リファレンス: 変数データの識別子 - AWS Elemental MediaLive (AWS 要素)

「翻訳は機械翻訳により提供されています。提供された翻訳内容と英語版の間で齟齬、不一致または矛盾がある場合、英語版が優先します。」

リファレンス: 変数データの識別子

変数データの識別子は、変数データを表すフィールド値に含めることのできる $ コードです。通常、MediaLive では、変数データ (日付と時刻の $dt$など) はチャネルの実行時に解決されます。たとえば、$dt$ は現在の日付と時刻に解決されます。

これらの識別子を使用する場合は、チャネルの末尾の 2 つ (またはそれ以上) の出力でターゲットが同一にならないようにしてください。同一になっている場合、チャネルは作成時に検証を通過しますが、開始時には失敗します。

次のセクションでは、MediaLive がサポートする変数識別子と、これらの識別子を使用できる場所の規則について説明します。

サポートされる変数データ

MediaLive は、次の表に示す変数データ ID をサポートしています。各行の最初の列は、フィールドに入力する文字列を指定します。2 番目の列は、MediaLive が変数を解決した後のデータの形式を指定します。3 番目の列は、データの説明です。

識別子 形式 説明
$dt$ YYYYMMDDTHHMMSS

HLS 出力の場合、各セグメントの UTC 日付と時刻。

他のすべての出力では、チャネルの UTC 日付と開始時刻。

$d$ YYYYMMDD

HLS 出力の場合、各セグメントの UTC 日付と時刻。

他のすべての出力では、チャネルが開始された UTC 日付。

$t$ HHMMSS

HLS 出力の場合、各セグメントの UTC 時間。

他のすべての出力では、チャネルの UTC 開始時間。

$rv$ Kb 動画のビットレート。
$ra$ Kb 出力のすべてのオーディオビットレートの合計。
$rc$ Kb 出力のコンテナビットレート、または、出力の動画ビットレートとすべてのオーディオビットレートの合計 (コンテナのビットレートが指定されていない場合)。
$w$ ピクセル 水平解像度。
$h$ ピクセル 垂直解像度。
$f$ 整数 FPS フレームレート (小数点以下切り捨て)。たとえば、"23.976" は "23" と表示されます。
$$ $ エスケープ $
$sn$ 整数、固定長 出力内の動画のセグメント番号。
%0n ゼロ埋め修飾子 任意のデータ識別子の修飾子。修飾子は、解決された値の左側をゼロで埋めます。書式は %0n です。ここで n は数値です。

たとえば、$h$ 識別子の解決された値が 5 文字になるようにするには、識別子を $h%05$ と指定します。

垂直解像度が "720" である場合、解決されゼロ埋めされた値は "00720" です。

変数データを使用するためのルール

この表は、前の表の可変データ識別子を使用できる場所を示しています。各行で、最初の 2 つの列は、識別子を使用できる場所を指定します。3 番目の列は、その場所で使用できる識別子を指定します。

オブジェクト フィールド 適用可能な識別子
チャネル – アーカイブ、HLS、Microsoft Smooth 出力グループ 出力グループの出力先フィールド $dt$, $d$, $t$
チャネル – アーカイブ、Microsoft Smooth 出力グループ 出力の名前修飾子フィールド $ra$$rc$ を除くすべて$sn$
チャネル – HLS 出力グループ 出力の名前修飾子フィールド $sn$ を除くすべて
チャネル – アーカイブ、Microsoft Smooth 出力グループ 出力内のセグメント修飾子フィールド $ra$$rc$ を除くすべて$sn$
チャネル – HLS 出力グループ 出力内のセグメント修飾子フィールド $sn$ を除くすべて
– HLS ID3 セグメントのタグ付けアクションをスケジュール タグフィールド すべて