インターフェイス VPC AWS IoT SiteWise エンドポイント経由でのアクセス - AWS IoT SiteWise

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

インターフェイス VPC AWS IoT SiteWise エンドポイント経由でのアクセス

インターフェイスエンドポイントを作成すると、通信に使用できるエンドポイント固有の DNS ホスト名が生成されます。 AWS IoT SiteWiseプライベート DNS のオプションはデフォルトで有効になっています。詳細については、「Amazon VPCユーザーガイド」の「プライベートホストゾーンの使用」を参照してください。

エンドポイントのプライベート DNS を有効にすると、次の VPC AWS IoT SiteWise エンドポイントのいずれかを介して API リクエストを行うことができます。

  • データプレーン API オペレーションでは、以下のエンドポイントを使用してください。region をあなたのものに置き換えてください。 AWS リージョン

    data.iotsitewise.region.amazonaws.com
  • コントロールプレーン API オペレーションでは、次のエンドポイントを使用します。リージョンをあなたのものに置き換えてください AWS リージョン。

    api.iotsitewise.region.amazonaws.com

エンドポイントのプライベート DNS を無効にする場合、 AWS IoT SiteWise エンドポイント経由でアクセスするには以下を実行する必要があります

  1. API リクエストで VPC エンドポイント URL を指定します。

    • データプレーン API 操作には、次のエンドポイント URL を使用してください。リージョンを自分の VPC エンドポイント ID とリージョンに置き換えますvpc-endpoint-id

      vpc-endpoint-id.data.iotsitewise.region.vpce.amazonaws.com
    • コントロールプレーン API オペレーションには、次のエンドポイント URL を使用してください。リージョンを自分の VPC エンドポイント ID とリージョンに置き換えますvpc-endpoint-id

      vpc-endpoint-id.api.iotsitewise.region.vpce.amazonaws.com
  2. ホストプレフィックスインジェクションを無効にする。 AWS CLI および AWS SDK は、各 API オペレーションを呼び出すときに、サービスエンドポイントの前にさまざまなホストプレフィックスを付加します。この機能により、 AWS CLI と AWS SDK は VPC AWS IoT SiteWise エンドポイントを指定したときに無効な URL を生成します。

    重要

    AWS CLI またはではホストプレフィックスインジェクションを無効にすることはできません。 AWS Tools for PowerShellつまり、プライベート DNS を無効にすると、これらのツールを使用して VPC AWS IoT SiteWise エンドポイント経由でアクセスできなくなります。 AWS CLI AWS Tools for PowerShell AWS IoT SiteWise またはを使用してエンドポイント経由でアクセスするには、プライベート DNS を有効にします。

    SDK のホストプレフィックスインジェクションを無効にする方法の詳細については、各 AWS SDK の以下のドキュメントセクションを参照してください。

詳細については、「Amazon VPC ユーザーガイド」の「インターフェイスエンドポイントを介したサービスへのアクセス」を参照してください。