AWS CLI の設定 - Amazon Personalize

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

AWS CLI の設定

AWS Command Line Interface (AWS CLI) は、Amazon Personalize を含む AWS のサービスを管理するための統合デベロッパーツールです。このツールをインストールすることをお勧めします。

  1. AWS CLI をインストールするには、AWS Command Line Interface インターフェイスユーザーガイドAWS Command Line Interface のインストールの手順に従ってください。

  2. AWS CLI を設定し、AWS CLI を呼び出すプロファイルを設定するには、AWS Command Line Interface ユーザーガイドの「AWS CLI の設定」の手順に従います。

  3. AWS CLI プロファイルが適切に設定されていることを確認するには、次のコマンドを実行します。

    aws configure --profile default

    プロファイルが正しく設定されている場合は、次のような出力が表示されます。

    AWS Access Key ID [****************52FQ]: AWS Secret Access Key [****************xgyZ]: Default region name [us-west-2]: Default output format [json]:
  4. AWS CLI が Amazon Personalize 用に設定されていることを確認するには、以下のコマンドを実行します。

    aws personalize help

    および

    aws personalize-runtime help

    および

    aws personalize-events help

    AWS CLI が正しく設定されている場合、Amazon Personalize、Amazon Personalize ランタイム、および Amazon Personalize イベントでサポートされている AWS CLI コマンドのリストが表示されます。

    AWS CLI を設定しても Amazon Personalize のコマンドが認識されない場合は、AWS CLI を更新します。AWS CLI を更新するには、次のコマンドを実行します。

    pip3 install awscli --upgrade --user

    詳細については、「pip を使用した AWS CLI のインストール」を参照してください。