AWS コスト配分タグの使用 - AWS 請求

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS コスト配分タグの使用

AWS 請求書に関する質問や請求に対する異議申し立てについては、 AWS Support すぐに問い合わせてください。サポートが必要な場合は、「AWS 請求のヘルプを利用する」を参照してください。請求書ページの内容を理解するには、「[請求] ページを使って月額料金と請求書を理解する」を参照してください。

タグは、 AWS AWS リソースにユーザーまたは割り当てるラベルです。各タグは、キーから構成されます。タグキーは、リソースごとにそれぞれ一意である必要があります。また、各タグキーに設定できる値は 1 つのみです。タグを使用してリソースを整理し、 AWS コスト配分タグを使用してコストを詳細に追跡できます。コスト配分タグを有効にすると、 AWS コスト配分タグを使用してコスト配分レポート上のリソースコストを整理し、 AWS コストの分類と追跡が容易になります。

AWS には、AWS生成タグとユーザー定義タグの 2 種類のコスト配分タグが用意されています

AWS、または AWS Marketplace ISV AWSが自動生成タグを定義、作成、適用し、ユーザー定義タグを定義、作成、適用します。Cost Explorer またはコスト配分レポートで使用するには、事前に両方のタイプのタグを別々にアクティブ化しておく必要があります。

以下の図に、そのコンセプトを示します。この例では、2 つの Amazon EC2 インスタンスにタグ (Cost Center と Stack) を割り当ててアクティブ化しています。各タグには値が関連付けられています。また、createdByこれらのリソースを作成する前に、 AWS生成されたタグをアクティブ化しました。createdBy タグは、リソースの作成者を追跡します。userユーザー定義タグはプレフィックスを使用し、 AWS-generatedタグはプレフィックスを使用します。aws:

2 つの Amazon EC2 インスタンスのタグキーの例。

AWS リソース(Amazon EC2 インスタンス、Amazon S3 バケットなど) AWS にタグを適用または適用し、Billing and Cost Management コンソールでタグを有効にすると、使用状況とコストをアクティブなタグでグループ化したコンマ区切り値(CSV ファイル) AWS としてコスト配分レポートが生成されます。自社のカテゴリ たとえばコストセンター、アプリケーション名、所有者を表すタグを適用すると、複数のサービスにわたってコストを分類することができます。

コスト配分レポートには、 AWS 各請求期間のすべての費用が含まれます。タグ付きとタグなしのどちらのリソースもこのレポートに出力されるので、リソース別の請求額を明確に分類できます。たとえば、リソースにアプリケーション名のタグを付けると、1 つのアプリケーションが実行されているすべてのリソースのコスト総額がわかります。次に示すスクリーンショットは、各タグの列が表示されているレポートの一部です。

列としてタグ名 (別名キー) を示すコスト配分レポートの一部。

請求サイクルの終了時点では、コスト配分タグのある請求レポートの請求額合計 (タグ付きとタグなし) は、[請求書] ページの請求額の合計と同じ期間のその他の請求レポートの請求額の合計に等しくなります。

タグは、Cost Explorer の表示をフィルタリングするために使用することもできます。Cost Explorer の詳細については、「 AWS Cost Explorer によるコストの分析」を参照してください。

AWS生成されたタグを有効化する方法の詳細については、を参照してください。AWS 生成されたコスト配分タグを有効化する。ユーザー定義タグの適用とアクティブ化については、「ユーザー定義のコスト配分タグ」を参照してください。すべてのタグが請求情報とコスト管理コンソールに表示されるまでに最大 24 時間かかる場合があります。

メモ
  • ベストプラクティスとして、タグには秘密情報を保存しないでください。

  • 請求コンソールの [cost allocation tags] マネージャーにアクセスできるのは、組織の管理アカウントおよび組織のメンバーではない単一のアカウントのみです。

  • タグを作成および更新するには、タグエディターを使用してください AWS 。Tag Editor の詳細については、「 AWS リソースユーザーガイドのタグ付け」の「Tag Editor の使用」をご覧ください。