使用可能なデータソースコネクタ - Amazon Athena

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

使用可能なデータソースコネクタ

このセクションでは、Amazon S3 外部のさまざまなデータソースをクエリするために使用できる、事前構築された Athena データソースコネクタをリストします。Athena クエリでコネクタを使用するには、コネクタを設定してアカウントにデプロイします。

考慮事項と制約事項

  • 一部の事前構築されたコネクタでは、コネクタを使用する前に VPC とセキュリティグループを作成する必要があります。VPC の作成方法の詳細については、「データソースコネクタ用の VPC を作成する」を参照してください。

  • で Athena フェデレーションクエリ機能を使用するには AWS Secrets Manager、Secrets Manager の Amazon VPC プライベートエンドポイントを設定する必要があります。詳細については、「AWS Secrets Manager ユーザーガイド」の「Secrets Manager VPC プライベートエンドポイントを作成する」を参照してください。

  • 述語のプッシュダウンをサポートしていないコネクタの場合、述語を含むクエリの実行には大幅に時間がかかります。小規模なデータセットの場合、スキャンされるデータはほとんどなく、クエリは平均約 2 分で終わります。しかし、大規模なデータセットでは、多くのクエリがタイムアウトする可能性があります。

  • 一部のフェデレーティッドデータソースでは、データオブジェクトを参照する用語に、Athena とは異なるものが使用されています。詳細については、「Athena とフェデレーションテーブル名修飾子」を参照してください。

  • テーブルを一覧表示するときにページ分割をサポートしないコネクタでは、データベースに多数のテーブルとメタデータがある場合にウェブサービスがタイムアウトする可能性があります。次のコネクタは、テーブルの一覧表示のページ分割をサポートします。

    • DocumentDB

    • DynamoDB

    • MySQL

    • OpenSearch

    • Oracle

    • PostgreSQL

    • Redshift

    • SQL Server

追加情報

注記

AthenaJdbcConnector(最新バージョン 2022.4.1) は廃止されました。代わりに、MySQLRedshiftPostgreSQL などのデータベース専用のコネクタを使用してください。