Amazon Neptune パラメータ - Amazon Neptune

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Amazon Neptune パラメータ

パラメータグループのパラメータを使用して Amazon Neptune のデータベース設定を管理します。Neptune データベースの設定には次のパラメータを利用できます。

 

インスタンスレベルのパラメータ

 

廃止されたパラメータ

neptune_enable_audit_log (クラスターレベルパラメータ)

このパラメータは、Neptune の監査ログを切り替えます。

指定できる値は 0 (無効) と 1 (有効) です。デフォルト値は、「0」です。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

CLI を使用して Neptune 監査ログを CloudWatch Logs に発行する で説明されているように、監査ログを Amazon CloudWatch に公開できます。

neptune_enable_slow_query_log (クラスターレベルパラメータ)

このパラメーターを使用して、Neptune のスロークエリロギング機能を有効または無効にします。

これは動的パラメータです。つまり、値を変更しても DB クラスターを再起動する必要はなく、再起動の原因にもなりません。

許可された値は次のとおりです:

  • info — スロークエリロギングを有効にし、パフォーマンスの低下の原因となっている可能性のある特定の属性をログに記録します。

  • debug — スロークエリロギングを有効にし、実行されたクエリで使用可能なすべての属性をログに記録します。

  • disable — スロークエリロギングを無効にします。

デフォルト値は、「disable」です。

CLI を使用して Neptune スロークエリログを CloudWatch Logs に発行する で説明されているように、スロークエリログを Amazon CloudWatch に公開できます。

neptune_slow_query_log_threshold (クラスターレベルパラメータ)

このパラメータは、実行時間のしきい値をミリ秒単位で指定します。この値を過ぎると、クエリはスロークエリとみなされます。スロークエリロギングが有効になっている場合、このしきい値より長く実行されたクエリは、一部の属性とともにログに記録されます。

デフォルト値は 5,000 ミリ秒 (5 秒) です。

これは動的パラメータです。つまり、値を変更しても DB クラスターを再起動する必要はなく、再起動の原因にもなりません。

neptune_lab_mode (クラスターレベルパラメータ)

設定すると、このパラメータにより Neptune の特定の実験機能が有効になります。現在利用可能な実験機能については、「Neptune ラボモード」を参照してください。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

実験機能を有効または無効にするには、このパラメータに (機能名)=enabled または (機能名)=disabled を含めます。次のようにコンマで区切って、複数の機能を有効または無効にすることができます。

(機能 #1 名)=enabled,(機能 #2 名)=enabled

ラボモード機能は、通常、デフォルトで無効化されます。例外は DFEQueryEngine 機能で、Neptune エンジンリリース 1.0.5.0 からはクエリヒント (DFEQueryEngine=viaQueryHint) で使用するためにデフォルトで有効になりました。Neptune エンジンリリース 1.1.1.0 以降、DFE エンジンはラボモードではなくなり、インスタンスの DB パラメータグループの neptune_dfe_query_engine インスタンスパラメータを使用して制御されるようになりました。

neptune_query_timeout (クラスターレベルパラメータ)

グラフクエリの特定のタイムアウト時間をミリ秒単位で指定します。

指定できる値の範囲は 102,147,483,647 (231 - 1) です。デフォルト値は 120,000 (2 分) です。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

注記

特にサーバーレスインスタンスでは、クエリのタイムアウト値を高く設定しすぎると、予期しないコストが発生する可能性があります。妥当なタイムアウト設定がないと、クエリは予想よりもはるかに長く実行され続け、予想もしなかったコストが発生する可能性があります。これは、クエリの実行中に大規模で高価なインスタンスタイプにスケールアップする可能性があるサーバーレスインスタンスに特に当てはまります。

ほとんどのクエリに対応し、異常に長い実行でもタイムアウトが発生するだけのクエリタイムアウト値を使用することで、このような予期しない出費を回避できます。

neptune_streams (クラスターレベルパラメータ)

Neptune Streams を有効または無効にします。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

指定できる値は 0 (無効、デフォルト)、および 1 (有効) です。

neptune_streams_expiry_days (クラスターレベルパラメータ)

サーバーがストリームレコードを削除するまでの日数を指定します。

有効な値は 190 です。デフォルトは 7 です。

このパラメータはエンジンバージョン 1.2.0.0 で導入されました。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

neptune_lookup_cache (クラスターレベルパラメータ)

R5d インスタンスで Neptune lookup cache. を無効化または最有効化します。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

指定できる値は enableddisabled です。デフォルト値は disabled ですが、DB クラスター内に R5d インスタンスが作成される際は常に、neptune_lookup_cache パラメータは自動的に enabled に設定され、そのインスタンスにルックアップキャッシュが作成されます。

neptune_autoscaling_config (クラスターレベルパラメータ)

Neptune auto-scaling が作成し管理するリードレプリカインスタンスの構成パラメータを設定します。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

neptune_autoscaling_config パラメータの値として設定した JSON 文字列を使用して以下を指定できます。

  • 作成するすべての新しいリードレプリカインスタンスに対して Neptune auto-scaling が使用するインスタンスタイプ。

  • これらのリードレプリカに割り当てられたメンテナンスウィンドウ。

  • すべての新しいリードレプリカに関連付けるタグ。

JSON 文字列には、次のような構造があります。

"{ \"tags\": [ { \"key\" : \"reader tag-0 key\", \"value\" : \"reader tag-0 value\" }, { \"key\" : \"reader tag-1 key\", \"value\" : \"reader tag-1 value\" }, ], \"maintenanceWindow\" : \"wed:12:03-wed:12:33\", \"dbInstanceClass\" : \"db.r5.xlarge\" }"

文字列内の引用符はバックスラッシュ文字 (\) を使ってエスケープする必要があります。

neptune_autoscaling_config パラメータで指定されていない 3 つの構成設定のいずれかは、DB クラスターのプライマリライターインスタンスの設定からコピーされます。

neptune_ml_iam_role (クラスターレベルパラメータ)

Neptune ML で使用される IAM ロール ARN を指定します。値には、有効な IAM ロール ARN を指定できます。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

機械学習のためにグラフ上でデフォルトの IAM ロール ARN を指定できます。

neptune_ml_endpoint (クラスターレベルパラメータ)

Neptune ML に使用するエンドポイントを指定します。値には任意の有効な SageMaker エンドポイント名を指定できます。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

機械学習のためにグラフ上でデフォルトの SageMaker エンドポイント を指定できます。

neptune_dfe_query_engine (インスタンスレベルパラメータ)

Neptune エンジンリリース 1.1.1.0 以降、この DB インスタンスパラメータは DFE クエリエンジンの使用方法を制御するために使用されます。許容値は、次のとおりです。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

  • enableduseDFE クエリヒントが存在し、false に設定されている場合を除き、可能な限り DFE エンジンを使用するようにします。

  • viaQueryHint (デフォルト) — DFE エンジンは、true に設定された useDFE クエリヒントを明示的に含むクエリにのみ使用されます。

このパラメータが明示的に設定されていない場合、インスタンスの起動時にデフォルト値の viaQueryHint が使用されます。

注記

すべての openCypher クエリは、このパラメータがどのように設定されているかにかかわらず, DFE エンジンによって実行されます。

リリース 1.1.1.0 より前のリリースでは、これは DB インスタンスパラメータではなくラボモードパラメータでした。

neptune_query_timeout (インスタンスレベルパラメータ)

この DB インスタンスパラメータでは、1 つのインスタンスのグラフクエリのタイムアウト時間をミリ秒単位で指定します。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

指定できる値の範囲は 102,147,483,647 (231 - 1) です。デフォルト値は 120,000 (2 分) です。

注記

特にサーバーレスインスタンスでは、クエリのタイムアウト値を高く設定しすぎると、予期しないコストが発生する可能性があります。妥当なタイムアウト設定がないと、クエリは予想よりもはるかに長く実行され続け、予想もしなかったコストが発生する可能性があります。これは、クエリの実行中に大規模で高価なインスタンスタイプにスケールアップする可能性があるサーバーレスインスタンスに特に当てはまります。

ほとんどのクエリに対応し、異常に長い実行でもタイムアウトが発生するだけのクエリタイムアウト値を使用することで、このような予期しない出費を回避できます。

neptune_result_cache (インスタンスレベルパラメータ)

neptune_result_cache — この DB インスタンスパラメータは、クエリ結果の使用 を有効化または無効化します。

このパラメータは静的です。つまり、このパラメータを変更しても、再起動するまでどのインスタンスにも反映されません。

指定できる値は 0 (無効、デフォルト)、および 1 (有効) です。

neptune_enforce_ssl (非推奨のクラスターレベルパラメータ)

(廃止) かつては Neptune への HTTP 接続を許可するリージョンがあり、このパラメータが 1 に設定されている場合、すべての接続に HTTPS を使用するよう強制するために使用されました。ただし、Neptune はすべてのリージョンで HTTPS 接続のみを受け入れるようになったため、このパラメータはもはや関連しません。