自動入力フェイルオーバーの実装 - AWS Elemental MediaLive

翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。

自動入力フェイルオーバーの実装

チャネルの入力を設定する場合、2 つのプッシュ入力を入力フェイルオーバーペア(またはフェールオーバーペア)。このように設定すると、アップストリームシステム、またはアップストリームシステムとチャネルの間で障害が発生した場合のソースの回復性が得られます。

MediaLive が入力で次の問題の 1 つ以上を検出するようにチャネルを設定できます。

  • 黒ビデオ(ビデオ障害)— MediaLive は、指定期間中にコンテンツが黒と見なされた場合、フェイルオーバーを実行します。

  • オーディオ無音化(オーディオ障害)— 指定されたオーディオセレクタが指定期間中に無音の場合、MediaLive はフェイルオーバーを実行します。

入力ペアの各入力は、チャネルにコンテンツを提供します。入力の1つは、active入力があり、1 つがスタンバイ。MediaLive は、常に切り替える準備ができているように両方の入力を読み込みますが、通常はスタンバイ入力をただちに破棄します。アクティブな入力に障害が発生すると、MediaLive はただちにフェイルオーバーし、スタンバイ入力から処理を破棄するのではなく、スタンバイ入力から処理を開始します。

注記

自動入力フェイルオーバーを実装する前に、チャネルの回復性の別の形式であるパイプラインの冗長性についてお読みください。これらの機能の一方または両方を実装することもできます。