Amazon CloudFront
開発者ガイド (API バージョン 2016-09-29)

Lambda コンソールを使ってトリガーを追加する

Lambda@Edge 関数にトリガーを追加するには (AWS Lambda コンソール)

  1. AWS マネジメントコンソール にサインインし、https://console.aws.amazon.com/lambda/ にある AWS Lambda コンソールを開きます。

  2. ページの上部にあるリージョンのリストで、[米国東部(バージニア北部)] を選択します。

  3. [Functions] ページで、トリガーを追加する関数の名前を選択します。

  4. [Qualifiers] を選択し、次に [Versions] タブを選択します。

  5. トリガーを追加するバージョンを選択します。

    重要

    $LATEST バージョンのトリガーを作成することはできず、番号付きバージョンのトリガーを作成する必要があります。

    バージョンを選択すると、ボタンの名前が [Version: $LATEST] または [Version: バージョン番号] に変わります。

  6. [Triggers] タブを選択します。

  7. [Add triggers] を選択します。

  8. [Add trigger] ダイアログボックスでチェックボックスをオンにし、[CloudFront] を選択します。

    注記

    1 つまたは複数のトリガーを作成済みの場合、CloudFront がデフォルトのサービスになります。

  9. Lambda 関数をいつ実行するかを示す、次の値を指定します。

    ディストリビューション ID

    トリガーの追加先となるディストリビューションの ID を選択します。

    キャッシュ動作

    関数を実行するオブジェクトを指定するキャッシュ動作を選択します。

    CloudFront イベント

    関数を実行させる CloudFront イベントを選択します。

    トリガーとレプリケートの有効化

    このチェックボックスをオンにし、AWS Lambda が関数をリージョンに対してグローバルにレプリケートするようにします。

  10. [Submit] を選択します。

    この関数は、更新された CloudFront ディストリビューションがデプロイされたときに、指定された CloudFront イベントのリクエストの処理を開始します。ディストリビューションがデプロイされているかどうかを確認するには、ナビゲーションペインで [Distributions] を選択します。ディストリビューションがデプロイされると、ディストリビューションの [Status] 列の値が、[In Progress] から [Deployed] に変わります。