Amazon Simple Email Service
開発者ガイド

ヒントとベストプラクティス

お客様の利益を最優先する姿勢でいても、依然として、メッセージの配信性能に影響するような状況が発生する場合があります。以下のセクションでは、E メールメッセージを目的のユーザーに確実に届けるための推奨事項について説明します。

全般的な推奨事項

  • お客様の立場で考えます。送信するメッセージが自分の受信トレイで受け取りたい内容であるかどうか自問します。その答えが絶対的な「Yes!」以外であれば、送信しないようにします。

  • 一部の業界は、メールメッセージの内容が低品質または悪意があるとさえ評価されています。以下の業界の関係者は、自社の評価を厳密にモニタリングし、早急に問題を解決する必要があります。

    • 住宅担保ローン

    • クレジット

    • 薬品およびサプリメント

    • アルコールおよびタバコ

    • アダルト向けエンターテインメント

    • カジノおよびギャンブル

    • 在宅就業プログラム

ドメインおよび「From」アドレスに関する考慮事項

  • E メールの差出人のアドレスについてよく考えます。「From」アドレスは、受取人が最初に接する情報の 1 つであり、第一印象は長く残る場合があります。さらに、「From」アドレスと評価の関連付けを行う ISP もあります。

  • 通信のタイプ別に異なるサブドメインを使用することを検討します。たとえば、ドメイン example.com を使用してマーケティングメッセージとトランザクションメッセージの両方を送信する場合を考えます。この場合、すべてのメッセージを example.com から送信するのではなく、マーケティングメッセージは marketing.example.com などのサブドメインから、トランザクションメッセージは orders.example.com などのサブドメインから送信します。評価はサブドメイン別に確立されます。たとえば、マーケティングメッセージがスパムトラップにかかったり、コンテンツフィルタをトリガーしたりした場合、サブドメインを使用していると、自社の評価が損なわれるリスクを軽減できます。

  • 大量のメッセージを送信する場合は、sender@hotmail.com などの ISP ベースのアドレスから送信しません。sender@hotmail.com から大量のメッセージが送信されていることを ISP が気付くと、その E メールは自社所有の送信メール用ドメインから送信される E メールとは別の方法で処理されます。

  • ドメインレジストラーと協力してドメインの WHOIS 情報が正しいことを確認します。正直かつ最新の WHOIS レコードを維持することは、透過性を重要視していることを示します。また、ユーザーはドメインの正当性を簡単に確認できます。

  • 「From」アドレスまたは「Reply-to」アドレスとして no-reply@example.com などの no-reply アドレスを使用しないようにします。no-reply@ メールアドレスを使用すると、受取人に返信する方法を封じていること、受取人のフィードバックに関心がないことが明確なメッセージとして伝わります。

認証

  • ドメインを SPF および SenderID で認証します。これらの認証方法により、各 E メールの送信元のドメインが真正のものであることを受取人が確認できます。

  • 送信メールに DKIM で署名します。このステップにより、コンテンツが送受信の当事者間での転送中に変更されていないことを受取人が確認できます。

  • SPF と DKIM の両方の認証設定をテストするには、個人の Gmail アカウントや Hotmail アカウントなどの ISP ベースの個人のメールアドレスに E メールを送信し、メッセージのヘッダーを確認します。ヘッダーを見て、メッセージの認証と署名が成功したかどうかがわかります。

リストの構築とメンテナンス

  • ダブルオプトイン戦略を実装します。ユーザーがサインアップして E メールを受信する場合は、確認リンクを記載したメッセージを送信し、ユーザーがそのリンクをクリックしてアドレスを確認するまでは E メールの送信を開始しません。ダブルオプトイン戦略は、入力ミスによるハードバウンスの数を減らすのに役立ちます。

  • ウェブベース形式でメールアドレスを集める場合は、収集時にそれらのアドレスに対して最小限の検証を実施します。たとえば、収集したアドレスの形式が正しいこと (recipient@example.com の形式になっていること)、および有効な MX レコードのドメインを参照していることを確認します。

  • ユーザー定義の入力を無検査で Amazon SES に渡すことを許可するときは注意が必要です。フォーラムの登録やフォームの提出には、それなりのリスクがあります。コンテンツ全体をユーザーが生成し、スパム送信者が独自の内容をフォームに記入する可能性があるためです。高品質のコンテンツの E メールのみを送信することは、お客様の責任です。

  • 標準エイリアス (postmaster@abuse@noc@ など) が意図的に E メールにサインアップするようなことは考えられません。メッセージは、実際に希望する相手にのみ送信します。このルールは、E メールのウォッチドッグとして通例予約されている標準エイリアスに特に該当します。これらのエイリアスは、評価を損なう目的で一種の悪意のある破壊活動としてリストに追加される場合があります。

コンプライアンス

  • E メールの送信先の国や地域で適用される E メールマーケティングとスパム対策に関する法律および規制に注意してください。送信する E メールがこれらの法律に準拠していることを確認するのは、お客様の責任です。このガイドではこれらの法律については触れていませんので、お客様側で調べることが重要です。法律のリストについては、Wikipedia の「Email Spam Legislation by Country」を参照してください。

  • 法的なアドバイスを受けるには、弁護士に相談してください。