Docker ボリューム - Amazon Elastic Container Service

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

Docker ボリューム

Docker ボリュームを使用している場合は、組み込みの local ドライバーまたはサードパーティーのボリュームドライバーを使用できます。Docker ボリュームは Docker で管理され、ディレクトリはボリュームデータを含むコンテナインスタンスの /var/lib/docker/volumes に作成されます。

Docker ボリュームを使用するには、タスク定義で dockerVolumeConfiguration を指定します。詳細については、Use volumes を参照してください。

Docker ボリュームの一般的ユースケースは以下のとおりです。

  • コンテナで使用する永続データボリュームを提供する

  • 定義したデータボリュームを同じコンテナインスタンス上の異なるコンテナにある別々の場所で共有する

  • 空の非永続データボリュームを定義し、同じタスク内の複数のコンテナにマウントする

  • サードパーティー製ドライバーによって管理されるタスクに、データボリュームを提供する

Docker ボリュームに関する考慮事項

Docker ボリュームを使用する際は、以下の点を考慮します。

  • Docker ボリュームは、EC2 起動タイプ、または外部インスタンスを使用する場合にのみサポートされます。

  • Windows コンテナでは、local ドライバーの使用のみサポートされます。

  • サードパーティー製ドライバーを使用する場合は、コンテナエージェントを起動する前に、必ずドライバーをコンテナインスタンスにインストールしアクティブ化しておきます。エージェントを開始する前にサードパーティー製ドライバーがアクティブ化されていない場合は、以下のいずれかのコマンドを使用してコンテナエージェントを再起動することが可能です。

    • Amazon ECS に最適化された Amazon Linux 2 AMI の場合:

      sudo systemctl restart ecs
    • Amazon ECS に最適化された Amazon Linux AMI の場合:

      sudo stop ecs && sudo start ecs