の作成 Auto Scaling 起動テンプレートを使用するグループ - Amazon EC2 Auto Scaling (日本語)

英語の翻訳が提供されている場合で、内容が矛盾する場合には、英語版がオリジナルとして取り扱われます。翻訳は機械翻訳により提供されています。

の作成 Auto Scaling 起動テンプレートを使用するグループ

設定するには Amazon EC2 が起動するインスタンス Auto Scaling 起動テンプレート、起動構成、または EC2 インスタンスを指定できます。次の手順では、起動テンプレートを使用して Auto Scaling グループを作成する方法を説明します。

起動テンプレートを使用すると、スケールアウトイベントが発生した際に起動テンプレートのデフォルトバージョンまたは最新バージョンのいずれかを選択するよう Auto Scaling グループを設定できます。たとえば、起動テンプレートの現在のデフォルトバージョンを選択するよう Auto Scaling グループを設定します。EC2 インスタンスの設定を、グループによって起動するように変更するには、起動テンプレートの新しいデフォルトバージョンを作成または指定します。または、グループが EC2 インスタンスの起動に使用する起動テンプレートの特定のバージョンを選択することもできます。これらの選択はグループを更新することでいつでも変更できます。

各起動テンプレートには、AMI やインスタンスタイプなど、Amazon EC2 でインスタンスを起動するために必要な情報が含まれています。起動テンプレートに準拠する Auto Scaling グループを作成できます。または、起動テンプレートのインスタンスタイプを上書きして、オンデマンドインスタンスとスポットインスタンスを組み合わせることもできます。詳細については、「」を参照してください。Auto Scaling 複数のインスタンスタイプと購入オプションを持つグループ.

は、 Auto Scaling グループは、必要な容量と、 Amazon EC2 は、可用性ゾーンやVPCサブネットなどのインスタンスを起動する必要があります。容量を固定数のインスタンスに設定することができます。また、Auto Scaling をうまく使い、実際の需要に基づいて容量を調整することもできます。

Prerequisites

  • EC2 インスタンスを起動するために必要なすべてのパラメータを含む既存の起動テンプレートがあること。これらのパラメータと、 Auto Scaling グループ、を参照 起動テンプレートの作成 Auto Scaling グループ.

  • 以下が必要です IAM 作成するための許可 Auto Scaling 起動テンプレートを使用し、インスタンスのEC2リソースを作成するグループ。詳細については、「」を参照してください。テンプレートサポートの起動.

Amazon EC2 Auto Scaling が、ユーザーインターフェースを変更しました。デフォルトでは、新しいユーザーインターフェイスが表示されますが、古いインターフェイスに戻すことを選択できます。このトピックでは、両方の手順について説明します。

起動テンプレートを使用して Auto Scaling グループを作成するには (新しいコンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 画面の上部のナビゲーションバーで、起動テンプレートを作成したときに使用したのと同じ AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインの 自動スケーリング、選択 自動スケーリンググループ.

  4. 選択 作成 Auto Scaling グループ.

  5. 起動テンプレートまたは設定を選択 ページを開き、以下を実行します。

    1. 対象: Auto Scaling グループ名、 Auto Scaling グループ。

    2. 対象: テンプレートの起動、既存の起動テンプレートを選択します。

    3. 対象: テンプレートバージョンを起動を選択し、 Auto Scaling グループは、スケールアウト時に、デフォルト、最新、または特定のバージョンの起動テンプレートを使用します。

    4. 起動テンプレートが、使用する予定のすべてのオプションをサポートしていることを確認し、 次へ.

  6. 設定を構成する ページ、用 購入オプションとインスタンスタイプ、選択 発売テンプレートに従う 起動テンプレートで指定された EC2 インスタンスタイプと購入オプションを使用します。

  7. 以下 ネットワーク、用 VPC、起動テンプレートで指定したセキュリティ グループのVPCを選択します。インスタンスタイプおよび購入オプションの組み合わせを使用するインスタンスの起動は、EC2-Classic ではサポートされていません。

  8. 対象: サブネット、指定したVPCで1つまたは複数のサブネットを選択します。複数のアベイラビリティーゾーンのサブネットを使用することで、高可用性を得られます。の高可用性の詳細については、 Amazon EC2 Auto Scaling、を参照 可用性ゾーン間でのインスタンスの配布.

  9. 選択 次へ.

    または、残りのデフォルトを受け入れて、 レビューへスキップ.

  10. (オプション) 詳細オプションの構成 ページを開き、次のオプションを構成して、 次へ:

    1. をご登録いただくには Amazon EC2 ロードバランサーを持つインスタンスの場合は、 負荷分散を有効にする既存のロードバランサーを選択するか、新しいロードバランサーを作成します。Application Load Balancer または Network Load Balancer を使用する場合は、インスタンス ID でターゲットを登録するターゲットグループを選択します。

    2. _を有効にするには Elastic Load Balancing (ELB)ヘルスチェック、 ヘルスチェック、選択 エルビーヘルスチェックタイプ. ロードバランシングを有効にする場合、これらのヘルスチェックはオプションです。

    3. 以下 ヘルスチェック猶予期間、までの時間を入力してください Amazon EC2 Auto Scaling インスタンスの稼働状態は、稼働開始後にチェックされます。この設定の目的は、Amazon EC2 Auto Scaling がインスタンスを正常でないとマークし、時間が来る前にインスタンスを終了するのを防ぐためです。(デフォルト値は 300 秒です)。

  11. (オプション) グループのサイズと拡張ポリシーの構成 ページを開き、次のオプションを構成して、 次へ:

    1. 対象: 希望する容量、起動するインスタンスの初期数を入力します。この数値を最小または最大容量制限の範囲外の値に変更する場合は、 最小容量 または 最大容量. 詳細については、「」を参照してください。容量制限の設定 Auto Scaling グループ.

    2. 自動的にサイズをスケールするには、 Auto Scaling グループ、選択 ターゲットトラッキングスケーリングポリシー 指示に従います。詳細については、以下を参照してください。 ターゲットトラッキングスケーリングポリシー.

    3. 以下 インスタンスのスケールイン保護、インスタンス スケール イン保護を有効にするかどうかを選択します。詳細については、「」を参照してください。インスタンスのスケールイン保護.

  12. (オプション)通知を受信するには、 通知を追加通知を設定し、 次へ. 詳細については、「」を参照してください。入手する Amazon SNS 通知 Auto Scaling グループスケール.

  13. (オプション)タグを追加するには、 タグを追加タグごとにタグキーと値を指定し、 次へ. 詳細については、「」を参照してください。タグ付け Auto Scaling グループとインスタンス.

  14. レビュー ページ、選択 作成 Auto Scaling グループ.

起動テンプレートを使用して Auto Scaling グループを作成するには (旧コンソール)

  1. https://console.aws.amazon.com/ec2/ で Amazon EC2 コンソールを開きます。

  2. 画面の上部のナビゲーションバーで、起動テンプレートを作成したときに使用したのと同じ AWS リージョンを選択します。

  3. ナビゲーションペインの 自動スケーリング、選択 自動スケーリンググループ.

  4. 選択 作成 Auto Scaling グループ.

  5. 選択 テンプレートの起動起動テンプレートを選択し、 次のステップ.

  6. 設定 Auto Scaling グループの詳細 ページ、用 グループ名、 Auto Scaling グループ。

  7. 対象: テンプレートバージョンを起動を選択し、 Auto Scaling グループは、スケールアウト時に、デフォルト、最新、または特定のバージョンの起動テンプレートを使用します。

  8. 対象: フリート構成、選択 発売テンプレートに従う 起動テンプレートで指定された EC2 インスタンスタイプと購入オプションを使用します。

    注記

    または、オンデマンドとスポット購入オプションの両方を使用して、複数のインスタンスタイプ間でインスタンスを起動するには、 購入オプションとインスタンスを組み合わせる. 詳細については、「」を参照してください。Auto Scaling 複数のインスタンスタイプと購入オプションを持つグループ.

  9. 対象: グループサイズ、 Auto Scaling グループ。

  10. 対象: ネットワーク様、 Auto Scaling グループ。

  11. 対象: サブネット、指定したVPCで1つまたは複数のサブネットを選択します。複数のアベイラビリティーゾーンのサブネットを使用することで、高可用性を得られます。の高可用性の詳細については、 Amazon EC2 Auto Scaling、を参照 可用性ゾーン間でのインスタンスの配布.

  12. (オプション) Amazon EC2 ロードバランサーを持つインスタンスの場合は、 詳細の詳細、選択 1 つまたは複数のロードバランサーからトラフィックを受信を選択し、1つ以上の クラシックロードバランサー またはターゲットグループ。

  13. 選択 次へ: スケーリングポリシーの構成.

  14. スケーリングポリシーの構成 ページで、次のいずれかのオプションを選択し、 次へ: 通知の構成:

    • のサイズを手動で調整するには、 Auto Scaling 必要に応じてグループを選択し、 このグループを最初のサイズのままにします. 詳細については、「」を参照してください。の手動スケーリング Amazon EC2 Auto Scaling.

    • のサイズを自動的に調整するには、 Auto Scaling 指定した条件に基づいてグループを作成し、 スケーリング・ポリシーを使用してこのグループの容量を調整する 指示に従います。詳細については、以下を参照してください。 拡張ポリシーの構成.

  15. (オプション)通知を受信するには、 通知を追加通知を設定し、 次へ: タグの設定.

  16. (オプション)タグを追加するには、 タグを編集タグごとにタグキーと値を指定し、 レビュー.

    または、後でタグを追加することもできます。詳細については、「」を参照してください。タグ付け Auto Scaling グループとインスタンス.

  17. レビュー ページ、選択 作成 Auto Scaling グループ.

  18. Auto Scaling グループ作成ステータス ページ、選択 閉じる.

コマンドラインを使用して Auto Scaling グループを作成するには

次のコマンドの 1 つを使用できます。