarget TargetTrackingScalingPolicyConfiguration: TargetValue: 50.0 ScaleInCooldown: 60 ScaleOutCooldown: 60 PredefinedMetricSpecification: PredefinedMetricType: DynamoDBWriteCapacityUtilization