クエリの詳細の表示 - Amazon Redshift

クエリの詳細の表示

Amazon Redshift コンソールでクエリの詳細を分析できます。クエリ識別子を使用して、クエリの詳細を表示できます。詳細として、クエリの完了ステータス、期間、SQL ステートメントなどの他に、ユーザクエリであるか、Amazon Redshift によって書き換えられたクエリであるかが表示されます。ユーザークエリは、SQL クライアントから生成された、またはビジネスインテリジェンスツールによって生成された、Amazon Redshift に送信されるクエリです。Amazon Redshift はクエリを書き換えて最適化することがあり、これにより複数のクエリが書き換えられる可能性があります。この処理は Amazon Redshift によって実行されますが、クエリの詳細ページには、ユーザークエリとともに書き換えられたクエリが表示されます。

注記

Amazon Redshift では新しいコンソールを使用できます。使用しているコンソールに基づき、[新しいコンソール] または [元のコンソール] の手順を選択します。新しいコンソールの手順はデフォルトで開いています。

クエリを表示するには

  1. AWS Management Console にサインインして、 https://console.aws.amazon.com/redshift/で Amazon Redshift コンソールを開きます。

  2. ナビゲーションメニューで、[クエリ] を選択し、次に[クエリ] を選択して、アカウントのクエリのリストを表示します。クエリを見つけるため、このページの設定を変更する必要がある場合があります。

  3. リストで [クエリ] 識別子を選択して、[クエリの詳細] を表示します。

    [クエリの詳細] ページには、[クエリの詳細] とクエリのメトリクスが表示された [クエリプラン] タブが含まれています。

    メトリクスには、クエリの開始時刻、クエリ ID、ステータス、期間などの詳細が表示されます。その他の詳細としては、クエリがメインクラスターと同時実行スケーリングクラスターのどちらで実行されたか、クエリが親クエリと書き換えられたクエリのどちらであるかが示されます。

特定のクエリの詳細を表示するには、[クエリ] ページのテーブルで個別のクエリを選択して [クエリ ID] ビューを開きます。次のリストで、個別のクエリで利用可能な情報を示します。

  • [Query Properties (クエリのプロパティ)]。クエリ ID、クエリを実行したデータベースユーザー、期間、そのステータスなど、クエリに関する情報の概要を表示します。[Executed on (実行元)] プロパティは、クエリがメインクラスターと同時実行スケーリングクラスターのどちらで実行されたかを示します。

  • [SQL]。わかりやすく人間が読み取れる形式でクエリテキストを表示します。

  • [クエリの実行の詳細]。クエリの処理に関する情報を表示します。このセクションには、クエリの計画された実行データおよび実際の実行データの両方が含まれます。クエリの実行の詳細は、同時実行スケーリングクラスターで実行されたクエリでは使用できません。[クエリの実行の詳細] セクションの使用の詳細については、「クエリ実行の分析」を参照してください。

  • [Cluster Performance During Query Execution (クエリ実行中のクラスターパフォーマンス)]。CloudWatch のパフォーマンスメトリクスを表示します。[Cluster Performance During Query Execution (クエリ実行中のクラスターパフォーマンス)] セクションの使用の詳細については、「クエリの実行中にクラスターパフォーマンスを表示するには」を参照してください。

[クエリ] ビューを開くと、次のような外観になります。