Windows クライアントへの iSCSI LUN のマウント - FSx for ONTAP

Windows クライアントへの iSCSI LUN のマウント

手順で示されている例では、次の設定を使用しています。

  • Windows ホストにマウントされる iSCSI LUN はすでに作成されています。詳細については、「iSCSI LUN の作成」を参照してください。

  • iSCSI LUN をマウントしている Microsoft Windows ホストは、Microsoft Windows Server 2019 Amazon マシンイメージ (AMI) を実行している Amazon EC2 インスタンスです。 Amazon VPC によるファイルシステムアクセスコントロール で説明されているように、インバウンドトラフィックとアウトバウンドトラフィックを許可するように設定された VPC セキュリティグループがあります。

    セットアップで別の Microsoft Windows AMI を使用している可能性があります。

  • クライアントとファイルシステムは同じ VPC と AWS アカウント にあります。クライアントが別の VPC にある場合は、VPC ピアリングまたは AWS Transit Gateway を使用して、他の VPC に iSCSI エンドポイントへのアクセスを許可できます。詳細については、「デプロイ用の VPC の外部からのデータへのアクセス」を参照してください。

    次の図に示すように、EC2インスタンスはファイルシステムの優先サブネットと同じアベイラビリティーゾーンにあることをお勧めします。


                    ファイルシステムの優先サブネットと同じアベイラビリティーゾーンに iSCSI LUN と Amazon EC2 インスタンスが配置された Amazon FSx for NetApp ONTAP ファイルシステムを示す画像。

Windows クライアントで iSCSI を設定する

  1. Windows リモートデスクトップを使用して、iSCSI LUN をマウントする Windows クライアントに接続します。詳細については、「Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド」の「RDP を使用して Windows インスタンスに接続する」を参照してください。

  2. 管理者として Windows PowerShell を開きます。次のコマンドを使用して、Windows インスタンスで iSCSI を有効にし、iSCSI サービスが自動的にスタートするように設定します。

    PS C:\> Start-Service MSiSCSI PS C:\> Set-Service -Name msiscsi -StartupType Automatic
  3. Windows インスタンスのイニシエーター名を取得します。この値は、NetApp ONTAP CLI を使用して FSx for ONTAP ファイルシステムで iSCSI を設定する際に使用します。

    PS C:\> (Get-InitiatorPort).NodeAddress

    システムはイニシエーターポートでレスポンスします。

    iqn.1991-05.com.microsoft:ec2amaz-abc123d
  4. クライアントがファイルサーバー間で自動的にフェイルオーバーできるようにするには、Windows インスタンスに Multipath-IO (MPIO) をインストールする必要があります。以下のコマンドを使用します。

    PS C:\> Install-WindowsFeature Multipath-IO
  5. Multipath-IO のインストールが完了したら、Windows インスタンスを再起動します。次のセクションで iSCSI LUN をマウントする手順を実行するには、Windows インスタンスを開いたままにします。

FSx for ONTAP ファイルシステムで iSCSI を設定する

  1. 次のコマンドを使用して、iSCSI LUN を作成した FSx for ONTAP ファイルシステムの NetApp ONTAP CLI に接続します。詳細については、「NetApp ONTAP CLI を使用する」を参照してください。

    ~$ ssh fsxadmin@your_management_endpoint_ip
  2. NetApp ONTAP CLI を使用して、イニシエーターグループ (igroup) を作成します。イニシエータグループは iSCSI LUN にマップし、どのイニシエーター (クライアント) が LUN にアクセスできるかをコントロールします。host_initiator_name を、前の手順で取得した Windows ホストのイニシエーター名に置き換えます。

    ::> lun igroup create -vserver svm_name -igroup igroup_name -initiator host_initiator_name -protocol iscsi -ostype windows_2008

    この igroup にマッピングされた LUN を複数のホストで使用できるようにする場合は、複数のコンマ区切りのイニシエーター名を指定できます。詳細については、「NetApp ONTAP ドキュメントセンター」の「lun igroup create」を参照してください。

  3. 次のコマンドを使用して、igroup が正常に作成されたことを確認します。

    ::> lun igroup show

    システムは次のようにレスポンスします。

    Vserver Igroup Protocol OS Type Initiators --------- ------------ -------- -------- ------------------------------------ svm_name igroup_name iscsi linux iqn.1994-05.com.windows:abcdef12345

    igroup を作成したら、LUN を作成して igroup にマッピングする準備が整います。

  4. このステップは、iSCSI LUN がすでに作成されていることを前提としています。そうでない場合は、そのための詳細のステップバイステップについては、「iSCSI LUN の作成」を参照してください。

    LUN から新しい igroup への LUN マッピングを作成します。

    ::> lun mapping create -vserver svm_name -path /vol/vol_name/lun_name -igroup igroup_name -lun-id lun_id
  5. 次のコマンドを使用して、LUN が作成され、オンラインになり、マッピングされていることを確認します。

    ::> lun show -path /vol/vol_name/lun_name Vserver Path State Mapped Type Size --------- ------------------------------- ------- -------- -------- -------- svm_name /vol/vol_name/lun_name online mapped windows 10GB

    これで、Windows インスタンスに iSCSI ターゲットを追加する準備が整いました。

  6. 次のコマンドを使用して、SVM の iscsi_1 および iscsi_2 インターフェイスの IP アドレスを取得します。

    ::> network interface show -vserver svm_name
    Logical Status Network Current Current Is Vserver Interface Admin/Oper Address/Mask Node Port Home ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ---- svm_name iscsi_1 up/up 172.31.0.143/20 FSxId0123456789abcdef8-01 e0e true iscsi_2 up/up 172.31.21.81/20 FSxId0123456789abcdef8-02 e0e true nfs_smb_management_1 up/up 198.19.250.177/20 FSxId0123456789abcdef8-01 e0e true 3 entries were displayed.

    この例では、iscsi_1 の IP アドレスは 172.31.0.143 で、iscsi_2172.31.21.81 です。

Windows クライアントに iSCSI LUN をマウントします

  1. Windows インスタンスで、管理者として PowerShell ターミナルを開きます。

  2. 次のことを行う .ps1 スクリプティングを作成します。

    • 各ファイルシステムの iSCSI インターフェイスに接続します。

    • iSCSI 用の MPIO を追加および設定します。

    • iSCSI 接続ごとに 4 つのセッションを確立します。これにより、クライアントは最大 20 Gb/秒 (2,500 MB / 秒) の集約スループットを iSCSI LUN に駆動できます。詳細については、「Windows インスタンスの Amazon Elastic Compute Cloud ユーザーガイド 」の「Amazon EC2 インスタンスネットワーク帯域幅」を参照してください。

    次の一連のコマンドをファイルにコピーして、.psl スクリプトを作成します。

    • iscsi_1iscsi_2 を、前のステップで取得した IP アドレスに置き換えます。

    • ec2_ip を Windows インスタンスの IP アドレスに置き換えます。

    #iSCSI IP addresses for Preferred and Standby subnets $TargetPortalAddresses = @("iscsi_1","iscsi_2") #iSCSI Initator IP Address (Local node IP address) $LocaliSCSIAddress = "ec2_ip" #Connect to FSx for NetApp ONTAP file system Foreach ($TargetPortalAddress in $TargetPortalAddresses) { New-IscsiTargetPortal -TargetPortalAddress $TargetPortalAddress -TargetPortalPortNumber 3260 -InitiatorPortalAddress $LocaliSCSIAddress } #Add MPIO support for iSCSI New-MSDSMSupportedHW -VendorId MSFT2005 -ProductId iSCSIBusType_0x9 #Establish iSCSI connection 1..4 | %{Foreach($TargetPortalAddress in $TargetPortalAddresses) {Get-IscsiTarget | Connect-IscsiTarget -IsMultipathEnabled $true -TargetPortalAddress $TargetPortalAddress -InitiatorPortalAddress $LocaliSCSIAddress -IsPersistent $true} } #Set the MPIO Policy to Round Robin Set-MSDSMGlobalDefaultLoadBalancePolicy -Policy RR
  3. Windows ディスク管理アプリケーションを起動します。Windows の実行ダイアログボックスを開き、diskmgmt.msc と入力して、[Enter] を押します。ディスク管理アプリケーションが開きます。

    
                                Windows ディスクの管理ウィンドウが表示されます。
  4. 未割り当てのディスクを見つけます。これは iSCSI LUN です。この例では、ディスク 1 が iSCSI ディスクです。オフラインです。

    ディスク 1 にカーソルを合わせてボリュームをオンラインにし、右クリックして [Online] (オンライン) を選択します。

    注記

    ストレージエリアネットワーク (SAN) ポリシーを変更して、新しいボリュームが自動的にオンラインになるようにすることができます。詳細については、「Microsoft Windows Server コマンドリファレンス」の「SAN ポリシー」を参照してください。

  5. ディスクを初期化するには、カーソルをディスク 1 の上に置いて右クリックし、[Initialize] (初期化) を選択します。初期化ダイアログが表示されます。[OK] を選択してディスクを初期化します。

  6. 通常どおりにディスクをフォーマットします。フォーマットが完了すると、iSCSI ドライブは Windows クライアントで使用可能なドライブとして表示されます。